ニュース
トップ

【愛媛県】

パラリンアート「北沢豪賞」 四国中央のNAMYさん受賞

愛媛新聞 2021年1月22日(金)
ニュース画像
NAMYさんの「みんなの声援がエネルギー!!」(障がい者自立推進機構提供)

 障害者による絵画コンテスト「SOMPOパラリンアートカップ2020」の入賞作品がこのほど発表され、愛媛県四国中央市のNAMYさんが審査員賞の一つ「北沢豪賞」に選ばれた。
 一般社団法人障がい者自立推進機構(東京)が2016年度から開催。スポーツがテーマの今回は全国から778点が集まり、26作品が入賞した。
 NAMYさんの作品は、奮闘するサッカー選手を描いた「みんなの声援がエネルギー!!」。元サッカー日本代表で日本障がい者サッカー連盟会長の北沢豪さんは「必死さと情熱をリアルに表現している」と評した。
 NAMYさんは「迫力と動きのある絵にするために構図やボールの位置に悩んだ」などと振り返りつつ「新型コロナウイルス禍で大変な思いをしている人たちが、何も気にせずスポーツを楽しめる日が早くきてほしい」とコメントした。
 発表は12日。受賞作品は同コンテストの公式ウェブサイトで公開している。