アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【岡山県】

岡山大学生、フリースクール開設 不登校経験者がケア

山陽新聞 2021年9月17日(金)
ニュース画像
岡山市内に開設した「フリースクールもえぎ」と中藤さん

 不登校の経験がある岡山大4年の中藤寛人さん(24)が今月、岡山市北区駅元町に「フリースクールもえぎ」を開設した。小学3年から高校生までが対象で、不登校や引きこもりの受け皿として運営。勉強を教えたり、さまざまな職業の人に会う機会を作ったりすることで、夢や目標を見つけるサポートをする。

 中藤さんは高校時代、家庭不和などが原因で無気力になり、不登校がちになったことがある。「『学校に行かなくていいの?』と親が心配する声が、子どもには責められているように聞こえることもある。当事者の気持ちが分かる自分がケアできれば」と、フリースクール開設を思い立った。

 もえぎは同市北区の奉還町商店街の近くにあり、縁側や畳もある落ち着いた雰囲気の2階建て一軒家を賃借し、1日にオープンした。子どもが自由に過ごせるよう学習スペースをはじめ、知人が寄贈してくれたゲーム機や漫画も用意している。

 中藤さんは大学を休学して運営に当たっており、親子のコミュニケーションをサポートする民間資格「親業インストラクター」取得に向けて勉強中。双方の思いを聞きながら、良好な関係を築けるような立場で活動する考えという。加えて、将来の夢を見つけるヒントになればと、知人のプロのeスポーツ選手やイラストレーターらを招いての交流も検討している。

 もえぎは若葉の芽吹き始めた木のことで、子どもの感情の種を大切に受け入れ、育てたいという思いから名付けた。中藤さんは「未来にはたくさんの選択肢が広がっていることを伝え、一人一人に寄り添っていきたい」と話す。

 平日午前9時〜午後5時。通う日数や時間は自由に選べる。利用料は90分3500円など。同時間帯に受け入れるのは最大12人。詳細や問い合わせはもえぎのホームページまで。


ページトップ