アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【栃木県】

高齢者の交流活動支援へ 栃木・日光市、「居場所」ガイド発行

下野新聞 2021年2月10日(水)
ニュース画像
日光市が発行した「地域の居場所」ガイドブック

 【日光】市は、地域の高齢者らが趣味や体操などの活動をして交流する場所「地域の居場所」を設置するためのノウハウや、すでに市内にある「居場所」をまとめた「『地域の居場所』ガイドブック」を初めて発行した。
 市高齢福祉課によると、地域の居場所は自治会の自主サロンや老人クラブの活動、公民館事業など住民が主体的に活動を行う場所のことで、市内には250カ所ほどあるという。ガイドブックは、新たな居場所づくりや居場所探しに役立ててもらおうと、市と市社会福祉協議会が約1年かけて制作した。
 A4判18ページ。仲間集めや場所探しなど居場所をつくる際のポイント、運営を継続していくための秘訣(ひけつ)などを盛り込んだ。また、市内にある居場所計64カ所について、場所や開催日、活動内容などを掲載。介護予防のための運動も紹介している。
 同課の上野晃司(うえのこうじ)さん(37)は「身近なところに居場所をつくり、支え合ってもらいたい」と話している。
 千部発行し、市役所、市社協と地域包括支援センターで配布している。市と市社協のホームページにも掲載している。
 (問)市高齢福祉課地域包括支援センター0288・21・2137。


ページトップ