トップ

高齢・介護

アイコン

医療

アイコン

障害者福祉

アイコン

子ども・家庭

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ |
アイコン高齢・介護 |
アイコン医療|
アイコン障害者福祉|
子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【徳島県】

児童・高齢者どう避難 那賀町、関係者ら計画作成研修

徳島新聞 2022年8月17日(水)
ニュース画像
県の担当者(右)の説明を受けながらタイムラインを作成する参加者=那賀町吉野の町林業ビジネスセンター

 県と那賀町は、台風による洪水や土砂崩れを想定し、小学校や高齢者施設の避難行動を時系列にまとめた「タイムライン」を作成する研修会を、同町吉野の町林業ビジネスセンターで開いた。

 避難で配慮が必要とされる児童や高齢者らが利用する、町内14施設の担当者15人が参加。県の担当者らのアドバイスを受けながら、用紙に行動内容を記したシールを貼るなどしてタイムラインを作った。

 高齢者約80人が入所するケアホーム鷲敷(同町和食郷)の相談員龍田由佳さん(43)は「避難時にやるべき事を順序立てて整理できた。地域の人とタイムラインを共有し、避難訓練も実施したい」と話した。

 県砂防・気候防災課の坂本耕一課長は「那賀町は洪水や土砂災害のリスクが非常に高い。普段からハザードマップを確認し、最適な避難行動ができるようにしてほしい」と呼び掛けている。研修会は4日にあった。


ページトップ