アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【岩手県】

障害者支える新たな拠点 岩手・遠野市の社会福祉法人睦会、市内初の24時間対応施設

岩手日報 2021年5月14日(金)
ニュース画像
新事業所の共有スペース。利用者が24時間、安心して生活できる施設運営を掲げる

 岩手県遠野市の社会福祉法人睦会(新里佳子理事長)は本年度、同市早瀬町に、市内初となる24時間対応型グループホームが入る新たな障害福祉サービス事業所を開所した。障害者の重度・高齢化を見据えた支援の多機能拠点として運営する。

 施設は鉄筋コンクリート2階建て、延べ床面積1678平方メートル。総事業費は国や市補助を一部活用し約6億2千万円。既に利用開始し、14日に市内のホテルで落成記念式典を行う。

 1階は食堂と浴室、専門員による相談支援事業所などを配備。グループホームは2ユニット計16室(全て入居済み)で、スタッフが24時間体制で排せつ、食事介助、入浴など日常生活全般のケアに当たる。短期入所者用4部屋も確保した。

 2階は障害児のショートステイなどに対応する事業所や医務室があり、災害時の福祉避難所(30人規模)となるスペースも設けた。

 睦会は1977年発足し、同市内で身体・知的障害者らの就労自立支援に注力。時代の変化で可視化された障害者の重度・高齢化に対応する拠点を求め、新事業所開設に至った。松田賢雄(けんゆう)業務執行理事(59)は「一人一人のニーズに応じ、豊かな人生を過ごすための支援をきめ細かく行う」と力を込める。


ページトップ