アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【神奈川県】

引きこもり当事者の居場所に 「夢カフェ」横須賀に4月開所

神奈川新聞 2021年4月2日(金)
ニュース画像
「夢カフェ」について話す鈴木さん(左から2人目)らスタッフ=横須賀市小川町

 引きこもりの当事者を対象にした神奈川県横須賀市内の居場所「夢カフェ」が、4月から始まる。毎週土曜日の午後に開所し、過ごし方や利用時間、出入りは自由。要望に応じて悩みの相談なども受け、当事者が安心して過ごせる場を目指す。
 子どもの学習支援などに携わるNPO法人「こどもの夢サポートセンター」(同市小川町)が運営する。
 同NPOは市の委託を受け、2017年から引きこもり者の就労支援、20年からは訪問支援も行っているが、支援を受けて仕事が決まった後も、センターを訪ねてきて「ほっとする」と話す人が多かったという。
 理事長の鈴木明さん(71)は「生活のために行く場所はあっても、安心、安全に過ごせる場が少ないのではないか」と感じており、日常の居場所の必要性を市に相談。委託事業として夢カフェを立ち上げることが決まった。
 利用料は無料。1人でのんびりしても、利用者らと交流してもいい。「絵を描きたい」などの要望があれば、センターが紹介する講師らの指導も受けられる。予約すれば悩み事の相談もできる。
 引きこもり経験者にスタッフとして関わってもらうことも検討している。鈴木さんは「自宅と職場の往復だけでは社会が広がらない。第2、第3ののんびりできる場になり、喜んでもらえれば」と話す。
 毎週土曜日の午後1〜4時。問い合わせは市生活福祉課☎046(822)8070。


ページトップ