アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【山梨県】

子どもとアート満喫を 割引や休憩室整備

山梨日日新聞 2021年5月13日(木)
ニュース画像
南アルプス市立美術館が整備した赤ちゃん向けの休憩室=南アルプス市小笠原

 南アルプス市立美術館は、子育て中の保護者らを対象に、入館料の割引や休憩室を設置する取り組みを始めた。小さな子どもを連れた家族にも気軽に訪れてもらうことで来館者層の拡大につなげるのが狙い。
 美術館によると、幼い子どもと一緒に美術館を訪れることをためらう保護者もいることから、企画した。保護者に安心してアートを楽しんでもらうとともに、子どもたちが美術館に親しむきっかけにしてもらいたいという。
 対象は未就学児を連れた家族。水曜日(祝日は除く)の午前9時半〜正午に来館すると、保護者の入館料を2割引きにするほか、美術館1階研修室に設置した休憩室を無料で利用することができる。休憩室には子どもが絵を描いたり工作をしたりして遊べるブースや授乳スペース、ベッドを用意している。
 美術館教育普及担当の市川知都理さん(62)は「子育てに奮闘する保護者の皆さんが息抜きできる場にもなる。気軽に美術館を訪れてほしい」と話している。問い合わせは同館、電話055(282)6600。


ページトップ