アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【熊本県】

「社会で子育て」発信 熊本市のNPO、虐待防止へパンフ

熊本日日新聞 2020年12月25日(金)
ニュース画像
認定NPO法人「優里の会」が作成・配布しているパンフレット。「子育てをみんなで育てる世の中に」といった温かいメッセージを発信している

 相次ぐ子どもの虐待事件を受け、里親制度の普及に取り組む認定NPO法人「優里の会」(熊本市東区)が子育て中の親らに向けたパンフレットを作成した。問題や悩みを家庭で抱え込まないよう相談や周囲の目配りを呼び掛ける内容で、各市町村の窓口などで無料配布している。

 パンフレットでは、2018年度に子ども54人(1週間に1人)が虐待で命を落とし、うち半数以上が小学生未満の乳幼児といった現状を紹介。県内で子育て支援に携わる団体や保健師らの取り組みを取り上げ、「子どもを社会で育てる」という温かいメッセージを発信している。

 里親が預かる子どもは虐待を経験し愛着障害を抱えたケースが多く、親を困らせて愛情を確かめる「試し行動」に悩む里親も多いという。八谷斉副理事長は「一般家庭だけでなく里親の子育ても社会全体で支える必要がある。現状を知ってもらうきっかけにしたい」と話している。

 ハンドブックはA4判、10ページ。5千部作成し、希望者には郵送する。同法人TEL070(5485)8365。(深川杏樹)


ページトップ