アイコン

トップ

アイコン

高齢・介護

アイコン

医療

アイコン

障害者福祉

アイコン

子ども・家庭

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ |
アイコン高齢・介護 |
アイコン医療|
アイコン障害者福祉|
子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【長崎県】

地域のお年寄りに手料理を 五島の主婦ら ボランティア

長崎新聞 2021年8月17日(火)
ニュース画像
「おおはま食堂」で食事を楽しむ参加者=7月、五島市の大浜地区公民館

 長崎県五島市大浜地区の主婦らがボランティアで、地域のお年寄りに手料理を味わってもらう「おおはま食堂」を運営し、参加者から好評だ。
 大浜地区まちづくり協議会保健福祉部会大浜班の「ふれ愛支援事業」。地域の高齢者の見守りとコミュニケーションの場をつくることを目的に、昨年7月から開始。毎月1回、新型コロナの影響による中止を挟みながら継続している。
 参加費は1回300円。主婦らが家庭菜園で育てた野菜を使い、釣った魚を分けてもらうほか、スーパーで安く仕入れるなどして、材料費を低く抑えている。栄養バランスの取れたメニューも喜ばれている。
 7月は、押しずしやサワラの塩焼き、煮物などを提供。コロナ対策を取りながら地元の約20人が食事を楽しんだ。浜町の佐々野ヤヱさん(88)は「味付けが最高。お昼は子どもが仕事に出て、いつも一人で食べるのでにぎやかで楽しい」と話した。
 おおはま食堂の宇佐美恵津子代表は「地域のスーパーがなくなり、何か支援をしようとみんなで話して食堂を始めることになった。交流の場になっているので続けていきたい」としている。


ページトップ