アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【静岡県】

富士市役所「生理の貧困」支援へ用品無償配布 「無言」意思表示カードも

静岡新聞 2021年4月12日(月)
ニュース画像
生理用品を求める意思表示ができる「さくらカード」=富士市役所

 新型コロナウイルス感染拡大の影響などで困窮し、生理用品を利用しにくい環境にいる「生理の貧困」が社会問題化する中、富士市はこのほど、生理用品を無償配布する取り組みを始めた。
 経済困窮に加え、DVなどの事情で生理用品の購入や利用ができない人も支援する。配布窓口に常備し、1人1回当たり2パックを、中が見えない袋に入れて提供する。
 必要とする人が声に出さずに意思表示ができる「さくらカード」を作成し、窓口で提示すると女性職員が対応するように工夫する。
 さくらカードは名刺大で、市役所4階東側エレベーター前と市フィランセ(同市本市場)東館1階出入り口付近に置いてある。
 配布窓口は女性職員が多い市役所4階のこども家庭課、こども未来課。12日からは市フィランセの社会福祉協議会事務局、ユニバーサル就労支援センターでも対応する。
 同市は生理用品の配布をきっかけに、困窮などの支援にもつなげたい考え。市生活支援課の白川安俊課長は「無言でも利用でき、必要とする人が訪れやすい雰囲気をつくりたい」と話した。


ページトップ