メニューをスキップして、このページの本文へ

福祉貸付事業・医療貸付事業

【ご注意ください】
  当機構の新型コロナ対応支援資金をかたる不審な勧誘にご注意ください

 

 当機構の新型コロナウイルス対応支援資金をかたる不審な訪問や電話等の情報が複数寄せられています。このような訪問・電話等による勧誘には十分ご注意ください。

 当機構は、このような行為を行う団体等とは一切関係ありません。

【事例1】 生命保険の加入を条件とした融資のあっせんに関する詐欺まがいの訪問事例
【事例2】 機構への融資申込を代行し、多額の手数料を受け取ろうとする事例
【事例3】 融資額の1割を手数料として支払えば、当機構の融資の半額の返済が不要になると虚偽の情報を提供し勧誘する事例
【事例4】 特定の団体を通じて申込みをしなければ、当機構の融資が受けられないと虚偽の情報を提供し勧誘する事例 など
詳しくは「新型コロナウイルス対応支援資金に乗じた悪質な業者・不審な勧誘にご注意ください」(PDF:76KB)をご覧ください

 

『新型コロナウイルス感染症の影響を受けた福祉関係施設・医療関係施設等に対して、無担保・無利子で新型コロナウイルス対応支援資金のご融資を行っております』

ご来訪いただかなくてもご相談、ご融資は可能です。ご不明な点があれば、まずは電話またはお問い合わせフォームでご連絡ください。※現在、電話回線が混雑しており、お電話が繋がりにくい場合がございます。お客様には大変ご迷惑をおかけしますが、お問い合わせフォームをご活用ください。

 

福祉医療機構では、新型コロナウイルス感染症により事業停止等になった福祉関係施設・医療関係施設等に対し、優遇融資を実施しております。詳細につきましては、以下をご覧ください。

また、当機構でご融資を受けた方の返済についても、ご相談に応じております。

 

 

1.福祉関係施設を運営されているお客様

※融資対象となる福祉関係施設はこちら→主な「融資対象施設・事業」PDFファイル(217KB)

2.医療関係施設を運営されているお客様

※医療関係施設等は、病院、診療所、介護老人保健施設、介護医療院、医療従事者養成施設、助産所、指定訪問看護事業を指します。

 

3.既に新型コロナウイルス対応支援資金のご融資を受けているお客様
~令和2年度第2次補正及び令和2年9月15日付拡充にかかるごあんない~

既に新型コロナウイルス対応支援資金のご融資を受けた方につきましては、第2次補正及び令和2年9月15日付拡充の融資条件を遡及させていただきます。詳しくは下記資料をご覧ください。

 

 

4.現在、ご返済中のお客様

既に福祉医療貸付の融資を受け、現在ご返済中のお客様に対しては、返済猶予を実施しております。

お問い合わせフォーム

※お名前の欄に法人名の記載もお願いいたします。

 

お問い合わせ先(融資のご相談・既往貸付の返済のご相談)
福祉貸付専用ご相談フリーダイヤル : 0120-343-862
医療貸付専用ご相談フリーダイヤル : 0120-343-863
※携帯電話等でつながらない場合 : 03-3438-0403