アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【大分県】

認知症の悩み、相談して 専門医が佐伯市に「いろいろがわかるお店」開設

大分合同新聞 2020年11月11日(水)
ニュース画像
認知症についての相談に応じる山内勇人医師(左から3人目)=佐伯市の仲町商店街の「とんとんとん広場」

 【佐伯】「認知症のいろいろがわかるお店」が佐伯市の仲町商店街にある「とんとんとん広場」にオープンした。認知症サポート医の山内勇人さん(53)が毎月第1と第3日曜の午前10時半から約1時間、患者と家族らを対象に、悩みや困りごとの相談に応じる。
 「認知症のお店」は同所で子ども食堂が開く前の時間を利用。11月1日からスタートした。
 共生社会実現サポート機構「とんとんとん」(同市)の理事長で医師の山内さんが、認知症の特徴や患者への接し方などを説明し、参加者を交えたディスカッションでそれぞれの悩みに耳を傾ける。
 利用料は500円。子ども食堂で振る舞うカレーやコーヒーが付く。予約は不要。
 山内さんは医師として専門的な立場からアドバイスをしたいと考え、「認知症のお店」を開設。「高齢化が進む佐伯では認知症に関する相談のニーズは高い。どこに、どう相談してよいのか分からずに困っている人たちに、気軽に立ち寄ってもらいたい」と呼び掛ける。
 問い合わせは在宅支援クリニック「えがお」の山内さん(☎0972-24-2020)。


ページトップ