アイコン

トップ

アイコン

高齢・介護

アイコン

医療

アイコン

障害者福祉

アイコン

子ども・家庭

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ |
アイコン高齢・介護 |
アイコン医療|
アイコン障害者福祉|
子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【岐阜県】

児童が医療の仕事体験 中津川で教室 問診の手順学ぶ

岐阜新聞 2022年8月4日(木)
ニュース画像
医師の指導で問診を体験する小学生=中津川市坂下、国保坂下診療所

 地域医療を担う人材育成を目的とした医療職の体験教室「メディカルキッズさかした2022」が、岐阜県中津川市坂下の国保坂下診療所で行われ、小学6年生25人が医師や看護師の仕事を体験した。

 教室は市地域総合医療センター主催で、2014年にスタートした。新型コロナの影響で今回は3年ぶりの開催となった。中京学院大看護学部の学生がボランティアでサポートした。名古屋大病院の医師ら医療現場で働く人が参加し、医師と看護、薬剤、検査の四つの体験ブースを設けた。

 児童は白衣を着てバイタル測定や調剤業務などを体験した。医師ブースでは問診の際に大切にしていることを医師から教わり、患者役の人に現在の症状や今までの病気について尋ね、患者に寄り添う医師の仕事に触れた。落合小6年の女子児童は「将来は医療関係で働きたい。正しい体温計の使い方を教わったので、しっかりと取り入れたい」と話した。


ページトップ