アイコン

トップ

アイコン

高齢・介護

アイコン

医療

アイコン

障害者福祉

アイコン

子ども・家庭

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ |
アイコン高齢・介護 |
アイコン医療|
アイコン障害者福祉|
子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【神奈川県】

開成でマッサージ講習会 古民家の畳の上で赤ちゃんあやす

神奈川新聞 2022年5月20日(金)
ニュース画像
赤ちゃんがリラックスできるベビーマッサージの講習会=開成町の瀬戸屋敷

 赤ちゃんの体をもんだりさすったりしてリラックスしてもらうベビーマッサージの講習会が17日、あしがり郷瀬戸屋敷(神奈川県開成町金井島)で行われた。普段は町内の公共施設で町が主催しているが「ママたちのリフレッシュにもなれば」と昔懐かしい古民家の畳の上で赤ちゃんをあやした。
 ベビーマッサージは赤ちゃんの手足を伸ばしたり、ほぐすことで血流が良くなり免疫力の向上につながるだけでなく親子のスキンシップにもなる。
 瀬戸屋敷職員の小林真理子さんが講師役となり、生後9カ月までの赤ちゃん10人と母親が参加。母親に優しく足をもんでもらい、気持ちよさそうに寝息を立てる子も。小林さんは「幼いうちからスキンシップを深めることで成長した後もずっと親子のつながりが強くなる」と解説した。
 生後6カ月の娘と参加した松浦祐依さん(33)は「親子で触れ合って楽しい時間を過ごしていきたい」と喜び、外池裕加さん(33)も「同じ母親の仲間と会って交流するいい機会になった」と笑顔だった。


ページトップ