アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【岡山県】

ドライフラワー製造A型事業所と協力 需要増で倉敷の専門店

山陽新聞 2021年6月16日(水)
ニュース画像
土と風の植物園が岡山市のA型事業所と作っているドライフラワーの「定期便」

 ドライフラワーの通販専門店「土と風の植物園」(倉敷市五日市)は、岡山市の障害者の就労継続支援A型事業所と協力して商品を作っている。同店が手掛けるドライフラワーセットの需要が増加していることから、作業の一部を委託した。

 請け負っているのは、ピース事業所とメリーピース事業所(いずれも岡山市北区今)。ベニバナやサンキライなど季節の花のドライフラワー5種をセットにして毎月届ける同店の「定期便」作りを手伝っている。

 同店は、広告業のクラビズ(倉敷市五日市)が約3年前から運営。昨年4月に始めた「定期便」は、当初同店スタッフが月約600セットを用意していた。新型コロナウイルス禍により自宅時間が増えたことなどで、女性客を中心に評判に。生産が追い付かなくなったため、今年1月から作業を委託した。

 事業所では計5人ほどが同店から届くドライフラワーを1本ずつ切り分け、セットにして袋詰めする。委託で同店は月約2500セットの生産が可能になり、事業所側も収益増につながったという。

 店主の山崎由佳さん(33)は「事業所側から作業改善の提案があるなど、意欲的に取り組んでくれている。予定より早くきれいに仕上がるので、助かる」と話す。


ページトップ