アイコン

トップ

アイコン

高齢・介護

アイコン

医療

アイコン

障害者福祉

アイコン

子ども・家庭

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ |
アイコン高齢・介護 |
アイコン医療|
アイコン障害者福祉|
子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【徳島県】

鴨島児童館の音声番組 役立つ情報届けて100回 コロナ下に配信開始 保護者や子どもに好評

徳島新聞 2022年6月29日(水)
ニュース画像
ゲストの秋山さん(左端)らと共に100回目となる番組を収録する木村さん(右端)=吉野川市鴨島町知恵島の鴨島児童館

 吉野川市鴨島町の鴨島児童館がスマートフォンなどの無料アプリを通じて届けている音声番組の配信が100回目を迎えた。児童館のイベント情報から地域の話題まで、毎回テーマを変えながら同館スタッフとゲスト出演者らのトーク形式で発信。保護者や子どもたちに好評で、児童館は「これからも役立つ情報を届けていきたい」としている。

 スマホで録音した音声をラジオのように配信できる無料アプリ「スタンドエフエム」を使い、1回10〜20分程度の番組を不定期に発信している。メインパーソナリティーを務める児童館スタッフの木村友紀さん(46)が柔らかい語り口で番組を進行。ゲストを招くことも多く、これまでにNPO法人眉山大学(徳島市)を通じて児童館に来た大学生ボランティアや、吉野川市を拠点に活動しているサッカーチーム・FC徳島の選手らが出演した。

 内容は児童館で開催するイベント告知から子育てに役立つ情報、最近読んで印象に残ったお薦め本の紹介まで多岐にわたる。100回目の配信となった17日は、「リーゼント刑事」としてテレビ番組などで活躍中で、同市のふるさと大使を務める秋山博康さん(61)がゲストで登場。犯罪から子どもを守るポイントなどを分かりやすく話した。

 番組は2020年11月に開始。新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、児童館の催しも中止が相次いでいた中、木村さんらが「自分たちの声で少しでも元気になってもらいたい」と企画し、家事や育児の合間にラジオ感覚で聴ける番組としてスタートした。

 リスナーの保護者からは「子どもと一緒に聴いている」「いつも楽しみにしている」と好評。地元の絵本読み聞かせグループ「かぶとむし」がオリジナルテーマ曲を提供するなど、児童館に関わるさまざまな人たちと共に作り上げる番組として親しまれている。

 今後は児童館を利用する子どもらが主役となる番組作りも考えている。木村さんは「これからも親しんでもらえる番組を届けたい」と話している。


ページトップ