アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【岡山県】

岡山・牟佐地区地域消費活動が大賞 まちづくり賞、子どもの食育も

山陽新聞 2020年11月17日(火)
ニュース画像
「産地牟佐」の一環で、地元産イノシシ肉カレーを提供したイベント=2019年

 岡山市北区牟佐地区の町内会を中心に地域一体となった地産地消、食育の活動が「第5回おかやま協働のまちづくり賞」(市主催)で大賞に選ばれた。地域の抱える課題に対し、市民が連携して解決に当たる優れた取り組みをたたえる賞で、多くのグループを巻き込み、子どもたちの育成に当たっている点などが評価された。

 活動は、牟佐町内会をはじめ、猟友会、農業団体、川漁師のグループ、子ども会など12団体が連携。2017年から「産地牟佐」と銘打ち、地区の食材を使って食育に取り組む。夏休みには地域で捕獲したイノシシ肉のカレーを子どもたちに振る舞い、年末には地元産のもち米でもちつき大会を開き、川ガニのつみれ汁や黄ニラ、イノシシ肉の入ったシシ汁を食べながら、多世代が交流する。

 牟佐地区は自然環境や農産物に恵まれているのに、知らない住民が多いのはもったいない。そんな思いから始まった活動で、17年度には農林水産省中国四国農政局の「中国四国地域鳥獣被害対策優良活動表彰」で局長賞に輝いた。

 牟佐町内会の黒岩正男副会長(80)は「地域みんなが自発的に取り組んでいる。受賞を今後の活動の励みにしたい」と喜ぶ。


ページトップ