アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【青森県】

介護人材確保へ 青森県がPR動画

東奥日報 2021年2月18日(木)
ニュース画像
県が制作したポスターを手に「動画も見てほしい」と語る奥寺さん

 介護職のやりがいをPRし人材確保につなげようと、青森県はこのほど、県内の介護現場で働く職員の声を紹介する動画を制作し、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。動画に出演した職員たちは「介護職に就く仲間が増えてほしい」と話している。

 県が初めて制作した動画のタイトルは「グッと介護GOOD!」。八戸市の社会福祉法人・寿栄会と五所川原市の同・拓心会にそれぞれ勤務する職員が出演し、施設利用者と笑顔で交流する様子をはじめ、職に就く前と後の意識の変化や、仕事をしていてうれしかった時などのインタビュー映像を収録している。30秒と90秒のバージョンがある。

 寿栄会では昨年12月に撮影が行われ、職員4人が出演。出演者の1人、寿楽荘デイサービスの介護福祉士奥寺春菜さん(29)は「人生の先輩である施設利用者さんと話していると楽しいし、勉強になる。介護の仕事は大変でつらいのでは−と思われがちだが、楽しい仕事だと知ってもらえたら」と語り、動画の視聴を呼び掛けた。

 県はまた、動画に出演した職員の写真と、研修や試験によって取得できる介護資格を紹介するポスターを約千枚制作。県内各市町村、中学・高校、公共交通機関などに掲示している。


ページトップ