アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【長崎県】

悩み相談電話 もっと知って 鎮西学院高にコラボ自販機

長崎新聞 2020年10月20日(火)
ニュース画像
ラッピング自動販売機にはメッセージと電話番号が記されている=諫早市、鎮西学院高

 18歳以下の若者の悩みについて電話で相談を受けるNPO法人チャイルドライン支援センター(東京)と、コカ・コーラボトラーズジャパン(東京)がコラボレーションしたラッピング自動販売機が、長崎県諫早市西栄田町の鎮西学院高に今月、設置された。全国初の取り組み。
 同法人の中村尊常務理事=長崎市=が、同校と連携した支援活動をしていたことがきっかけ。体育館前に設置された。齋藤州澄(くにずみ)教頭は「学内でもカウンセラーは置いているが、教員に話しづらい人もいるはず。広く生徒に周知するには学校内に置くのが1番効果的では」と意図を説明する。
 中村常務理事は「春ごろはコロナ禍による休校に関する相談が多かったが、現在は2学期が始まり、いまだに学校環境に慣れないという相談や、家庭内の悩みが寄せられている。今後はチャイルドラインの周知広報を多角化することが重要になってくる」と語る。
 相談窓口「チャイルドライン」では、午後4時〜9時、フリーダイヤル(0120)997777で相談を受けている。通話無料。


ページトップ