アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【福井県】

子どもの気がかりな行動、早めに気付き支援へ 福井県が子育てファイル

福井新聞 2021年2月8日(月)
ニュース画像
運用されている「子育てファイルふくいっ子」

 「話しかけても視線が合わない」「理由がよく分からないかんしゃくを長時間起こす」―。気になる子どもの行動や相談歴を記入し、支援に役立てようと、福井県が作成した記録用ファイル「子育てファイルふくいっ子」が関係機関で活用されている。早めの気付きを早めの支援に結びつけるとともに、幼小中高と切れ目のない支援につなげたいと、県の担当者は「利用希望者は相談してほしい」と呼びかけている。

 同ファイルは幼児期から大学・就労期までの各成長段階に応じて記入項目が設けられており、必要に応じてページが増やせる。出生時の記録や、医療機関、相談機関への受診相談歴、支援計画などを記入する。保護者と、保育園や幼稚園、学校などの先生がともに書き込むことで、子どもの成長の記録として活用できる。また保護者の判断で他の機関にファイルを引き継ぐことができる。

 ページ内容では、子どもの行動から状況を判別しやすいようにとレーダーチャート式のシートが設けられている。「いつも特定の物(ハンカチや服の袖など)を触ったり、かんだりする」「思うようにならないと泣きわめいたり暴れる」となど具体的な行動に当てはまるかチェックし点数化。「社会性」「生活習慣」「コミュニケーション能力」など分野ごとの傾向が分かるようになっている。

 ファイル作成に参加した県発達障がい児者支援センター「スクラム福井」センター長の伊原豊志さん(42)は、「子どもの気がかりな点は早めに気付き、早めの支援が大切」とし「記入することで、子どもが困り、気がかりな行動をしている可能性を把握しやすくなる」とする。

 子どもの成長段階に合わせた項目が用意されており、子どもに途切れない支援を目指している。「子育てファイルふくいっ子」の問い合わせは県障がい福祉課=電話0776(20)0634。


ページトップ