アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【愛媛県】

車いすバスケで福祉理解 専門学校生が競技体験 松山

愛媛新聞 2021年3月22日(月)
ニュース画像
車いすツインバスケの体験を通じて、サポートへの理解を深める生徒

 スポーツと障害者のサポートについて理解を深めてもらおうと、河原医療福祉専門学校(松山市柳井町3丁目)が18日、同市道後町2丁目の県障害者福祉センターで、車いすツインバスケットボールの特別授業を実施した。県内唯一のチーム「愛媛エンジェルス」の協力で、生徒26人が競技を体験した。
 車いすツインバスケットボールは、高さが違う2種類のゴールを設けるのが特徴の競技。障害の程度に応じて得点できるゴールが変わり、さまざまな人が一緒にプレーできる。
 愛媛エンジェルスでプレーする小竹祐夏さん(32)と、コーチの川口恵里奈さん(32)が講師となり、専用車いすの扱いやドリブルなどの技術を手ほどき。介護福祉士の資格取得を目指す生徒たちは、車いすに乗ってボールを操ることに手を焼きつつも、約3時間の練習を楽しんだ。
 介護福祉科1年の山下和真さん(20)は「自在に動くのは想像以上に難しく、落ちたボールを拾うのも大変だった。車いすを利用している人と関わる際、体験を生かしたい」と感想を述べた。小竹さんは「私たちはヘルパーのおかげでプレーできる。スポーツの現場でも、いろんな介護が必要と分かってほしい」と話した。


ページトップ