アイコン

トップ

アイコン

高齢・介護

アイコン

医療

アイコン

障害者福祉

アイコン

子ども・家庭

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ |
アイコン高齢・介護 |
アイコン医療|
アイコン障害者福祉|
子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【高知県】

声掛けや表情も確認 高校生が車いす操作学ぶ 土佐清水市

高知新聞 2021年8月6日(金)
ニュース画像
車いすの操作を学ぶ生徒ら(土佐清水市浜町)

 土佐清水市浜町のNPO法人ふくしねっとCoCoてらすがこのほど、施設介護ボランティア養成研修を行い、清水高校の2、3年生7人が車いすの操作方法などを学んだ。

 市は2017年度、グループホームなどで会話しながら入所者の身の回りの世話をする同ボランティア事業を開始。研修は受託した同法人が手掛け、18年度からは「福祉施設の多様な職種を知れば進路の参考になる」と、高校生も対象にしている。

 生徒たちは7月30日、理学療法士と作業療法士に教わりながら、スロープや舗装されていない場所で、車いすを押したり乗り心地を確かめたり。声掛けや表情を確認しながら介助する大切さを学んだ。

 同校2年、井村夏海さん(16)は「乗っている人の気持ちが分かった。トイレに入った時、車いすをどこに止めたら利用しやすいかも考えることができた」などと話していた。(山崎彩加)


ページトップ