アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【栃木県】

新型コロナ自宅療養者の生活支援 栃木・佐野市、ハンドブックを発行

下野新聞 2021年3月26日(金)
ニュース画像
市が自宅療養者らに向けて作成したハンドブック

 【佐野】市は、新型コロナウイルス感染症対策の一環として、自宅療養者と同居家族を対象に、生活に関する注意事項や行政サービスをまとめたハンドブックを発行した。市ホームページで公開するほか、公民館などの公共施設で配布する。
 市は2月、県の食品配送などのサービスを補完し、より安心した自宅療養をサポートするための対策チームを発足。県安足健康福祉センターを通じた行政サービス案内だけでなく、幅広い情報を提供しようと作成した。
 全18ページで「自宅療養中は家族、同居人と生活空間を分ける」といった基本的な対策から、ごみ捨ての方法、感染者の世話をする際の注意点などを解説。市の行政サービスとして、指先で血液中の酸素飽和度を測る医療機器「パルスオキシメーター」の貸し出しや、トイレットペーパーなどの生活日用品の買い出し支援を紹介している。感染症に対する差別偏見や学習などに関する相談先も記載した。
 市感染症対策室の担当者は「当事者になってみないと、支援体制が見えない部分もある。自宅療養者ら向けではあるが、それ以外の人にもどんな注意点や支援があるのか確認してもらいたい」と呼び掛けている。(問)同室0283・25・8131。


ページトップ