アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【福島県】

「心のケア」司令塔始動 センター29日開所、スタッフ家庭訪問

福島民友新聞 2021年4月26日(月)
ニュース画像
ふくしま子どもの心のケアセンター

 県は22日、子どもの心理的なケアを行う拠点「ふくしま子どもの心のケアセンター」の開所式を29日に行うと発表した。センターは福島市の福島学院大福島駅前キャンパス内に設けられ、すでに今月5日から活動を始めている。専門的な知識を持ったスタッフを配置し、医療や福祉、教育などの関係機関を結び付けた司令塔機能を果たすことが期待される。

 県によると、子どもの心を巡る環境は、東京電力福島第1原発事故による避難などで大きく変化したという。事故から10年が経過した現在も、避難を余儀なくされている家庭もあり、子どもの心により一層寄り添った支援が必要と判断し、センターの設置を決めた。

 これまでは、県から委託を受けたNPO法人が、市町村の交流イベントや乳幼児健診の会場などに心理士を派遣して子どもや保護者の相談に応じるなどしてきた。センターの運営は、県精神保健福祉協会に委託。公認心理士や精神保健福祉士などが業務に当たる。相談を受ければ、スタッフが直接家庭などを訪問して助言する「アウトリーチ」の手法を採用している。

 また、センターは、これまでに関係機関に寄せられた相談内容や実施してきた支援策を分析することで、より効果的な対策を立案する機能も担う。市町村や学校、幼稚園などからの支援要請にも応じ、子どもの心に向き合う環境整備に取り組んでいく方針だ。


ページトップ