アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【岡山県】

手洗い、歯磨き動画で学んで 岡山、自閉症児の親の会が制作

山陽新聞 2021年1月20日(水)
ニュース画像
「歯磨き」の手順動画を撮影する県自閉症児を育てる会のスタッフら

 岡山県自閉症児を育てる会(赤磐市和田)は、手洗いや歯磨きなどの生活動作の手順を紹介した動画を制作し、動画サイト・ユーチューブで公開している。視覚での理解が得意な自閉スペクトラム症(ASD)の子どもへの療育にヒントを得た取り組み。小さな子どもや認知症の高齢者らへの手ほどきに活用できるという。

 新型コロナウイルスの感染防止のため、鳥羽美千子代表が昨年3月ごろ、自閉症の次男(32)に入念な手洗いの動作を教えようと、試しにスマートフォンで手順の動画を撮影。自閉症を含むASDの人は言葉での説明よりも目で見たことを理解しやすいとされ、映像を見た次男はすぐに手順通りにできるようになったという。

 このやり取りに手応えを得たことをきっかけに、同年11月からASDの子どもを育てる同会スタッフらと動画制作を開始。「歯磨き」「手洗い・うがい」をテーマに、パターンの異なる計8本(各5〜9分程度)を作った。

 歯磨きの動画は鏡に向かって磨く普段の状況に近づけるため、歯の模型を正面から撮影し、十分に磨くよう1カ所ずつ10秒のカウント音やタイマー表示を挿入したほか、手洗いは袖をまくってからタオルで拭き終わるまでを20の場面に分けて説明。ほかにも、音声を入れず静止画を組み合わせるなど工夫して仕上げた。

 今後は箸や鉛筆の持ち方、自転車の乗り方といった動画を制作する予定。鳥羽代表は「障害の有無にかかわらず、子どもから高齢者まで誰でも使える。ニーズに応じて活用してもらえたらうれしい」と話している。

 動画はユーチューブの公式サイトから「ぐんぐんのびのびチャンネル」で検索できる。


ページトップ