アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【栃木県】

児童虐待相談ダイヤル「189(いちはやく)」PR 栃木・芳賀町、イラスト公募し動画作成へ

下野新聞 2021年9月16日(木)
ニュース画像
「189」をモチーフにしたイラスト例

 【芳賀】町は、児童虐待の通告や相談を24時間受け付ける児童相談所虐待対応ダイヤル「189(いちはやく)」をPRする。町に寄せられる虐待などの児童相談は年々増加しているが、児童虐待相談窓口の認知率は町民の2割にとどまる。公募で集めたイラストで動画を作成し、会員制交流サイト(SNS)や町ケーブルテレビ「芳賀チャンネル」で公開して周知を図る。
 町子育て支援課によると、町が受けた虐待や貧困などの児童相談は、2017年は18件だったが、18年39件、19年65件、20年116件と急増している。一方、町民を対象とした20年のアンケートで、児童虐待の相談窓口を知っていると答えた町民は23・8%だった。
 町は多くの人に相談窓口を知ってもらうため、楽しく取り組める周知方法を検討し、「189」をモチーフにしたイラストを募集することにした。「189」は、最寄りの児童相談所につながる番号で、通話料は無料。匿名での相談も可能という。
 作成した動画は児童虐待防止推進月間の11月にSNSや芳賀チャンネル、ユーチューブで公開する。同課の小林春寿香(こばやしすずか)さん(25)は「『189』は分かりやすい相談窓口なので知ってもらいたい。いろいろな表現を出していただけたら、うれしい」と呼び掛けている。(問)同課028・677・1333。


ページトップ