アイコン

トップ

アイコン

高齢・介護

アイコン

医療

アイコン

障害者福祉

アイコン

子ども・家庭

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ |
アイコン高齢・介護 |
アイコン医療|
アイコン障害者福祉|
子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【宮崎県】

地域医療啓発、担い手に・宮崎県日南市

宮崎日日新聞 2022年7月5日(火)
ニュース画像
地域医療の啓発を担う人材を育成するために開講した「日南塾」

 世代や立場を超えて地域医療の啓発を担う人材を育成する、地域医療リーダー養成講座「日南塾」(日南市主催)が開講した。2年ぶりの開催で8期目となった本年度は高校生から一般まで20人が参加。専門家の講義を通して地域医療への理解を深める。

 6回の講座を行い、感染症や認知症、高齢化社会に向けての地域包括ケアシステムなどを学ぶ。11月に開催予定の市民公開講座で成果発表を行う。

 6月28日は同市テクノセンターで開講式があり、塾長を務める県立日南病院患者支援センター長の木佐貫篤医師が「地域医療の課題を考え、グループワークなどを通して話し合いアウトプットする。インプットとアウトプットを繰り返すことで関心を高めてほしい」とあいさつした。市地域医療対策室の鶴田隆志室長が地域医療の現状と課題について解説。その後、「日南における医療について感じていることを話し合ってみよう」と題したグループワークも行った。

 塾生の日南高2年鬼束鈴音さん(16)は「将来、医師になりたい。今の医療の状況を知ることは将来につながるので、しっかり学びたい」と話していた。


ページトップ