アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【青森県】

「子ども食堂」拡大へ連携 青森県が研修会

東奥日報 2020年12月4日(金)
ニュース画像
研修後、「十和田こども食堂」のバス車内を見学する参加者たち

 青森県上北地域県民局は11月26日、十和田市東コミュニティセンターで、「子ども食堂」と地域住民との交流をテーマにした研修会を開いた。市町村、農協、教員、流通関係者らでつくる「食育ネットワーク協議会」の約20人が、県南地区での事例を基に情報交換した。

 八戸学院大学の佐藤千恵子・人間健康学科准教授は、青森県に低所得世帯が多いことを挙げ「貧困による子どもたちへの影響は、栄養不足だけではない。ものごとに取り組む意欲をなくし、自分への自信を失わせる」と解説。

 「子ども食堂」と連携した地域づくり活動が広がることを歓迎し、(1)「貧困対策」を前面に出すと、人目が気になり参加しづらくなるので配慮が必要(2)子どもたちが家族以外の大人とコミュニケーションを持つ場所として意義がある−などと語った。

 大型バスを改造した「十和田こども食堂」の水尻和幸・実行委員長は、新型コロナウイルスの影響下で会食イベントが実施できなくなり、食材提供に切り替えたことなど、柔軟な取り組みを報告。「一般参加者に開放するイベントを行う一方で、緊急を要する貧困世帯支援の場合は、プライバシーに配慮してSNS(会員制交流サイト)を活用している」などと語った。


ページトップ