アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【岡山県】

里親家庭支援に力を 美作大・短大サークルがCF

山陽新聞 2021年7月6日(火)
ニュース画像
里親・里子支援サークルが行っているクラウドファンディングのホームページ

 里親制度の普及啓発や里親家庭の支援に取り組む美作大・短期大学部(津山市北園町)の「里親・里子支援サークル」は、活動費をクラウドファンディング(CF)で募っている。目標額は20万円で、15日まで受け付ける。

 サークルは2014年、社会福祉学科の学生で発足。現在は同学科と児童学科の1〜3年約40人が所属する。里子を大学で預かって家族へのプレゼントを作ったり、スポーツで触れ合ったりする「ワクワクフレンド」を月1回ペースで開き、夏には交流キャンプを行うなどしている。

 活動費は、公益財団法人「みんなでつくる財団おかやま」(岡山市)の支援金や、17年に行ったCFの資金を充当。不足してきたことと、取り組み充実のため新たなCFを行うことにした。

 CFサイト・キャンプファイヤーを使い、1口3千〜3万円で募集。QRコードからもアクセスできる。返礼品は、大学公式キャラクター「ミマッパちゃん」の缶バッジやクリアファイル、キーホルダーなどを用意した。6月末現在、9万9千円が集まっており、目標額を超えても期間内は受け付ける。

 CF担当の社会福祉学科3年畠中唯奈さん(20)は「多くの人に協力してもらい、子どもたちの社会体験の場を充実させたい」と話している。


ページトップ