WAMNETロゴ
開催日
2021年09月26日
会場

長野市で開催するセミナーをZoomによりライブ配信

内容
【第1部】『科学的介護情報システム[LIFE]を極める〜〜エビデンスに基づく自立支援・重度化防止等 の時代に適応する』演者:大藪 直史 氏(日本クレアス税理士法人 介護経営コンサルタント)主な内容・国が構想するLIFE活用による分析イメージとは・LIFE対応加算にはどんなものがあるか・科学的介護推進体制加算は取得すべきか・次回改定までに整備しないといけないBCP・今後の加算は職員定着が鍵に講師プロフィール国内大手コンサル会社にて医療機関、建設不動産会社に対する介護事業の新規参入支援に携わる。 現在は、日本クレアス税理士法人・上田公認会計士事務所で介護事業のシミュレーション、実地指導対策等の経営コンサルティングや開業支援を担当するなど、多くの実績を有す。【第2部】事例紹介『高齢者施設・福祉施設の建築実例紹介』〜長期安定経営の実例をご紹介〜演者:パナソニック ホームズ(株)
詳細を見る
開催日
2021年09月26日
会場

zoom(Web会議アプリ)を利用します。

内容
「ふまねっと運動」は、北澤一利(認定NPO法人ふまねっと 理事長、元北海道教育大学釧路校 教授)が開発した二重課題運動プログラムです。横3マス、縦8マスの大きなネットを、様々な順序で踏まないように注意して歩くことで、重心の移動調節機能の改善や、利用者の注意・集中・判断・記憶の改善を図ります。【講習の目的・内容】・インストラクター3級養成講習は、要介護認定を受けた方や患者を対象(※)に、歩行機能・認知機能の改善を目的としたふまねっと指導を行う為に、必要な技術や知識を習得する為の講習です。・本講習では、ふまねっと運動の理論や効果・実技・指導方法だけでなく、利用者が患者の意欲を引き出す声かけの方法を学ぶことが出来ます。・講習最後に認定試験があります。・本講習最後の認定試験に合格し、認定NPO法人ふまねとの正会員に入会することでふまねっと運動を指導する権利が得られます。(入会金無料・翌年度分より年会費3,000円)〜受講後すぐ使える8週間分の指導セリフを含むステッププログラム付!〜〇プログラムふまねっと運動の特徴ふまねっと運動の効果と理論(多重課題理論・認知機能改善理論・歩行改善理論)ふまねっと運動体験(ミニふまねっと使用)ふまねっと運動の対象別指導法指導実技グループワーク(ミニふまねっと使用)
詳細を見る
開催日
2021年09月26日
会場

zoomによるオンライン開催

内容
「医療的ケア教員講習会」や「指導者講習会」を受講し、医療的ケアの講師や現場の指導看護師として活躍している看護師の皆さんのためのファローアップ研修会です。弊社主催講座の受講生以外の参加もOK現場で実際に指導してみて、講師として授業を行ってみて、疑問に思ったことや不安に思ったことはありませんか?<こんな思いのある方は、ぜひご参加ください。>・受講したのが数年前、内容をよく覚えていないから復習したい!・介護現場での指導方法に迷っている・他の指導看護師さんはこんな時どうしているんだろう?・どんな教え方をしたらいいんだろう?・こんな事例はどうしたらいいの?・この手技で間違ってないかな?◇研修会の内容・医療的ケアの概要・吸引と経管栄養の概要、指導時の注意点・Q&A(事前のアンケートで質問を募集します。当日時間があればその場での質疑応答も可能です。)・参加者との交流(zoomのブレイクアウトルームを活用し、3〜4名でのディスカッションできる時間もとっていきます)
詳細を見る
開催日
2021年09月26日
会場

八王子市芸術文化会館いちょうホール
(東京都八王子市本町24-1)
中央本線八王子駅より徒歩15分程度

内容
『リハビリ・集団活動・姿勢制御と様々な角度から、現場のお悩みを解説・解決します』「リハビリの必要性は感じているがどうしたらいいか分からない。」「集団で行う活動で何をやったらいいか分からない。」「デイサービスなどで利用者が安楽、安心して過ごせる環境づくりをしたい。」「ベット上で寝ているときのポジショニング方法が知りたい。」こんな悩みを作業療法士が解説・解決します。【プログラム】 -基礎編-   1.高齢者の心理学   2.高齢者の精神学   3.介護者がリハビリをするために必要な解剖学、生理学、運動学など    基礎的学問の習得   4.身体機能面のリスクと対応、精神機能面のリスク(認知症対策等)    と対応方法   5.車椅子住環境でのリスクマネジメント -実技編-   1.関節の動かし方   2.マッサージの仕方、指圧の仕方   3.むくみの取り方、リンパマッサージの仕方   4.姿勢保持方法、シーティング技術指導   5.集団リハビリテーションの方法と進行の仕方   6.関節拘縮の足を開く方法   7.関節拘縮の握り込みの手を開く方法基礎編では、高齢者の心理面からリハビリをするにあたって必要な解剖学や運動学などの講義となっております。基礎編で得た知識を、実際に技術として習得していただくのが実技編です。関節の動かし方やシーティングについて実践していただきます。少人数制(5名まで)でお一人お一人の課題、問題点に合わせて進行していきます。悩まれている患者様や利用者様の状況が分かる情報をお持ちくだされば、個別に対応方法をお伝えいたします。
詳細を見る
開催日
2021年09月26日
会場

ZOOMによるオンラインライブ開催

内容
−セミナー内容−1 誤嚥性肺炎の成り立ち2 『食べる』為の咀嚼、嚥下3 正しい姿勢で食べる嚥下4 不良姿勢で食べる問題点5 『食べられる』ポジショニング6 基本動作の介助量と嚥下障害7 スプーンテクニック8 食事介助のコツ9 食事場面から判断する嚥下の評価(嗄声、口腔内残渣、停滞、咽せ、流涎)10 試料の相違と嚥下のチェック11 服薬と嚥下障害12 食具の選定と嚥下※プログラムは追加・変更になる場合がございます。−講師−内田学 先生(理学療法士)東京医療学院大学 准教授主な著書『姿勢を意識した 神経疾患患者の食べられるポジショニング』『姿勢から介入する摂食嚥下 脳卒中患者のリハビリテーション(単著)』『理学療法実践レクチャー 栄養・嚥下理学療法』『脳卒中理学療法の理論と技術(第2版)』
詳細を見る
開催日
2021年09月26日
会場

会場:メルパルク長野 3階「飛翔」(JR長野駅東口から徒歩5分)

内容
第1部】『科学的介護情報システム[LIFE]を極める〜〜エビデンスに基づく自立支援・重度化防止等 の時代に適応する』演者:大藪 直史 氏(日本クレアス税理士法人 介護経営コンサルタント)主な内容・国が構想するLIFE活用による分析イメージとは・LIFE対応加算にはどんなものがあるか・科学的介護推進体制加算は取得すべきか・次回改定までに整備しないといけないBCP・今後の加算は職員定着が鍵に講師プロフィール国内大手コンサル会社にて医療機関、建設不動産会社に対する介護事業の新規参入支援に携わる。 現在は、日本クレアス税理士法人・上田公認会計士事務所で介護事業のシミュレーション、実地指導対策等の経営コンサルティングや開業支援を担当するなど、多くの実績を有す。【第2部】事例紹介『高齢者施設・福祉施設の建築実例紹介』〜長期安定経営の実例をご紹介〜演者:パナソニックホームズ(株)
詳細を見る
開催日
2021年09月27日
会場

「ZOOM」アプリをセミナー当日までに、当日使用するパソコン(カメラ・マイク付き)、タブレット、スマホにダウンロードすることが望ましいです

参加費の入金後が確認できましたらセミナー用URLを送付します

ZOOM入室時にはご自身のフルネームを入力してください

資料の譲渡・録音・録画は禁止です

資料は研修会前日にお申込みを頂きましたメールアドレスにダウンロード先URLを送付いたします

回線状況により音声や動画の不具合の可能性がありますが、ご了承下さい

内容
本セミナーは、パーキンソン病を正しく理解することで、根拠をもった評価や運動療法を提供することができる能力の獲得を目的とします。パーキンソン病は、病態が複雑であり、無動などの諸症状により運動療法が展開しにくいことから、リハビリテーションの現場において、治療に難渋しているリハビリテーション職種を散見いたします。パーキンソン病の治療にあたっては、第一に病態を正しく理解することが重要であり、解剖学と生理学を用いることでこの点は解決することが出来ます。ただし、パーキンソン病の患者様は、一様に同じ機能障害を有しているわけではなく、疾患から機能障害を特定することはできません。つまり、目の前の患者様がどのような姿勢・動作を呈するか、この点を運動学的に解釈し評価することが重要です。 正しい評価によって、各患者様の機能障害を明確化し、そのうえでアプローチすることの重要性・有効性を、実際の患者様の事例も交えながら解説します。セミナー内容 1)パーキンソン病も病態生理の理解 2)パーキンソン病患者の機能障害を特定するための臨床的評価方法 3)機能障害に対する介入方法 講師 福本 悠樹先生 関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科 助教 関西医療大学大学院 助教 関西医療大学附属診療所 リハビリテーション科 理学療法士 認定理学療法士 神経筋障害・脳卒中 関西医療大学校友会 理学療法部会 総務 代議員 関西理学療法学会 評議員 基礎理学療法 講師 日本基礎理学療法学会 企画部会部員(若手研究推進委員会) 大阪府理学療法士会 南支部 代議員
詳細を見る
開催日
2021年09月28日
会場

オンライン研修(ZOOM)

内容
知的障がい者・精神障がい者の方を支援する事業所の新しい加算要件となる資格です。強度行動障害支援に関する知識及び技術を習得する福岡県指定研修です。(現在は基礎・実践研修連続受講の方を中心に受け付けております。)
詳細を見る
開催日
2021年09月28日
会場

BCC株式会社会議室(大阪府大阪市西区京町堀1-8-5明星ビル12F)

内容
「アイスブレイク」という言葉を聞いたことはありますか?アイスブレイクとは、参加者様の気持ちや場の空気を和ませ、和気あいあいとした楽しい雰囲気を作り出す手法で、介護レクにも応用することができます!アイスブレイク体験会ではその手法と、小物いらずですぐに使えるレクネタも併せてお伝えします午後の講座では普段皆さんが行っている「レクリエーション」をより深く掘り下げる講座です。介護レクリエーションは“指導力”ではなく“支援力”が必要とされます。また、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で減少している、集団レクリエーションですが、本来の集団レクリエーションは高齢者にとってなくてはならないものなのです。それぞれの本質を学び、今まで気づかなかった日常に隠れているレクネタのヒントを見つけてみましょう。講師紹介一般社団法人日本アクティブコミュニティ協会名誉理事 松尾 純子小学校教員を経て社会教育に転身。幅広い層の対象者とともにあらゆる種類のダンス指導に携わり、独自のスタイルで健康教育をはじめ、介護福祉士養成にも早くから取り組んでいます。現在はECC国際外語専門学校(非常勤講師)で勤務。《講座内容/全3講座》【1】10時00分〜11時30分アイスブレイク体験会〜準備ゼロでできるレクネタあれこれ〜https://www.japan-ac.jp/article/schedule/839/ 【2】12時30分〜14時00分介護レクの本質を学ぶとレクネタに悩まない!https://www.japan-ac.jp/article/schedule/844/ 【3】14時15分〜15時45分集団レクリエーションが必要な理由https://www.japan-ac.jp/article/schedule/847/ ※講座について詳しくは、各URLをご覧ください。
詳細を見る
開催日
2021年09月28日
会場

オンライン(YouTubeライブ配信)

内容
事故発生!適切な対応はできていますか?〜ご家族とのトラブル事例と対応の基本ポイントを押さえましょう〜昨今、人口構造の変化等に伴い介護ニーズはますます増加する一方、現場の人で不足による負担増やコロナ禍、生活様式の変容等による要求・要望の多様化など、介護業界の皆様を取り巻く環境は厳しさを増しております。そのような環境を背景に介護事故やそれに伴う利用者・家族とのトラブルの発生リスクはますます高まっていると言えるのではないでしょうか。本セミナーでは、日々様々な事故対応をさせて頂いている保険会社の目線で、事故・トラブルの事前予防と事故発生時の初期対応のポイントについてお伝え致します。
詳細を見る
開催日
2021年09月28日
会場

紀尾井フォーラム
(東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンコート1F)

内容
9月1日デジタル庁創設が予定されるなか、マイナポータルの機能拡充などヘルスケアデータの民間活用を促す制度改正が進められている。ヘルスケアデータは個人情報保護の観点から慎重な取り扱いが求められるが、マイナンバーカードがセキュリティと利便性を両立して普及していくことなどにより、民間企業を含めた幅広い主体が活用できるようになる。本講演では、制度改正の動向を幅広く確認しながら、民間企業が利用できるヘルスケアデータと利用の方向性、民間企業における事業機会創出やDX推進への示唆および留意点を探る。1.ヘルスケアデータ民間活用を促す制度改正の動向2.マイナポータル、マイナンバーカードの動向3.企業が利用できるヘルスケアデータ4.公的ヘルスケアデータの活用(海外比較)5.事業機会創出、DX推進、留意点6.質疑応答/名刺交換
詳細を見る
開催日
2021年09月28日
会場

オンライン開催ですので、どこからでも参加できます!

内容
「HitomeQ オンラインサミット 2DAYS」とは、ご好評いただいているWEBセミナーの特別拡大版として2日間開催するオンラインサミットです!まだまだ、イベントや展示会へ足を運びにくい状況が続いていますが、このような時期だからこそ、職場や自宅から気軽に情報収集してはいかがですか?HitomeQ オンラインサミットは、このような方におすすめです! ・ 業務負担軽減・介護施設へのICT導入をご検討中の方 ・ 補助金情報をお探しの方 ・ HitomeQ ケアサポートを詳しく知りたい方 ・ 導入施設の生の声に興味がある方 ・ ICT導入をご検討中の方お申込みいただければ、入退場は自由です!※2日間、それぞれのお申込みが必要となります。事後視聴が可能になりました!当日のご予定が合わなくても、ぜひお申込みください!!9/28(火)のDAY1の注目は、IoT・ICTを有効活用し、業務負荷なく人員配置を大きく改善している(福)善光会の理事・最高執行責任者 宮本さまの講演です!体験談も現場スタッフの方に語っていただき、経営層と現場の両方の視点からICT導入の秘訣をお伝えいたします!<プログラム>13:00 テーマI    経営目線経営目線で紐解く     介護現場へのICT導入による業務負担軽減のステップ   (社会福祉法人善光会 理事・最高執行責任者    宮本 隆史氏)13:50 休憩    おすすめ商品紹介14:00 テーマII    現場で感じた介護施設へのICT導入   (社会福祉法人善光会 特別養護老人ホームフロース東糀谷 副施設長    谷口 尚洋氏)14:30 テーマIII    事例を基にしたHitomeQ ケアサポートの導入効果14:50 テーマIV    ICT・介護ロボット導入に使える補助金とKMのサポート15:10 コニカミノルタからのご案内9/29(水)のDAY2もご確認ください。
詳細を見る
開催日
2021年09月29日
会場

オンラインにて開催

内容
「勇気の心理学」ともいわれるアドラー心理学は、あらゆる人に使えて、生きるヒントになります。本研修では、職場や利用者の方又はご家族とのかかわりの中で、誰にでも経験のある「あの人となんだか合わないなぁ」「自分は嫌われちゃったのかなぁ」等のたくさんの悩みや迷いから、ポジティブにスマートな気持ちへの切り替えるアドラー心理学の発想方法を学びます。「苦手なんだよね・・」「うまく注意できない・・」「もうやめたい・・」「イヤなのに・・」を切り替えます!≪カリキュラム≫〜人との関わりの中で〜■ アドラー心理学の基本理論  人間関係や対人関係を考える■ 自分や人間関係を変える思考スイッチ■ アドラー式心理でスッキリ解決!苦手意識の克服対人関係の作法嫌われる勇気って何、幸せになる勇気って何。・・・・受講後アンケートのご紹介・・・・・アドラー心理学で自分や職場の考え方を見直し、良くしていけたらと思いました。・沸々と力が湧いてくる感じがし、明日から頑張れそうです。・ポジティブ未来志向、今日から始めればいつか大きく変わることがあるということ・・・・また八卷先生のセミナーを受講したいと思います!※当日の講義は、午前2時間、午後2時間で配信を行います。(例:10時30分〜12時30分 - 1時間休憩 - 13時30分〜15時30分)
詳細を見る
開催日
2021年09月29日
会場

振興会セミナールーム
(横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9F)

内容
「勇気の心理学」ともいわれるアドラー心理学は、あらゆる人に使えて、生きるヒントになります。本研修では、職場や利用者の方又はご家族とのかかわりの中で、誰にでも経験のある「あの人となんだか合わないなぁ」「自分は嫌われちゃったのかなぁ」等のたくさんの悩みや迷いから、ポジティブにスマートな気持ちへの切り替えるアドラー心理学の発想方法を学びます。「苦手なんだよね・・」「うまく注意できない・・」「もうやめたい・・」「イヤなのに・・」を切り替えます!≪カリキュラム≫〜人との関わりの中で〜■ アドラー心理学の基本理論  人間関係や対人関係を考える■ 自分や人間関係を変える思考スイッチ■ アドラー式心理でスッキリ解決!苦手意識の克服対人関係の作法嫌われる勇気って何、幸せになる勇気って何。・・・・受講後アンケートのご紹介・・・・・アドラー心理学で自分や職場の考え方を見直し、良くしていけたらと思いました。・沸々と力が湧いてくる感じがし、明日から頑張れそうです。・ポジティブ未来志向、今日から始めればいつか大きく変わることがあるということ・・・・また八卷先生のセミナーを受講したいと思います!※本セミナーは、オンラインでも受講できます。
詳細を見る
開催日
2021年09月29日
会場

Zoomミーティングによるオンラインで開催します

内容
1 目的 介護・看護現場において腰痛などによる労働力の低下及び離職などの課題を理解する一助として、「人の力のみで抱えあげない介護・看護」及び「自分にも受ける人にもやさしい介護」に関する考え方並びに保健・医療・福祉現場の専門職を対象に実践的な「持ち上げない」及び「抱え上げない」介護・看護技術を広めます。2 内容 A バイオメカニクスに基づいた介助する側・される側、両者に負担の少ない介助方法 B 自然な動きの支援で安楽な移乗、移動の介助方法   〜褥瘡予防の視点から〜
詳細を見る
開催日
2021年09月29日
会場

マリンメッセ福岡B館
CareTEX福岡’21 展示会場内 各セミナー会場
(福岡市博多区沖浜町2-1)

内容
CareTEX福岡’21 専門セミナー <業界動向コース>[3]認知症とともによりよく生きるについて考える日時:9月29日(水) 10時10分〜11時10分講師:(医)すずらん会たろうクリニック 院長 内田 直樹年を重ねると誰もが認知症の状態となるため、認知症に備えて認知症とともによりよく生きるにはどうしたらよいかと考えることが重要です。そのためにはどうしたらよいのか考えるきっかけとなる講演にしたいと考えています。[9]生活習慣病の予防で認知症・要介護のリスクを減らす!〜60周年を迎えた久山町研究から〜日時:9月29日(水) 13時10分〜14時10分講師:九州大学大学院医学研究院 衛生・公衆衛生学分野 教授 二宮 利治わが国では、急増する認知症と要介護者が社会問題となっている。これらを予防するには、コホート研究によってその病態を解明することが重要である。本講演では認知症コホート研究の成果を紹介する。[23]介護現場の課題を政策につなぎ改善する為には?日時:9月30日(木) 13時30分〜14時30分講師:(公社)福岡県介護福祉士会 名誉会長/日本ホームヘルパー協会 名誉会長 因 利恵個々に現場の課題や悩みを持っていても解決しにくく現場改善にはつながりません。利用者への介護の質と職場改善・経営改善について考えます。[25]地域創生×テクノロジーで認知症に困らない社会を実現!〜日本の介護をハッピーで持続可能な産業へ〜 日時:9月30日(木) 15時30分〜16時30分講師:The Harmony Inc. 代表取締役CEO 髙橋 和也介護・地域・テクノロジーをかけ合わせ、介護にかかわる全ての人をハッピーにし認知症に困らない社会の実現に向けた事例についてお話しします。他にも総計26セッションの専門セミナーを開催します。
詳細を見る
開催日
2021年09月29日
会場

マリンメッセ福岡B館
CareTEX福岡’21 展示会場内 各セミナー会場
(福岡市博多区沖浜町2-1)

内容
CareTEX福岡’21 専門セミナー <まちづくりコース> ※[ ]内の数字はセッション番号[11]情けは人のためならず、地域貢献は未来への投資なり日時:9月29日(水) 14時50分〜15時50分講師:(社福)さわら福祉会特別養護老人ホームマナハウス 施設長  小金丸 誠社会福祉法人の責務である地域貢献(地域における公益的な取組)は、決して地域のためだけではない。地域ニーズに添い、施設運営のための目的を持つ地域貢献は、人材の確保、育成、そして利用者、職員から選ばれる施設となるための「未来への投資」である。その他にも、介護・高齢者業界の第一人者を講師に迎えた総計26セッションの専門セミナーを開催します。
詳細を見る
開催日
2021年09月29日
会場

マリンメッセ福岡B館
CareTEX福岡’21 展示会場内 各セミナー会場
(福岡市博多区沖浜町2-1)

内容
CareTEX福岡’21 専門セミナー <介護のテクノロジーコース> ※[ ]内の数字はセッション番号[6]人とテクノロジーの融合で新たな働き方を!〜北九州モデルで介護現場に時間と笑顔をうむ〜日時:9月29日(水) 11時30分〜12時30分講師:北九州市保健福祉局先進的介護システム推進室次長 堀江 吏将これまでの実証を通じて構築した、ICTや介護ロボットを活用した介護現場の新たな働き方「北九州モデル」。こういったテクノロジーを導入するためのポイントを、分かりやすく丁寧にお伝えしようと思っています。また、私たちがこのモデル構築に乗せた想いも共有できればと思っています。[16]介護現場に変革をもたらすAIの活用と科学的介護日時:9月30日(木) 10時10分〜11時10分講師:九州工業大学 大学院生命体工学研究科 教授 井上 創造介護記録時間を大幅に短縮できる介護記録AIアプリの事例や、利用者・スタッフの満足度を高めることのできるDXのアイデア、そして科学的介護LIFEに手軽な導入ができる無料ツールを紹介します。[21]科学的介護(LIFE活用)や会議のリモート化等、進む業界のICT化の現状 〜見えて来た課題と対応策〜日時:9月30日(木) 13時30分〜14時30分講師:(株)ビーブリッド 代表取締役/(一社)日本ケアテック協会 専務理事・事務局長 竹下 康平昨今進む生産性向上施策にはじまり、近年は感染症対策、科学的介護の実践等、現在介護業界全体に大きなICT化が求められています。一部事業者ではICT化が進んだ事によって生まれた新たな課題に直面しております。本セミナーでは先駆者の事例を学びつつ、想定される課題への対応策について解説していきます。その他にも、介護・高齢者業界の第一人者を講師に迎えた総計26セッションの専門セミナーを開催します。
詳細を見る
開催日
2021年09月29日
会場

マリンメッセ福岡B館
CareTEX福岡’21 展示会場内 各セミナー会場
(福岡市博多区沖浜町2-1)

内容
CareTEX福岡’21 専門セミナー <経営者向けコース> ※[ ]内の数字はセッション番号[1]事例検証から見る介護事業経営力強化と人材育成 〜良質の経営と明るい職場をつくるために〜日時:9月29日(水) 9時50分〜10時50分講師:(社福)援助会 理事長/特別養護老人ホーム 聖ヨゼフの園 施設長 木戸 邦夫人材確保や育成、また事業や業務の生産性向上を目指すなかで起こっている経営・現場の課題やリーダー諸氏のあり方は?組織づくりは?介護事業経営者や現場リーダーが人に尽くす組織人としての役割を果たすためにどうあるべきかを、民間企業経営を経験した目線でひも解きます。[7]コロナ禍で一気に加速する介護業界のM&A日時:9月29日(水) 11時50分〜12時50分講師:ブティックス(株) 介護M&A支援センター 常務取締役 速水 健史コロナ禍で激動の時代に突入した介護業界。いま介護業界では一体何が起きているのか?そして、報酬改定を踏まえて今後どうなるのか?それを考えるうえでの大きなカギとなるM&Aについて、事例を一挙紹介するとともに、失敗しないためのM&A成功マニュアルについて、お話いたします。[18]令和3年介護報酬改定をバネに、今こそ事業基盤強化のチャンスと捉えよ!日時:9月30日(木) 11時30分〜12時30分講師:(株)リンクアップラボ 代表取締役 酒井 麻由美2024年のアウトカム重視の評価に対するLIFEの対応方法と、LIFEを活用した広報戦略のしくみづくり。さらに、医療機関との連携強化がLIFEの負担軽減につながり、信頼を築くポイントとなることについてお伝えする。その他にも、介護・高齢者業界の第一人者を講師に迎えた総計26セッションの専門セミナーを開催します。
詳細を見る
開催日
2021年09月29日
会場

マリンメッセ福岡B館
CareTEX福岡’21 展示会場内 各セミナー会場
(福岡市博多区沖浜町2-1)

内容
CareTEX福岡’21 専門セミナー <人事・教育コース> ※[ ]内の数字はセッション番号[12]ポストコロナの採用戦略〜採用難の荒波はこう乗り越える! 職員目線での採用を考える〜日時:9月29日(水) 15時10分〜16時10分講師:(有)HRエージェント 取締役社長/(同)SPEC経営研究所コンサルタント 佐藤 康弘介護・福祉業界を取り巻く厳しい採用市場の課題をきちんと見据え理解しておくことは、施設の経営・運営を最低限安定させる為に必要不可欠な条件です。経営目線の辞めさせない為の施策から職員目線の辞める必要がない施策への転換のヒントを提供致します。[15]強みを活かした人財確保!必要な人財の採用・育成・定着の極意!日時:9月30日(木) 10時00分〜11時00分講師:福岡福祉向上委員会 代表 大庭 欣二福祉事業経営の軸は「人」。しかし、現在の多くの事業者が、「来ない」「育たない」「辞める」という負のスパイラルに陥っています。その上、コロナ禍において、職員の疲弊は増すばかり。経営者の悩みも尽きません。本セミナーでは、福祉事業経営に必要な人財を、いかにして確保していくかの極意を丁寧に解説いたします。その他にも、介護・高齢者業界の第一人者を講師に迎えた総計26セッションの専門セミナーを開催します。
詳細を見る
開催日
2021年09月29日
会場

マリンメッセ福岡B館
CareTEX福岡’21 展示会場内 各セミナー会場
(福岡市博多区沖浜町2-1)

内容
CareTEX福岡’21 専門セミナー <施設運営コース> ※[ ]内の数字はセッション番号[2]拘縮ゼロは実現できる!〜お互いが笑顔になる人権に配慮したケアとは〜日時:9月29日(水) 9時50分〜10時50分講師:(一社)こうしゅくゼロ推進協議会 副代表/スマイルストーン(同) 代表 石橋 弘人実際に拘縮ゼロを実現した施設の取り組み内容や具体的な方法と指導された講師を紹介します。[10]生の見護り、死の看取り 〜最期までその人らしく生きるための支援〜日時:9月29日(水) 13時30分〜14時30分講師:福岡大学 医学部看護学科 准教授 浦 綾子本講では、生や死のとらえ方、死の質、死に直面している人の看取りのプロセスに焦点をあてます。いのちの最期を「その人らしく生きる」ための支援の在り方を、受講者の皆様とともに考えたいと思います。[19]バリデーションで理解する認知症の世界とコミュニケーション法〜認知症高齢者への虐待を招かないために〜日時:9月30日(木) 11時50分〜12時50分講師:(社福)共成舎 理事長/オンラインスクールApoyo 代表 永田 美樹この講座では、認知症高齢者の世界を理解し、深く共感するバリデーションを学びます。実践することで信頼関係を構築し、介護者のストレス軽減につながる方法です。[20]QOLを向上させる適切な排泄ケアとは日時:9月30日(木) 13時10分〜14時10分講師:(有)エルム 代表取締役/日本コンチネンス協会 九州支部長 今丸 満美お漏らしをしたらおむつ?便秘をしたら下剤?本当は必ずその原因があるはず。正しいかかわり方が、ひとりひとりの尊厳をどれだけ守れるか。プロとしての排泄ケアについてお話します。その他にも、介護・高齢者業界の第一人者を講師に迎えた総計26セッションの専門セミナーを開催します。
詳細を見る
開催日
2021年09月29日
会場

マリンメッセ福岡B館
CareTEX福岡’21 展示会場内 各セミナー会場
(福岡市博多区沖浜町2-1)

内容
CareTEX福岡’21専門セミナー <ケアマネジャー向けコース> ※[ ]内の数字はセッション番号[8]令和3年度介護報酬改定に係るケアマネジャーの業務・役割の変化と今後の方向性日時:9月29日(水) 13時10分〜14時10分講師:(一社)日本介護支援専門員協会 会長 柴口 里則令和3年度介護報酬改定を踏まえたケアマネジャーに求められる職能・役割についてお話いたします。[24]もっと磨こう、アセスメントスキル!思いを聞き取る力、隠れたニーズを見出す力日時:9月30日(木) 15時10分〜16時10分講師:(株)フジケア 取締役社長/(一社)日本ケアマネジメント学会 副理事長 白木 裕子ケアマネジメントの実行に中核技術はアセスメント力です。高齢者・障がい者の支援において、アセスメントに始まり、アセスメントに終わると言われています。アセスメントの重要性について講義と演習を交えてアセスメント技術を磨きましょう。その他にも、介護・高齢者業界の第一人者を講師に迎えた総計26セッションの専門セミナーを開催します。
詳細を見る
開催日
2021年09月29日
会場

マリンメッセ福岡B館
CareTEX福岡’21 展示会場内 各セミナー会場
(福岡市博多区沖浜町2-1)

内容
CareTEX福岡’21 専門セミナー <介護予防コース> ※[ ]内の数字はセッション番号[5]健康寿命を延ばす!スロージョギング健康法日時:9月29日(水) 11時30分〜12時30分講師:(一社)日本スロージョギング協会 理事 佐藤 紀子人の体は、加齢や身体活動量の低下により、持久力や筋力が低下します。本セミナーで紹介するステップ運動、スロージョギングは体力維持向上はもちろんのこと、楽しく継続することで認知症予防、脳の活性化が報告されています。「いつまでも青春」さあ皆さん、今日からステップ運動、スロージョギングを始めてみませんか?[14]Withコロナ時代のレクリエーション日時:9月30日(木) 9時50分〜10時50分講師:NPO法人福岡県レクリエーション協会 専務理事 佐藤 靖典コロナ禍で対面とコミュニケーションによる高齢者の楽しみ、生きがいづくりが困難な状況下における新しいレクリエーションの進め方を紹介します。その他にも、介護・高齢者業界の第一人者を講師に迎えた総計26セッションの専門セミナーを開催します。
詳細を見る
開催日
2021年09月29日
会場

マリンメッセ福岡B館
CareTEX福岡’21 展示会場内 各セミナー会場
(福岡市博多区沖浜町2-1)

内容
<CareTEX福岡’21 高経協特別フォーラム> 熱く語ろう。「コロナに負けない、私たちの介護!」@リビング・オブ・ザ・イヤー2021日時:9月30日(木) 12時10分〜13時10分講師:日本の介護(株) 代表取締役/リビング・オブ・ザ・イヤー実行委員長 昆野 仁(株)長谷工シニアホールディングス 取締役専務執行役員 幸谷 登日本ホスピスホールディングス(株) 執行役員戦略本部長 三重野 真目に見えない脅威と闘いながら、お互いにエールを送り、励ましあう「Withコロナ応援メッセージ」。その中から、実行委員会が熱き思いを感じとった作品を選び、制作の過程や寄せた思い、コロナ激闘の苦労話などを、応募者代表の方々に存分に語っていただきます。
詳細を見る
開催日
2021年09月29日
会場

マリンメッセ福岡B館
CareTEX福岡’21 展示会場内 各セミナー会場
(福岡市博多区沖浜町2-1)

内容
ケアフード福岡’21 専門セミナー [4]高齢者の健康は、お口の健康から!〜口腔ケアと摂食嚥下の基礎知識〜日時:9月29日(水) 10時10分〜11時10分講師:福岡大学病院 摂食嚥下センター センター長/福岡大学 福岡大学病院 准教授 梅本 丈二要介護高齢者にとって、「口から食べること」は生きがいの最上位に挙がります。「口から食べる」機能を評価・維持することの重要性を伝えたいと思います。[13]健康寿命の延伸に寄与する食とは 〜人生100年時代の栄養支援と心のサポート〜日時:9月29日(水) 15時10分〜16時10分講師:福岡県栄養士会 会長/(一社)FOOD&HEALTH協会ククルテ 代表理事 大部 正代コロナウイルス感染拡大で家族や友人たちとの外食も制限され食の楽しみが少なくなってきました。健康寿命延伸につながる美味しい食、心に残る食について考えてみます。[17]高齢者施設における郷土料理の提供 〜食を通して高齢者を笑顔に、元気に!〜日時:9月30日(木) 10時10分〜11時10分講師:特別養護老人ホーム飛鳥 栄養科 管理栄養士 曽根田 佳代高齢者の健康管理において、もっとも重要な役割を果たすのが「食事」であると考えます。高齢者がいつまでも、食を楽しめるように取り組んでいる事例をご紹介いたします。[22]食事サービスの経営改善!HACCP対応した、美味しさ抜群の食事提供システム。日時:9月30日(木) 13時50分〜14時50分講師:新調理システム推進協会 事務局長/ニチワ電機(株) 専務取締役 西 耕平高齢者施設における食事は、利用者様から最も評価されるサービスです。衛生的で、満足できる美味しい料理を提供するシステムについて、館内ブースにてご試食もご用意し解説致します。他にも総計26セッションの専門セミナーを開催します。
詳細を見る
開催日
2021年09月29日
会場

Zoom会場

内容
内容【笑顔が生まれるために、私があなたに伝えること】・外から見えないのどの構造を伝えます。・むせの仕組みを伝えます。・むせない姿勢を伝えます。・むせずに水分補給できる姿勢を伝えます。・重力の向きによって唾液の動き方を見ていただきます。・唾液誤嚥予防の姿勢を伝えます。【ご本人、ご家族、ケアスタッフに笑顔が生まれます。】・むせがひどく水分補給が難しくなる前に、しっかりと水分補給できる。・睡眠時にゴロゴロ喉が鳴ったり、ゼーゼーと呼吸がしなくなります。・ご本人が熟睡されます。・本人、家族や施設職員に笑顔が生まれます。【私はあなたが実行し笑顔が生まれるようにお伝えます。】・参加者の皆さんに問いかけをしながら一緒に学びます。・透明の喉モデルを使ってのどの中を液体の溜まる場所と量を学習する。・嚥下内視鏡動画を見て喉の中の唾液の動きを学習する。
詳細を見る
開催日
2021年09月29日
会場

Zoomにてライブ配信

内容
デジタルトランスフォーメーション(digital transformation:DX)を進める医療機関が徐々に出てきています。今後5年間で多くの医療機関がDXに取り組んでいくでしょう。なぜなら、経営不振、人材不足、働き方改革など、ほとんどの病院・診療所が抱える経営課題の解決が期待されているからです。 本セミナーでは、病院や診療所でのDX事例、企業でのDX活用例などを紹介し、今後進めるべき「医療機関のDX」について考え方と実際の進め方のポイントをわかりやすくお伝えします。1.DXとは(1)身の回りのDX(2)一般企業のDX2.環境変化(1)地域連携(医療政策)(2)採用市場(3)デジタル3.医療機関におけるDX事例4.医療経営とDX(1)医療経営DXの論点(2)実現しやすいDXと実現しにくいDX5.DXプロジェクトの進め方(1)DX推進の3段階(2)DXプロジェクトの始め方6.質疑応答株式会社omnihealChief Experience Officer(CXO) 医師・経営学修士岩本 修一(いわもと しゅういち) 氏
詳細を見る
開催日
2021年09月29日
会場

オンライン開催ですので、どこからでも参加できます!

内容
「HitomeQ オンラインサミット 2DAYS」とは、ご好評いただいているWEBセミナーの特別拡大版として2日間開催するオンラインサミットです!まだまだ、イベントや展示会へ足を運びにくい状況が続いていますが、このような時期だからこそ、職場や自宅から気軽に情報収集してはいかがですか?HitomeQ オンラインサミットは、このような方におすすめです! ・ 業務負担軽減・介護施設へのICT導入をご検討中の方 ・ 補助金情報をお探しの方 ・ HitomeQ ケアサポートを詳しく知りたい方 ・ 導入施設の生の声に興味がある方 ・ ICT導入をご検討中の方お申込みいただければ、入退場は自由です!※2日間、それぞれのお申込みが必要となります。事後視聴が可能になりました!当日のご予定が合わなくても、ぜひお申込みください!!9/29(水)のDAY2は、介護現場DXの必要性とHitomeQ ケアサポートの魅力を余すことなくお伝えします!導入施設様からもユーザー目線でHitomeQ ケアサポートについてお話いただきます。そして、弊社代表取締役社長の三浦も登壇が決定!介護現場DXの必要性を介護施設経営の視点で語ります。<プログラム>13:00 テーマI    介護現場のDXとその必要性    (コニカミノルタQOLソリューションズ株式会社 社長     三浦雅範)13:30 テーマII    HitomeQ ケアサポート オンラインデモ14:00 休憩    おすすめ商品紹介14:10 テーマIII    仮)導入施設による導入事例紹介14:40 テーマIV    5床から始められるサブスクリプションプラン紹介14:55 コニカミノルタからのご案内9/28(火)のDAY1もご確認ください。
詳細を見る
開催日
2021年09月30日
会場

「ZOOM」アプリをセミナー当日までに、当日使用するパソコン(カメラ・マイク付き)、タブレット、スマホにダウンロードすることが望ましいです

参加費の入金後が確認できましたらセミナー用URLを送付します

ZOOM入室時にはご自身のフルネームを入力してください

資料の譲渡・録音・録画は禁止です

資料は研修会前日にお申込みを頂きましたメールアドレスにダウンロード先ULRを送付いたします

回線状況により音声や動画の不具合の可能性がありますが、ご了承下さい

内容
高齢者の増加に伴い重症な利用者に対するリハビリテーションの提供が増加しています。 重症な利用者に対するリハビリテーションは、軽症な利用者に対するものと異なる要素が多くあります。その中でも、拘縮予防、褥瘡予防、誤嚥予防、呼吸不全予防、睡眠障害予防に効果的なベッド上におけるポジショニングは重度利用者へのリハビリテーションで極めて重要な技術となります。しかし、残念ながらセラピスト養成校の授業や実習でポジショニングについて学ぶことは非常に少ないのが現状です。ポジショニングをうまく活用することで、利用者のケアの質が向上し、それにともないQOLの大きく変わります。 本セミナーでは波野優貴先生(株式会社SOMPOケアネクスト)より、ポジショニングの理論と実践についてわかりやすくご解説をいただきます。セミナーでは、ポジショニングの事例を示しながら学びを深めていただけます。 明日から使える技術を学べるセミナーとなっています。ポジショニングで悩んでいる方にぜひお薦めしたいセミナーとなっています。セミナー内容1)ポジショニングの基礎理論2)ポジショニングの効果(拘縮、褥瘡を中心に)3)ポジショニングの実践4)多職種によるポジショニングSOMPOケア株式会社 地域包括ケア推進部生活リハビリ推進グループ/在宅リハビリテーション&ケアスクール 講師 波野優貴先生 理学療法士 福祉用具プランナー シーティングコンサルタント勤務先◯SOMPOケア株式会社 地域包括ケア推進部生活リハビリ推進グループ◯大阪府立大学 非常勤講師 福祉用具論の一部を担当
詳細を見る
開催日
2021年09月30日
会場

会場:きゅりあん(品川区立総合区民会館)6階 大会議室
会場住所:東京都品川区東大井5-18-1 6階大会議室

内容
訪問先でめまいや胸痛、腹痛など突然の状態変化に遭遇することも少なくないのではないでしょうか?多彩な医療機器や検査がある病院の環境とは違い、訪問先での状態変化では、十分な環境は整っていないことがほとんどで、訪問した看護師の観察した身体症状からアセスメントし、判断することが求められます。そんな限られた環境の中で適切な対応ができるために必要となるものがフィジカルアセスメント。何をどのように観察すれば良いか。緊急性が高いか?重症か?医師がどのような情報を求めているかなど、訪問先で強い味方になってくれるフィジカルアセスメントのポイントを解説していきます!
詳細を見る
開催日
2021年10月01日
会場

オンライン研修(ZOOM)

内容
知的障がい者・精神障がい者の方を支援する事業所の新しい加算要件となる資格です。強度行動障害支援に関する知識及び技術を習得する福岡県指定研修です。(現在は基礎・実践研修連続受講の方を中心に受け付けております。)
詳細を見る
開催日
2021年10月01日
会場

Zoomによるオンライン開催

内容
【サブタイトル】療養場所に応じた口腔ケア方法や対応方法を学ぶ【プログラム】【第1回】 ※開催日時:2021年10月1日(金):19時30分-21時00分★テーマ:がん患者さんの口は私が守る! 〜病院編〜1.手術患者(口腔がんや頭頚部がんを含む)の口腔衛生管理2.化学放射線療法患者の口腔衛生管理 入院患者さんの口腔状況および口腔ケア方法、看護師さんなど他職種との連携について【第1回】 【セミナーのポイント】・・・病院編■手術前の口腔衛生管理や行える歯科治療とは■口腔がんや頭頸部がん患者の口腔症状と口腔ケア方法■化学療法や放射線治療中の口腔ケアとその頻度■口腔有害事象に適した口腔ケアグッズや使用薬剤とは【講師のご紹介】伊藤瑠美 先生歯科衛生士 / 青森県立保健大学大学院健康科学研究科博士課程在学中【セミナー内容】日頃、がん患者さんの口腔ケアで悩んでいること、ありませんか?がん患者さんの口腔症状は療養場所によっても異なります。また患者さんの療養場所は入院から外来へ移行してきています。そして、がん治療を行いながら働く方々も増えてきています。こんな時どうしたらいいの?どこまでケアしたらいいの?口腔ケアに困ったらどこに相談したらいいの?それは、きっとみなさんも同じです。がん治療による口腔トラブルは非常につらいです。ご飯も食べられず、水を飲むことすら困難な状況もあります。そんな辛い症状を少しでも口腔ケアで助けていきたいと思っています。この【口腔ケアお助け110番】では、皆さんからのお悩みや症例などをご提示していただき、参加者の方々とディスカッションしながら解決に向けていきたいと思っております。皆様からのご意見やアドバイスをいただきながら、一緒に悩みを解決してみませんか?
詳細を見る
開催日
2021年10月01日
会場

「ZOOM」アプリをセミナー当日までに、当日使用するパソコン(カメラ・マイク付き)、タブレット、スマホにダウンロードすることが望ましいです

参加費の入金後が確認できましたらセミナー用URLを送付します

ZOOM入室時にはご自身のフルネームを入力してください

資料の譲渡・録音・録画は禁止です

資料は研修会前日にお申込みを頂きましたメールアドレスにダウンロード先URLを送付いたします

回線状況により音声や動画の不具合の可能性がありますが、ご了承下さい

内容
高齢者人口の増加や疾病構造の変化により精神疾患を有する利用者は増加しています。現在、精神疾患は国より5大疾病に位置付けられており、国全体において精神疾患への対応が求められる状況になっています。そのため、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の職種に限らず、精神疾患を有する方への適切な評価や介入が必要となっています。また、在宅生活を継続している精神疾患患者も多く、在宅リハビリテーションでも精神疾患に対応しなければなりません。しかしながら、精神疾患に対してどのように対応してよいのかを悩んでいるリハビリ職種は多いのが現実です。そこで、本セミナーは、精神疾患を持つ人に対する関わり方や精神疾患の具体的な評価や介入について学ぶことを目的にしています。従来の医療や介護の現場では精神疾患を持つ方へのリハビリテーションは、「精神疾患」を理由に十分に提供できていなかった状況があります。しかし、精神疾患を有していても適切な介入ができればしっかりと結果を出すことができることを本セミナーで感じていただければと思います。内容1)精神疾患の基礎知識2)精神疾患の評価3)精神疾患に対する介入講師江口 悠介 先生作業療法士株式会社N.フィールド 多職種連携部養成校を卒業後、民間の精神科病院に勤務し精神科リハビリテーションの基礎を学ぶ。その後国立病院機構に入職。スーパー救急〜精神科デイケアおよび訪問看護、医療観察法(鑑定/入院/通院)、治療抵抗性統合失調症、認知症、強度行動障害など多岐にわたる分野や治療過程の経験を経て、現在の株式会社Nフィールドに入社。精神科特化した訪問看護事業を通じて、すべての人々が寄り添い・共に支えあう地域社会の実現に向けて尽力している。
詳細を見る
開催日
2021年10月01日
会場

Zoomによるオンライン開催

内容
【セミナー概要】病院だけでなく地域でも言語聴覚士(以下ST)が活躍していること、皆さまご存知でしょうか。自宅に帰ったら言葉や食事のサポートしてくれる人が居ない…という声を耳にしますが、それもそのはず!“訪問”の分野で活躍しているSTはST全体のなんとたった10%!!そんな訪問STが集結し勉強会を開催致します!今回セミナーを受講されることで皆さんがお持ちの摂食嚥下に関わる知識や技術がより深まること間違いなしです!特に身近に言語聴覚士が居ない…そんな方は是非私たちのことを深く知って頂きSTの視点を手に入れて頂ければと思います。”なぜ?”を”そうだ!”に変えて大切な人の会話やお食事に安心・安全・笑顔を添えてみませんか。【Day1:10月1日(金)の内容と講師】訪問言語聴覚士が送る訪問リハビリ〜道具を使わない嚥下スクリーニング編〜【内容】「嚥下が難しくなってきている?それともまだ大丈夫?」という素朴な疑問を解決しましょう。道具を使わない飲み込みの評価ポイントを伝えます!実際に言語聴覚士と一緒に仕事をしたことがない人でも、これからどのように関わることができるかわかるはずです。普段は聞けない言語聴覚士への素朴な疑問も解決できる質疑応答タイムもあります!【講師】垣内弘美 先生言語聴覚士 (株)東京リハビリテーションサービス 東京リハビリ訪問看護ステーション中野 サテライト杉並
詳細を見る
開催日
2021年10月02日
会場

1〜3 LMJ東京研修センター(東京都文京区本郷1-11-14 小倉ビル)

内容
■リハビリケア1専門士養成講座 1)リハビリテーションについて 2)関節可動域訓練 3)筋力増強訓練■リハビリケア2専門士養成講座 1)片麻痺に対するアプローチ 2)パーキンソンに対する訓練■リハビリケア3専門士養成講座 1)オロフェイシャルアプローチ 2)基本的動作訓練 3)フレイル、ロコモティブシンドロームについて 4)歩行訓練 5)バランス訓練 6)福祉用具・自助具 7)ケアプラン 8)Q&A・復習・修了式
詳細を見る
開催日
2021年10月02日
会場

会場とzoomによるライブ配信

会場:介護保険市民オンブズマン機構大阪
  (大阪市東成区中道3-2-34)

内容
 特養・介護付き有料・グループホームなどの介護施設で、入居の利用者の話し相手になりながら、その思い・要望を施設に伝え、施設介護の質向上の一助となる介護オンブズマンを養成します。 介護保険制度や、さまざまな介護施設の特徴と違い、認知症、利用者とのコミュニケーションのポイントなどを学びます。将来にに備えて、自身や家族のための「施設選び」や施設理解にも役立つ講座です。 日本認知症ケア学会から後援を受け、認知症ケア専門士の単位認定講座(3単位)にもなっています。  4日間でご都合の悪い日がある場合、後日ビデオ受講も可能です。ご相談ください。
詳細を見る
開催日
2021年10月02日
会場

Zoomによるオンライン開催

内容
皆さんが対象とされている方も多くのお薬を飲んでいることと思います。もちろん体のために飲んでいるはずのですが、良いことばかりではないのもご存知ですよね。副作用などもありますから。薬との付き合い方は、より良い効果を期待しながら調整していくことです。そのプロフェッショナルが薬剤師です。 さて、その薬は直接的、間接的に食べることにも影響してくるのをご存知でしょうか。飲み込みの機能に影響を与えるものや食欲に影響する薬、口の乾燥を起こすために味覚異常を起こすようなものがあります。その影響で口から食べられなくなっている人がいるはずです。 講師の齊藤君は全国でも著名な訪問薬剤師。だからその方の生活を見て薬剤指導をされています。だから薬ベースではなく、生活ベースで薬剤の話をしてくれます。だから人気セミナーなんです(^^ゞ 薬のことは医師と薬剤師に任せておけばいいという訳ではありません。食支援に必要な薬の知識を身につけましょう。きっと食べられないあなたの利用者へのヒントがあるはずです!(五島朋幸)【サブタイトル】意外と知られていない!摂食嚥下と薬の関係【内容】薬が嚥下機能へ影響を及ぼしていることがあることを知っていますか?中には薬により姿勢や筋力、意識レベルや唾液の量、味覚にまで影響を及ぼすものもあります。本セミナーは、施設・在宅で、利用者さんが安全に美味しく口から食べて頂くために、医療・ケアスタッフの方々に薬の正しい基礎知識と対応法などをオンラインで解りやすく学びます。さらに、薬の内服がなかなか難しい方へ「薬の飲み方」など、すぐに使えるヒントもあり、現場での薬の問題や困ったことについて是非この機会にお誘いあわせの上ご参加ください。【講師】齋藤 直裕 先生薬剤師
詳細を見る
開催日
2021年10月02日
会場

「ZOOM」アプリをセミナー当日までに、当日使用するパソコン(カメラ・マイク付き)、タブレット、スマホにダウンロードすることが望ましいです

参加費の入金後が確認できましたらセミナー用URLを送付します

ZOOM入室時にはご自身のフルネームを入力してください

資料の譲渡・録音・録画は禁止です

資料は研修会前日にお申込みを頂きましたメールアドレスにダウンロード先URLを送付いたします

回線状況により音声や動画の不具合の可能性がありますが、ご了承下さい

内容
鈴木俊明先生による「骨盤と体幹」の評価と治療に関するセミナーとなっています。 体幹は脊柱、肋骨、背筋、腹筋、骨盤、股関節など多くの要素で構成されているため、その評価や治療は非常に複雑であると感じている方が多くおられます。しかし、「骨盤と体幹」を評価するポイントを知っていれば、評価や治療の確実性を高くすることができます。 鈴木俊明先生は骨盤や体幹に関する研究や症例報告を数多くされており、様々な症例の骨盤と体幹に関する知見を有されております。セミナーでは実際に体を動かしながら、また、症例のビデオを閲覧しながらご解説を頂きます。   鈴木俊明先生は、常日頃から「治せるセラピスト」を育成することが重要であると述べており、本セミナーでも「骨盤と体幹」の機能障害の確定から治療までの流れについてご解説をいただきます。 脳卒中片麻痺、神経疾患、加齢に伴う姿勢変化、脊柱疾患などのリハビリテーションにお悩みのセラピストに適したセミナーとなっております。なお、セミナーは「2021年9月4日(土)【講師 鈴木俊明先生】体幹・骨盤の評価と運動療法〜運動学・解剖学視点に基づいて〜」 開催の内容も一部を含むものとなりますので、予めご了承ください。 内容1)臨床における骨盤と体幹の問題2)骨盤と体幹の動作観察・分析3)体幹・骨盤の評価と治療の具体的手法 講師 鈴木俊明先生 理学療法士・博士 関西医療大学 保健医療学部 教授 関西理学療法学会 会長 脳卒中リハビリテーション・体幹機能・筋緊張コントロールにおける第一人者であり、著名な研究者である。 神経疾患の理学療法を専門にしており、脳卒中リハビリテーションや脊髄神経機能研究では有数の研究者でもある。 現在も臨床活動をされており、研究と臨床の融合を図っている。
詳細を見る
開催日
2021年10月02日
会場

Zoomでのオンライン開催です。以前開催された講義の再配信になります。

内容
講座A 〜事例で学ぶ対応のコツ〜集団参加のための指導テクニックみんなと同じことをしたがらない、文句が多く指示が入らない、など困った行動はありませんか?事例をもとに、上手な関わり方をお伝えします。
詳細を見る
開催日
2021年10月02日
会場

Zoomでのオンライン開催です。以前開催された講義の再配信になります。

内容
嘘か本当かわからない、反省しますと言っても繰り返す、など彼らのことばにどう対応していいか困ることはありませんか?かかわり方のコツをお伝えします。
詳細を見る
開催日
2021年10月03日
会場

八王子市芸術文化会館いちょうホール
(東京都八王子市本町24-1)
中央本線八王子駅より徒歩15分

内容
姿勢と人間工学の関係性が分かった → 回復段階、ADLに合わせたシーティング・フィッティングの概念も分かった!→次は形にしよう!身近な物を利用してクッションを作ろうインテリアの椅子と車椅子、除圧特性は同じではありません。そんな新事実から分かる、新しい座位の考え方。ここから臨床シーティングが発展しました。世界中のシーティング、座位保持の概念や技術をまとめ、急性期、回復期、維持期でそれぞれに対応した姿勢保持を考えます。理論を通して身近なものを利用したシーティングが出来るようになります。自分自身の身体の力を抜く感覚を体感でき、その身体の力を抜く(コントロール)感覚がそのままシーティングの理解に繋がっていきます。【プログラム】-理論編- ■世界にある様々なシーティングの技術■廃用にはこのシーティングを使う■脳神経系のシーティングはこう考える■業者シーティング、コンサルティングシーティングの導入時の注意点■人間工学とシーティングそして姿勢保持-実技編-身近にあるものを解剖学、運動学、物理学を基にして、座れる道具に変えて実際に使う■作り方の概要説明■実技1 エアフォースクッションの作り方■実技2 ゲルフォースクッションの作り方■実技3 エラスティックフォース(イーフォース)クッションの作り方
詳細を見る
開催日
2021年10月04日
会場

「ZOOM」アプリをセミナー当日までに、当日使用するパソコン(カメラ・マイク付き)、タブレット、スマホにダウンロードすることが望ましいです

参加費の入金後が確認できましたらセミナー用URLを送付します

ZOOM入室時にはご自身のフルネームを入力してください

資料の譲渡・録音・録画は禁止です

資料は研修会前日にお申込みを頂きましたメールアドレスにダウンロード先URLを送付いたします

回線状況により音声や動画の不具合の可能性がありますが、ご了承下さい

内容
呼吸リハビリは在宅分野においても一般的なものになってきました。 高齢者の方は呼吸器疾患のみならず、心不全、神経疾患、フレイルなどの状態の方においても呼吸器系の機能低下によりQOLの低下が認められます。そのため、慢性期や在宅において高齢者に対する呼吸リハビリは重要なものとなってきています。 呼吸機能の低下は、易疲労性、筋量の低下、嚥下障害などのリスクを高め、患者の活動性低下や誤嚥性肺炎の可能性を高めます。 慢性期や在宅の高齢者の呼吸機能の低下は緩徐に進行するため、呼吸機能の状態やリスクの増加を把握しにくいと言う側面があります。 本セミナーでは、慢性期や在宅における高齢者の呼吸リハビリにおけるポイントについてご解説をいたします。 呼吸器機能低下の病態像 呼吸器機能低下と筋量低下、嚥下機能、ADLの関係 呼吸器リハビリの実際などについて学べるセミナーとなっています。 【14日間の見逃し配信について】※当日、受講できない方および受講された方の復習動画として後日視聴できる見逃し配信を行います。※セミナー開催の翌日にお申込みをいただいたメールアドレスに見逃し配信のURLとパスワードを送付いたします。※セミナー開催の翌日から14日間視聴可能となっています。 株式会社Work Shift 代表取締役/在宅リハビリテーション&ケアスクール 講師 高木綾一先生 理学療法士 認定理学療法士(管理・運営) 呼吸療法認定士 修士(学術/MA)(経営管理学/MBA) 関西医療大学 保健医療学部 客員准教授 国家資格コンサルタント(CDA)リハビリテーション部門コンサルタント医療・介護コンサルタント たでいけ至福の園
詳細を見る
開催日
2021年10月04日
会場

ZOOMを活用したオンラインセミナーです。

内容
[ねらいとポイント]改めて社会人としてプロの自覚を持つための意識転換を図ります。法人の掲げるミッションや理念の把握,業務の基本形である接遇・マナーの見直しや,プロとしての意識改革を行うことで自分たちの果たすべきことを明確にし,成長を促します 。[目的]経験を積んでいるからこそ、自律した職員として主体的に行動する力を養います。自らの経験を基礎ベースにこれから働く職場の顔としての自覚に磨きをかけます 。[主なカリキュラム]◆ 法人や施設にとって職員とはどんな存在か◆ 自分の役割はなにか◆ 法人や施設の持つ方向性とは◆ 接遇再確認◆ CREDOを活かす※セミナー形式で行います。【講師紹介】本間 義昭株式会社キャリアファクトリー21 代表取締役 / マスター講師「中堅・管理職・リーダー育成等階層別研修」をはじめとした「階層別研修」「リーダーシップ」「経営業務改善」等の指導を行い、幅広い年齢層の人材育成に力を注ぎ,公益財団法人等の諸団体をはじめ介護施設で指導・セミナー及び講演を多数行う。【オンラインセミナーお申し込みの流れ】・下記のフォームよりお申し込みください。・後日、受付メールがお手元に届きますのでご確認ください。・参加費ご入金のご案内メールをお送りいたしますので開催2日前までにお振込みください。・ご入金が確認できましたら、前日までにいただいたメールアドレスにZOOMのルームIDとパスワード、当日使うテキストをお送りします。・当日、指定のZOOMルームにお入りください。・事前に配布しましたテキストを印刷の上ご準備ください。・参加人数の多少にかかわらず開催いたします。※録音・録画は禁止とさせていただきます。
詳細を見る
開催日
2021年10月04日
会場

ZOOMを活用したオンラインセミナーです。

内容
[ねらいとポイント]弊社代表が毎月のように離職の酷かった介護事業所に出向き、離職者0を継続させた極意を講演会形式でお伝えします。コロナ渦にあって、職員の不安をどのように取り除けばよいのか、退職意思の有無の発見法などをお伝えします。【講師紹介】本間 義昭株式会社キャリアファクトリー21 代表取締役 / マスター講師過去,金融市場の営業や外資系生保エージェントとして経験を積み,税務・財務・法務案件を解決するコンサルティング企業で,経営コンサルや医療コンサルの実務と知識を習得。2019年5月より2020年1月まで介護老人保健施設で理事長代行として職員の定着に尽力し、半年間に渡り離職者0を達成する。「中堅・管理職・リーダー育成等階層別研修」をはじめとした「階層別研修」「リーダーシップ」「経営業務改善」「意識改革」「コーチング」等のジャンルで指導を行い、 幅広い年齢層の人材育成に力を注ぎ,公益財団法人等の諸団体をはじめ介護施設や企業等で指導・セミナー及び講演を多数行う。【オンラインセミナーお申し込みの流れ】・下記のフォームよりお申し込みください。・後日、受付メールがお手元に届きますのでご確認ください。・前日までにいただいたメールアドレスにZOOMのルームIDとパスワードをお送りします。・当日、指定のZOOMルームにお入りください。※録音・録画は禁止とさせていただきます。
詳細を見る
開催日
2021年10月05日
会場

振興会セミナールーム
(横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9F)

内容
利用者や家族、職員同士の関係づくりにおいて、コミュニケーションは重要な役割を果たします。本研修では、相手のなかなか言葉に出せない気持ちを引き出したり、自分の気持ちを伝えるのに役立つコミュニケーションの技法を学び、利用者だけでなく、上司や部下、同僚との関係性をよくし、コミュニケーション力の高い職員を目指します。≪カリキュラム≫◆対人コミュニケーションの基本◆上手にかかわるポイント◆上手に質問するための技法◆上手に聴くための技法◆自己決定を支援するための技法
詳細を見る
開催日
2021年10月05日
会場

オンライン研修(ZOOM)

内容
知的障がい者・精神障がい者の方を支援する事業所の新しい加算要件となる資格です。強度行動障害支援に関する知識及び技術を習得する福岡県指定研修です。(現在は基礎・実践研修連続受講の方を中心に受け付けております。)
詳細を見る
開催日
2021年10月05日
会場

オンライン研修(ZOOM)

内容
知的障がい者・精神障がい者の方を支援する事業所の新しい加算要件となる資格です。強度行動障がい支援に関する知識及び技術を習得する福岡県指定研修です。(現在は基礎・実践研修連続受講の方を中心に受け付けております。)
詳細を見る
開催日
2021年10月05日
会場

ZOOMを活用したオンラインセミナーです。

内容
[ねらいとポイント]なかなかメンバーや部下を鼓舞できない,注意をすると嫌われてしまうのではないかといった悩みを持つリーダー,管理職やこれからのリーダーとなる中堅の持つ課題を解決します。ハーズバーグの動機づけ・衛生理論において,より高い業績へと人々を動機づける要因として作用している褒め,そして叱りを有効に使い分けることで上司・リーダーとしての信頼感をアップさせていきます。[目的]部下との関係性の中で褒めと叱りの役割について改めて学びます。褒めへの体質変化が部下の成長を伸ばし,効果的な叱りの技術から 部下指導のポイントを伝授します。[主なカリキュラム]◆ 褒めの効果,そして褒めへの体質変化◆ 効果的な叱りの技術には何があるのか◆ 叱りから得る部下指導のポイント※セミナー形式で行います。【講師紹介】本間 義昭株式会社キャリアファクトリー21 代表取締役 / マスター講師「中堅・管理職・リーダー育成等階層別研修」をはじめとした「階層別研修」「リーダーシップ」「経営業務改善」等の指導を行い、幅広い年齢層の人材育成に力を注ぎ,公益財団法人等の諸団体をはじめ介護施設で指導・セミナー及び講演を多数行う。【オンラインセミナーお申し込みの流れ】・下記のフォームよりお申し込みください。・後日、受付メールがお手元に届きますのでご確認ください。・参加費ご入金のご案内メールをお送りいたしますので開催2日前までにお振込みください。・ご入金が確認できましたら、前日までにいただいたメールアドレスにZOOMのルームIDとパスワード、当日使うテキストをお送りします。・当日、指定のZOOMルームにお入りください。・事前に配布しましたテキストを印刷の上ご準備ください。※録音・録画は禁止とさせていただきます。
詳細を見る
開催日
2021年10月05日
会場

ZOOMを活用したオンラインセミナーです。

内容
[ねらいとポイント]なかなかメンバーや部下との関係性に悩みを持つリーダー,管理職やこれからのリーダーとなる中堅の持つ課題を解決します。コーチングテクニックをアサーティブ論から習得します。褒め方や叱り方にもつながるアサーティブですが,理論は知っていてもそれをコーチングに応用するスキルは一朝一夕には身につきません。アサーティブを駆使することで上司・リーダーとしての信頼感をアップさせていきます。[目的]コーチングテクニックをアサーティブ論から習得します。褒め方や叱り方にもつながるアサーティブです。効果的な技術をもとに部下指導のポイントを伝授します。[主なカリキュラム]・コーチングの技術を磨け・アサーティブな褒め方・叱り方・アサーティブコーチング指導※セミナー形式で行います。【講師紹介】本間 義昭株式会社キャリアファクトリー21 代表取締役 / マスター講師「中堅・管理職・リーダー育成等階層別研修」をはじめとした「階層別研修」「リーダーシップ」「経営業務改善」等の指導を行い、幅広い年齢層の人材育成に力を注ぎ,公益財団法人等の諸団体をはじめ介護施設で指導・セミナー及び講演を多数行う。【オンラインセミナーお申し込みの流れ】・下記のフォームよりお申し込みください。・後日、受付メールがお手元に届きますのでご確認ください。・参加費ご入金のご案内メールをお送りいたしますので開催2日前までにお振込みください。・ご入金が確認できましたら、前日までにいただいたメールアドレスにZOOMのルームIDとパスワード、当日使うテキストをお送りします。・当日、指定のZOOMルームにお入りください。・事前に配布しましたテキストを印刷の上ご準備ください。※録音・録画は禁止とさせていただきます。
詳細を見る
開催日
2021年10月05日
会場

(ZOOMウェビナー&ミーティング)
※オンライン受講は、PC、Mac、iPad、iPhone、Androidデバイスからご参加いただけます。お申し込み後に受講方法の詳細をご案内いたします。

内容
≪講義・事例紹介内容≫〜テクニック論でなく経営の原理原則に則った説明で、本質的な理解を促進する!!異業種・業態の事例から医療・介護の慣習・常識を超える新しい着眼点で、すぐに自社で展開できる事例やフォーマットを紹介〜1. Web採用面接の必要性(1)Webはリアルの代替案ではなく「攻めの採用」へと進化している(2)成果・生産性を高めるための投資と準備一覧(3)Web独自の機能を活用して運用精度を高める2. 採用面接の原理原則を再確認する(1)採用は「アウターブランディング」の一環である(2)面談ではストーリーを一緒に紡いでいく(3)採用プロセスを通じて内定辞退を防ぐ3. 採用面接の進化ポイント(1)面接シートの作成/見直しポイント(2)「承認」、「活躍のイメージ」を入れ込む(3)トップの関与の仕方を進化させる<講師>保健・医療・福祉サービス研究会 コンサルタントキャレオスパートナーズ株式会社 コンサルティング事業部 取締役 部長竹林 剛 氏
詳細を見る
開催日
2021年10月06日
会場

オンラインにて開催

内容
障害福祉サービスを利用して生活されている障害のある人たちも、65歳を迎えると、制度的には、「介護保険優先」となります。担当者も、利用するサービスも障害福祉サービス事業所から介護保険サービス事業所への変更となり、戸惑っている方も少なくありません。本セミナーでは、個々の障害特性を理解するとともに、地域で生活をしていくために、本人の希望に沿った生活の実現に向けてどのように支援を展開していくのか、様々な事例とともに学びます。≪カリキュラム≫◎知的障害の特性◎精神障害の特性◎高齢知的・精神障害者への支援◎障害福祉制度と 介護保険制度を活用した支援の展開◎支援事例ワークショップ・成功事例、失敗事例を聞いて学ぶ。・今、直面している困りごとを皆で考えて共有するワーク※当日の講義は、午前2時間、午後2時間で配信を行います。(例:10時30分〜12時30分 - 1時間休憩 - 13時30分〜15時30分)※このセミナーは会場でも同時開催致します。
詳細を見る
開催日
2021年10月06日
会場

振興会セミナールーム(横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9F)

内容
障害福祉サービスを利用して生活されている障害のある人たちも、65歳を迎えると、制度的には、「介護保険優先」となります。担当者も、利用するサービスも障害福祉サービス事業所から介護保険サービス事業所への変更となり、戸惑っている方も少なくありません。本セミナーでは、個々の障害特性を理解するとともに、地域で生活をしていくために、本人の希望に沿った生活の実現に向けてどのように支援を展開していくのか、様々な事例とともに学びます。≪カリキュラム≫◎知的障害の特性◎精神障害の特性◎高齢知的・精神障害者への支援◎障害福祉制度と 介護保険制度を活用した支援の展開◎支援事例ワークショップ・成功事例、失敗事例を聞いて学ぶ。・今、直面している困りごとを皆で考えて共有するワーク*本セミナーはオンラインでも同時開催いたします。
詳細を見る
開催日
2021年10月06日
会場

Zoomによるオンライン開催

内容
【サブタイトル】〜その神経症状、回復・改善の見込みがありますか?それとも後遺症ですか?〜【セミナーのポイント】・基本的な脳解剖のおさらい・CT/MRI検査の見方を習得する・脳神経症状から摂食嚥下障害を説明できるようにする・いろいろな脳神経症状が存在することを知る※質疑応答やディスカッションの時間もあります。できるだけご参加された皆様のお悩みを解決できるようなお手伝いをしたいと思います【プログラム内容】★第1回 画像や解剖から見る●ものすごく大雑把な脳解剖●大雑把な脳解剖を実際にCT/MRI画像に落とし込む●脳解剖や脳画像から症状を説明する※質疑応答およびディスカッション★第2回 症状や経過から見る●CT/MRIにアクセスできない場合の診方や考え方●脳神経症状を発症時期や経過から診る●摂食嚥下障害は多職種で診る※質疑応答およびディスカッション【内容】「ワレンベルグ症候群では必ず嚥下障害がおこるのでしょうか?」「脳卒中の嚥下障害は本当に治るのでしょうか?」「脳卒中の摂食嚥下リハ治療は標準化できるでしょうか?」「誰が嚥下障害を診断・治療して評価すればよいのでしょうか?」「誰に嚥下リハビリ治療を引き継げばよいでしょうか?」「誰から嚥下リハビリ治療を引き継げばよいでしょうか?」脳卒中後遺症の嚥下障害は多くの医療介護従事者が経験することですが、いまだにわからないことがたくさんあります。私たちが出会う脳卒中の患者さんには、様々な病期の方がいらっしゃいます。病状や病態だけでなく病期によってもアプローチや介入方法は違ってくるのではないかと思います。今回は脳神経と摂食嚥下障害に特化して、いろいろ皆さんと情報を共有したいと考えました。【講師紹介】社本 博 先生医師医療法人社団養高会 高野病院 院長
詳細を見る
開催日
2021年10月06日
会場

PureHappinessセミナールーム
(愛知県尾張旭市平子町中通266−2)

内容
喀痰吸引等研修の通信講座(オンライン)の開催が決定しました!感染予防対策を講じるため、7日分の講義(座学)をオンラインいて受講できることとなりました。基本研修講義を動画配信によるオンラインにて受講、動画を視聴し、既定のテキストや課題を郵送にて提出いただく通信講座です。平成24年度から喀痰吸引や胃ろうの施行が法整備されました。今まで吸引行為をしてきた方に関しては経過措置が取られて来ましたが、平成27年度までに資格を取得し、喀痰吸引登録事業所としての登録をすることが必要になりました。また、現在介護福祉士の資格保持者も喀痰吸引研修を受ける必要があります。実務者研修後に介護福祉士を取得した方及び平成28年度以降卒業の介護福祉士が喀痰吸引等を施行出来るようになるには、就業している事業所においての喀痰吸引の実地研修が必須となります。既にたん吸引を必要としている利用者様がいる事業所においては、早めに準備をしておくことをお勧め致します。
詳細を見る
開催日
2021年10月06日
会場

オンライン
スマホ・PC・タブレットで、どこからでも参加OK!

内容
OSAKAしごとフィールド連携セミナー介護のおしごとスタートオンラインセミナー***************************本当に知ってる?介護のしごとってどんなもの***************************■講師:中浜 崇之 氏(介護福祉士/ケアマネジャー)————————————「人とくらしをつむぐ翻訳家」「介護パーソナルディレクター」1983年 東京生まれ。株式会社Salud代表・NPO法人ubdobe理事2010年に『介護を文化へ』をテーマに『介護ラボしゅう』を立ち上げ、毎月の定例勉強会などを通じて、介護事業者のネットワーク作りに尽力している。■プログラム————————————【1部】10時00分〜セミナー:中浜氏 ・介護のしごとと職種選択について ・福祉現場のしごとが社会とどんなつながりがあるの? ・経験するとどんな可能性があるのか?【2部】11時00分〜グループワーク ・グループワーク導入・説明 ・個人ワーク ・グループ共有 ・解説◎受講証明書について・Web視聴の場合は、視聴時間を確認する必要があるため、後日メールにて発行いたします。(受講証明書の発行には、すべてのセミナー時間の使用が必要です。)・なお、本セミナーが雇用保険の求職活動実績として認められるかについては、最寄りのハローワークにお問合わせください。
詳細を見る
開催日
2021年10月06日
会場

BCC株式会社会議室(大阪府大阪市西区京町堀1-8-5明星ビル12F)

内容
介護レクといえば体操や音楽を思い浮かべる方が多いかと思いますが、その他にもいろいろなジャンルがあります。中でも人気の高いカテゴリをピックアップ、体験を通じてレクの進行方法や声掛け、注意点などのおさえておきたいポイントをお伝えいたします!普段のレクに新しい要素を取り入れて、ご利用者様に楽しい時間を提供しませんか?各講座の講師は皆レクリエーション介護士を取得し、活躍されている方々です。是非ご参加ください!《講座内容/全3講座》【1】10時00分〜11時30分実は簡単!高齢者が楽しめるマジックレクや簡単な大道芸レクのポイントと進め方を身につけよう!https://www.japan-ac.jp/article/schedule/923/ 【2】12時30分〜14時00分プロに教わる!普段と違う施設でのフラワーアレンジメントレクhttps://www.japan-ac.jp/article/schedule/927/ 【3】14時30分〜16時00分個別・集団でできるアロマハンドマッサージの進め方と声かけhttps://www.japan-ac.jp/article/schedule/930/ ※講座について詳しくは、各URLをご覧ください。
詳細を見る
開催日
2021年10月06日
会場

《開催地》zoomにてオンラインで開催
※申し込み受付後、メールにて参加方法のご案内をさせて頂きます。

内容
《内容》ゆびすいの会計・労務・法務・コンサル部門の専門家が、将来の経営の担い手に対して、経営に必要な基礎的な知識をお伝えします。《日付》令和3年10月6日(水) 13:30〜17:30第1部 計算書類の仕組みと見方    〜決算書から自園を読み解く〜第2部 まずはこれだけ!監査で指摘されない理事会・評議員会の手続き令和3年10月7日(木) 13:30〜17:30第1部 経営には戦略以前に『理念』が必要    ・経営理念とは!?なぜ必要なのか?    ・どうやって経営理念を作るのか?第2部 経営者が知っておきたい就業規則のイ、ロ、ハ《準備資料》 1日目【第1部 計算書類の仕組みと見方】の受講時は、 自園の計算書類(決算書)をご準備下さい。
詳細を見る
開催日
2021年10月06日
会場

【オンライン&会場&DVD&CD(選択可)】

※オンライン受講(ZOOMウェビナー配信)は、PC、Mac、iPad、iPhone、Androidデバイスからご参加いただけます。お申し込み後に受講方法の詳細をご案内いたします。
※DVD受講・CD受講はセミナー開催後、1週間程度でお手元にお届けします。

※会場受講を希望される場合は、新型コロナウイルス対策として、定員を先着15名(3名掛けテーブルに1名掛け)とさせて頂き、各所飛沫防止シールドを設置いたします。マスクの着用等ご協力をお願いいたします。
【会場】銀座同和ビル2F HMSセミナールーム
(東京都 中央区 銀座 7-2-22) TEL:03(6228)5995

内容
<参加のご案内> 本セミナーでは、WJUが実際にコンサルティングで制作したホームページを見ていただきながら、どのように自社の魅力を引き出し、いかにしてステークホルダー(患者・利用者・職員など)の関心や要求を満たすか、その戦略を解説いたします。また、広報戦略・ブランディング向上戦略の策定方法から展開・応用までの詳細を分かりやすくご説明いたします。多くの経営者、人事担当者、広報関係者の皆様にご参加いただければ幸いです。<プログラム>1.医療・介護・障害事業の最新情勢を読む2. 広報とは何か? わかっているようで知らない広報戦略。3. 患者・利用者減少と危機的な人材不足、広報戦略が業績を左右する時代。4. 広報→営業→ホームページ→問合せ→ご相談→契約。広報は、契約までの一連のフローで理解する。5. ホームページはコンテンツが勝負。誰でも作れると思ったら大間違い。6.ホームページの実例から正しい制作方法を理解する。7. 求職者はホームページの何を見ているか?8.SNS時代の恐ろしさを知ることは重要な経営課題。9.ブランディング戦略が法人の業績を分けるほど重要になった。 <講師>保健・医療・福祉サービス研究会 医療・介護事業経営指導講師ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社 代表取締役社長本間 秀司 氏WJU ICTネットワーク株式会社 専務取締役デザインデポ株式会社 代表取締役早川 裕介 氏盟生総研 代表WEBマーケティングコンサルタントWEBマーケティング研修講師葛西 真澄 氏
詳細を見る
開催日
2021年10月07日
会場

ウィリング横浜
(横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内)

内容
〜介護職としての利用者の体調急変への迅速な対応方法を学びます〜介護現場では、利用者の体調の急変に遭遇することが少なくありません。介護職が求められるのは、医療機関や救急との的確で迅速な連携、日頃のアセスメントと迅速な判断で生命の危機から救うこと、の2点です。 当講座では、そのような状況での判断に役立つ正確で実践的な知識と症例を学びます。≪カリキュラム≫【1】緊急時対応の原則  (1)介護事故の責任 (2)緊急時に備える (3)客観的な指標と症状 (4)バイタルサインの確認【2】緊急時の症状別・疾患別留意点 (1)緊急性の高いバイタルサイン (2)症状と注意するべき状態【3】緊急時の対応方法  (1)苦痛を和らげる  (2)救急車を呼ぶための準備【4】事故予防のための視点と対応 (1)誤飲・誤嚥・窒息・出血時・骨折
詳細を見る
開催日
2021年10月07日
会場

「ZOOM」アプリをセミナー当日までに、当日使用するパソコン(カメラ・マイク付き)、タブレット、スマホにダウンロードすることが望ましいです参加費の入金後が確認できましたらセミナー用URLを送付しますZOOM入室時にはご自身のフルネームを入力してください

資料の譲渡・録音・録画は禁止です

資料は研修会前日にお申込みを頂きましたメールアドレスにダウンロード先URLを送付いたします

回線状況により音声や動画の不具合の可能性がありますが、ご了承下さい

内容
在宅リハビリテーションでは作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、看護師、介護福祉士などの様々な専門職が関わります。 各専門職は自身の強みすることで、利用者から信頼され、また、多職種連携も強化することが可能となります。したがって、各専門職は在宅における専門性の向上は在宅リハビリテーションやケアにおける重要な課題と言えるでしょう。しかしながら、在宅における各職種の専門性は明確に定義されていないのが現状です。そのため、ご自身の専門性に迷いながら在宅サービスを提供している作業療法士・理学療法士・言語聴覚士は多いのではないでしょうか? 本セミナーは、在宅における作業療法の在り方に焦点を絞った内容となっています。 作業療法士が在宅に関わるうえで知っておきたい知識、専門性、技術について学ぶことができます。 特に次のような内容について網羅的に学ぶことができます。1)地域から向けられる作業療法士への期待とは2)在宅リハビリテーション(通所リハ・訪問リハ)における作業療法の役割3)在宅復帰支援〜作業療法士が留意すべきポイント〜4)地域資源と作業療法5)住環境調整と作業療法6)家族教育と作業療法7)生活行為向上マネジメント【14日間の見逃し配信について】※当日、受講できない方および受講された方の復習動画として後日視聴できる見逃し配信を行います。※セミナー開催の翌日にお申込みをいただいたメールアドレスに見逃し配信のURLとパスワードを送付いたします。※セミナー開催の翌日から14日間視聴可能となっています。 講師 株式会社colors of life 訪問看護ステーション彩/在宅リハビリテーション&ケアスクール 講師 浅田健吾先生
詳細を見る
開催日
2021年10月07日
会場

Zoomによるオンライン開催

内容
【科目】1.訪問歯科総論ー中尾学長2.高齢者義歯ー鈴木教授3.服薬・MRONJ・抗血栓療法の対応ー松村教授4.医療・介護算定ー池川教授5.訪問歯科で知るべきフィジカルアセスメント・血液検査値ー高橋公一教授6.高齢者の口腔粘膜疾患ー山城崇裕教授7.口腔ケア その意義と方法ー白石愛教授8.食べる機能・飲みこむ機能と食事形態ー菊谷武教授9.認知症の方への歯科の対応ー枝広あやこ教授10.脳卒中と神経変性疾患と食べることー社本教授11.リハ栄養ー若林教授12.栄養ー講師交渉中【シラバス】〇訪問歯科総論ー中尾学長ゴール:これからの訪問で知っておくべき内容について理解するエピローグ(ロールプレイングゲーム風に 今後の内容の紹介)【第1回】〇訪問歯科総論ー中尾学長ゴール:これからの訪問で知っておくべき内容について理解するエピローグ(ロールプレイングゲーム風に 今後の内容の紹介)
詳細を見る
開催日
2021年10月08日
会場

ウィリング横浜
(横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内)

内容
「認知症の人に快適に暮らしてほしい」「安心して過ごしてもらいたい」認知症ケアの現場は温かな想いにあふれています。 ただ『1つ大切なこと』が忘れられていないでしょうか?それは認知症の人をケアする介護者の幸せです。介護者の心が満たされ、体に無理のないケアが行えているからこそ、認知症の人も末永く穏やかに暮らせると私は考えています。このセミナーでは、認知症の人にも介護者にも心地よいと感じられる介護技術を「関わり方&動きの支援」2つのテーマでお伝えします。≪カリキュラム≫・「もうッ!ちょっと待ってて!」思わずイラッとした時にも 極めて優しくかかわれる手&声&顔の○○テクニック・時間も人手も足りない現場にオススメ! ほんの1秒が信頼につながる4つの小ワザをご紹介・「家に帰りたい……」頻回な帰宅願望で困った時に いち早く安心してもらえるカウンセラー顔負けの傾聴法・声かけもジェスチャーもいまひとつ伝わらない方は ○○刺激を加えると介助への協力が増える!・「体重多い=重たい」9割の介護職が勘違い!? 大柄な男性の○○を変えてから介助すると驚きの軽さ・足に力が入らない方を涼しい顔で30秒以上立位保持 介助できる小柄な女性が修得しておきたい介助スキル *体感実技のペアワークがあります。
詳細を見る
開催日
2021年10月08日
会場

Zoomによるオンライン開催

内容
あなたの話の傾聴力は何点ですか?【セミナーのポイント】・せっかくできそうになった信頼関係、「でもね」ですべてが「0」になる!・援助職ほど、人の話が聴けないのはなぜか?・聞く、聴く、訊く3つの違いを体得しよう・うなずき多すぎ!「私って話きいてるでしょ?」オーラの人が嫌われるワケ・プロが教える「沈黙の過ごし方」【講師のご紹介】奥山美奈先生看護師、高等学校教諭(看護)、教育コンサルタント、ICC国際コーチ連盟認定コーチ、エルゼピアジャパン「上手な叱られ方」「医療にとって本当に必要な接遇とは何か」e-learning講師。【受講者の声】◆O様 管理栄養士若い頃は、カウンセリング・コーチング等は、結構色々なところで勉強したのですが、形から入るのがどうも肌に合わなくて、また自分のトラウマを超える事が出来なくて自分スタイルを作ってきました。今回、自分のうなづきすぎを良くないと初めて言われた気がします。自分の一番の共感スタイルなので、目からうろこというか正直少しショックでした。◆H様 歯科医師 話の聞きだし方について、また脅すような話の仕方をしないことについて参考になった
詳細を見る
開催日
2021年10月08日
会場

(ZOOMを用いた配信によるオンラインセミナー)

内容
感染症予防の向上意欲がある方へ向け、無料オンラインセミナーを開催致します!昨今の新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、皆さまに感染症についての知識や関心を高めて頂く為、この度無料でセミナーを開催することと致しました。・マンネリ化しやすい感染対策の意識向上に!・感染対策についての疑問解消に!今だからこそ、感染症についての知識をもっと深めてみませんか?感染症についての基礎を中心とした内容のため、どなたでもご参加頂くことができます!
詳細を見る
開催日
2021年10月08日
会場

【オンライン&会場&DVD&CD(選択可)】
※オンライン受講(ZOOMウェビナー配信)は、PC、Mac、iPad、iPhone、Androidデバイスからご参加いただけます。お申し込み後に受講方法の詳細をご案内いたします。
※DVD受講・CD受講はセミナー開催後、1週間程度でお手元にお届けします。

※会場受講を希望される場合は、新型コロナウイルス対策として、定員を先着15名(3名掛けテーブルに1名掛け)とさせて頂き、各所飛沫防止シールドを設置いたします。マスクの着用等ご協力をお願いいたします。
【会場】銀座同和ビル2F HMSセミナールーム
(東京都 中央区 銀座 7-2-22) TEL:03(6228)5995

内容
<参加のお誘い> 医療環境を取り巻く環境が激変するなか、病院建替え事業は専門的見識を持つことと、多くの他実例から学ぶことが重要です。投資コストを押さえつつ、求める機能をいかに実現させるか、多くの病院経営者が悩むことを解説します。今回は、コロナ禍で医療収益に変化、建設コストに変化が起こり、この時期に新病院建設するに際して、安全な新病院建設を実現する重要ポイントを解説します。(株)プラスPMは、がん研有明病院、東京都済生会中央病院、国立循環器病研究センターなどの日本を代表する病院から地域密着の小規模病院まで多数の実績を有しております。参加者には「ゼネコンの選び方、使い方」の小冊子を贈呈します。ぜひ、ご参加ください。<講師>株式会社プラスPM 代表取締役一級建築士、認定コンストラクション・マネジャー木村 讓二 氏一級建築士、認定コンストラクション・マネジャー、認定登録 医業経営コンサルタント濵田 徹 氏
詳細を見る
開催日
2021年10月08日
会場

Zoomによるオンライン開催

内容
【サブタイトル】 ママとマニアックとスーパーマニアック!!〜マママニ大トリは「まだまだ知らない歯科の世界! -睡眠と歯科・スポーツと歯科、なんとなく知ってるすごく大切な話」〜【セミナーのポイント】・藤巻先生にスーパーマニアックな話を聞きたい!・歯科として?睡眠研究者として??スポーツ歯科支援???【講師のご紹介】・藤巻弘太郎先生(ぶばいおオハナ歯科)・栗原俊介(アップライド株式会社)・袴田さち子(医療法人社団永生会)【プログラム】1.藤巻先生からのお話2.フリートークセッション→懇親会【時間】(仮)19時30分 藤巻先生からのお話21時00分 フリートークセッション21時00分−21時30分 フリートーク懇親会【開催日時】■2021年10月8日(金)■19時30分から21時30分
詳細を見る
開催日
2021年10月09日
会場

オンライン研修(ZOOM)

内容
介護保険の公的資格として注目されています☆本講習受講により「福祉用具専門相談員」の資格取得ができます。☆介護保険事業所の就職に有利な資格です。
詳細を見る
開催日
2021年10月09日
会場

ウェビナーを活用したオンライン開催

内容
介護事業所において義務化されたBCP(業務継続計画)の作成支援セミナーです。厚労省「介護サービス類型に応じた業務継続計画(BCP)作成支援業務一式」検討委員会委員長である本田茂樹先生と小濱介護経営事務所代表の小濱道博先生を講師に迎え、5回シリーズで開催します。第1回目でBCPの総論第2回目で介護事業所のBCPのポイント第3回目でBCPの防災編、第4回目でBCPの業務継続編そして最終回である第5回目でBCPの実行と評価等について学部組み立てとしています。基本的に、1ヶ月ごとにステップを重ねていくスキームとなっており、各回での指導に沿って順次計画を作成していくと、今年度中にBCPの骨子が出来上がります。
詳細を見る
開催日
2021年10月09日
会場

リロの会議室関内横浜スタジアム前(JR根岸線「関内」駅より徒歩5分)

内容
この度の制度改正では【地域連携・地域交流】がキーワードとなっており、地域に開かれたデイとしての在り方が求められています。今後の介護需要の拡大、利用者が求める介護の質の変化が予測される中、専門性と創造性豊かな新しい介護の魅力を発信し、「お世話をする人」という従来の介護を変えるために介護事業者は何をしなければならないのか。まずは通所系サービスの皆さまが地域連携をするための環境づくりの一歩を踏み出していただくために「今回お伝えする講師だって失敗している!失敗を恐れないための失敗談」としてリアルな声をお届けいたします。<セミナー内容>【施設の環境を整える】・危険!ご利用者の「できている活動」を「ただやってもらっている」だけでは不十分・入浴介助加算、個別機能訓練加算の本質を理解してきちんと算定すること・施設内での動き、どのように成果として見出していくか!?必要になってくる知識と技術・「認知症」の方への見方が変わる!認知症を有する人が地域に受け入れられるための事業所づくり・重度の人でも「地域参加」はできる!「体」の移動ではなく「心」の移動・家族やケアマネと上手くお付き合いしていくために必要な事・家族を巻き込む!地域を巻き込む!まずは旧態の介護のイメージを変えよう ほか【地域交流・地域連携を整える】・地域とつながるために施設は何から始めるのか?・地域での活動は事業所の「営業・広報活動」!だからこそ、その方法を間違えるとマイナスに作用する・地域と連携するために必要な「関係性づくり」でのとんでもない失敗例・参加者が地域連携・交流を実践していくために、どう落とし込んでいくのか!?介護職が押えておくべきポイント ほか<講師>・山下 総司氏(株式会社IDO 介護部門ディレクター)・山出 貴宏氏(株式会社NGU 代表取締役)
詳細を見る
開催日
2021年10月09日
会場

Zoomによるオンライン開催

内容
在宅療養利用者や入院患者の重症化が進んでおり、重度者に対するリハビリテーションやケアの質の向上が求められています特に、重度者においては「食べる」ことに対する問題が多く生じ、看護師、介護職、セラピストなどはその対応に苦慮していると考えられます重度者においては食事動作能力が低下している摂食嚥下能力が低下しているという問題が顕在化します食事動作能力や摂食嚥下能力の低下に対する対応の一つとして「車椅子シーティング」が注目されています関節可動域筋力姿勢アライメント意識や認知レベルなどに応じた車椅子シーティングを提供することができれば、上肢機能や嚥下機能のみならず、意識、認知レベルの改善も見込まれますしかし、効果的な車椅子シーティングを行うためには、正しい評価が必要となります適切な評価なしに車椅子シーティングを行うとより食事動作能力や摂食嚥下が悪化することになりますまた、車椅子シーティングは家族や多職種の協力も必要であることからマネジメントへの関りも重要となってきます本セミナーでは波野優貴先生より、評価に基づく車椅子シーティングついてわかりやすくご解説をいただき、臨床における具体的な対応について学ぶことができます 【内容】1.食事動作・摂食嚥下における問題点2.食事動作・摂食嚥下を考慮した車椅子シーティング3.食事動作・摂食嚥下の評価と実践(事例の提示) 【14日間の見逃し配信について】※当日、受講できない方および受講された方の復習動画として後日視聴できる見逃し配信を行います※セミナー開催の翌日にお申込みをいただいたメールアドレスに見逃し配信のURLとパスワードを送付いたします※セミナー開催の翌日から14日間視聴可能となっています講師波野優貴先生
詳細を見る
開催日
2021年10月09日
会場

オンライン開催(ZOOM)

内容
 2021年8月に「児童発達支援のための個別支援計画の作成と実践−『児童発達支援ガイドライン』に沿ったポーテージプログラムの活用—」がジアース教育新社から出版されました。 一人ひとりの子どもの発達に応じ、保護者が家庭などの日常生活のなかで、目標や過程を具体的に記録しながら行動目標の達成を目指すポーテージプログラムは、児童発達支援センターや放課後等デイサービス事業でも有効に活用できます。 今回のポーテージ相談のための基礎講座では、この本の監修者で厚生労働省「児童発達支援ガイドライン策定検討会」座長を務めた大塚晃氏の講義と、執筆者のお二人からは児童発達支援センター、保育所等訪問支援事業、放課後等デイサービスにおけるポーテージプログラムの活用についての実践事例を紹介いたします。
詳細を見る
開催日
2021年10月10日
会場

ふまねっと研修センター(北海道札幌市白石区栄通19丁目2−7)

内容
「ふまねっと運動」は、北澤一利(認定NPO法人ふまねっと 理事長、元北海道教育大学釧路校 教授)が開発した二重課題運動プログラムです。横3マス、縦8マスの大きなネットを、様々な順序で踏まないように注意して歩くことで、重心の移動調節機能の改善や、利用者の注意・集中・判断・記憶の改善を図ります。【講習の目的・内容】・インストラクター3級養成講習は、要介護認定を受けた方や患者を対象(※)に、歩行機能・認知機能の改善を目的としたふまねっと指導を行う為に、必要な技術や知識を習得する為の講習です。・本講習では、ふまねっと運動の理論や効果・実技・指導方法だけでなく、利用者が患者の意欲を引き出す声かけの方法を学ぶことが出来ます。・講習最後に認定試験があります。・本講習最後の認定試験に合格し、認定NPO法人ふまねとの正会員に入会することでふまねっと運動を指導する権利が得られます。(入会金無料・翌年度分より年会費3,000円)〜受講後すぐ使える8週間分の指導セリフを含むステッププログラム付!〜〇プログラムふまねっと運動の特徴ふまねっと運動の効果と理論(多重課題理論・認知機能改善理論・歩行改善理論)ふまねっと運動体験ふまねっと運動の対象別指導法指導実技グループワーク
詳細を見る
開催日
2021年10月11日
会場

ZOOMを活用したオンラインセミナーです。

内容
[ねらいとポイント]利用者様目線に立った接し方,およびご家族様を不快にさせない職場環境づくりを学びます。介護職としての全ての基本は接遇・マナーから始まります。しかし時間の経過と共に我流となり,当たり前のことが「自分にとっての当たり前,傍から見たら非常識」などということになりかねません。自分を振り返ることが良い接遇を継続させる大切な術なのです。[目的]ワンランク上の接遇とは何かを心理面から理解するとともに,相手の心から『快』を導き出すスキルを習得します。[主なカリキュラム]◆ 求められる接遇とは何か◆ 人の行動から学ぶ接遇◆ 接遇チェック25項目※介護系の方であればどなたでも参加できます。※セミナー形式で行います。【講師紹介】本間 義昭株式会社キャリアファクトリー21 代表取締役 / マスター講師「中堅・管理職・リーダー育成等階層別研修」をはじめとした「階層別研修」「リーダーシップ」「経営業務改善」等の指導を行い,幅広い年齢層の人材育成に力を注ぎ,公益財団法人等の諸団体をはじめ介護施設で指導・セミナー及び講演を多数行う。【オンラインセミナーお申し込みの流れ】・下記のフォームよりお申し込みください。・後日、受付メールがお手元に届きますのでご確認ください。・参加費ご入金のご案内メールをお送りいたしますので開催2日前までにお振込みください。・ご入金が確認できましたら、前日までにいただいたメールアドレスにZOOMのルームIDとパスワード、当日使うテキストをお送りします。・当日、指定のZOOMルームにお入りください。・事前に配布しましたテキストを印刷の上ご準備ください。※録音・録画は禁止とさせていただきます。
詳細を見る
開催日
2021年10月12日
会場

振興会セミナールーム
(横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9F)

内容
看取ることへの恐怖や看取った後の心の整理ができず、悩んでいませんか?ホームで看取りケアを実践するには、看取りへの考え方や死生観、ケアへの知識をきちんと持ったうえで取り組むことが、とても重要です。本研修では、看取りケアに関する知識や技術、心のあり方を学び、家族とともにその方の安らかな最期を迎えていただけるケアの実践を目指します。≪カリキュラム≫1. 看取りケアとは2. 看取り介護の考え方   職員が持つべき死生観3. 看取り介護の流れ4. 不安定・低下期の対応   衰弱のサイン   チームとしてやるべきこと   医療機関・家族との連絡体制5. 看取りケアの支援の実際6. エンゼルケアと   グリーフケア※本セミナーは、オンラインでも受講できます。
詳細を見る
開催日
2021年10月12日
会場

オンラインにて開催

内容
看取ることへの恐怖や看取った後の心の整理ができず、悩んでいませんか?ホームで看取りケアを実践するには、看取りへの考え方や死生観、ケアへの知識をきちんと持ったうえで取り組むことが、とても重要です。本研修では、看取りケアに関する知識や技術、心のあり方を学び、家族とともにその方の安らかな最期を迎えていただけるケアの実践を目指します。≪カリキュラム≫1.看取りケアとは2.看取り介護の考え方   職員が持つべき死生観3.看取り介護の流れ4.不安定・低下期の対応   衰弱のサイン   チームとしてやるべきこと   医療機関・家族との連絡体制5.看取りケアの支援の実際6.エンゼルケアとグリーフケア※当日の講義は、午前2時間、午後2時間で配信を行います。(例:10時30分〜12時30分 - 1時間休憩 - 13時30分〜15時30分)
詳細を見る
開催日
2021年10月12日
会場

オンライン研修(ZOOM)

内容
知的障がい者・精神障がい者の方を支援する事業所の新しい加算要件となる資格です。強度行動障がい支援に関する知識及び技術を習得する福岡県指定研修です。(現在は基礎・実践研修連続受講の方を中心に受け付けております。)
詳細を見る
開催日
2021年10月12日
会場

「動画配信形式」のセミナーです。

申込締め切り後、視聴用のパスワードをメールにてお送りいたします。

内容
「介護サービスの質の向上」のためには、人材の定着・確保が欠かせません。人材の定着・確保には自施設・自事業所に合った「人材育成の仕組みづくり」が重要となり、人事制度やキャリアパスを導入することが有効な手段とされます。本セミナーでは、人材育成の仕組みづくりを検討中の介護サービス事業者の皆様へ、人事制度・キャリアパスの導入・改善等、知っておきたい制度・手法等についてお伝えします。 また、人材育成に欠かせないOJTのノウハウ等をお伝えする職層別セミナーについても同時に開催いたします。【セミナー内容】(1)生産性向上に向けた人材育成セミナー 〜人材育成の仕組みづくり〜(2)リーダー層向け人材育成セミナー 〜リーダーシップやOJTのノウハウを学ぼう〜(3)新任職員層向け人材育成セミナー 〜人材育成の仕組みやOJTについて学ぼう〜詳細は、当財団HPをご覧ください。
詳細を見る
開催日
2021年10月12日
会場

(ZOOMウェビナー&ミーティング)
※オンライン受講は、PC、Mac、iPad、iPhone、Androidデバイスからご参加いただけます。お申し込み後に受講方法の詳細をご案内いたします。

内容
≪講義・事例紹介内容≫〜テクニック論でなく経営の原理原則に則った説明で、本質的な理解を促進する!!異業種・業態の事例から医療・介護の慣習・常識を超える新しい着眼点で、すぐに自社で展開できる事例やフォーマットを紹介〜1. Web採用面接の必要性(1)Webはリアルの代替案ではなく「攻めの採用」へと進化している(2)成果・生産性を高めるための投資と準備一覧(3)Web独自の機能を活用して運用精度を高める2. 採用面接の原理原則を再確認する(1)採用は「アウターブランディング」の一環である(2)面談ではストーリーを一緒に紡いでいく(3)採用プロセスを通じて内定辞退を防ぐ3. 採用面接の進化ポイント(1)面接シートの作成/見直しポイント(2)「承認」、「活躍のイメージ」を入れ込む(3)トップの関与の仕方を進化させる<講師>保健・医療・福祉サービス研究会 コンサルタントキャレオスパートナーズ株式会社 コンサルティング事業部 取締役 部長竹林 剛 氏
詳細を見る
開催日
2021年10月12日
会場

Web中継
(開催が近づきましたら受講用URLをお送りします。インターネット環境、受講用の端末はご自身でご用意下さい。)

内容
●アジェンダ 第1部 訪問介護の現状と方向性     ・サービスの方向性を検討する     ・成功モデルの紹介     ・保険外サービスの活用 第2部 収益性向上施策     ・利用者数増加へのアプローチ     ・利用単価へのアプローチ※上記について詳しくは申込みURLをご覧ください。
詳細を見る
開催日
2021年10月13日
会場

Zoomによるオンライン開催

内容
日本社会は大きな変容を迎えており、今までの働き方が通用しない時代に変化しつつあります。理学療法士・作業療法士・言語聴覚士も例外ではなく、働き方について真剣に考えなければならない状況になりつつあります。地域包括ケアシステムの進展医療や介護のアウトカム志向AIやロボットテクノロジーの導入労働者不足などの環境変化は、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士に新たな価値や役割を求めています。新たな価値や役割を表現する一つの方法として「起業」が注目されています。10年前と比較して理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の起業者は増えましたが、まだまだ少数派と言えます。なぜ、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の起業家が少数派なのでしょうか?その理由は単純です。起業家に必要な知識や経験を学ぶ機会が圧倒的に少ないことが理由です。そのため、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の起業家が生まれにくいのです。そこで本セミナーでは、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の起業支援や研究調査を行っている高木綾一氏を講師に迎え、「起業家に必要な知識と経験」について詳細にご解説をいただきます。1) 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の起業が必要な背景2) 起業家に必要な知識と経験3) 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士起業家の事例紹介から起業の在り方を考える【14日間の見逃し配信について】※当日、受講できない方および受講された方の復習動画として後日視聴できる見逃し配信を行います。※セミナー開催の翌日にお申込みをいただいたメールアドレスに見逃し配信のURLとパスワードを送付いたします。※セミナー開催の翌日から14日間視聴可能となっています。講師高木綾一先生株式会社Work Shift 代表取締役
詳細を見る
開催日
2021年10月13日
会場

公益財団法人東京都福祉保健財団
「研修室3」、「研修室4」および「福祉用具実習展示室」
(東京都新宿区西新宿2−7−1 小田急第一生命ビル19階)

内容
脳血管障害、パーキンソン病、認知症など、高齢者に多くみられる症例のそれぞれの特性に即して、福祉用具の選び方、使い方を学びます。個々の利用者の症状に合った適切な福祉用具を選択することで、病気を原因に低下した身体機能を補い、高齢者の生活環境を改善します。それにより、これまでできなかったこと、大変だったことを可能にし、安全性を高めるとともに、機能低下の進行を防止する可能性も広がります。
詳細を見る
開催日
2021年10月13日
会場

ZOOMでのオンラインセミナー

内容
BCP策定の解説と第三者評価に関するオンラインセミナー(2021/10/13)以下のお悩みある介護・福祉事業者様はぜひご参加下さい。・BCPが義務化されるけど、何をしたらいいのか分からない。・BCP策定する際に、抑えておくべき法的ポイントが知りたい。・体系的に事業運営体制の強化を図りたい。・施設全体を見れる人材が欲しい。第一部:新型コロナ対応とBCP策定〜絶対に抑えておくべき法的ポイント徹底解説講座!〜第二部:戦略的な第三者評価受審〜中長期的な施設運営を見据えた取り組み〜1.日時 2021年10月13日(水) 14:00〜16:402.定員 100名3.費用 無料 4.場所 Zoomによるオンラインセミナー5.講師 (第一部)弁護士法人かなめ 代表弁護士 畑山 浩俊    (第二部) ㈱ゆびすいコンサルティング 中小企業診断士 石田 竜佑6.申込 下記よりお願いいたします。 https://forms.gle/k1wGm49MgeMiKHuN6 ※ セミナー受講案内等、すべてメールで行いますので、メールアドレスの記入間違いのないようにお願い致します。セミナーDMは、こちらhttps://yubisui.box.com/s/3lan4upd90ahglyojlwy0fua4q2x8m5r 
詳細を見る
開催日
2021年10月14日
会場

ホテルイースト21東京 1階「イースト21ホール」(東京都江東区東陽6-3-3)

内容
 医療経済フォーラム・ジャパンは、医療経済学の深耕、医療経済学の若手研究者の育成、調査研究及び政策提言を目的とし、2001年4月24日、加藤寛氏、水野肇氏、川原邦彦氏を中心として設立されました。各界の錚々たる有識者から構成される正会員を中心に、隔月で定例研修会、また例年10月には公開シンポジウムを開催しております。 本年は「デジタル技術と医療」をテーマに公開シンポジウムを企画いたしました。各位におかれましては、万障お繰り合わせの上、ご参加くださいますようご案内申し上げます。
詳細を見る
開催日
2021年10月14日
会場

Zoomによるオンライン開催株式会社

内容
〜廃用・誤用・過用といった3つの症候群を正しく理解して、ケアやリハビリ、マネジメントに活かそう〜【セミナーのポイント】 ・廃用、過用、誤用それぞれの症候群を理解する。また、症候群どうしの関連性も理解する。・ケアやリハビリ、マネージメント(リスク、ケアプラン等)に活かす。・3つの症候群の理解で、多職種連携、協働に繋がる。★講義/ディスカッション●高齢者や要介護者等を取り巻く状況●廃用・過用・誤用症候群とは●〜きり、〜まま、〜すぎは身体に良くない。●様々なミスマッチがリスクを招く●廃用・過用・誤用への気づきが連携・協働に繋がる●質疑応答/ディスカッション【講師のご紹介】 北出 貴則 先生理学療法士 / 生活環境専門理学療法士 / 福祉用具プランナー 【セミナー内容】コロナ感染が始まって2年近くなり、私達の日常及び社会生活は大きく様変わりしました。外出・旅行・交流が難しい又は出来なくなり、家から施設等で閉じこもる日々となっています。コロナ患者が増えている一方で、廃用症候群による入院が増えています。廃用と言えば、筋委縮や筋力低下を考えがちですが、最近は単なる筋委縮や筋力低下だけでなく、疾患憎悪や服薬の問題、低栄養や閉じこもり、介護状況や経済状況といった複雑な要因が重なって生じている問題であると言われています。そのような中、最近は、リハビリのし過ぎ(過用症候群)や、杖や車いすの不適合(誤用症候群)等の問題も取り上げられています。今回、廃用・誤用・過用といった3つの症候群を正しく理解して、より良いケアやリハビリ、マネージメントに活かすことができればと思い、企画させて頂きました。皆様方のご参加をお待ちしております。
詳細を見る
開催日
2021年10月15日
会場

ウィリング横浜
(神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内)

内容
『一部介助』で大切なことは「どのような介助をどの程度行えばよいのか」評価するポイントを知ることです。そのポイントを知らずに『一部介助』を行うと、介助をし過ぎる事で能力が低下してしまったり、間違った介助をすることで関節痛などの二次的な障害が起きてしまう可能性があります。本研修では『一部介助』が必要な方に対して適切な介助を行うための評価方法や「起き上がり」、「歩行」、「移乗」などの『一部介助』方法を実践形式でお伝えします。≪カリキュラム≫一部介助の考え方一部介助の評価ポイント一部介助方法実践〜座学〜〇認知力の評価〇歩行補助具の見るべきポイント〇高齢者の特性の理解と残存機能の活用ポイント〇疾患別の注意点〜実 践〜〇寝返り〇起き上がり〇立ち上がり〇移乗〇歩行   *ボディメカニクスを活用した介護技術を学びます。
詳細を見る
開催日
2021年10月15日
会場

戸山サンライズ(全国障害者総合福祉センター)(東京都新宿区戸山1-22-1)

内容
【テーマ】どこよりも速い2022年度診療報酬改定の詳説新型コロナ禍と地域医療構想の影響は?  発題者:水谷公治(株式会社ソラスト SQ事業部 業務品質課ディレクタ、公益社団法人日本医業経営コンサルタント協会 愛知県支部理事)  診療報酬改定の一巡目の議論がほぼ出そろい、集中審議に移行しているタイミングでの発題となる。本稿起稿段階では、新型コロナには毎日2万人余りの方が感染、感染者用病床が不足、重症者用病床もほぼ満床。自宅療養が中心となり入院が必要な患者への対応ができない状況が現実化している。一般傷病の救急搬送困難事例が激増するなど相当深刻な影響が出ている。  2020年度の改定では、医師等の働き方改革の推進を重点課題に据え、勤務医師の適切な労務管理等を求めた「地域医療体制確保加算」を新設。「重症度、医療・看護必要度」の判定基準を見直して病院機能と患者状態に応じた入院医療の提供を求めた。  時期を同じくして新型コロナ感染症が蔓延を始めた。厚生労働省は当初から非常事態と捉えて診療報酬の特例を矢継ぎ早に発出、感染症医療を充実させてきた。しかし、地域医療構想に逆行して休床病床が増える傍ら感染症臨時病床が設置されている現実に、平時と感染拡大時の医療提供の違いが明らかとなった。  これらの状況を受け、2022年度改定議論に係る主な論点の筆頭に「コロナ・感染症対応」が掲げられた。個別事項には「働き方改革の推進」などの政策医療の充実を掲げ、感染症対応と働き方改革の推進を意識した平時の議論は進んでいる。非常時の医療に対してはどうであろうか。地域医療構想の仕上げと策定議論の始まった第8次医療計画の影響はあるだろうか。非常時の医療として発出された感染症特例の恒久化は実現するであろうか。今次改定は医療機関に大きな転換点を示すであろう、との予測を含めて詳説する。
詳細を見る
開催日
2021年10月16日
会場

Zoomによるライブ配信

内容
病院経営に関する正しい知識を身につける“イチ”からわかる病院経営オンライン塾<第1回> 病院経営を取り巻く環境を学ぶ・病院経営のマクロ外部環境・地域医療構想の実現に向けた医療政策・病院の統合再編・地域医療連携推進法人の動向・診療報酬改定の変遷・COVID-19が病院経営に与える影響と対策・病院における経営戦略の必要性<第2回> 病院の外部環境分析を学ぶ(2021年11月20日)1.外部環境データの解説・将来患者推計・レセプト・DPCデータ・病床機能報告 等2.外部環境分析の実践・市場分析・競合分析<第3回> 病院の内部環境分析を学ぶ(2021年12月18日)1.内部環境データの解説・病院経営分析・実態調査報告・地方公営企業年鑑・病院経営管理指標 等2.内部環境分析の実践・財務データ分析・非財務データ分析<第4回> 病院経営戦略の策定と実行を学ぶ(2022年1月15日)1.病院経営戦略の策定・全社戦略・事業戦略・機能戦略2.病院経営戦略の実行・実行計画(WBS)・タスクフォース<第5回> 病院経営の改善手法を学ぶ(2022年2月19日)1.医業収益を増やす・患者数・診療単価2.医業費用を抑える・人件費・材料費・委託費講師:古株 靖久氏(こかぶ やすひさ)生命科学修士、経営学修士、医療経営士2級、介護福祉経営士2級大手製薬メーカーで約10年間の勤務を経て、有限責任監査法人トーマツに入所後、アドバイザリー事業本部ヘルスケアに所属。主に病院や介護事業における経営分析及び戦略策定から実行支援等のコンサルティングサービスを実施している。
詳細を見る
開催日
2021年10月16日
会場

市民活動プラザ六中(帯広市東11条南9丁目)

内容
「ふまねっと運動」は、北澤一利(認定NPO法人ふまねっと 理事長、元北海道教育大学釧路校 教授)が開発した二重課題運動プログラムです。横3マス、縦8マスの大きなネットを、様々な順序で踏まないように注意して歩くことで、重心の移動調節機能の改善や、利用者の注意・集中・判断・記憶の改善を図ります。【講習の目的・内容】・インストラクター3級養成講習は、要介護認定を受けた方や患者を対象(※)に、歩行機能・認知機能の改善を目的としたふまねっと指導を行う為に、必要な技術や知識を習得する為の講習です。・本講習では、ふまねっと運動の理論や効果・実技・指導方法だけでなく、利用者が患者の意欲を引き出す声かけの方法を学ぶことが出来ます。・講習最後に認定試験があります。・本講習最後の認定試験に合格し、認定NPO法人ふまねとの正会員に入会することでふまねっと運動を指導する権利が得られます。(入会金無料・翌年度分より年会費3,000円)〜受講後すぐ使える8週間分の指導セリフを含むステッププログラム付!〜〇プログラムふまねっと運動の特徴ふまねっと運動の効果と理論(多重課題理論・認知機能改善理論・歩行改善理論)ふまねっと運動体験ふまねっと運動の対象別指導法指導実技グループワーク
詳細を見る
開催日
2021年10月16日
会場

TSURUYAホール・貸会議室(本町駅7番出口すぐ)

内容
新制度下で個別機能訓練・リハビリテーションをどう進めていけばよいのか機能訓練・リハビリテーションの効果を高めるためには、利用者と関わる職員全員が効果を高める視点で関わらないといけないということです。そのためには全てのスタッフに訓練技術や知識が必要です。また、新制度下での個別機能訓練加算の実施は「身体機能」を高めるトレーニングに偏らず活動・参加に向けた「実践的かつ反復訓練」にバランスよく取り組むことが求められています。「実践の訓練」と認めてもらえなければ返還金もありえます。本セミナーでは、現場で効果を出すための「実践訓練」のポイントについてもお伝えします。<セミナー内容>【1】 個別機能訓練・リハに求められていること(1)制度が求める機能・役割(2)これからの個別機能訓練、リハで求められる3つのこと【2】 効果を高める視点(1)効果を高める個別機能訓練、リハビリのシステム作り(2)効果を高める5つのポイント(3)協働と分業【3】 基本実技(1)関節可動域訓練、ストレッチの理論と技術(集団・個別)(2)筋力増強訓練の理論と技術(集団・個別)【4】 座位での訓練プログラム例(1)全員にしてほしい重要体操(2)転倒予防(3)健口体操(4)ADL体操(5)その他【5】 疾患別トレーニング(1)脳卒中片麻痺へのアプローチ(2)パーキンソン(3)変形性膝関節症【6】 各種個別訓練の工夫例【7】 まとめ 質疑応答<講師>妹尾 弘幸氏(株式会社QOLサービス 代表取締役/理学療法士) <詳細>https://tsuusho.com/kunren_jitsugi 
詳細を見る
開催日
2021年10月16日
会場

「Zoom」を使用したオンラインでの開催となります。

インターネットに繋がっているパソコン、スマホ、タブレット (カメラ、マイク付属)で どこからでも受講できます。
 1. お申し込みの方には、開催が近づきましたら受講用URLをお送りします。
 2. URLからアクセスし、 各自の端末から接続をお願いいたします。

内容
施設や病院内の限られた環境で、姿勢保持や座位保持を考え、結果を出していく方法論をお伝えします。■世界中のシーティング、座位保持の概念や技術をまとめ、急性期、回復期、維持期でそれぞれに対応した姿勢を考えましょう。回復段階やADLに合わせた姿勢保持を考えることから始まります。■姿勢とは運動であり、日常様々な姿勢をとります。同じ姿勢は一つもありませんし、同じ姿勢をとり続ける事は不可能です。そこで、ひとつのシーティングの概念や技術だけで満足せず、様々な技術を統合して、その障害回復段階やADL(日常生活活動)に合わせたシーティング、フィッティングを行うことが必要となります。<プログラム>-理論編- シーティングやフィッティングに関する理論、原理を身につけます〇世界にある様々なシーティングの技術〇廃用にはこのシーティングを使う〇脳神経系のシーティングはこう考える〇業者シーティング、コンサルティングシーティングの導入時の注意点〇人間工学とシーティング&姿勢保持
詳細を見る
開催日
2021年10月16日
会場

オンラインセミナー(Zoomのウエビナ—を利用します。)

内容
【1】コロナ禍で減った患者を戻すための増患対策1.コロナ禍で減ってしまった急性期患者2.薬局に急性期患者を奪われる? 薬局の「零売」による処方3.間口に広くして来院するきっかけを掴む 発熱外来・オンライン診療・健診etc【2】コロナ禍で再注目される在宅医療1.コロナ禍で在宅医療を行っている診療所の収益動向2.厚労省が評価する診療所、地域で求められる在宅医療とは3.在宅医療の開始・患者開拓に必要なこととは、届出・集患方法・夜間対応etc【3】スタッフの協力を得て、院長先生が診療に集中できる体制構築1.急増するスタッフトラブルのご相談 スタッフ体制構築の失敗例・成功例2.診療方針を定め、院長・スタッフの情報共有の場を設け、診療所を組織化する。3.外部への相談は早期解決への道 コンサルタント・社労士・弁護士の活用の仕方
詳細を見る
開催日
2021年10月16日
会場

Zoomによるオンライン開催

内容
【サブタイトル】〜快適な生活・食べる喜び・楽しさ・幸せをもう一度感じて欲しいという想いから生まれた頭頚部ポジショニング用 下あご保持具〜【製品説明会のポイント】・心臓外科、心臓リハビリテーション科医、リハビリテーション科医としての気付きと視点・製品の特徴とメリット・製品がもたらす患者さん、利用者さんへのメリット・製品の実績とデーター【製品説明会の内容】コレクトウェルの考案者である上田恵介先生は、心臓外科医として数々の臨床現場・また、後進の指導・育成にも長年にわたり多大なる功績を残されてきました。心臓外科の過程を通して、リハビリテーションの重要性を強く感じ、現在、心臓リハビリテーション科医、リハビリテーション科医として活躍されております。 そのような経緯の中、リハビリテーションの場や訪問介護・看護の場で、患者さんや介護される方の頭頚部をポジショニングしたいと思われることやぐらつく頭頚部を何とかしたいと思われる場面が多くみられます。在宅看護や介護の場では、ポジショニング用のクッションを使うことが一般的ですが、さらに効果的にポジショニングするために、新商品『コレクトウェル』を考案・開発致しました。この度、一人でも多くの方が少しでも快適な生活をおくることをサポートできるようにと、考案・開発された『コレクトウェル』の製品発表会の場を設けさせていただきました。本製品発表会は、様々な情報収集の機会として、また、質疑応答や皆様とのディスカッションの場も設けていきますので、是非、お誘い合わせの上ご参加ください。【講師のご紹介】上田恵介 先生医師 日本外科学会、日本胸部外科学会、日本心臓外科学会
詳細を見る
開催日
2021年10月17日
会場

Zoomによるオンライン開催

内容
【サブタイトル】〜正しい食事介助技術を向上させるKTBCの活用とスプーン&フォークの効果的な使い方〜【内容】摂食嚥下障害や認知機能低下により、自力での食事摂取が困難な方々へ安全・安楽・自立性などを意図した食事介助方法について、2回コースで基本を徹底的に習得するオンラインセミナーを開催します。安全・安楽・QOLを高める食事介助を実践していくには、知識と技術、そして適切な食具の使い方を習得していく事が大切です。本オンラインセミナーでは、Part1では、やってはいけない食事介助をきちんと整理し、根拠性を踏まえた安全・安楽・QOLを高めるKTBCに基づいた食事介助の知識を習得します。さらに、Part2では1万人以上に及ぶ小山珠美先生の食事介助の実践から得られた食事介助技術を向上させるための正しいスプーン&フォーク使用のテクニックの基本的な使いこなし技術を学びます。※Part1  『KTBCに基づいた正しい食事介助の知識と実践を学ぶ』●食支援の現状と課題(特に食事介助について)●食べる支援を包括的に支援するためのスキル(KTBCの活用)●KTBCにおける認知・咀嚼送り込み・嚥下・姿勢耐久性・食事動作・食物形態との関連●KTスプーン&KTフォーク開発の経緯●安全・安楽・自立・効率・QOLを意図した食事介助●スプーン&フォークの基本的使用法(ハンズオン)※Part2 安全・安楽・効率的な食事介助をするための『スプーン&フォーク使用のテクニック』を学ぶ●食事介助の現状とメカニズム●認知症を有した人の食事動作と状態に応じた介助法●食具の使い方で変わる食事介助技術●食事介助におけるスプーンやフォークの正しい使用法(ビデオ視聴)●ハンズオン(認知症による開口困難や送り込み困難な場面でのスプーンテクニック)【講師】小山珠美(看護師)
詳細を見る
開催日
2021年10月17日
会場

【オンライン&会場&DVD&CD(選択可)】
※オンライン受講(ZOOMウェビナー配信)は、PC、Mac、iPad、iPhone、Androidデバイスからご参加いただけます。お申し込み後に受講方法の詳細をご案内いたします。
※DVD受講・CD受講はセミナー開催後、1週間程度でお手元にお届けします。

※会場受講を希望される場合は、新型コロナウイルス対策として、定員を先着15名(3名掛けテーブルに1名掛け)とさせて頂き、各所飛沫防止シールドを設置いたします。マスクの着用等ご協力をお願いいたします。
【会場】銀座同和ビル2F HMSセミナールーム
(東京都 中央区 銀座 7-2-22) TEL:03(6228)5995

内容
<参加のお誘い> 本セミナーでは、医療介護に精通され、我が国の診療報酬研究の第一人者である株式会社ASK梓診療報酬研究所 所長の中林梓先生をお招きし、本格的に始まった中医協の議論を踏まえ、2022年診療報酬改定を展望いただき、機能別(急性期・地域包括ケア・回復期リハ・慢性期)の先手必勝の病院経営戦略について、ご指導いただきます。また医師の働き方改革を含む医療法改正等への対応から、介護報酬改定も視野に入れた医療介護連携についても解説いただきます。どうぞ、医療制度改革や本格審議が進む2022年診療報酬改定への早期対応をお考えの皆様のご参加をお待ち申し上げます。<講師>保健・医療・福祉サービス研究会 診療介護報酬指導講師ASK梓診療報酬研究所 所長中林 梓 氏
詳細を見る
開催日
2021年10月18日
会場

会  場:名古屋青少年文化センター アートピア
(愛知県名古屋市中区栄三丁目18番1号 ナディアパーク内 デザインセンタービル)

内容
喀痰吸引等研修(3号研修)の開催が決定しました。平成24年度から喀痰吸引や胃ろうの施行が法整備されました。喀痰吸引等研修(3号研修)は特定の者に対する『口腔内・鼻腔内・気管カニューレ内部の吸引・胃ろう・経鼻経管栄養』の介助が介護福祉施設で実施可能になる資格です。(対象者に必要な項目を取得可能)
詳細を見る
開催日
2021年10月18日
会場

Zoomによるオンライン開催

内容
近年、神経難病の診断技術の向上や在宅療法患者の増加により、神経難病のリハビリテーションに関わるリハビリ職種が増えています。その中でも多系統萎縮症のリハビリテーションに接する機会が増えています。 多系統萎縮症は日本では人口10万人当たり10人程度の発症が認められ、発症年齢は平均50歳台後半で比較的急速に進行します。 多系統萎縮症は治療が難しく原因不明の神経疾患で、発症後は日常生活に障害が生じます。 自律神経障害、錐体外路系、小脳系の3系統の症状が出現する多彩な病態を示します。そのため、リハビリテーションによる、歩行レベルの維持、転倒予防、拘縮などの二次的合併症の予防が重要となります。しかし、多系統萎縮症に対するリハビリ職種の介入に関しては、明確な基準や方法が確立しておらず、リハビリ職種においても対応に苦慮していることを散見します。そこで本セミナーでは、多系統萎縮症の病態、機能障害の評価、実際の介入方法について解説をいたします。 講師の関西医療大学の福本 悠樹先生より研究からの知見に関してご解説をいただき、臨床で具体的に何を評価して、介入するべきかについてお話をいただきます。セミナー内容 1)多系統萎縮症の病態生理の理解 2)多系統萎縮症の機能障害を特定するための臨床的評価方法 3)多系統萎縮症に対する介入方法 【14日間の見逃し配信について】※当日、受講できない方および受講された方の復習動画として後日視聴できる見逃し配信を行います。※セミナー開催の翌日にお申込みをいただいたメールアドレスに見逃し配信のURLとパスワードを送付いたします。※セミナー開催の翌日から14日間視聴可能となっています。 講師 福本 悠樹先生 理学療法士
詳細を見る
開催日
2021年10月18日
会場

全国障害者総合福祉センター(戸山サンライズ)
(〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1)

内容
個別支援計画に対する考え方、手法などを検討し、より利用者に寄り添った個別支援計画が作成され、利用者の個性に合わせた計画が作成されることにより、より豊かな日常生活をおくることができるようになることを目的としています。〈日程・カリキュラム〉課程1:期間限定配信講義1〜4(Youtubeチャンネル)     令和3年10月18日(月)〜11月7日(日)まで課程2:オンライン型演習(ニーズ整理シートの作成〜個別支援計画の作成)     令和3年11月6日(土)課程3:オンライン型演習(個別支援計画の作成と講評)     令和3年11月7日(日) ※カリキュラム、時間等詳細は別紙1のとおり
詳細を見る
開催日
2021年10月19日
会場

オンライン研修(ZOOM)

内容
介護保険の公的資格として注目されています☆本講習受講により「福祉用具専門相談員」の資格取得ができます。☆介護保険事業所の就職に有利な資格です。
詳細を見る
開催日
2021年10月19日
会場

BCC株式会社会議室(東京都千代田区外神田6-15-9明治安田生命末広町ビル9F)
※状況により会場を変更させていただく場合がございます

内容
今、介護の現場では、高齢者の体力と運動機能の維持向上が求められています。でも、機能維持向上って結局どうすればいいの?とにかく運動していればそれで体力アップにつながるの?どうせなら楽しく取り入れたい!そういう疑問をバシッと解決!体力と運動機能の維持向上につながる運動を介護レクとして取り入れるための理論と実践の講座を行います☆高齢者に効果的かつ効率的な運動プログラムを編成し、指導者育成を行っている一般社団法人日本高齢者運動機能向上研究会の認定講師が講座を担当。実践を通して楽しく学びませんか?《講座内容/全3講座》【1】10時00分〜11時30分(理論)毎日の生活に大切な動きの分析と必要性【2】12時30分〜14時00分(実践)楽しく運動するための方法とポイント【3】14時30分〜16時00分(グループワーク)運動のアレンジ力を身に付ける※講座について詳しくは、下記URLをご覧ください。https://www.japan-ac.jp/article/schedule/897/ 【講師紹介】新井 恵子健康運動指導士・高齢者運動指導士資格認定講師・アクアリハビリ指導員・アクアトレーナー日常生活運動の見直しと新しい運動プログラムソフトを開発し、指導者の育成と研修に全国800施設以上をまわり、6都県のスポーツ施設の顧問、アドバイザーとなり、立ち上げから運営に携わる。1980年から競泳、シンクロ、水中運動の普及と指導者の養成を続け、社会体育専門学校講師や行政主催の健康づくり講演活動でも活躍中。スイミングスクールとフィットネスクラブを経営する傍ら、大学や専門学校の講師、各地の行政機関とタイアップして健康づくりの教室を企画、運営を行っている。
詳細を見る
開催日
2021年10月20日
会場

振興会セミナールーム
(神奈川県横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9F)

内容
2018年6月に日本介護クラフトユニオン(NCCU)が介護現場でのハラスメント被害についての実態調査の結果を発表し、注目を集めました。そこで明らかになったのは、回答者の7割強が、利用者・その家族等から何らかのハラスメント被害を受けていたという実態。しかも、被害を受けた職員のうち、上司に相談したのは4割程度で、そのうちの4割強は「相談しても変わらなかった」と回答しているのです。被害を受けても、どうすることもできないまま、耐えきれずに退職するという状況が多々あると考えられます。2021年度の介護保険制度改正では、事業者にハラスメント対策が求められました。職員の採用難が続く今、ハラスメント被害で職員を失わずにすむように管理者として、この問題に取り組んでみませんか?本研修では、この表面化しにくい在宅での利用者の方やその家族から様々な形で受けているハラスメントを中心に、管理者として現状を把握し、被害にあった職員への対応の仕方やハラスメントを予防するしくみ作りのヒントを学びます。≪カリキュラム≫【1】ハラスメント行為とは  (1)ハラスメントの定義 (2)ハラスメントの実際と背景【2】法人・管理者が意識を変える (1)管理者がハラスメントに関わる際に注意する事 (2)ハラスメント予防 (3)ハラスメント事案の確認    情報を引き出すために必要な事【3】介護職も意識を変える  (1)職場をなんでも言い出しやすい環境に  (2)セクハラのかわし方を情報共有する (3)利用者、家族と良い関係を築くために※本セミナーは、オンラインでも受講できます。
詳細を見る
開催日
2021年10月20日
会場

オンラインにて開催

内容
2018年6月に日本介護クラフトユニオン(NCCU)が介護現場でのハラスメント被害についての実態調査の結果を発表し、注目を集めました。そこで明らかになったのは、回答者の7割強が、利用者・その家族等から何らかのハラスメント被害を受けていたという実態。しかも、被害を受けた職員のうち、上司に相談したのは4割程度で、そのうちの4割強は「相談しても変わらなかった」と回答しているのです。被害を受けても、どうすることもできないまま、耐えきれずに退職するという状況が多々あると考えられます。2021年度の介護保険制度改正では、事業者にハラスメント対策が求められました。職員の採用難が続く今、ハラスメント被害で職員を失わずにすむように管理者として、この問題に取り組んでみませんか?本研修では、この表面化しにくい在宅での利用者の方やその家族から様々な形で受けているハラスメントを中心に、管理者として現状を把握し、被害にあった職員への対応の仕方やハラスメントを予防するしくみ作りのヒントを学びます。≪カリキュラム≫【1】ハラスメント行為とは  (1)ハラスメントの定義 (2)ハラスメントの実際と背景【2】法人・管理者が意識を変える (1)管理者がハラスメントに関わる際に注意する事 (2)ハラスメント予防 (3)ハラスメント事案の確認    情報を引き出すために必要な事【3】介護職も意識を変える  (1)職場をなんでも言い出しやすい環境に  (2)セクハラのかわし方を情報共有する (3)利用者、家族と良い関係を築くために
詳細を見る
開催日
2021年10月20日
会場

Zoomを使用したオンラインセミナー

内容
今年度の介護報酬改定に伴い、3年の経過措置期間はありますが、全ての介護サービス事業者を対象に業務継続計画(BCP)等の策定、研修の実施、訓練(シミュレーション)の実施等が義務づけられることになりました。BCPの「策定」については、厚生労働省が公開する研修動画など、関連情報を入手しやすい状況にありますが、「訓練」については、情報が非常に限られてきます。本セミナーは、自然災害を想定した訓練(シミュレーション)を実際に体験していただくとともにBCPの実行性を確認するための適切な訓練を企画するやり方などを理解できる構成となっております。そのため、皆様の施設における、今後の訓練にかかる負担軽減やBCPの効率的な見直しに資するものとなっております。
詳細を見る
開催日
2021年10月21日
会場

<参加にあたってのお願い>
本講座は、12回すべての受講を原則とさせて頂きます。ただし、事情により欠席される回のCD受講は承ります。

<参加条件>
ワクチン接種修了者、PCR検査陰性者(毎回)

内容
<参加のご案内>医療介護分野でゴーイングコンサーン(継続企業の前提)を目標にしたコンサルティングを全国で展開し、話題を集めている本間秀司氏が、指導先法人限定で行っている経営企画室スタッフ、次世代の経営幹部候補のエリート教育講座を公開!!<講師>保健・医療・福祉サービス研究会 医療介護事業経営指導講師ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社 代表取締役社長 本間 秀司 氏ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社人事制度・管理会計・経営戦略コンサルタント 細田 譲治 氏WJU社会保険労務士法人代表社員 社会保険労務士細田 真奈美 氏ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社福祉・介護・医療経営戦略コンサルタント谷田川 賢一 氏
詳細を見る
開催日
2021年10月22日
会場

オンラインにて開催

内容
●ご利用者が安心して生活するためにできることとは!?●介護職のケアの目的と実際は、ご利用者様(もしくはご家族)に対する「その人らしい生活の支援」にあります。「何かおかしい?」とご利用者様の最初の変化に気付くのは、介護職です。本セミナーは、服薬や医学知識、医療的ケア(医療除外行為)……等について基礎から学び、日頃の業務に役立てることを目的とした講義です。≪カリキュラム≫1.高齢者の身体的特徴とケアの留意点〇体温・脈・呼吸・血圧の正しい測り方「あなたの測り方、合ってますか?」2.医療的ケア(医療除外行為)について「知って役立つワンポイント、お伝えします」3.知っておきたい薬の基礎知識「薬ってそもそもなに? 正しい飲み方は? どんなことに注意したらいいの?」★ご利用者に一番近くで、つぶさに変化を観察することができるのが介護職です。 私たちの気づきが重要です!※当日の講義は、午前2時間、午後2時間で配信を行います。(例:10時30分〜12時30分 - 1時間休憩 - 13時30分〜15時30分)
詳細を見る
開催日
2021年10月22日
会場

Zoomウェビナー又はZoomミーティングによるオンラインで開催します

内容
1 目的保健・医療・福祉関係機関等の従事者がアレルギー疾患の患者・家族等への対応に役立つ治療や予防に関する知識・技術を習得します。また、関係機関等との連携協働について考えられることを目的とします。2 内容添付の関連資料参照
詳細を見る
開催日
2021年10月22日
会場

zoom(Web会議アプリ)を利用します。

内容
「ふまねっと運動」は、北澤一利(認定NPO法人ふまねっと 理事長、元北海道教育大学釧路校 教授)が開発した二重課題運動プログラムです。横3マス、縦8マスの大きなネットを、様々な順序で踏まないように注意して歩くことで、重心の移動調節機能の改善や、利用者の注意・集中・判断・記憶の改善を図ります。【講習の目的・内容】・インストラクター3級養成講習は、要介護認定を受けた方や患者を対象(※)に、歩行機能・認知機能の改善を目的としたふまねっと指導を行う為に、必要な技術や知識を習得する為の講習です。・本講習では、ふまねっと運動の理論や効果・実技・指導方法だけでなく、利用者が患者の意欲を引き出す声かけの方法を学ぶことが出来ます。・講習最後に認定試験があります。・本講習最後の認定試験に合格し、認定NPO法人ふまねとの正会員に入会することでふまねっと運動を指導する権利が得られます。(入会金無料・翌年度分より年会費3,000円)〜受講後すぐ使える8週間分の指導セリフを含むステッププログラム付!〜〇プログラムふまねっと運動の特徴ふまねっと運動の効果と理論(多重課題理論・認知機能改善理論・歩行改善理論)ふまねっと運動体験(ミニふまねっと使用)ふまねっと運動の対象別指導法指導実技グループワーク(ミニふまねっと使用)
詳細を見る
開催日
2021年10月22日
会場

日本医療企画九州支社セミナールーム
(福岡市博多区博多駅南1-3-6第三博多偕成ビル5階)

内容
2016年度の介護福祉士国家試験から実務経験3年に加え、「実務者研修」(最大450 時間)の修了が必須となりました。 弊社では、「実務者研修」の専任教員及び「科目:介護過程3」の担当教員の養成を目的とした、「実務者研修教員講習会」をこれまで20回開催してきました。 この度、勤務が不規則な方や遠方の方にも受講していただきやすくするため、通信講座をご用意しました。 是非、ご参加ください
詳細を見る
開催日
2021年10月22日
会場

会  場:PureHappinessセミナールーム
     (愛知県尾張旭市平子町中通266−2)

内容
喀痰吸引等研修 3号研修の通信講座(オンライン)の開催が決定しました!感染予防対策を講じるため、講義(座学)をオンラインいて受講できることとなりました。基本研修講義を動画配信によるオンラインにて受講、動画を視聴し、既定のテキストや課題を郵送にて提出いただく通信講座です。喀痰吸引等研修(3号研修)は特定の者に対する『口腔内・鼻腔内・気管カニューレ内部の吸引・胃ろう・経鼻経管栄養』の介助が介護福祉施設で実施可能になる資格です。(対象者に必要な項目を取得可能)
詳細を見る
開催日
2021年10月22日
会場

Zoomによるオンライン開催

内容
〜お餅は飲み込みにくく喉に詰まってしまうという問題点を解消するため、約10年試行錯誤して開発された、今話題の「おかゆ大福」開発秘話をぶっちゃけ公開〜【内容】人生に寄り添う和菓子を追及して・・・三重県伊賀市の「桔梗屋織居」は、江戸時代より本町通りに位置し、藤堂藩御用商人として創業以来420年以上続く老舗の菓子処です。18代目となる店主が、身内の餅による事故がきっかけに10年の月日をかけて研鑽し生まれた「おかゆ大福」。もち米の代わりにうるち米を使用することで餅に引けを取らないやわらかさと食べやすさを実現し、嚥下食としてもご利用いただき、今では全国350の施設より問い合わせや注文も頂くようになりました。〝好きなものを好きなように食べられる幸せを感じていただきたい〟その時代の生活に必要なものとして愛されてきた和菓子。ただ単に、飲み込みやすい、嚥下しやすいというだけではなく、飲み込みの困難な高齢者は無論、赤ちゃんまで安心して食べられる、そして家族全員で同じものを美味しく食べられる和菓子として開発されました。そんなおかゆ大福だからこそ多くの方に愛されるようになり、今話題となっていますこれからの時代、ただ栄養を取るだけでなく、家族団らん楽しめる日本の文化である和菓子をみつめなおしませんか?10年もの歳月を費やして商品化された「おかゆ大福」。その開発から製品に至るまでの経緯や開発の苦悩や秘話を、ぶっちゃけトークで余すところなく披露、和菓子店がどのようにして商品化してきたか?学べる機会の場を設けました。質疑応答や皆様とのディスカッションの場も設けていきますので、是非、お誘い合わせの上ご参加ください。【講師】中村 伊英 先生創業420年 和菓子の老舗 桔梗屋織居 第18代目 代表
詳細を見る
開催日
2021年10月23日
会場

zoom(Web会議アプリ)を利用します。

内容
「ふまねっと運動」は、北澤一利(認定NPO法人ふまねっと 理事長、元北海道教育大学釧路校 教授)が開発した二重課題運動プログラムです。横3マス、縦8マスの大きなネットを、様々な順序で踏まないように注意して歩くことで、重心の移動調節機能の改善や、利用者の注意・集中・判断・記憶の改善を図ります。【講習の目的・内容】・インストラクター3級養成講習は、要介護認定を受けた方や患者を対象(※)に、歩行機能・認知機能の改善を目的としたふまねっと指導を行う為に、必要な技術や知識を習得する為の講習です。・本講習では、ふまねっと運動の理論や効果・実技・指導方法だけでなく、利用者が患者の意欲を引き出す声かけの方法を学ぶことが出来ます。・講習最後に認定試験があります。・本講習最後の認定試験に合格し、認定NPO法人ふまねとの正会員に入会することでふまねっと運動を指導する権利が得られます。(入会金無料・翌年度分より年会費3,000円)〜受講後すぐ使える8週間分の指導セリフを含むステッププログラム付!〜〇プログラムふまねっと運動の特徴ふまねっと運動の効果と理論(多重課題理論・認知機能改善理論・歩行改善理論)ふまねっと運動体験(ミニふまねっと使用)ふまねっと運動の対象別指導法指導実技グループワーク(ミニふまねっと使用)
詳細を見る
開催日
2021年10月23日
会場

リファレンス西新宿大京ビル貸会議室(JR新宿駅西口より徒歩8分)

内容
新制度下で個別機能訓練・リハビリテーションをどう進めていけばよいのか機能訓練・リハビリテーションの効果を高めるためには、利用者と関わる職員全員が効果を高める視点で関わらないといけないということです。そのためには全てのスタッフに訓練技術や知識が必要です。また、新制度下での個別機能訓練加算の実施は「身体機能」を高めるトレーニングに偏らず活動・参加に向けた「実践的かつ反復訓練」にバランスよく取り組むことが求められています。「実践の訓練」と認めてもらえなければ返還金もありえます。本セミナーでは、現場で効果を出すための「実践訓練」のポイントについてもお伝えします。<セミナー内容>【1】 個別機能訓練・リハに求められていること(1)制度が求める機能・役割(2)これからの個別機能訓練、リハで求められる3つのこと【2】 効果を高める視点(1)効果を高める個別機能訓練、リハビリのシステム作り(2)効果を高める5つのポイント(3)協働と分業【3】 基本実技(1)関節可動域訓練、ストレッチの理論と技術(集団・個別)(2)筋力増強訓練の理論と技術(集団・個別)【4】 座位での訓練プログラム例(1)全員にしてほしい重要体操(2)転倒予防(3)健口体操(4)ADL体操(5)その他【5】 疾患別トレーニング(1)脳卒中片麻痺へのアプローチ(2)パーキンソン(3)変形性膝関節症【6】 各種個別訓練の工夫例【7】 まとめ 質疑応答<講師>妹尾 弘幸氏(株式会社QOLサービス 代表取締役/理学療法士)<詳細>https://tsuusho.com/kunren_jitsugi  
詳細を見る
開催日
2021年10月23日
会場

ZOOMでのオンライン開催

内容
■目的各都道府県において、「権利擁護・障害者虐待防止研修」が実施されているが、虐待の発生は後を絶たない。また、「意思決定支援ガイドライン」が平成29年3月に示されたが、それを職場内で共有し、常に意識しながら支援している事業所は少なく、ガイドラインが浸透しているとは言い難い。本研修では、意思決定支援と虐待防止について基礎から学び、障害のある人たちが地域において安心して暮らせる共生社会の実現に寄与することを目的とする。<カリキュラム>【講義】意思決定支援と虐待防止の理解を深める(厚生労働省行政説明)【講義】虐待防止に向けた具体的な取り組み【講義・演習】虐待防止に向けた事例検討【講義】権利擁護【講義】虐待と意思決定支援について【講義・演習】意思決定支援の実践
詳細を見る
開催日
2021年10月23日
会場

Zoomによるオンライン開催

内容
本講座は120分でリハビリテーション部門管理者が知っておきたいマーケティングの基礎知識について学ぶことができます。あなたのリハビリテーション部門や事業所は質の高いリハビリテーションができていますか?常に高い稼働率を維持していますか?地域の医療機関やケアマネージャーから支持されていますか?もし、これらのことにお悩みであるならば、マーケティングについて学習することをおすすめします。マーケティングの定義とは「消費者の求めている商品・サービスを調査し,供給する商品や販売活動の方法などを決定することで,生産者から消費者への流通を円滑にする活動。」(三省堂大辞林)となります。本セミナーではマーケティングの定義に記載されている内容について具体的な理論や事例を用いて解説をします。診療報酬・介護報酬改定による環境変化が激しい状況においては、マーケティング戦略の見直しリハビリテーション部門の強化を必要があります。マーケティングは先人達の失敗や成功を体系的にまとめた理論です。マーケティングが成功すれば、あなたのリハビリテーション部門や事業所は組織や地域にとって必要不可欠な存在となり、市場において圧倒的な優位性を保つこと出来ます。内容1)マーケティングとは何か?2)なぜ、医療や介護にマーケティングが必要なのか?3)マーケティングの基本的フレームワーク【14日間の見逃し配信について】※当日、受講できない方および受講された方の復習動画として後日視聴できる見逃し配信を行います。※セミナー開催の翌日にお申込みをいただいたメールアドレスに見逃し配信のURLとパスワードを送付いたします。※セミナー開催の翌日から14日間視聴可能となっています。講師高木綾一先生
詳細を見る
開催日
2021年10月23日
会場

「Zoom」を使用したオンラインでの開催となります。

インターネットに繋がっているパソコン、スマホ、タブレット (カメラ、マイク付属)で どこからでも受講できます。
 1. お申し込みの方には、開催が近づきましたら受講用URLをお送りします。
 2. URLからアクセスし、 各自の端末から接続をお願いいたします。

内容
微小重力環境で段階的に筋緊張制御をおこなう治療概念です。身体質量と重力を拮抗させた環境で行うポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化と長時間持続する臨床研究が発表されました。身体にかかる重力が小さくなり、収縮の必然性がなくなる筋、腱は、柔軟性を取り戻し、神経や感覚入力と相互作用していきます。変化した身体状況は自律神経系の安定(副交感神経優位)や呼吸、循環へと波及し、過緊張、低緊張など異常筋緊張の安定に結びついていきます。長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張や関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。低反撥マットレスを身体質量の比重に合わせて積層する環境設定という単純性は、高い再現性と介入者要因に依存しない筋緊張制御となり、誰が介入しても同じ結果となります。このような現象、結果の蓄積により関節拘縮の概念をも、確実に変える力を持っています。筋組織の変化と過緊張、低緊張など異常筋緊張の安定、重度の呼吸器疾患、心疾患患者の心拍数、呼吸数、血中酸素飽和度、血圧の安定といった変化は、内部障害への新たなアプローチとしても期待されています。この研究結果を共有すると共に、研究に用いた物品ではなく、臨床現場にあるものだけで結果を残す具体的方法論や、明日からすぐに使え臨床に役立てるポジショニング技術や、在宅介護でのポジショニングの応用もご提案します。関節拘縮の対応にお悩みの方は一度ご参加ください。
詳細を見る
開催日
2021年10月23日
会場

【オンライン&会場&DVD&CD(選択可)】
※オンライン受講(ZOOMウェビナー配信)は、PC、Mac、iPad、iPhone、Androidデバイスからご参加いただけます。お申し込み後に受講方法の詳細をご案内いたします。
※DVD受講・CD受講はセミナー開催後、1週間程度でお手元にお届けします。

※会場受講を希望される場合は、新型コロナウイルス対策として、定員を先着15名(3名掛けテーブルに1名掛け)とさせて頂き、各所飛沫防止シールドを設置いたします。マスクの着用等ご協力をお願いいたします。
【会場】銀座同和ビル2F HMSセミナールーム
(東京都 中央区 銀座 7-2-22) TEL:03(6228)5995

内容
〜2022年診療報酬改定・医療制度改革に向けて、医療介護制度・報酬に精通し豊富な経営改善の実践事例を持つ株式会社リンクアップラボ代表 酒井麻由美氏が、病床再編に伴う経営改善の事例から、増収・増益の具体策を解説指導〜<参加のお誘い> 新型コロナウイルス感染拡大は、我が国の医療提供体制の在り方や病院経営に多大な影響を与えています。そのような中、新たな医療提供体制構築や2024年の医師の働き方改革を推し進めるための改正医療法が成立し、全世代型社会保障改革として高齢者の窓口負担の見直し等が盛り込まれた健保法の一部改正も成立しました。 本セミナーは、医療介護制度報酬に精通し、民間病院の豊富な経営指導の実績を有する株式会社リンクアップラボ代表酒井麻由美氏を講師にお迎えし、最新の医療制度改革や2022年診療報酬改定への対応と共に、益々厳しくなる病院経営を打破し、増収・増益のための経営改善の手法を学んでいただくものです。 どうぞ、医療制度報酬改革の最新動向や経営刷新、経営改善をお考えの経営トップや幹部の皆様方多数のご参加をお待ち申し上げます。<講師>保健・医療・福祉サービス研究会 コンサルタント・診療介護報酬指導講師株式会社リンクアップラボ 代表酒井 麻由美 氏
詳細を見る
開催日
2021年10月23日
会場

※オンライン受講(ZOOMウェビナー配信)は、PC、Mac、iPad、iPhone、Androidデバイスからご参加いただけます。お申し込み後に受講方法の詳細をご案内いたします。
※DVD受講・CD受講はセミナー開催後、1週間程度でお手元にお届けします。

※会場受講を希望される場合は、新型コロナウイルス対策として、定員を先着15名(3名掛けテーブルに1名掛け)とさせて頂き、各所飛沫防止シールドを設置いたします。マスクの着用等ご協力をお願いいたします。
【会場】銀座同和ビル2F HMSセミナールーム
(東京都 中央区 銀座 7-2-22) TEL:03(6228)5995

内容
<参加のご案内> 8月10日のLIFEへのデータ提出に係る経過措置期間が終了し、いよいよ9月末に提供される利用者別および事業所単位でのフィードバックの活用が焦点となってきました。この活用次第では、施設間格差が大きく拡大することになります。如何にしてフィードバックを活用して地域拡大戦略に繋げるか。本セミナーは、フィードバックの活用と委員会制による運用を中心に最新の情報を提供するものです。多くの施設様のご参加をお待ち申し上げております。<講師>保健・医療・福祉サービス研究会 コンサルタント・介護報酬・介護事業指導講師小濱介護経営事務所 代表小濱 道博 氏
詳細を見る
開催日
2021年10月24日
会場

zoom(Web会議アプリ)を利用します。

内容
「ふまねっと運動」は、北澤一利(認定NPO法人ふまねっと 理事長、元北海道教育大学釧路校 教授)が開発した二重課題運動プログラムです。横3マス、縦8マスの大きなネットを、様々な順序で踏まないように注意して歩くことで、重心の移動調節機能の改善や、利用者の注意・集中・判断・記憶の改善を図ります。【講習の目的・内容】・インストラクター3級養成講習は、要介護認定を受けた方や患者を対象(※)に、歩行機能・認知機能の改善を目的としたふまねっと指導を行う為に、必要な技術や知識を習得する為の講習です。・本講習では、ふまねっと運動の理論や効果・実技・指導方法だけでなく、利用者が患者の意欲を引き出す声かけの方法を学ぶことが出来ます。・講習最後に認定試験があります。・本講習最後の認定試験に合格し、認定NPO法人ふまねとの正会員に入会することでふまねっと運動を指導する権利が得られます。(入会金無料・翌年度分より年会費3,000円)〜受講後すぐ使える8週間分の指導セリフを含むステッププログラム付!〜〇プログラムふまねっと運動の特徴ふまねっと運動の効果と理論(多重課題理論・認知機能改善理論・歩行改善理論)ふまねっと運動体験(ミニふまねっと使用)ふまねっと運動の対象別指導法指導実技グループワーク(ミニふまねっと使用)
詳細を見る
開催日
2021年10月24日
会場

zoomによるオンライン開催です

内容
医療的ケア教員講習会を受講すると、介護福祉士養成施設等において介護福祉士に医療的ケアを教授することができる資格を習得出来ます。人を教える資格が持てるという、更なるスキルアップにもなる資格です!!更に介護福祉士が医療的ケアを学ぶにあたって、医療的ケア教員が在籍する施設で実地研修できるというメリットもあります。・実務者研修で『医療的ケア』の講師ができます。・介護スタッフが受講する喀痰吸引研修の指導看護師になれます。 (これから介護施設で喀痰吸引を行うには、実地研修で指導看護師が必要になります)・平成27 年度より介護福祉士は就職してからの実地訓練が必要になります。 (各介護事業所に1人は指導看護師が必要となってきます)※決済後、テキスト・資料をお送りいたします。(レターパックプラス)お申し込みメールにzoomの入室IDをお送りいたします
詳細を見る
開催日
2021年10月24日
会場

【オンライン&会場&DVD&CD(選択可)】
※オンライン受講(ZOOMウェビナー配信)は、PC、Mac、iPad、iPhone、Androidデバイスからご参加いただけます。お申し込み後に受講方法の詳細をご案内いたします。
※DVD受講・CD受講はセミナー開催後、1週間程度でお手元にお届けします。

※会場受講を希望される場合は、新型コロナウイルス対策として、定員を先着15名(3名掛けテーブルに1名掛け)とさせて頂き、各所飛沫防止シールドを設置いたします。マスクの着用等ご協力をお願いいたします。
【会場】銀座同和ビル2F HMSセミナールーム
(東京都 中央区 銀座 7-2-22) TEL:03(6228)5995

内容
<参加のお誘い>【地域包括ケアの拠点施設の役割を担う老健施設としての「誇り」と「老健マネジメント」ノウハウを徹底指導!!】 本セミナーでは、全国の老健施設の経営指導に奔走する田中優至が老健施設の本来機能である在宅復帰・在宅療養支援の効果的な進め方や入・通所の超高稼働運営の実践ノウハウについて、事例をもとに指導いたします。どうぞ、スーパー老健の取得や高稼働の老健施設運営をお考えの皆様のご参加をお待ち申し上げます。<講師>保健・医療・福祉サービス研究会 代表田中 優至
詳細を見る
開催日
2021年10月26日
会場

オンライン研修(ZOOM)

内容
知的障がい者・精神障がい者の方を支援する事業所の新しい加算要件となる資格です。強度行動障がい支援に関する知識及び技術を習得する福岡県指定研修です。(現在は基礎・実践研修連続受講の方を中心に受け付けております。)
詳細を見る
開催日
2021年10月26日
会場

「ZOOM」アプリをセミナー当日までに、当日使用するパソコン(カメラ・マイク付き)、タブレット、スマホにダウンロードすることが望ましいです

参加費の入金後が確認できましたらセミナー用URLを送付します

ZOOM入室時にはご自身のフルネームを入力してください

資料の譲渡・録音・録画は禁止です

資料は研修会前日にお申込みを頂きましたメールアドレスにダウンロード先ULRを送付いたします

回線状況により音声や動画の不具合の可能性がありますが、ご了承下さい

内容
救急医療における脳卒中の延命率が高まるにつれてハイリスクな脳卒中患者のリハビリテーションを担当する機会が増えています。急性期のリハビリテーションにおいては【リスク管理】を実施した上での、運動療法の提供が求められます。しかし、過度なリスク管理は運動療法を無用に制限することになるため、最適なリスク管理がリハビリ職種には求められます。多くのリハビリ職種の方は次のような不安があるかと思います。・新人セラピストであるため急性期リスク管理のポイントがわからない・医師や看護師との連携に不安がある・回復期や生活期の経験が長いため急性期の知識が乏しい・過度なリスク管理を優先してしまい適切な運動療法が提供できないこのような不安がある方はぜひ当セミナーの参加をご検討ください。脳卒中急性期に特有の脳浮腫や頭蓋内圧亢進、意識レベル低下などのリスク管理、急変時のポイント、運動療法の重要性などについて講師の先生よりご解説をいただきます。内容1)脳卒中の病態2)脳卒中急性期のフィジカルアセスメントとリスク管理3)リスク管理を考慮した運動療法講師髙崎浩壽先生理学療法士認定理学療法士(脳卒中)修士(保健医療学)関西理学療法学会 評議員/基礎講師過去、急性期病院で勤務し、脳神経外科や整形外科疾患患者を始め内部疾患や呼吸器疾患患者のリハビリテーションに携わってきた。現在は、これまでの経験を生かし当法人リハビリテーション部の後進の育成にも努めている。また、リハビリテーション治療として、運動観察をテーマとした研究活動も行っている。
詳細を見る
開催日
2021年10月27日
会場

Zoomによるオンライン開催

内容
【3期生募集!!】摂食嚥下障害をイメージする〜摂食嚥下障害の様々な原因について学ぶ〜【内容】[第1回 初級編]近年、要介護高齢者の増加とともに、誤嚥性肺炎、窒息、低栄養の問題がクローズアップされ、摂食嚥下リハビリテーションのニーズが急速に高まっています。一方で、この分野の急成長に対して人材育成が追いつかなくなっているのも事実です。このような状況の中で、要介護高齢者に携わる医療従事者は、摂食嚥下リハビリテーションに対応できるようなスキル、多職種に働きかける能力が求められており、その育成は急務であると考えます。本研修会は3回シリーズとして、摂食嚥下リハビリテーションに必要な知識、評価および対応について紹介し、それぞれの地域で活躍できる人材育成を目的としています。また研修会を通して多職種協働の中で口から食べることをいかに支援していくかについて考えてみたいと思います。[第2回 中級編]【タイトル】摂食嚥下障害の評価と対応法〜4つの視点で評価する〜[キーワード] 運動障害性咀嚼障害、原始反射、ミールラウンド・カンファレンス、嚥下調整食[第3回 上級編]【タイトル】症例検討会〜症例を通じて摂食嚥下リハビリテーションを学ぶ〜【講師ご紹介】高橋 賢晃(たかはし のりあき) 先生歯科医師【受講者の声】◆S様 医師 滅多にない講義を聞かせていただいています。◆平澤貴典様 歯科医師3回とも動画が多く理解しやすかった◆A様 歯科医師実際の症例に対しての評価と訓練選択が日々の患者さんに当てはまるものが多く参考になりました。◆大久保正彦様 歯科医師とても雰囲気がよく質問しやすかったです。楽しく受講できました。◆船津裕之様 福祉用具専門相談員医療から離れたあとの再度のつながりを具体的にどうすればいいのかという気づきがありました。
詳細を見る
開催日
2021年10月27日
会場

インテックス大阪
CareTEX大阪’21 展示会場内 セミナー会場
(大阪府大阪市住之江区南港北1丁目5−102)

内容
CareTEX大阪’21専門セミナー <業界動向コース> [1]利用者目線で見た2021年介護報酬改定ポイント 〜選ばれる・生き残る事業所になるためのヒント〜 日時:10月27日(水) 9時50分〜10時50分講師:(一社)日本エルダーライフ協会代表理事 柴本 美佐代2021年介護報酬改定は科学的介護元年とも言われ、これまでとは異なる視点での対応が求められます。本セミナーでは選ばれる事業者になるためのポイントを解説します。[23]あなたの施設の”ウリ”は逆効果? 世間の感覚とのズレに気づく介護施設のマーケティング講座日時:10月28日(木) 11時30分〜12時30分講師:(株)介祉塾代表取締役 砂 亮介本セミナーでは、介護施設経営に関わる方々に売れる仕組みづくりのエッセンスをお話しします。どのようにすれば利用者様に選ばれ、繁盛できるのか、次の一手についてお伝えします。[38]認知症の心理学 〜認知症の人が見ている世界とは〜日時:10月29日(金) 11時30分〜12時30分講師:大阪大学大学院 人間科学研究科 臨床死生学・老年行動学研究分野教授 佐藤 眞一認知症の人の見ている世界、感じている世界は、私たちの世界とは異なっています。認知症の人と介護者の心のすれ違いの理由を、心理学から考えます。[45]コロナ禍で迫られた事業運営の判断と、企業評価を左右した情報発信のタイミング日時:10月29日(金) 13時30分〜14時30分講師:(社福)あかね理事長 松本 真希子新型コロナウィルスへの対応は、私たち介護法人に多くの難しい判断を突きつけました。事業運営の判断と、情報発信のタイミングによってもたらされた違いについて、実例にもとづいて解説します。その他にも、介護・高齢者業界の第一人者を講師に迎えた総計50セッションの専門セミナーを開催します。
詳細を見る
開催日
2021年10月27日
会場

インテックス大阪
CareTEX大阪’21 展示会場内 セミナー会場
(大阪府大阪市住之江区南港北1丁目5−102)

内容
CareTEX大阪’21 専門セミナー <介護のテクノロジーコース> ※[ ]内の数字はセッション番号[11]介護現場が進むべきIT・DX化へのロードマップ!〜導入事例からみるこれからの介護〜日時:10月27日(水) 13時10分〜14時10分講師:(一社)全国メディケア事業協議会 代表理事 井村 征路今年の報酬改定で科学的介護が提唱され、介護現場ではIT化が求められています。そういった社会情勢と、実際の現場で活用されている事例を、介護現場を運営している立場として、又、介護業界での啓蒙活動をしている全国組織の代表としてご説明します。そして、これからの日本の介護が目指す姿を共有できたらと思います。[26]AI・IoTを活用した科学的介護による自立支援プラットフォームの展望日時:10月28日(木) 13時10分〜14時10分講師:パナソニック(株) テクノロジー本部 スマートエイジングプロジェクト 事業統括 山岡 勝パナソニックの介護業務支援プラットフォーム「ライフレンズ」を中心に、テクノロジー活用による新たな介護業務モデルやその効果について報告する。[50]介護ロボットのトレンドと介護施設における導入の現状と課題日時:10月29日(金) 15時30分〜16時30分講師:(株)ロボリューション 代表取締役 小西 康晴介護ロボットの導入数は、少しずつ増加はしているものの、まだ普及しているとは言えない状況です。介護ロボットの導入メリットや普及させるための現状の課題について解説するとともに、海外での自動追従車椅子型ロボットを活用した介護福祉サービスの実用例についてお話します。その他にも、介護・高齢者業界の第一人者を講師に迎えた総計50セッションの専門セミナーを開催します。
詳細を見る
開催日
2021年10月27日
会場

インテックス大阪
CareTEX大阪’21 展示会場内 セミナー会場
(大阪府大阪市住之江区南港北1丁目5−102)

内容
CareTEX大阪’21 専門セミナー <まちづくりコース> [5]みんなが主役の「居場所づくり」で地域コミュニティを再生する 〜6年間の介護予防教室の実践から〜日時:10月27日(水) 11時30分〜12時30分講師:(社福)聖徳会 まつばら在宅介護支援センター 課長 杉原 圭祐地域住民の居場所づくりを始めた6年間。いつしか空きスペースは、延3万人が参加するコミュニティスペースに。地域とつながるためのヒントがここにあります。[19]医学を基礎とするまちづくりとは 〜少子高齢社会・地方創生に寄与する”まち”の実現に向けて〜日時:10月28日(木) 9時50分〜10時50分講師:奈良県立医科大学MBT研究所副所長(研究教授) 梅田 智広我々は、各種センサITを活かした新たなヘルスケアプラットフォーム「MBT(Medicine-Based Town)パーソナル」を構築、取組成果について報告する。[33]オール大阪で超高齢社会の地域を“ええまち“に!「大阪ええまち塾を行なった塾長の視点」日時:10月28日(木) 15時30分〜16時30分講師:(株)TRAPE 代表取締役 鎌田 大啓2018・19年度に大阪府が行なった「大阪ええまち塾」の塾長として、体験型学習の場をデザイン・コーディネートした鎌田が、これからのウェルビーイングに溢れた地域づくりを実践的に行なっていく視点についてお伝えします。[34]介護とコミュニティデザイン日時:10月29日(金) 9時50分〜10時50分講師:(株)studio-L 代表取締役 山崎 亮地域で包括的にケアしたりされたりする場合、病名や要介護の数字が付いていない人たちの関わりが不可欠です。本セミナーでは、地域で生活する人たち同士がつながる方法について考えたいと思います。その他にも、総計50セッションの専門セミナーを開催します。
詳細を見る
開催日
2021年10月27日
会場

インテックス大阪
CareTEX大阪’21 展示会場内 セミナー会場
(大阪府大阪市住之江区南港北1丁目5−102)

内容
CareTEX大阪’21 専門セミナー <経営者向けコース> [6]2021年介護報酬改定を経営視点で読み解く 〜その先を捉えた行動と対策〜日時:10月27日(水) 11時30分〜12時30分講師:Care styles consulting代表 井上 ルミ子2021年介護報酬改定がスタートし、対応に追われている事業所も多いのではありませんか。2024年の同時改定に向け残り2年半という角度で捉えると見え方も違ってきます。ミクロとマクロの経営視点を持ったフォーカス力が求められます。[10]コロナ禍で一気に加速する介護業界のM&A日時:10月27日(水) 13時10分〜14時10分講師:ブティックス(株) 介護M&A支援センター常務取締役 速水 健史コロナ禍で激動の時代に突入した介護業界。失敗しないためのM&A成功マニュアルについて、お話いたします。[20]お客様が老人ホームを比較した時に選ぶ秘密を老人ホームコンシェルジュが語る!日時:10月28日(木) 10時10分〜11時10分講師:(株)老人ホーム紹介センター代表取締役 看舎 桂太選ばれる老人ホームと選ばれない老人ホームには必ず共通点があります。普段は話さない内容を業界歴約11年の看舎桂太がお伝えします。[35]人が辞めない!圧倒的な入社希望!新卒3年目施設長多数!正社員離職0、スタッフ急成長の社風や仕組とは?日時:10月29日(金) 9時50分〜10時50分講師:日本福祉サービス(株)代表取締役 白﨑 剛士入社3年以内の施設長7名。4年前から新卒採用を行い20名程の学生が入社したが離職は理由ありの1名。新卒正社員以外の定着率も非常に高い。経営者必見!人は何故辞める?何故入社2年余りの若手施設長が生まれるのか?その他にも、総計50セッションの専門セミナーを開催します。
詳細を見る
開催日
2021年10月27日
会場

インテックス大阪
CareTEX大阪’21 展示会場内 セミナー会場
(大阪府大阪市住之江区南港北1丁目5−102)

内容
CareTEX大阪’21 専門セミナー <人事・教育コース>[2]介護事業者様必見!失敗しない為のハラスメント具体的対策法!日時:10月27日(水) 9時50分〜10時50分講師:社会保険労務士法人ベスト・パートナーズ 代表社員 米田 憲司2022年4月より中小企業にもパワハラ防止法が施行されます。早急にパワハラ対策の必要があります。ありきたりなハラスメント研修に飽きた方は是非足を運んでください![16]介護現場における次世代リーダーの要件とは? 人を動かす人材のなり方・育て方 日時:10月27日(水) 15時30分〜16時30分講師:(有)レイズ 取締役 増田 知乃これからの介護現場をけん引するリーダーには、リレーショナルパワーの発揮によるチームビルドの手腕が求められます。成長実感と成長予感を抱かせるリーダーのあり方と具体的な育成手法を解説します。[32]キャリアコンサルタントが伝授!中途採用者の採用・育成ポイント日時:10月28日(木) 15時30分〜16時30分講師:(株)ケア・ビューティフル 代表取締役 山本 陽子人は教育と環境で変容することを前提に、介護職として直接活用できるもの、間接的に活用できるものを自らが整理し、活躍できる人材になれる環境づくり・関係支援を解説します。[47]すぐに実践!アンガーマネジメントを活用した魅力ある・辞めない職場づくり日時:10月29日(金) 14時50分〜15時50分講師:人事マネジメント研究所 進創アシスト 代表 鷹取 敏昭アンガーマネジメントは離職を回避する今大注目の考え方とスキルです。パワハラやカスハラにも役立つテクニックをあなたの職場にも取り入れ、風通しのよい魅力ある職場づくりにしていきましょう。その他にも、総計50セッションの専門セミナーを開催します。
詳細を見る
開催日
2021年10月27日
会場

インテックス大阪
CareTEX大阪’21 展示会場内 セミナー会場
(大阪府大阪市住之江区南港北1丁目5−102)

内容
CareTEX大阪’21 専門セミナー <施設運営コース> ※[ ]内の数字はセッション番号[8]知らなかったではすまされない!「虐待」はなぜ起きるのか? 〜高齢者虐待・身体拘束廃止に向けて〜日時:10月27日(水) 11時50分〜12時50分講師:(一社)幸せ介護創造ファクトリー 代表理事 髙山 彰彦新型コロナは施設でも在宅でも、人の交流を縮小させ、孤立化を進め、ストレスフルな状況を作り出しています。そのような今こそ拘束や虐待を正しく理解し、予防することが重要になってきています。今セミナーでは拘束や虐待が起きるメカニズムについて解説し、その予防方法について提案いたします。[17]介護施設のBCP 〜Withコロナ時代における防災・減災の課題と対策〜 日時:10月27日(水) 15時30分〜16時30分講師:(一社)ADI災害研究所 理事長 伊永 勉近年多発する豪雨や地震は、介護施設にとって、利用者の生命に関わる深刻な問題です。利用者の安全と的確な避難を確保するには、職員が災害時の業務優先度を把握し、人や物をどうやり繰りするかを知ることが必須です。災害が起きても、日常業務を滞ることなく続けるために必要なBCP作成の具体的手順等を解説します。その他にも、介護・高齢者業界の第一人者を講師に迎えた総計50セッションの専門セミナーを開催します。
詳細を見る
開催日
2021年10月27日
会場

インテックス大阪
CareTEX大阪’21 展示会場内 セミナー会場
(大阪府大阪市住之江区南港北1丁目5−102)

内容
CareTEX大阪’21 専門セミナー <施設運営コース> [18]すぐに実践!暮らしの中で元気を支える「生活リハビリ」日時:10月28日(木) 9時50分〜10時50分講師:(合)松本リハビリ研究所所長/(一社)考える杖理事 松本 健史今回の内容は現場ですぐ実践できる生活リハビリです。利用者さんの環境を整える、姿勢を観察する、介助方法を考える。福祉用具を含めた環境について考えたり、安全にできる体操も紹介します。[22]認知症ケアの視点を変えるアプローチ法日時:10月28日(木) 11時30分〜12時30分講師:認知症相談支援研修センター結センター長 石川 進認知症の人への関わり方について多角的な視点でのアプローチを行い、ワーカーの人としての成長を促すとともに、認知症の人の生活をより良いものにデザインできる方法を提言します。[41]生活の場である高齢者施設におけるよりよい看取りとは 〜専門性を活かした介護・看護の連携と協働〜 日時:10月29日(金) 11時50分〜12時50分講師:大阪府立大学大学院 看護学研究科 生活支援看護学領域 老年看護学分野教授 長畑 多代本セミナーでは住み慣れた場所で最期まで生ききることを支える、看護職と介護職の連携・協働のあり方についてお話しします。[43]見直そう、施設運営の基本のキ!介護現場の事例から学ぶマナーとコミュニケーション 日時:10月29日(金) 13時10分〜14時10分講師:貝塚ケアサービス研究所代表 貝塚 誠一郎介護の仕事は、マナーやコミュニケーション能力と、専門的知識や技術力が両輪となり豊かに表現されて成り立つのです。自社内のマナーやコミュニケーションを見つめ直し、介護サービスの質を高めていきましょう!その他にも総計50セッションの専門セミナーを開催します。
詳細を見る
開催日
2021年10月27日
会場

インテックス大阪
CareTEX大阪’21 展示会場内 セミナー会場
(大阪府大阪市住之江区南港北1丁目5−102)

内容
CareTEX大阪’21 専門セミナー <ケアマネジャー向けコース> ※[ ]内の数字はセッション番号[28]多職種連携に自信が持てるケアマネジャーへ!〜チームケアにおける4つの視点〜 日時:10月28日(木) 13時30分〜14時30分講師:(株)敬天愛人 代表取締役 高山 英治ケアマネジャーは、利用者の望む暮らしの実現のために、多職種の専門性をつなぐ役割を担っています。 今回は 『自信を持って多職種連携できる介護支援専門員』をテーマに、チームにおける介護支援専門員の役割について、チームケアの必要性やその意義、そしてあらためて「多職種連携」について考えたいと思います。[44]令和3年度介護報酬改定と求められるケアマネジャーの役割日時:10月29日(金) 13時10分〜14時10分講師:(公社)大阪介護支援専門員協会 会長 濵田 和則令和3年度介護支援専門員に関する介護報酬改定が行われた内容のポイントとともに、社会保障審議会から見える検討内容の課題等を検証する。又その中での介護支援専門員の役割を再確認する。その他にも、介護・高齢者業界の第一人者を講師に迎えた総計50セッションの専門セミナーを開催します。
詳細を見る
開催日
2021年10月27日
会場

インテックス大阪
CareTEX大阪’21 展示会場内 セミナー会場
(大阪府大阪市住之江区南港北1丁目5−102)

内容
CareTEX大阪’21 専門セミナー <デイ・在宅事業者向けコース> ※[ ]内の数字はセッション番号[3]まさかの油断で後悔しない!デイサービスの実地指導・監査対策講座 日時:10月27日(水) 10時10〜11時10講師:(株)ヘルプズ・アンド・カンパニー 代表取締役 西村 栄一当社は二年連続で行政側の指導・監査の「やり方」の育成研修も行なっています。特に現場でみられたくない記録や、油断しがちな運営のシミュレーションを通して行なっています。研修を通して、また実際の指導において2020-2021で変化していると感じている視点、最新情報についてもお話させていただきます。[49]デイサービスで今後取り組むべき個別機能訓練加算について 〜令和3年度介護報酬改定を踏まえて〜日時:10月29日(金) 15時30〜16時30講師:(株)フリーケア 取締役副代表 利倉 悠介令和3年度介護報酬改定により個別機能訓練加算における書類作成や機能訓練提供の難易度があがりました。これまで数々のデイサービスで目の当たりにした機能訓練提供や書類作成の失敗事例を根拠に、今後求められるデイサービスでの機能訓練についてお話致します。その他にも、介護・高齢者業界の第一人者を講師に迎えた総計50セッションの専門セミナーを開催します。
詳細を見る
開催日
2021年10月27日
会場

インテックス大阪
CareTEX大阪’21 展示会場内 セミナー会場
(大阪府大阪市住之江区南港北1丁目5−102)

内容
CareTEX大阪’21 専門セミナー <介護用品コース> ※[ ]内の数字はセッション番号[36]無理のない介助のための福祉用具の選び方・使い方 日時:10月29日(金) 10時10分〜11時10分講師:住まいと介護研究所 所長 谷口 昌宏安心安全でご本人にも介助者にも無理のない福祉用具を活用した介助の方法をデモも含めてご紹介いたします。その他にも、介護・高齢者業界の第一人者を講師に迎えた総計50セッションの専門セミナーを開催します。
詳細を見る
開催日
2021年10月27日
会場

インテックス大阪
CareTEX大阪’21 展示会場内 セミナー会場
(大阪府大阪市住之江区南港北1丁目5−102)

内容
CareTEX大阪’21 専門セミナー <介護予防コース> ※[ ]内の数字はセッション番号[12]身近な生活から始める認知症予防と早期発見の重要性日時:10月27日(水) 13時30分〜14時30分講師:(一社)日本認知症予防協会 代表理事 佐々木 誠認知症は、誰にでも起こりうる病気です。しかし、認知症の手前(MCI)で気付き予防すれば、認知症の発症を遅らせて、健康寿命を伸ばす可能性があることをご存知でしょうか?気付きの大切さ、そして生活の中ですぐに始められる認知症予防法などについてご紹介します。ご興味、ご関心のある方はぜひご参加ください。[27]身体・心・脳の3つの要素にアプローチ!ニューロダンスで健康長寿日時:10月28日(木) 13時10分〜14時10分講師:森ノ宮医療大学 保健医療学部 作業療法学科 教授 橋本 弘子健康長寿を目指すためには、身体も心も脳も元気がいいですね。音楽に合わせて動きを覚えながら何度も繰り返して踊るという活動はまさにドンピシャの活動です。今日は座ってできる楽しいダンスを脳機能面からとらえた治療的要素の説明とともに体験し、その効果を実感していただきます。また指導のコツもお土産に![39]つかみ・ネタ・オチで心を鷲づかみ!笑いの詰まったリハビリ体操!日時:10月29日(金) 11時30分〜12時30分講師:介護エンターテイナー/作業療法士 石田 竜生集団体操やレクリエーションが上手くいく方法は「公式」に当てはめること。笑い×介護から生まれた、制限だらけのコロナ禍でも喜ばれる魔法の公式を紹介します。こんな時だからこそ高齢者が笑って楽しく運動し、体力や免疫力の向上を目指しましょう。その他にも、介護・高齢者業界の第一人者を講師に迎えた総計50セッションの専門セミナーを開催します。
詳細を見る
開催日
2021年10月27日
会場

インテックス大阪
CareTEX大阪’21 展示会場内 セミナー会場
(大阪府大阪市住之江区南港北1丁目5−102)

内容
ケアフード大阪’21 専門セミナー ※[ ]内の数字はセッション番号[7]多職種連携による栄養ケアマネジメントの実践 〜管理栄養士に求められる役割とは〜日時:10月27日(水) 11時35分〜12時35分講師:神戸松蔭女子学院大学 人間科学部 食物栄養学科 講師 林 直哉施設や在宅での療養者や要介護者が増加し、健康・栄養状態を適切に保つために、多職種連携による栄養ケアマネジメントが求められています。多疾患・低栄養予防・フレイル予防での栄養管理の在り方をご紹介します。[24]食事サービスの経営改善!HACCP対応した、美味しさ抜群の食事提供システム。日時:10月28日(木) 11時35分〜12時35分講師:新調理システム推進協会 事務局長/ニチワ電機(株) 専務取締役 西 耕平高齢者施設における食事は、利用者様から最も評価されるサービスです。また、衛生面においても、弱者である高齢者への感染症食中毒予防対策も重要な課題です。将来の人手不足のなか、衛生的で、満足できる美味しい料理を提供するシステムについて、館内ブースにてご試食もご用意し解説致します。その他にも、介護・高齢者業界の第一人者を講師に迎えた総計50セッションの専門セミナーを開催します。
詳細を見る
開催日
2021年10月27日
会場

インテックス大阪
CareTEX大阪’21 展示会場内 セミナー会場
(大阪府大阪市住之江区南港北1丁目5−102)

内容
ケアフード大阪’21 専門セミナー ※[ ]内の数字はセッション番号[14]食べてくれない悩みを解決!高齢者の「食べるチカラ」を引き出す要素とは?日時:10月27日(水) 14時50分〜15時50分講師:(株)ヘルシーオフィス フー 代表取締役 徳田 泰子食事は、五感を刺激する料理そのものも大切ですが、食欲が低下しがちな高齢者が「食べたくなる」様々な工夫を盛り込むことが大切です。栄養面も考えつつ、高齢者の「食べるチカラ」を引き出す工夫をご紹介します。[30]栄養士のお悩み解決!低栄養・減塩・嚥下障害、対象者に合わせた献立作成講座日時:10月28日(木) 14時50分〜15時50分講師:(株)アン・サンテ 代表取締役 島田 淳子栄養士なら、できて当たり前と思われている献立作成のスキル。低栄養の改善のためにたんぱく質を増やすコツ、減塩だけど薄くてまずいと言われないための調味料割合など、今さら聞けない、でも知りたい!そんなあれこれをお伝えします。[40]摂食嚥下リハビリテーションとはどんなもの? 〜嚥下訓練と食支援〜日時:10月29日(金) 11時35分〜12時35分講師:大阪大学大学院 歯学研究科 顎口腔機能治療学教室 准教授 野原 幹司摂食嚥下リハビリテーションというと嚥下訓練が思い浮かび、「難しそう」「専門的な知識が要りそう」「言語聴覚士さんに依頼するもの」というイメージがあるかもしれません。しかし、介護現場での嚥下リハは「嚥下訓練」よりも多職種で行う「食支援」が重要です。今回は臨床医の立場から認知症の食支援について解説します。その他にも、介護・高齢者業界の第一人者を講師に迎えた総計50セッションの専門セミナーを開催します。
詳細を見る
開催日
2021年10月27日
会場

広島県福山市春日町浦上1205
総合介護施設ありがとう

内容
総合介護施設ありがとうの取り組みを実際に見て、聞けて、施設に持ち帰れる2日間です!開設以来満床、10年目以降は入居待ちが70名〜100名を継続しているグループホームをご覧いただきます。【見学施設】グループホーム(2ユニット)【セミナー】・施設概要とスタッフ配置の工夫・共用型デイサービスの運営・グループホームの活動・グループホームの環境の工夫・ADLケアの工夫・IADLケアの工夫・グループホームでのターミナルケア・リスクマネジメントⅠ〜転倒予防〜・リスクマネジメントⅡ・書類・記録・情報共有の工夫・スタッフマネジメント・運営推進会議・地域拠点活動の工夫・家族連携・家族支援・地域包括ケアにおけるグループホームの役割
詳細を見る
開催日
2021年10月27日
会場

ZOOMを活用したオンラインセミナーです。

内容
[ねらいとポイント]分かってはいるけれどふとした瞬間に言ってしまいがちな禁句を利用者様目線に立ち,様々な事例を基に学び,ケア向上に繋げます。何気ない一言から利用者様・ご家族様へのサービスの不信感に繋がらない対応を習得します。自分の使う普段の言葉遣いは禁句に当たらないのか,自分自身の言葉を見直しましょう。[目的]利用者様目線に立ち,禁句について様々な事例を基に学びます。普段のケアでの言葉使いについて振り返り,サービスの不信感を生まない対応を習得します。[主なカリキュラム]◆ 禁句とは何か 何を言ってしまうと禁句にあたるのか◆ 6大禁句とは何か◆ 事例より学ぶ禁句対応実務 ケース対応※介護系の方であればどなたでも参加できます。※セミナー形式で行います。【講師紹介】本間 義昭株式会社キャリアファクトリー21 代表取締役 / マスター講師「中堅・管理職・リーダー育成等階層別研修」をはじめとした「階層別研修」「リーダーシップ」「経営業務改善」等の指導を行い,幅広い年齢層の人材育成に力を注ぎ,公益財団法人等の諸団体をはじめ介護施設で指導・セミナー及び講演を多数行う。【オンラインセミナーお申し込みの流れ】・下記のフォームよりお申し込みください。・後日,受付メールがお手元に届きますのでご確認ください。・参加費ご入金のご案内メールをお送りいたしますので開催2日前までにお振込みください。・ご入金が確認できましたら,前日までにいただいたメールアドレスにZOOMのルームIDとパスワード,当日使うテキストをお送りします。・当日,指定のZOOMルームにお入りください。・事前に配布しましたテキストを印刷の上ご準備ください。※録音・録画は禁止とさせていただきます。
詳細を見る
開催日
2021年10月27日
会場

ZOOMを活用したオンラインセミナーです。

内容
[ねらいとポイント]リーダーシップとは何か?を問いかけるとき,多くの人はマネジメントと勘違いしているケースが目立ちます。リーダーシップ,その基盤が何かを把握しなければ燃え尽き症候群に陥ってしまいます。行き詰っているリーダーの方が必要な「何をすればリーダーシップを発揮できるのか」「チームへ良い影響力を行使できるのだろうか」を考える機会となります。[目的]日々の業務の中で悩まれているリーダーのために。 信頼はリーダーシップの基盤です。その基盤が何であるかを知り,日々実践していくことでチームから「素敵なリーダー」と認められるのです 。[主なカリキュラム]◆ リーダーシップの成長4段階◆ 自分を律する3つの法則◆ 信頼はリーダーシップの基盤である◆ 影響力は高めることができる◆ リーダーシップの5レベル◆ 人に与えることにより得られるもの【講師紹介】本間 義昭株式会社キャリアファクトリー21 代表取締役 / マスター講師「中堅・管理職・リーダー育成等階層別研修」をはじめとした「階層別研修」「リーダーシップ」「経営業務改善」等の指導を行い,幅広い年齢層の人材育成に力を注ぎ,公益財団法人等の諸団体をはじめ介護施設で指導・セミナー及び講演を多数行う。【オンラインセミナーお申し込みの流れ】・下記のフォームよりお申し込みください。・後日,受付メールがお手元に届きますのでご確認ください。・参加費ご入金のご案内メールをお送りいたしますので開催2日前までにお振込みください。・ご入金が確認できましたら,前日までにいただいたメールアドレスにZOOMのルームIDとパスワード,当日使うテキストをお送りします。・当日,指定のZOOMルームにお入りください。・事前に配布しましたテキストを印刷の上ご準備ください。※録音・録画は禁止とさせていただきます。
詳細を見る
開催日
2021年10月28日
会場

オンラインにて開催

内容
アンガーマネジメントとは、「イライラ」や「怒り」の感情(アンガー)と上手につきあっていく(マネジメントする)ための心理技術です。1970年代にアメリカで開発され、最近、日本でも非常に注目が高まってきています。「アンガーマネジメントファシリテーター」とは、その技術を指導する人。「怒りの感情」の専門家として、「怒り」とのつきあい方をアドバイスします。企業や学校、家庭、医療・福祉現場、スポーツ界等、「怒りの感情」の専門家へのニーズは高まっています。怒りの本質やコントロールする技術を学ぶことで、人間関係、ビジネス等においてプラスに作用することを目指します。≪カリキュラム≫【案】■アンガーマネジメントの理解・アンガーマネジメントとは・怒りの感情とは・自身の怒りは何か■アンガーマネジメントテクニック■アンガーマネジメントの活用・価値観の共有化怒りの感情を生みやすい自身のこだわりや価値観を明確にし、チーム内で共有化することによる効果を学びます
詳細を見る
開催日
2021年10月28日
会場

オンラインにて開催

内容
介護の現場では、コロナ禍の中のさまざまな変化の中で、対応しきれないことも多く、さらに強い怒りが生じてしまい場面もあります。利用者や家族から理不尽な要求をされたり、コミュニケーションがなかなか取れなかったりとお互いの気持ちにストレスが溜まっていませんか?アンガーマネジメントとは、「イライラ」や「怒り」の感情(アンガー)と上手につきあっていく(マネジメントする)ための心理トレーニングです。 対人援助職の方も、自分自身の感情のケアの方法や、怒りのコントロール 法でトレーニングすれば、長期的に、お互いが健康的でいられますよね。 本セミナーでアンガーマネジメントを学び、バーンアウトの予防策としても是非ご活用ください。≪カリキュラム≫■アンガーマネジメントの理解・アンガーマネジメントとは・怒りの感情とは・自分の怒りの傾向を知る■アンガーマネジメントテクニック■アンガーマネジメントの活用・自分を理解し、相手を理解してみましょう。
詳細を見る
開催日
2021年10月28日
会場

「ZOOM」アプリをセミナー当日までに、当日使用するパソコン(カメラ・マイク付き)、タブレット、スマホにダウンロードすることが望ましいです

参加費の入金後が確認できましたらセミナー用URLを送付します

ZOOM入室時にはご自身のフルネームを入力してください

資料の譲渡・録音・録画は禁止です

資料は研修会前日にお申込みを頂きましたメールアドレスにダウンロード先URLを送付いたします

回線状況により音声や動画の不具合の可能性がありますが、ご了承下さい

内容
医療機関や在宅医療における患者の重症化と高齢化が進んでおり、心電図モニターを利用している患者が増えています。しかし、心電図に関して理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が学ぶ機会は卒前・卒後を含めて少ない状況です。「心電図は難しくて理解できない」「心電図波形が変化すると怖くて運動療法ができない」「心電図を活用したリスク管理を実践したい」と思っているリハビリテーション職種は多いのではないでしょうか?そこで、本セミナーでは、イチから心電図を学ぶことを目的に心電図の基礎知識についてご解説をいたします。心電図のメカニズム、心電図波形の意味、心電図を用いたリスク管理などに関する基礎知識を身に付けることができれば、明日からの臨床の幅が広がることでしょう。波形を丸暗記するのではなく、波形の意味や不整脈の判断などをセミナーを通じて学ぶことができます。内容1)心電図の基礎知識2)不整脈の基礎知識3)リハビリテーションにおける心電図の活用【14日間の見逃し配信について】※当日、受講できない方および受講された方の復習動画として後日視聴できる見逃し配信を行います。※セミナー開催の翌日にお申込みをいただいたメールアドレスに見逃し配信のURLとパスワードを送付いたします。※セミナー開催の翌日から14日間視聴可能となっています。講師井上拓也先生あずま整形外科リハビリテーションクリニック理学療法士3学会合同呼吸療法認定士心臓リハビリテーション指導士認定理学療法士(循環)サルコペニア・フレイル指導士
詳細を見る
開催日
2021年10月28日
会場

Zoomによるオンライン開催

内容
健康長寿を実現させるために、最も大事な身体の機能は何でしょう?それは、食べ物を"飲み込む力"、つまり"嚥下機能"です。人間は食べ物を食べてエネルギーを取り込まなければ生きていくことが出来ません。また健康長寿のためだけではなく、日常の楽しみとしても食事は大切な行動です。その"飲み込む力"が低下するのは、決して高齢者だけではありません。実は40代、50代あたりから徐々に低下しており、30代から低下し始めているとの報告もあります。生きるために必要な嚥下機能。維持向上には普段からの観察だけでなく、ケア・訓練が大切です。普段は目で見えない嚥下の様子を、目で見て理解することで、ケアの際に何が起きているのか、何をすればイイのか学ぶためのセミナーです。
詳細を見る
開催日
2021年10月28日
会場

インテックス大阪
CareTEX大阪’21 展示会場内 セミナー会場
(大阪府大阪市住之江区南港北1丁目5−102)

内容
<CareTEX大阪’21 高経協特別フォーラム> 熱く語ろう。「コロナに負けない、私たちの介護!」@リビング・オブ・ザ・イヤー2021日時:10月28日(木) 11時50分〜12時50分講師:日本の介護(株) 代表取締役/リビング・オブ・ザ・イヤー実行委員長 昆野 仁グッドタイムリビング(株) 代表取締役社長 森川 悦明(株)長谷工シニアホールディングス 取締役専務執行役員 幸谷 登日本ホスピスホールディングス(株) 執行役員戦略本部長 三重野 真目に見えない脅威と闘いながら、お互いにエールを送り、励ましあう「Withコロナ応援メッセージ」。その中から、実行委員会が熱き思いを感じとった作品を選び、制作の過程や寄せた思い、コロナ激闘の苦労話などを、応募者代表の方々に存分に語っていただきます。
詳細を見る
開催日
2021年10月28日
会場

ZOOMを活用したオンラインセミナーです。

内容
[ねらいとポイント]職場内に2名以上いればチームとして構成されます。介護職としての連携やチームを支えあう心を養い,事業所の理念を進めていくための足掛かりを作り上げます。自分の意向を主張するだけでなく,仲間が何を求め,どのような手助けが必要で何を可能にしていくのか探求していきます。相手を思いやり,人間力を養うカリキュラムです。[目的]ディスカッションを交えながら,チーム力とは何か,全員で作り上げるチーム力,チームが円滑に機能するために必要な力とは何かを習得します。[主なカリキュラム]◆ チーム力とは何か◆ CREDOを活かす◆ チームとしての7つの出発点から学ぶチームのルール◆ 人について知っておきたい10か条※介護系の方であればどなたでも参加できます。※セミナー形式で行います。【講師紹介】本間 義昭株式会社キャリアファクトリー21 代表取締役 / マスター講師「中堅・管理職・リーダー育成等階層別研修」をはじめとした「階層別研修」「リーダーシップ」「経営業務改善」等の指導を行い,幅広い年齢層の人材育成に力を注ぎ,公益財団法人等の諸団体をはじめ介護施設で指導・セミナー及び講演を多数行う。【オンラインセミナーお申し込みの流れ】・下記のフォームよりお申し込みください。・後日,受付メールがお手元に届きますのでご確認ください。・参加費ご入金のご案内メールをお送りいたしますので開催2日前までにお振込みください。・ご入金が確認できましたら,前日までにいただいたメールアドレスにZOOMのルームIDとパスワード,当日使うテキストをお送りします。・当日,指定のZOOMルームにお入りください。・事前に配布しましたテキストを印刷の上ご準備ください。※録音・録画は禁止とさせていただきます。
詳細を見る
開催日
2021年10月28日
会場

Zoomによるオンライン開催

内容
【セミナーのポイント】・摂食嚥下のメカニズムについて学び、根拠に基づいた支援のポイントをお伝えします。・各項目に質疑応答の時間を設け、みなさまの疑問にすぐお応えします。・摂食嚥下障害に携わる介護職にも分かりやすいよう、専門的な内容を噛み砕きお伝えします。【講師のご紹介】増田 翼 先生日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士 / 摂食嚥下障害看護認定看護師<プロフィール>平成21年 看護師免許取得平成30年 WyL株式会社 ウィル訪問看護ステーション江戸川勤務令和 2年 摂食嚥下障害看護認定看護師取得 【講師からのメッセージ】定期開催のベーシックセミナーの内容をさらに詳しくお伝えします。ベーシックセミナーにご参加された方やそうでない方、初学者の方や介護領域で働く方にもぜひ聞いていただきたいです。5期モデルをベースに、摂食嚥下のメカニズムと支援ポイントについて学んでいただけます。ベーシックセミナーではお伝えできなかったプロセスモデルにも触れ、摂食嚥下のメカニズムをより詳しくお伝えします。わからない事や、説明が足りない部分についてはチャット機能や直接ご質問いただき、すぐお応えします。【プログラム】【講義/デモンストレーション】●5期モデルとメカニズム、メカニズムに基づいた支援のポイント・先行期・準備期・口腔期・咽頭期・食道期・プロセスモデル について※質疑応答を随時お答えします。
詳細を見る
開催日
2021年10月29日
会場

会場とzoomによるライブ配信

会場:介護保険市民オンブズマン機構大阪
   (大阪市東成区中道3-2-34)

内容
 ワクチン接種が始まったものの、まだまだ新型コロナの感染防止に緊張が続く介護現場。感染管理を徹底しつつ、利用者の尊厳や自立支援にも配慮するのはなかなか難しいものです。 でも、家族の面会やボランティアの受入れもままならず、第三者の目や気づきが入りにくいこんな時期だからこそ、虐待や不適切ケアは大丈夫か、少し立ち止まって考えてみる機会が必要です。 この研修では講義だけでなく、高齢者虐待防止介護従事者研修用ビデオ「よりよい介護を目指して」を視聴し、グループでディスカッションすることを通して自分たちのケアを振り返り、これからの介護力の向上につなげます。 講義・ビデオ・話し合いを通して、きっと新たな気づきが生まれるはず!気軽に楽しく、大切なことをしっかり、学べる研修です!!
詳細を見る
開催日
2021年10月29日
会場

Zoomによるオンライン開催

内容
【サブタイトル】食事や日常生活活動における褥瘡発生・悪化を予防するポジショニング・シーティングの実践【セミナーのポイント】・ICFの観点に基づいた姿勢・活動における褥瘡予防の考え方が解る・外力(圧迫,摩擦,ズレ)への気づきが高まり、褥瘡予防アセスメント力が向上する・褥瘡予防の観点の下、食事や日常生活における姿勢,活動への支援技術が向上する※Day1/10月29日(金)19時30分-21時30分開催★『ポジショニング編』…褥瘡予防の観点に基づいた介助(体位交換、移乗含む)●褥瘡発生の要因、外力等が及ぼす影響●ICF(国際生活機能分類)の考え方、環境を観る目●体圧分散ケア、臥位褥瘡予防用具●外力予防介助、圧抜きの重要性、サポートの仕方●ポジショニング(臥位)●ベッド上座位(食事)のポジショニング※Day2/11月5日(金)19時30分-21時30分開催★『車いすシーティング編』…座位褥瘡が及ぼす影響と予防、悪化予防●褥瘡発生の要因、外力等が及ぼす影響●ICF(国際生活機能分類)の考え方、環境を観る目●体圧分散ケア、座位褥瘡予防用具●シーティング(食事姿勢含む)●外力予防介助、圧抜きの重要性【講師】北出 貴則 先生理学療法士 / 生活環境専門理学療法士 / 福祉用具プランナー
詳細を見る
開催日
2021年10月29日
会場

広島県福山市春日町浦上1205
総合介護施設ありがとう

内容
総合介護施設ありがとうの取り組みを実際に見て、聞けて、施設に持ち帰れる2日間です!利用者を飽きさせないありがとうのプログラムを余すことなくお伝えします!!【施設見学】・ビューティデイサービス・リハビリセンター・春日デイサービス・ありがとうデイサービス・ミラクルデイサービス【ビデオ見学会】・ありがとう神辺川北デイ・脳疾患リハビリデイサービス【セミナー】・ありがとうの概要・デイの行方・デイに求められる機能の強化について・ビューティデイサービスの工夫・多機能リハビリセンターの工夫・脳疾患リハビリデイサービスの工夫・ありがとうデイの家の工夫・春日デイサービスの工夫・ミラクルデイサービスの工夫・ありがとうデイサービスの工夫・職員確保・定着・育成の工夫
詳細を見る
開催日
2021年10月30日
会場

zoomによるオンライン開催

内容
「医療的ケア教員講習会」や「指導者講習会」を受講し、医療的ケアの講師や現場の指導看護師として活躍している看護師の皆さんのためのファローアップ研修会です。弊社主催講座の受講生以外の参加もOKです。現場で実際に指導してみて、講師として授業を行ってみて、疑問に思ったことや不安に思ったことはありませんか? <こんな思いのある方は、ぜひご参加ください。>・受講したのが数年前、内容をよく覚えていないから復習したい!・介護現場での指導方法に迷っている・他の指導看護師さんはこんな時どうしているんだろう?・どんな教え方をしたらいいんだろう?・こんな事例はどうしたらいいの?・この手技で間違ってないかな?◇研修会の内容・医療的ケアの概要・吸引と経管栄養の概要、指導時の注意点・Q&A(事前のアンケートで質問を募集します。当日時間があればその場での質疑応答も可能です。)・参加者との交流(zoomのブレイクアウトルームを活用し、3〜4名でのディスカッションできる時間もとっていきます)
詳細を見る
開催日
2021年10月30日
会場

Zoomによるオンライン開催

内容
あなたの話の傾聴力は何点ですか?【セミナーのポイント】・せっかくできそうになった信頼関係、「でもね」ですべてが「0」になる!・援助職ほど、人の話が聴けないのはなぜか?・聞く、聴く、訊く3つの違いを体得しよう・うなずき多すぎ!「私って話きいてるでしょ?」オーラの人が嫌われるワケ・プロが教える「沈黙の過ごし方」【講師のご紹介】奥山美奈先生看護師、高等学校教諭(看護)、教育コンサルタント、ICC国際コーチ連盟認定コーチ、エルゼピアジャパン「上手な叱られ方」「医療にとって本当に必要な接遇とは何か」e-learning講師。病院を患者、スタッフが引きよせられる「マグネットホスピタル化」するための支援を行う「教育コンサルタント」。コーチ認定、起業家育成コーチング、接遇トレーナーの育成も手掛ける。コーチ認定した数、289人看護師、高校教諭を経て2008年にTNサクセスコーチングを設立。ソフトテニスで3度の国体出場、2013年度マスターズ全国大会準優勝という経歴をもつ現役アスリートでもある。【内容】自分の話の聴き方について、フィードバックを受けたことはありますか?人は聞いてるようで、じつは相手の話を聴けていません。でも、そこに気づく機会がないので気づけません。対人援助職は「うなずく」「相手の話をくり返す」「あいづち」を打つといった形だけのペーシングで満足してはいけません。また、「うん、うん、うん」と、うなずく回数の多い人は、じつは相手との深い信頼関係は作れません。なぜでしょう?その理由をみなっち先生が紐解きます。コーチ認定480,000円の入門コースと同等の内容のセミナーがなんとこの価格で受講できます。オンラインだからこそ開催できるこのチャンスをお見逃しなく。本セミナー受講者は先着2名様までみなっち先生のZoom無料コーチングが受けられるという特典つきです♪
詳細を見る
開催日
2021年10月30日
会場

本セミナーはオンラインでの開催となります。

内容
人生の最終段階にある人やその家族と関わる事を苦手と感じる人は少なくありません。日に日に食事が少なくなり、やがて寝ついていく人と、どのように関わってよいかわからない援助者が、自信を持って支援にあたれるようになることを目的として、この講座は企画されました。人生の最終段階に共通する自然経過、自宅・介護施設で求められる症状緩和や、意思決定支援の基礎知識を学びます。さらに、援助的コミュニケーションについて、ロールプレイを交えて学んだ上で、エンドオブライフ・ケアの中でも特に難しいとされるスピリチュアルペインに対するケアについて、1対1での対応方法から多職種連携で行う支援方法まで学びます。これらの結果、解決が困難な苦しみを抱えた人に接しても、“援助を言葉にする”ことで、医療・介護の仕事を問わず、一人ひとりが自信を持って人生の最終段階にある人と関われるようになることを目指します。■ 学習要素1.課題背景(2025年問題に備えて)2.人生の最終段階に共通する自然経過3.苦しむ人への援助と5つの課題4.意思決定支援5.自宅・介護施設で求められる症状緩和6.多職種連携で「援助」を言葉にする(マクロ)7.1対1で対応する(ミクロ)
詳細を見る
開催日
2021年10月30日
会場

八王子市芸術文化会館いちょうホール
(東京都八王子市本町24-1)
中央本線八王子駅より徒歩15分程度

内容
『リハビリ・集団活動・姿勢制御と様々な角度から、現場のお悩みを解説・解決します』「リハビリの必要性は感じているがどうしたらいいか分からない。」「集団で行う活動で何をやったらいいか分からない。」「デイサービスなどで利用者が安楽、安心して過ごせる環境づくりをしたい。」「ベット上で寝ているときのポジショニング方法が知りたい。」こんな悩みを作業療法士が解説・解決します。【プログラム】 -基礎編-   1.高齢者の心理学   2.高齢者の精神学   3.介護者がリハビリをするために必要な解剖学、生理学、運動学など    基礎的学問の習得   4.身体機能面のリスクと対応、精神機能面のリスク(認知症対策等)    と対応方法   5.車椅子住環境でのリスクマネジメント -実技編-   1.関節の動かし方   2.マッサージの仕方、指圧の仕方   3.むくみの取り方、リンパマッサージの仕方   4.姿勢保持方法、シーティング技術指導   5.集団リハビリテーションの方法と進行の仕方   6.関節拘縮の足を開く方法   7.関節拘縮の握り込みの手を開く方法基礎編では、高齢者の心理面からリハビリをするにあたって必要な解剖学や運動学などの講義となっております。基礎編で得た知識を、実際に技術として習得していただくのが実技編です。関節の動かし方やシーティングについて実践していただきます。少人数制(5名まで)でお一人お一人の課題、問題点に合わせて進行していきます。悩まれている患者様や利用者様の状況が分かる情報をお持ちくだされば、個別に対応方法をお伝えいたします。
詳細を見る
開催日
2021年10月30日
会場

【オンライン&会場&DVD&CD(選択可)】
※オンライン受講(ZOOMウェビナー配信)は、PC、Mac、iPad、iPhone、Androidデバイスからご参加いただけます。お申し込み後に受講方法の詳細をご案内いたします。
※DVD受講・CD受講はセミナー開催後、1週間程度でお手元にお届けします。

※会場受講を希望される場合は、新型コロナウイルス対策として、定員を先着15名(3名掛けテーブルに1名掛け)とさせて頂き、各所飛沫防止シールドを設置いたします。マスクの着用等ご協力をお願いいたします。
【会場】銀座同和ビル2F HMSセミナールーム
(東京都 中央区 銀座 7-2-22) TEL:03(6228)5995

内容
<参加のお誘い> 今回のセミナーで、人財確保難は業種の問題ではなく経営の問題であることを改めてご理解頂ければ幸いです。「儲かる業種」はなく「儲かっている法人」と「儲かっていない法人」があるように、「人が集まる業界」があるのではなく「人が集まる法人」と「人が集まらない法人」があるだけなのです。 私は経営コンサルティングファームで多くのクライアントの人財プロジェクトを主催してきました。その経験を通じて確信していることは「採用は経営者の意思のあらわれである」ということです。セミナーで紹介する成功事例を聞いて頂くと、トップがいかに多くの経営資源を費やし、いかに多くのアイデアと熱意をつぎ込んでいるかが実感出来ます。本来貴社で働くべき素晴らしい人財は貴社の存在も魅力も気づいていないはずです。打つ手は無限大です。ご一緒に会場で学び、実行具体策を検討していきましょう。<講 師>保健・医療・福祉サービス研究会 コンサルタントキャレオスパートナーズ株式会社 コンサルティング事業部 取締役 部長竹林 剛 氏
詳細を見る
開催日
2021年10月31日
会場

北見市民会館(北見市常盤町2丁目1-10)

内容
「ふまねっと運動」は、北澤一利(認定NPO法人ふまねっと 理事長、元北海道教育大学釧路校 教授)が開発した二重課題運動プログラムです。横3マス、縦8マスの大きなネットを、様々な順序で踏まないように注意して歩くことで、重心の移動調節機能の改善や、利用者の注意・集中・判断・記憶の改善を図ります。【講習の目的・内容】・インストラクター3級養成講習は、要介護認定を受けた方や患者を対象(※)に、歩行機能・認知機能の改善を目的としたふまねっと指導を行う為に、必要な技術や知識を習得する為の講習です。・本講習では、ふまねっと運動の理論や効果・実技・指導方法だけでなく、利用者が患者の意欲を引き出す声かけの方法を学ぶことが出来ます。・講習最後に認定試験があります。・本講習最後の認定試験に合格し、認定NPO法人ふまねとの正会員に入会することでふまねっと運動を指導する権利が得られます。(入会金無料・翌年度分より年会費3,000円)〜受講後すぐ使える8週間分の指導セリフを含むステッププログラム付!〜〇プログラムふまねっと運動の特徴ふまねっと運動の効果と理論(多重課題理論・認知機能改善理論・歩行改善理論)ふまねっと運動体験(ミニふまねっと使用)ふまねっと運動の対象別指導法指導実技グループワーク
詳細を見る
開催日
2021年10月31日
会場

多摩平の森ふれあい館
(東京都日野市多摩平2-9)
中央本線豊田駅より徒歩6分程度

内容
講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線から採寸、適合、選定そしてメンテナンスの重要性と技術を、実際にできるようになるまで丁寧にお伝えします。『車椅子設計採寸技術セミナー』車椅子の採寸や車椅子適合、選定のための身体採寸方法がわかっていれば、自身の目線から車椅子を選定できます。その瞬間、タイヤの付いたただの椅子は、治療技術や治療器具となるでしょう。「そのときはできても、忘れてしまいそう」「臨床で忙しくてそこまでは…」と考える方もいるでしょう。でも、ポイントを絞れば短時間に出来てしまいます。●車椅子の構造やメカニズムを徹底的にお見せします。動画やイラストを用いて、講師がわかりやすく説明しながら行います。●車椅子の測り方。車椅子に座るための身体寸法の測り方。●処方箋の書き方。図面の書き方。●車椅子の適合。車椅子の選定。(症例を交えて実践的に行いましょう)『車椅子メンテナンスセミナー』「車椅子の調整は知っているようで、触ってみると意外と複雑。」「機械やものづくりは苦手。だけどやっておかないと移乗のときに危なくて。」「ブレーキが効かない!業者さんを呼ぼう。」等、車椅子メンテナンスを他人任せにしていませんか。だけど今日から大丈夫。車椅子のメンテナンスを実演しながら伝授します。●車椅子の構造からメンテナンスのポイント●タイヤ交換、キャスター調整、ブレーキ調整、車椅子のバランス、車椅子の転がり抵抗、車椅子から異音がした時の対応、時間があればパンク修理もやってみましょう。●メンテナンスと日常の車椅子姿勢の関わりを説明し、簡単なADLシーティングのポイントの実演、実技をします。
詳細を見る
開催日
2021年11月02日
会場

オンライン研修(ZOOM)

内容
知的障がい者・精神障がい者の方を支援する事業所の新しい加算要件となる資格です。強度行動障害支援に関する知識及び技術を習得する福岡県指定研修です。(現在は基礎・実践研修連続受講の方を中心に受け付けております。)
詳細を見る
開催日
2021年11月02日
会場

「ZOOM」アプリをセミナー当日までに、当日使用するパソコン(カメラ・マイク付き)、タブレット、スマホにダウンロードすることが望ましいです

参加費の入金後が確認できましたらセミナー用URLを送付します

ZOOM入室時にはご自身のフルネームを入力してください

資料の譲渡・録音・録画は禁止です

資料は研修会前日にお申込みを頂きましたメールアドレスにダウンロード先URLを送付いたします

回線状況により音声や動画の不具合の可能性がありますが、ご了承下さい

内容
現在、リハビリテーションを取り巻く環境は大きく変化しております。疾患別リハビリテーションの算定期限日数の厳守入院リハビリテーションの在院日数の短縮介護保険リハビリテーションからの卒業自立支援の促進など公的医療保険・介護保険を用いたリハビリテーションのサービス内容には一定の制限が設けられいます。そのため、高齢者の増加に合わせて「リハビリテーションの算定期限日数などを気にせずに質の高いリハビリテーションを受けたい」というニーズが高まっています。そのため、近年は「保険外リハビリテーション」が注目されており、そこに参入する療法士や企業が現れています。しかし、「保険外リハビリテーション」には大きな課題が存在します。コンプライアンス遵守やマーケティングなど大きな課題があり、参入した療法士や企業が苦労しているのも事実です。そこで、本セミナーでは保険外リハビリサービスに先駆的に取り組んでおられる、生野先生を講師にお招きし、保険外リハビリテーションにおける諸課題について、ご解説をいただきます。また、現在、生野先生が取り組まれている遠隔リハビリテーションについてもご教示いただきます。本セミナーでは講師とワークを通して保険外リハビリテーションの実際を理解を進めて参ります。内容・保険外・遠隔リハビリの可能性・法令遵守のコツ・価格設定とマーケティングのコツ・直面する課題【14日間の見逃し配信について】※当日、受講できない方および受講された方の復習動画として後日視聴できる見逃し配信を行います。※セミナー開催の翌日にお申込みをいただいたメールアドレスに見逃し配信のURLとパスワードを送付いたします。※セミナー開催の翌日から14日間視聴可能となっています。講師生野 達也 氏(いくの たつや)・一般社団法人動きのコツ協会 代表理事・理学療法士
詳細を見る
開催日
2021年11月03日
会場

オンライン参加と会場参加が選べます。

≪オンライン参加≫ZOOMライブ配信

≪会場参加≫J:COMホルトホール大分
      (大分県大分市金池南1-5-1 3階大会議室)

内容
第5回 日本ヘルスケアダイバーシティ学会テーマ:次世代医療人のダイバーシティ【内容】◆大会長講演◆「次世代医療人のダイバーシティ」松浦恵子氏(大分大学副学長(ダイバーシティ担当)、第5回日本ヘルスケアダイバーシティ学会大会長)◆特別講演◆「SDGsとヘルスケア」馬奈木俊介氏(九州大学大学院工学研究院主幹教授 都市研究センター長)◆ランチョンセミナー◆「ダイバーシティに対応できるコミュニケーション力」石井富美氏(ヘルスケアビジネス経営人材育成研究所所長)◆シンポジウム◆「次世代につながる医療人のダイバーシティ」 登壇者発表・パネルディスカッション ●座長 松浦恵子氏(大分大学副学長(ダイバーシティ担当)、第5回ヘルスケアダイバーシティ学会大会長) ●登壇者 中田健氏(大分大学医学部附属病院女性医療人キャリア支援センター副センター長)      立山香織氏(大分大学医学部附属病院女性医療人キャリア支援センター副センター長)      佐藤圭祐氏(社会医療法人敬和会大分岡病院看護師)      唐莉氏(社会医療法人敬和会豊寿苑事務)
詳細を見る
開催日
2021年11月04日
会場

【会  場】
PureHappinessセミナールーム
(愛知県尾張旭市平子長中通266ー2)

内容
喀痰吸引等研修の通信講座(オンライン)の開催が決定しました!感染予防対策を講じるため、7日分の講義(座学)をオンラインいて受講できることとなりました。基本研修講義を動画配信によるオンラインにて受講、動画を視聴し、既定のテキストや課題を郵送にて提出いただく通信講座です。平成24年度から喀痰吸引や胃ろうの施行が法整備されました。今まで吸引行為をしてきた方に関しては経過措置が取られて来ましたが、平成27年度までに資格を取得し、喀痰吸引登録事業所としての登録をすることが必要になりました。また、現在介護福祉士の資格保持者も喀痰吸引研修を受ける必要があります。実務者研修後に介護福祉士を取得した方及び平成28年度以降卒業の介護福祉士が喀痰吸引等を施行出来るようになるには、就業している事業所においての喀痰吸引の実地研修が必須となります。既にたん吸引を必要としている利用者様がいる事業所においては、早めに準備をしておくことをお勧め致します。
詳細を見る
開催日
2021年11月04日
会場

本セミナーはオンラインでの開催となります。

内容
人生の最終段階にある人やその家族と関わる事を苦手と感じる人は少なくありません。日に日に食事が少なくなり、やがて寝ついていく人と、どのように関わってよいかわからない援助者が、自信を持って支援にあたれるようになることを目的として、この講座は企画されました。人生の最終段階に共通する自然経過、自宅・介護施設で求められる症状緩和や、意思決定支援の基礎知識を学びます。さらに、援助的コミュニケーションについて、ロールプレイを交えて学んだ上で、エンドオブライフ・ケアの中でも特に難しいとされるスピリチュアルペインに対するケアについて、1対1での対応方法から多職種連携で行う支援方法まで学びます。これらの結果、解決が困難な苦しみを抱えた人に接しても、“援助を言葉にする”ことで、医療・介護の仕事を問わず、一人ひとりが自信を持って人生の最終段階にある人と関われるようになることを目指します。■ 学習要素1.課題背景(2025年問題に備えて)2.人生の最終段階に共通する自然経過3.苦しむ人への援助と5つの課題4.意思決定支援5.自宅・介護施設で求められる症状緩和6.多職種連携で「援助」を言葉にする(マクロ)7.1対1で対応する(ミクロ)"
詳細を見る
開催日
2021年11月04日
会場

「ZOOM」アプリをセミナー当日までに、当日使用するパソコン(カメラ・マイク付き)、タブレット、スマホにダウンロードすることが望ましいです

参加費の入金後が確認できましたらセミナー用URLを送付します

ZOOM入室時にはご自身のフルネームを入力してください

資料の譲渡・録音・録画は禁止です

資料は研修会前日にお申込みを頂きましたメールアドレスにダウンロード先URLを送付いたします

回線状況により音声や動画の不具合の可能性がありますが、ご了承下さい

内容
寝返り動作と起き上がり動作の獲得は利用者の離床に直結することから、リハビリテーションにおいて極めて重要な意味を持つ動作と言えます。また、脳卒中片麻痺患者において寝返り、起き上がり動作が自立できない場合、家族等の介護負担も大きくなります。本セミナーでは臨床で担当する機会の多い脳卒中片麻痺患者の寝返り、起き上がりに焦点を当てた評価と治療についてご解説をいたします。脳卒中片麻痺患者の体幹機能、上肢機能、下肢機能を総合的に考えた寝返り、起き上がり動作の動作分析について学ぶことができます。寝返り動作や起き上がり動作の改善においては脳卒中片麻痺患者の身体的な特徴を踏まえたうえで、寝返り、起き上がり動作を解剖学、運動学的視点から捉え、各患者の機能障害を特定することが重要となります。急性期、回復期、生活期に共通する課題である寝返り、起き上がり動作の評価や治療に悩んでいる方に最適なセミナーとなっています。内容1)寝返り・起き上がりの動作分析2)寝返り・起き上がりの評価3)寝返り・起き上がりの治療【14日間の見逃し配信について】※当日、受講できない方および受講された方の復習動画として後日視聴できる見逃し配信を行います。※セミナー開催の翌日にお申込みをいただいたメールアドレスに見逃し配信のURLとパスワードを送付いたします。※セミナー開催の翌日から14日間視聴可能となっています。講師藤本将志先生六地蔵総合病院理学療法士六地蔵総合病院通所リハビリテーションに勤務し、介護保険リハビリテーション事業の管理業務とリハビリテーション臨床を行っている。解剖学、運動学に基づく動作分析を軸とした評価、治療と自主トレーニング指導を中心に行い生活期の利用者のADL動作の改善に取り組んでいる。
詳細を見る
開催日
2021年11月05日
会場

振興会セミナールーム
(神奈川県横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9F)

内容
精神障害に関する労災では、「医療・福祉(社会保険・社会福祉・介護事業)」から最も多く請求があり、中には自殺に至ってしまうケースもあるようです。本研修では、介護現場での直面するストレスの中で、潰れず、自分をメンタル面で成長していくスキルの一つとして、ストレスに強くなる技術とそのマネジメント方法を学びます。≪カリキュラム≫◆介護現場のメンタルヘルス発生するストレスの背景と障害ストレスの兆候と対応心身症・うつの早期発見と対応◆ストレス対処法エゴグラム(交流分析)自分にあったストレス解消法ストレスコーピング◆人間関係ストレス緩和法リフレーミング※本セミナーは、オンラインでも受講できます。
詳細を見る
開催日
2021年11月05日
会場

オンラインにて開催

内容
精神障害に関する労災では、「医療・福祉(社会保険・社会福祉・介護事業)」から最も多く請求があり、中には自殺に至ってしまうケースもあるようです。本研修では、介護現場での直面するストレスの中で、潰れず、自分をメンタル面で成長していくスキルの一つとして、ストレスに強くなる技術とそのマネジメント方法を学びます。≪カリキュラム≫◆介護現場のメンタルヘルス発生するストレスの背景と障害ストレスの兆候と対応心身症・うつの早期発見と対応◆ストレス対処法エゴグラム(交流分析)自分にあったストレス解消法ストレスコーピング◆人間関係ストレス緩和法リフレーミング※当日の講義は、午前2時間、午後2時間で配信を行います。(例:10時30分〜12時30分 - 1時間休憩 - 13時30分〜15時30分)
詳細を見る
開催日
2021年11月06日
会場

Zoomによるオンライン開催

内容
【サブタイトル】〜対象の理解とケアのポイント〜★Part1 11月6日(土)15時00分-17時00分『子供の食べる機能の発達と重症児者の特徴』【プログラム】【講義】●子どもへ介入時に留意すべきこと●摂食嚥下機能の発達段階・嚥下に関連する解剖的成熟と機能の発達・摂食嚥下機能の獲得段階●重症児者の摂食嚥下の特徴●食べることが困難な子どもへの食事ケアの課題※質疑応答★Part2 11月20日(土)15時00分-17時00分『KTBC小児版解説とKTBC小児版を用いた評価とケア』【プログラム】【講義とワンポイント実技】●食事ケアのための包括的支援ツールKTBC小児版について・KTBC小児版13項目の解説●食べることが困難な子どもの評価における視点●ケアのアプローチ例※食事介助、直接訓練(一部実習)●KTBC小児版を用いた事例紹介※質疑応答【セミナーのポイント】・食事ケアをするための基本的な知識が身に付く・KTBC小児版を用いた重症児者の食事評価を学ぶ・評価に基づいた食事介助時におけるアプローチのポイントがわかる・スプーン介助の基本や直接訓練の方法を実習で学ぶ【講師のご紹介】金志純 先生摂食嚥下障害看護認定看護師(株)東京リハビリテーションサービス社会福祉法人 鶴風会 東京小児療育病院 非常勤NPO法人 口から食べる幸せを守る会 理事【内容】本セミナーでは、食べることが困難な子どもへの安全で楽しい食事介助を行うための、基本的な摂食嚥下のメカニズムと機能の発達について理解を深めます。さらに、病態の特徴を理解した上で、KTBC小児版を用いて、嚥下障害にともなう誤嚥や諸症状を引き起こす誘因、関連性を多角的視点から評価する方法と、豊富な事例からそのアプローチのポイントを一部演習を交えて習得します。
詳細を見る
開催日
2021年11月06日
会場

「Zoom」を使用したオンラインでの開催となります。

インターネットに繋がっているパソコン、スマホ、タブレット (カメラ、マイク付属)で どこからでも受講できます。
1.お申し込みの方には、開演が近づきましたら受講用URLをお送りします。
2.URLからアクセスし、 各自の端末から接続をお願いいたします。

内容
車椅子の点検不良による事故、職員の意識、身体拘束、姿勢不良からの褥瘡問題にまで発展する車椅子関係因子。 このような物理的リスク因子を取り巻くリスクマネジメントを工学技術者の立場から解説、解消します。 当セミナーの講師は、車椅子メーカーの技術者として全国を飛び回り、問題と向き合い、解決してきた工学のスペシャリストです。現在は作業療法士となり、医学の目線からリスク管理を考え、解決策を研究しました。 そのノウハウをたくさんの皆さんと共有し、患者様の明日の安全な生活に生かす方法をお伝えします。【講義のポイント】リスクの把握 ⇒ 技術の習得(整備、点検技術)⇒ 車椅子の管理と継続 ⇒ このすべてがマネジメント○リスクの因子が出せない様では、問題は見つけられず、当然意識も上がらず、解決ができないということになってしまいます。そこで、始めにみなさんとリスクを確認共有し、リスク因子を定義します。この定義から必要な技術、知識を説明し、姿勢管理や姿勢保持、シーティング、フィッティング、褥瘡にまで関係する事を確認しましょう。○定義と技術が習得されれば、そのあとは同じ水準で行えるようにする「管理」と、誰もが再現性ある行動ができるようにする「持続」を考えます。○より具体的な行動レベルにまで落とし込むので、「本当にできるのか」という不安がよぎるかもしれません。そのために全国の病院や施設はどうやっているのか、どのようにリスクマネジメントを行い、問題を解決しているのかを提示します。○リスクという大きなカテゴリーを焦点化し、具体的行動レベルへと導くリスクマネジメントセミナー。全ての利用者の健康と安全、あなたのお仕事へ尽力します。
詳細を見る
開催日
2021年11月06日
会場

「ZOOM」アプリをセミナー当日までに、当日使用するパソコン(カメラ・マイク付き)、タブレット、スマホにダウンロードすることが望ましいです

参加費の入金後が確認できましたらセミナー用URLを送付します

ZOOM入室時にはご自身のフルネームを入力してください

資料の譲渡・録音・録画は禁止です

資料は研修会前日にお申込みを頂きましたメールアドレスにダウンロード先URLを送付いたします

回線状況により音声や動画の不具合の可能性がありますが、ご了承下さい

内容
脳卒中片麻痺患者などの起居移動動作においては体幹機能が重要であると言われて久しいです。しかし、体幹機能について明確に理解しているセラピストは意外に少ないのではないでしょうか?多くのセラピストは腹筋群、脊柱起立筋群などの包括的な表現を行うことが多く、個別筋の作用について理解が乏しい状況です。適切な体幹機能の評価や運動療法を実施するためには、体幹の個別筋に対する正しい理解が必要となります。例えば、座位と立位における左右への体重移動において内腹斜筋は異なった作用を呈します。本セミナーでは【内腹斜筋】に焦点を絞り、その機能について関西医療大学の鈴木俊明先生よりご解説をいただきます。脳卒中片麻痺患者等の座位、立位、歩行動作の改善に大きなヒントが得られるセミナーとなっています。内容1)内腹斜筋の解剖学2)内腹斜筋の機能3)内腹斜筋の評価と運動療法【14日間の見逃し配信について】※当日、受講できない方および受講された方の復習動画として後日視聴できる見逃し配信を行います。※セミナー開催の翌日にお申込みをいただいたメールアドレスに見逃し配信のURLとパスワードを送付いたします。※セミナー開催の翌日から14日間視聴可能となっています。講師鈴木俊明先生理学療法士・博士関西医療大学 保健医療学部 教授関西理学療法学会 会長脳卒中リハビリテーション・体幹機能・筋緊張コントロールにおける第一人者であり、著名な研究者である。神経疾患の理学療法を専門にしており、脳卒中リハビリテーションや脊髄神経機能研究では有数の研究者でもある。現在も臨床活動をされており、研究と臨床の融合を図っている。
詳細を見る
開催日
2021年11月06日
会場

【オンライン&会場&DVD&CD(選択可)】
※オンライン受講(ZOOMウェビナー配信)は、PC、Mac、iPad、iPhone、Androidデバイスからご参加いただけます。お申し込み後に受講方法の詳細をご案内いたします。
※DVD受講・CD受講はセミナー開催後、1週間程度でお手元にお届けします。

※会場受講を希望される場合は、新型コロナウイルス対策として、定員を先着15名(3名掛けテーブルに1名掛け)とさせて頂き、各所飛沫防止シールドを設置いたします。マスクの着用等ご協力をお願いいたします。
【会場】銀座同和ビル2F HMSセミナールーム
(東京都 中央区 銀座 7-2-22) TEL:03(6228)5995

内容
<参加のご案内> 大改革となった2021年介護報酬改定以降、元々二度の報酬引き下げにより厳しい状況であった通所事業は、長引くコロナ感染拡大の影響で、更なる経営悪化や営業休止、倒産、M&Aなどで窮地に追い込まれている事業所も少なくありません。あわせて現場の人材不足も深刻化しています。しかし、こうした危機的状況下においても、利用者を増やし、高い業績を上げ、躍進している事業所も数多くあります。その多くの事業所が通所事業への情熱を燃やし、ブランディングや地域広報活動を実践しています。従って通所事業は、しっかりと運営すればまだまだ収益性も高い(10〜20%)事業であり、これからの発展性も期待できます。そこで、本セミナーでは、通所事業における地域広報活動とマーケティングの手法について学んでいただきます。どうぞ、この機会に通所事業の発展をお考えの皆様のご参加をお待ち申しあげます。<講師>保健・医療・福祉サービス研究会 リハビリテーション事業講師株式会社メディックプランニング 代表取締役三好 貴之 氏保健・医療・福祉サービス研究会 介護事業経営指導講師・コンサルタント天晴れ介護サービス総合教育研究所 代表榊原 宏昌 氏
詳細を見る
開催日
2021年11月06日
会場

【オンライン&会場&DVD&CD(選択可)】
※オンライン受講(ZOOMウェビナー配信)は、PC、Mac、iPad、iPhone、Androidデバイスからご参加いただけます。お申し込み後に受講方法の詳細をご案内いたします。
※DVD受講・CD受講はセミナー開催後、1週間程度でお手元にお届けします。

※会場受講を希望される場合は、新型コロナウイルス対策として、定員を先着15名(3名掛けテーブルに1名掛け)とさせて頂き、各所飛沫防止シールドを設置いたします。マスクの着用等ご協力をお願いいたします。
【会場】銀座同和ビル2F HMSセミナールーム
(東京都 中央区 銀座 7-2-22) TEL:03(6228)5995

内容
<参加のご案内> 本セミナーでは、全国の老健施設で空床が目立つ中に、高業績を築く老健マネジメント(高稼働率、高在宅復帰率、高回転率)や今後の経営戦略、利用者獲得のための広報活動の進め方からその実践ノウハウを、全国の老健施設で経営指導に奔走する田中優至と、介護事業所の豊富なコンサルティング実績を持つ榊原宏昌氏より指導いただきます。老健施設の空床を解消し、業績構築をお考えの経営幹部、現場管理者、支援相談員等のご参加をお待ち申し上げます。<講師>保健・医療・福祉サービス研究会 代表田中 優至 氏保健・医療・福祉サービス研究会 介護事業経営指導講師・コンサルタント天晴れ介護サービス総合教育研究所 代表榊原 宏昌 氏
詳細を見る
開催日
2021年11月06日
会場

「Zoom」を使用したオンラインでの開催となります。

インターネットに繋がっているパソコン、スマホ、タブレット (カメラ、マイク付属)で どこからでも受講できます。
1. お申し込みの方には、開催が近づきましたら受講用URLをお送りします。
2. URLからアクセスし、 各自の端末から接続をお願いいたします。

内容
施設や病院内の限られた環境で、姿勢保持や座位保持を考え、結果を出していく方法論をお伝えします。■世界中のシーティング、座位保持の概念や技術をまとめ、急性期、回復期、維持期でそれぞれに対応した姿勢を考えましょう。回復段階やADLに合わせた姿勢保持を考えることから始まります。■姿勢とは運動であり、日常様々な姿勢をとります。同じ姿勢は一つもありませんし、同じ姿勢をとり続ける事は不可能です。そこで、ひとつのシーティングの概念や技術だけで満足せず、様々な技術を統合して、その障害回復段階やADL(日常生活活動)に合わせたシーティング、フィッティングを行うことが必要となります。<プログラム>-理論編- シーティングやフィッティングに関する理論、原理を身につけます〇世界にある様々なシーティングの技術〇廃用にはこのシーティングを使う〇脳神経系のシーティングはこう考える〇業者シーティング、コンサルティングシーティングの導入時の注意点〇人間工学とシーティング&姿勢保持
詳細を見る
開催日
2021年11月06日
会場

オンライン
(Zoomウェビナーにて実施)

内容
 人々の暮らし、障害のある人の暮らしは殊更、コロナ禍で制約を余儀なくされ、不安の中にいます。だれもが、安心して自分のペースで、尊厳ある人生を送ることのできる生きやすい社会づくりには、何が必要なのでしょう。憲法と障害者権利条約を何度も読み直し、考えていきます。《主なプログラム》●記念講演: 憲法と障害者 −だれもが尊厳をもって生きられる社会のために− 講師:田中優子(法政大学名誉教授・前総長)    神奈川県出身。法政大学文学部日本文学科卒業。    2014年から7年間、法政大学総長。    専門は江戸近代文化・アジア比較文化。    『江戸の想像力』『江戸百夢』『日本問答』『苦海・浄土・日本』    はじめ著書多数。    エッセイスト、コメンテーターとしても活躍。●シンポジウム: 憲法と障害者 −若者たちが未来を語る− 当事者のみなさんによるディスカッションです。(五十音順) ・五十嵐優花(筋痛性脳脊髄炎・難病) ・加藤康士(やどかりの里・精神障害) ・近藤未来子(あかしあ労働福祉センター・知的障害と精神障害) ・平山雄一(ヒューマン福祉会・肢体障害) コメンテーター:藤井克徳(JD代表) コーディネーター:増田一世(JD常任理事)
詳細を見る
開催日
2021年11月08日
会場

オンライン研修(ZOOM)

内容
知的障がい者・精神障がい者の方を支援する事業所の新しい加算要件となる資格です。強度行動障害支援に関する知識及び技術を習得する福岡県指定研修です。(現在は基礎・実践研修連続受講の方を中心に受け付けております。)
詳細を見る
開催日
2021年11月09日
会場

zoomのWebミーティングサービスを使用します。
※受講にはインターネット環境、PC(マイク・カメラ必須)またはスマートフォンが必要です。
本講座は音声マイク・映像カメラを必須とさせていただきます。

内容
好評につき、第二弾開催!6月に開催した体操レク講座を受けた方も受けていない方もご参加いただけます♪コロナ禍でのレクリエーションって、どう工夫して実施したらいい?体操レクって、ラジオ体操のような要素を取り入れたらそれで大丈夫?そんな疑問にお答えいたします!本講座では、利用者のADLの維持・向上を目的とした体操レクリエーションを、実際に体験しながら学べる講座です。毎日できる簡単な体操を、部位ごとの効果と理論を交えてご紹介。 楽しくできる15分プログラムから、お1人でも気軽にお部屋でできる体操プログラムまで、日常生活動作と紐づけて、体操レクリエーションのプログラムの組立て方を学びませんか。 《講座内容/全2講座》【1】13時00分〜14時30分コロナ禍にご利用者のADL(日常生活動作)を低下させないための体操レク Part 2☆簡単な体操や、その理論をご紹介!https://www.japan-ac.jp/article/schedule/855/ 【2】14時45分〜16時15分毎日楽しく! ADL(日常生活動作)の向上につなげる15分プログラムの作り方 Part 2☆前半の講座をふまえて、実際に日常動作に繋がる体操を学びます。https://www.japan-ac.jp/article/schedule/857/ ※講座について詳しくは、各URLをご覧ください。フィットネスインストラクターとして指導歴30年、介護予防運動指導員でもあるベテラン講師が、わかりやすく楽しくお伝えします。講師の声かけや伝え方も、日々のレクのヒントになるかも?!オンライン講座なので、ご自宅でも気軽にご参加いただけます。
詳細を見る
開催日
2021年11月10日
会場

オンラインにて開催

内容
〜尊厳と自己決定の尊重のあるケアを目指して〜障害者総合支援法に定められた事業所の障害者等の「意思決定の支援に配慮すること」の責務を果たすことは、極めて重要であり、どのように支援をするのか今後の関係者の課題でもあります。本研修で、障害者の権利擁護について理解を深め、意思決定支援の定義と意義とともに、専門職として、本人の情報や知識を補い、本人の意思を汲み取る工夫やプロセスを実践事例とともに学びませんか。≪カリキュラム≫◆権利擁護支援とは◆意思決定支援とは◆意思決定支援の法的視点◆権利擁護支援ケースにおける事例意思決定支援プロセスの確認とエンパワメントの実践を学ぶ権利擁護の要素を学ぶ!意思決定支援の過程を学ぶ!支援者と関わる視点を学ぶ!*本セミナーは会場でも同時開催いたします。
詳細を見る
開催日
2021年11月10日
会場

振興会セミナールーム(横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9F)

内容
〜尊厳と自己決定の尊重のあるケアを目指して〜障害者総合支援法に定められた事業所の障害者等の「意思決定の支援に配慮すること」の責務を果たすことは、極めて重要であり、どのように支援をするのか今後の関係者の課題でもあります。本研修で、障害者の権利擁護について理解を深め、意思決定支援の定義と意義とともに、専門職として、本人の情報や知識を補い、本人の意思を汲み取る工夫やプロセスを実践事例とともに学びませんか。≪カリキュラム≫◆権利擁護支援とは◆意思決定支援とは◆意思決定支援の法的視点◆権利擁護支援ケースにおける事例意思決定支援プロセスの確認とエンパワメントの実践を学ぶ権利擁護の要素を学ぶ!意思決定支援の過程を学ぶ!支援者と関わる視点を学ぶ!*本セミナーは、オンラインでも同時開催致します。
詳細を見る
開催日
2021年11月10日
会場

久留米シティプラザ(福岡県久留米市六ツ門町8−1)

内容
 全国のグループホーム関係者・仲間たちが取り組まれているケアについてお互いに学び、また、認知症・グループホームに関係する講演も聞ける貴重な機会となっていますのでぜひともご参加ください。【大会内容および講師・シンポジストについて】・基調講演・特別講演 「歩きたい!歩ける喜び!に、真心を込めた靴を届けて」 十河 孝男 氏 (徳武産業株式会社(あゆみシューズ) 会長)・シンポジウム 「グループホームのあたり前の暮らしとは何?災害・感染症のなかで安心・安全を作る!」 大谷 るみ子 氏(NPO法人福岡県グループホーム協議会理事長) 畑山 浩俊 氏(弁護士法人かなめ代表弁護士 介護特化型弁護士) 窪田 俊哉 氏(久留米市役所 健康福祉部長) 林田 スマ 氏(フリーアナウンサー 福岡県男女共同参画推進センター所長)・教育講演A 「認知症でもよかったい!ばりすいとーよグループホーム 〜安住の場であるために〜」 山口 晴保 氏(認知症介護研究・研修東京センター長)・教育講演B 「コロナ時代の認知症ケア」 朝田 隆 氏(筑波大学名誉教授/メモリークリニックお茶の水 院長)・その他 全国のグループホーム関係者が普段取り組まれている実践や研究についての発表動画があります。自分以外の事業所で取り組まれているケア、実践について、勉強する機会としてみてはいかがですか?
詳細を見る
開催日
2021年11月11日
会場

オンラインにて開催

内容
新型コロナウイルスなどのまん延防止には“感染させないこと” “感染しないこと”が大切です。介護の現場では、密を回避するのは難しく、時間がかかってしまうこともあります。セミナーでは、“低接触”“短時間”を切り口に介護技術を見直し、利用者の力を引き出すポイントを整理して紹介ます。《カリキュラム》☆コロナ禍における介護技術のポイント☆いろいろな場面での介助の仕方 ・移動・移乗介助 ・更衣介助 ・食事介助 ・排泄介助 ・ポジショニング・シーティング☆今後の介護技術について
詳細を見る
開催日
2021年11月11日
会場

オンライン研修(ZOOM)

内容
知的障がい者・精神障がい者の方を支援する事業所の新しい加算要件となる資格です。強度行動障害支援に関する知識及び技術を習得する福岡県指定研修です。(現在は基礎・実践研修連続受講の方を中心に受け付けております。)
詳細を見る
開催日
2021年11月11日
会場

「Zoom」を使用したオンラインでの開催となります。

インターネットに繋がっているパソコン、スマホ、タブレット (カメラ、マイク付属)で どこからでも受講できます。
 1. お申し込みの方には、開催が近づきましたら受講用URLをお送りします。
 2. URLからアクセスし、 各自の端末から接続をお願いいたします。

内容
リハビリ・集団活動・姿勢制御と様々な角度から、介護の現場のお悩みを解説・解決します。「リハビリの必要性は感じているがどうしたらいいか分からない。」「集団で行う活動で何をやったらいいか分からない。」「デイサービスなどで利用者が安楽、安心して過ごせる環境づくりをしたい。」「車椅子上で体が傾いてしまう方の対応方法に悩んでいる。」「ベット上で寝ているときのポジショニング方法が知りたい。」 このような悩みを作業療法士が解説・解決します。基礎編は、高齢者の心理面からリハビリをするにあたって必要な解剖学や運動学などの講義となっております。高齢者の心理が分かることで、障害である認知症のケアに応用することが出来ます。日々の介護の質をもっと良くしたいと思っている方は是非ご参加ください。<基礎編>・高齢者の心理学・高齢者の精神学・介護者がリハビリをするために必要な解剖学、生理学、運動学など基礎的学問の習得・身体機能面のリスクと対応、精神機能面のリスク(認知症対策等)と対応方法・車椅子住環境でのリスクマネジメント
詳細を見る
開催日
2021年11月12日
会場

振興会セミナールーム
(神奈川県横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9F)

内容
●認知症緩和ケアとは、認知症を患ったそのときから、緩和ケア理念である「症状コントロール」「チームワーク」「家族支援」「コミュニケーションと関係」の4本の柱で実施されます。この考え方のもと、周辺症状緩和のツールの一つとして注目されているタクティールの実演を行います。「手による触れ合い」が、安心感や信頼感を与え、苦痛を緩和するケアへ結びつけることができるでしょう。≪カリキュラム≫◇ スウェーデンの社会福祉◇ シルヴィアホーム理念◇ 認知症緩和ケア理念と手法◇ タクティールケア理論◇ タクティールケア実演※タクティールケアとは?ラテン語で「触れる=タッチ」という意味です。手や足あるいは背中などに柔らかく手で触れることで、安心感や心地良さを得ることができます。また、ケアを行う側と受け取る側とのコミュニケーションを促し、認知症の周辺症状の緩和にも有効的であるという画期的なメソッドです。そのためスウェーデンでは、認知症のケアのみならず、がん患者への緩和ケアや重度の障害者に対しても、ひとつの補完的な手法として広く使われています。〜タクティールは、日本スウェーデン福祉研究所の登録商標です〜
詳細を見る
開催日
2021年11月12日
会場

オンラインにて開催

内容
●認知症緩和ケアとは、認知症を患ったそのときから、緩和ケア理念である「症状コントロール」「チームワーク」「家族支援」「コミュニケーションと関係」の4本の柱で実施されます。この考え方のもと、周辺症状緩和のツールの一つとして注目されているタクティールの実演を行います。「手による触れ合い」が、安心感や信頼感を与え、苦痛を緩和するケアへ結びつけることができるでしょう。≪カリキュラム≫◇ スウェーデンの社会福祉◇ シルヴィアホーム理念◇ 認知症緩和ケア理念と手法◇ タクティールケア理論◇ タクティールケア実演※タクティールケアとは?ラテン語で「触れる=タッチ」という意味です。手や足あるいは背中などに柔らかく手で触れることで、安心感や心地良さを得ることができます。また、ケアを行う側と受け取る側とのコミュニケーションを促し、認知症の周辺症状の緩和にも有効的であるという画期的なメソッドです。そのためスウェーデンでは、認知症のケアのみならず、がん患者への緩和ケアや重度の障害者に対しても、ひとつの補完的な手法として広く使われています。〜タクティールは、日本スウェーデン福祉研究所の登録商標です〜
詳細を見る
開催日
2021年11月12日
会場

広島県福山市春日町浦上1205
総合介護施設ありがとう

内容
総合介護施設ありがとうの取り組みを実際に見て、聞けて、施設に持ち帰れる2日間です!看取り、難病受け入れ可能のサ高住、地域共生社会、地域包括ケアに対応すべく時代を先取りした『共生ホーム』などご紹介します。【見学施設】看護小規模多機能型居宅介護いいねいいねサテライト共生ホームサ高住3棟(リハビリハウス、グラシアス、アネックス)リハビリショート他【セミナー】・ありがとうの概要・看護小規模多機能型居宅介護と小規模多機能型居宅介護について・看護小規模多機能型居宅介護と小規模多機能型居宅介護のケア・共生ホームについて・サービス付き高齢者向け住宅について・サービス付き高齢者向け住宅の入居へのケア・リハビリショートについて・企業主導型保育所について・これからの介護杜介護事業所
詳細を見る
開催日
2021年11月12日
会場

【オンライン&会場&DVD&CD(選択可)】
※オンライン受講(ZOOMウェビナー配信)は、PC、Mac、iPad、iPhone、Androidデバイスからご参加いただけます。お申し込み後に受講方法の詳細をご案内いたします。
※DVD受講・CD受講はセミナー開催後、1週間程度でお手元にお届けします。

※会場受講を希望される場合は、新型コロナウイルス対策として、定員を先着15名(3名掛けテーブルに1名掛け)とさせて頂き、各所飛沫防止シールドを設置いたします。マスクの着用等ご協力をお願いいたします。
【会場】銀座同和ビル2F HMSセミナールーム
(東京都 中央区 銀座 7-2-22) TEL:03(6228)5995

内容
<参加のご案内> 高齢者施設の評価は、何といっても介護保険の理念である高齢者の尊厳と自立支援の促進、そして全職員で提供される統一した誠実なケアの実践です。しかし、法人や介護保険の理念を掲げるだけや唱和するだけに留まり、その実践ができてない高齢者施設が数多くあります。その原因の多くが理念の実践手段が整備されていなかったり、十分な教育がなされていないことです。介護人材不足の中、望ましい高齢者ケアができていないことは、人材確保や定着にも不利になることはいうまでもありません。 そこで本講座は、利用者・家族に感動を与える尊厳を保障した誠実なケアの実践ノウハウを、「高齢者ケアの3つの基本」「5モットー」の講義と演習を通して体験的に学んでいただきます。今までの理念研修や接遇研修とは全く違った、即実践に生かす講座です。どうぞ、誠実な高齢者ケアの実践を施設のブランドにしたい経営幹部、管理者、リーダーの皆様のご参加をお待ち申し上げます。<講師>保健・医療・福祉サービス研究会 代表田中 優至保健・医療・福祉サービス研究会 教育事業部 高齢者福祉主任研究員 (社会福祉士・介護支援専門員)小池 環
詳細を見る
開催日
2021年11月13日
会場

本セミナーはオンラインでの開催となります。

内容
人生の最終段階にある人やその家族と関わる事を苦手と感じる人は少なくありません。日に日に食事が少なくなり、やがて寝ついていく人と、どのように関わってよいかわからない援助者が、自信を持って支援にあたれるようになることを目的として、この講座は企画されました。人生の最終段階に共通する自然経過、自宅・介護施設で求められる症状緩和や、意思決定支援の基礎知識を学びます。さらに、援助的コミュニケーションについて、ロールプレイを交えて学んだ上で、エンドオブライフ・ケアの中でも特に難しいとされるスピリチュアルペインに対するケアについて、1対1での対応方法から多職種連携で行う支援方法まで学びます。これらの結果、解決が困難な苦しみを抱えた人に接しても、“援助を言葉にする”ことで、医療・介護の仕事を問わず、一人ひとりが自信を持って人生の最終段階にある人と関われるようになることを目指します。■ 学習要素1.課題背景(2025年問題に備えて)2.人生の最終段階に共通する自然経過3.苦しむ人への援助と5つの課題4.意思決定支援5.自宅・介護施設で求められる症状緩和6.多職種連携で「援助」を言葉にする(マクロ)7.1対1で対応する(ミクロ)
詳細を見る
開催日
2021年11月13日
会場

「ZOOM」アプリをセミナー当日までに、当日使用するパソコン(カメラ・マイク付き)、タブレット、スマホにダウンロードすることが望ましいです

参加費の入金後が確認できましたらセミナー用URLを送付します

ZOOM入室時にはご自身のフルネームを入力してください

資料の譲渡・録音・録画は禁止です

資料は研修会前日にお申込みを頂きましたメールアドレスにダウンロード先URLを送付いたします

回線状況により音声や動画の不具合の可能性がありますが、ご了承下さい

内容
高齢者やスポーツ選手だけでなく、中年の方にも多い足部障害。その中でも、偏平足・ハイアーチ・外反母趾・内反小趾は出会うことが多い足部障害です。これらの足部障害は直接的に足部に疼痛を生じさせることや下肢アライメント変化を誘発し、間接的に膝関節や股関節の疼痛を生じさせます。偏平足・ハイアーチ・外反母趾・内反小趾に対してはテーピングやインソールなどで対応することが多いと思いますが、本来は足部の機能を十分に発揮することができればこれらの足部障害は予防・改善することができます。足部障害による足の変形を予防するためには、足部の解剖学・運動学に基づく徒手療法や筋力トレーニングの指導が重要です。臨床現場ではなんとなくタオルギャザーをしている足部内在筋のマッサージをしている足部のモビライゼーションをしているなどを見受けられます。本セミナーでは足部・足関節の専門家である山口剛司先生より、偏平足・ハイアーチ・外反母趾・内反小趾に対する評価と治療について実例を交えてご解説をいただきます。高齢者・中年者・スポーツ選手のすべてに応用できる足部への評価と治療技術を学べるセミナーとなっています。内容1)足部の基本機能2)足部変形の病態3)足部変形の評価と治療(事例)【14日間の見逃し配信について】※当日、受講できない方および受講された方の復習動画として後日視聴できる見逃し配信を行います。※セミナー開催の翌日にお申込みをいただいたメールアドレスに見逃し配信のURLとパスワードを送付いたします。※セミナー開催の翌日から14日間視聴可能となっています。講師山口剛司先生理学療法士アルトリスト代表フットケアコンサルタントmysoleグランドマイスター
詳細を見る
開催日
2021年11月13日
会場

Zoomによるオンライン開催

内容
【サブタイトル】〜摂食嚥下障害の基本から学ぶ、  呼吸の安定・嚥下力向上、発声の改善、認知期のポイントまで〜【セミナーのポイント】・摂食・嚥下の観察とアプローチのポイントを学ぶ。・「肺活量」の増加と「頸部後屈状態」「褥瘡」「自律神経症状」の改善を誰でもできる腹臥位の応用法を習得する。・バランスボールの活用した股関節の可動域やSPO2の改善・各認知症のタイプ(初期〜終末期)と摂食嚥下障害(食べることの)の関係を知る。・食べる機能の維持と口腔ケア,口腔リハビリを学ぶ。【講師のご紹介】松下 秀明 先生言語聴覚士急性期の病院から施設まで、数々の臨床現場で摂食嚥下障害者への「口から食べられる」ための口腔リハビリテーションを早くから実践され、さらに、地域に即した理想的医療を実現するために、湘南リハビリテーション研究所で活躍。早くから地域で『認知症の症状進行と摂食嚥下の関係』から食べることの支援を実践され、現在は、SOMPOケアネクスト株式会社顧問を務めるかたわら、関東地区中心に約15施設以上の医療・介護施設で、看護師・歯科従事者・そして多くのセラピストとの連携し、最期まで口から食べられるための口腔リハビリテーションを推進。【内容】本セミナーは、摂食嚥下障害者へ『安全に・美味しく・安楽に』口から食べられることを目的に、『呼吸の安定』『嚥下力の向上』、そして、『関節可動域の改善』を、誰でもできる腹臥位の応用とバランスボールを活用してのアプローチ法と『口腔リハビリ』のポイントを講義とデモを交えながらわかりやすく身につけていきます。また、施設・在宅で多くみられる認知症患者さんの症状進行(初期、中期、末期、終末期)を摂食嚥下障害の基本からアプローチのポイントを学びます。
詳細を見る
開催日
2021年11月14日
会場

ふまねっと研修センター(北海道札幌市白石区栄通19丁目2−7)

内容
「ふまねっと運動」は、北澤一利(認定NPO法人ふまねっと 理事長、元北海道教育大学釧路校 教授)が開発した二重課題運動プログラムです。横3マス、縦8マスの大きなネットを、様々な順序で踏まないように注意して歩くことで、重心の移動調節機能の改善や、利用者の注意・集中・判断・記憶の改善を図ります。【講習の目的・内容】・インストラクター3級養成講習は、要介護認定を受けた方や患者を対象(※)に、歩行機能・認知機能の改善を目的としたふまねっと指導を行う為に、必要な技術や知識を習得する為の講習です。・本講習では、ふまねっと運動の理論や効果・実技・指導方法だけでなく、利用者が患者の意欲を引き出す声かけの方法を学ぶことが出来ます。・講習最後に認定試験があります。・本講習最後の認定試験に合格し、認定NPO法人ふまねとの正会員に入会することでふまねっと運動を指導する権利が得られます。(入会金無料・翌年度分より年会費3,000円)〜受講後すぐ使える8週間分の指導セリフを含むステッププログラム付!〜〇プログラムふまねっと運動の特徴ふまねっと運動の効果と理論(多重課題理論・認知機能改善理論・歩行改善理論)ふまねっと運動体験ふまねっと運動の対象別指導法指導実技グループワーク
詳細を見る
開催日
2021年11月14日
会場

八王子市芸術文化会館いちょうホール
(東京都八王子市本町24-1)
中央本線八王子駅より徒歩15分

内容
姿勢と人間工学の関係性が分かった→ 回復段階、ADLに合わせたシーティング・フィッティングの概念も分かった!→次は形にしよう!身近な物を利用してクッションを作るインテリアの椅子と車椅子、除圧特性は同じではありません。そんな新事実から分かる、新しい座位の考え方。ここから臨床シーティングが発展しました。姿勢とは運動であり、日常様々な姿勢をとります。そこで、ひとつのシーティングの概念や技術だけでなく、世界中のシーティング、座位保持の概念や技術をまとめ、その障害回復段階やADL(日常生活活動)に合わせたシーティング、フィッティングを行う技術が必要となります。その理論を通して、身近なものを利用したシーティングが出来るようになります。実技では、自分自身の身体の力を抜く感覚を体感でき、その身体の力を抜く(コントロール)感覚がそのままシーティングの理解に繋がっていきます。【プログラム】-理論編- ■世界にある様々なシーティングの技術■廃用にはこのシーティングを使う■脳神経系のシーティングはこう考える■業者シーティング、コンサルティングシーティングの導入時の注意点■人間工学とシーティングそして姿勢保持-実技編-身近にあるものを解剖学、運動学、物理学を基にして、座れる道具に変えて実際に使う■作り方の概要説明■実技1 エアフォースクッションの作り方■実技2 ゲルフォースクッションの作り方■実技3 エラスティックフォース(イーフォース)クッションの作り方
詳細を見る
開催日
2021年11月14日
会場

※オンライン受講(ZOOMウェビナー配信)は、PC、Mac、iPad、iPhone、Androidデバイスからご参加いただけます。お申し込み後に受講方法の詳細をご案内いたします。
※DVD受講・CD受講はセミナー開催後、1週間程度でお手元にお届けします。

※会場受講を希望される場合は、新型コロナウイルス対策として、定員を先着15名(3名掛けテーブルに1名掛け)とさせて頂き、各所飛沫防止シールドを設置いたします。マスクの着用等ご協力をお願いいたします。
【会場】銀座同和ビル2F HMSセミナールーム
(東京都 中央区 銀座 7-2-22) TEL:03(6228)5995

内容
<参加のご案内> 今日、全世界を襲った新型コロナウイルス拡大に伴い我が国においても未だ感染が拡大し、非常事態宣言解除後も第4波襲来との報道も増しております。そのような中、国は従前通り地域包括ケアの実現施策として、「在宅限界を高め」、高齢患者の在宅での暮らしを続けられるよう、在宅医療・介護の拡充整備と効果的な連携をめざしています。そこで、本セミナーは、将来、開業医師の高齢化に伴う在宅医療提供量の縮小を踏まえ、診療所をはじめ、民間中小病院における在宅医療部の設置と、その事業展開の具体策を学んでいただくことを目的に企画しました。講師には、我が国の在宅医療の草分けとして、在宅医療事業で様々な業績を築いてこられ、近年、医療法人社団永生会をはじめ、診療所・民間中小病院での在宅医療部の設置拡充で大きな成果を築いておられる医療法人社団永生会 理事長補佐・在宅統括部長の中村哲生氏を招き、その運営ノウハウと具体策を指導いただきます。どうぞ、在宅医療を新たな武器として地域展開をお考えの診療所・中小病院のトップ並びに経営幹部の皆様方多数のご参加をお待ち申し上げます。<講師>保健・医療・福祉サービス研究会 在宅医療事業部講師医療法人社団永生会 理事長補佐・在宅統括部長中村 哲生 氏
詳細を見る
開催日
2021年11月16日
会場

オンライン研修(ZOOM)

内容
介護保険の公的資格として注目されています☆本講習受講により「福祉用具専門相談員」の資格取得ができます。☆介護保険事業所の就職に有利な資格です。
詳細を見る
開催日
2021年11月16日
会場

オンライン(東京都中央区八丁堀三丁目20番5号 S-GATE八丁堀9階)

内容
超々高齢社会と多死社会を背景に介護現場は、質・量ともに危機的な状況にあります。多様化する高齢者ケアのニーズに対して、介護人材は慢性的に不足し、多忙さゆえに高齢者本位のサービスがおざなりにされています。一方で地域包括ケアシステムの構築に向け、予防や地域再生への取り組みが重視されていますが、日々の業務に流され、中・長期視点に立ったケアが実践できていません。介護福祉事業にまつわる課題は日々、山積しています。そんな事業者のさまざまな課題の解決法を、現場で活躍する介護福祉経営士たちが見つけ出すために結集します!2025年を乗り越える秘策を徹底討論する全国会議の開催です!!
詳細を見る
開催日
2021年11月16日
会場

「ZOOM」アプリをセミナー当日までに、当日使用するパソコン(カメラ・マイク付き)、タブレット、スマホにダウンロードすることが望ましいです

参加費の入金後が確認できましたらセミナー用URLを送付します

ZOOM入室時にはご自身のフルネームを入力してください

資料の譲渡・録音・録画は禁止です

資料は研修会前日にお申込みを頂きましたメールアドレスにダウンロード先URLを送付いたします

回線状況により音声や動画の不具合の可能性がありますが、ご了承下さい

内容
嚥下リハビリにおける多職種連携は重要であることが叫ばれて久しいですが、多くの現場ではその連携がうまくいっていないのが実情です。近年の診療報酬改定では摂食嚥下支援加算、介護報酬改定では栄養改善加算、口腔機能向上加算など多職種協働による嚥下リハビリを推進されています。しかしながら、「嚥下リハビリは言語聴覚士、看護師が実践するものである」との認識が広がっており、多くの職種が嚥下リハビリに関わることすらできていない状況も散見します。本セミナーでは、なぜ、嚥下リハビリにおいて多職種連携が必要であるか?各職種はどのような役割を実践するべきか?ICFを嚥下リハビリに活用することの重要性等について学ぶことを目的としています。講師は理学療法士として嚥下リハビリを多職種協働で実践している西川正一郎先生です。嚥下リハビリの多職種連携に悩む方多職種連携に悩んでいる言語聴覚士や看護師の方嚥下リハビリについて学びたい方に最適な内容のセミナーとなっています。内容1)嚥下障害における連携の課題2)ICFの視点から考える嚥下リハビリ3)急性期・回復期・生活期における多職種連携の在り方【14日間の見逃し配信について】※当日、受講できない方および受講された方の復習動画として後日視聴できる見逃し配信を行います。※セミナー開催の翌日にお申込みをいただいたメールアドレスに見逃し配信のURLを送付いたします。※セミナー開催の翌日から14日間視聴可能となっています。講 師西川 正一郎葛城病院リハビリテーション部 理学療法課 課長資 格専門理学療法士(生活環境支援)住環境コーディネーター2級医療安全推進指導者活 動所属:日本医療マネジメント学会日本摂食嚥下リハビリテーション学会日本予防理学療法学会(理事)
詳細を見る
開催日
2021年11月17日
会場

ウィリング横浜
(神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内)

内容
明日からの実践で少しでもご利用者の状態が良くなるように、一緒に拘縮・褥瘡対策を学びませんか?今回の研修では、拘縮や褥瘡対策のためのポイントについて、拘縮と褥瘡の特徴や発生要因を理解し、幅広い視点での対策方法と拘縮・褥瘡を防ぐ適切なポジショニングを実技を交えて学びます。≪カリキュラム≫・拘縮と褥瘡の発生要因とケア・拘縮と褥瘡の評価と予防・拘縮と褥瘡を防ぐ、 ベッド上と座位のポジショニング・拘縮と褥瘡予防に関わる 介助法の実践実技を中心に学びます。動きやすい服装でご参加ください
詳細を見る
開催日
2021年11月17日
会場

Zoomでのオンライン開催です。

内容
自閉症スペクトラム・発達障がい児者の支援者のための療育講座2021「歩行トレーニング」 全3回シリーズ集団行動や適応行動の第一歩として効果的な歩行トレーニング。歩行のコツや指導のコツを事例VTRをもとに徹底解説!!明日の現場ですぐに役立つ対応法をお伝えします!3回シリーズ第2回 発達につながる歩行〜いい歩き方・悪い歩き方を個別ケースで解説します〜
詳細を見る
開催日
2021年11月18日
会場

振興会セミナールーム(横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9F)

内容
顧客満足という観点に立った時、利用者の方の話を中断したり、要望を断わったりする時、言いにくいことを、どのように伝えればよいか戸惑うものです。本研修では、自分の立場や考えをきちんと伝えるにあたって、丁寧に失礼のない表現で、思いやりを伝えるコミュニケーションの実践方法を学びます。≪カリキュラム≫● 顧客満足に必要な要素● 人とのかかわり方の基本  ストロークとは?  ストロークの法則と実践● アンガーマネジメント  6種類のタイプ診断  感情のコントロール法● コミュニケーションのコツ アサーティブとは 自分も相手も大切に・・ 思いやりのある声掛けとは● 顧客満足とアサーティブの両立を 求められる状況での表現演習忙しい現場の中、すべて対応するのは難しい…ちょっとした声掛けの工夫や自己表現の仕方を学び、お互いに気持ちよく、快い関係作りを目指しませんか?
詳細を見る
開催日
2021年11月18日
会場

振興会セミナールーム(横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9F)

内容
顧客満足という観点に立った時、利用者の方の話を中断したり、要望を断わったりする時、言いにくいことを、どのように伝えればよいか戸惑うものです。本研修では、自分の立場や考えをきちんと伝えるにあたって、丁寧に失礼のない表現で、思いやりを伝えるコミュニケーションの実践方法を学びます。≪カリキュラム≫☆ 顧客満足に必要な要素☆人とのかかわり方の基本  ストロークとは?  ストロークの法則と実践☆アンガーマネジメント  6種類のタイプ診断  感情のコントロール法☆コミュニケーションのコツ  アサーティブとは  自分も相手も大切に・・  思いやりのある声掛けとは☆顧客満足とアサーティブの両立を  求められる状況での表現演習忙しい現場の中、すべて対応するのは難しい…ちょっとした声掛けの工夫や自己表現の仕方を学び、お互いに気持ちよく、快い関係作りを目指しませんか?
詳細を見る
開催日
2021年11月18日
会場

BCC株式会社会議室(東京都千代田区外神田6-15-9明治安田生命末広町ビル9F)
※状況により会場を変更させていただく場合がございます

内容
介護施設で音楽レクリエーションを実施するには、高齢者が動きやすいテンポや音程、リズムなど音楽の基本的な知識を知っておく事が大切です。ポイントを押さえておくと、レクをスムーズに展開できます。カラオケでただ歌うだけではない、「音楽」を活用して脳活や口腔体操レクをレベルUP!介護施設で使用するための高齢者が歌いやすい音程や動きやすいテンポなど「音楽」に関する知識を基礎から展開方法、プログラムの作り方までを学ぶことができます。講師紹介一般社団法人日本アクティブコミュニティ協会 認定講師 柴田 智恵子認知症予防脳トレ音楽体操指導員でもあり、長年の音楽活動の経験を活かしたフリーのレク専任。レク参加者を虜にする音楽レクでリピート施設も続出中。《講座内容》【1】13時00分〜14時30分音楽レクリエーションの基本的な知識【2】14時45分〜16時15分様々な状態の参加者が楽しめる60分プログラムの作り方※講座について詳しくは、下記URLをご覧ください。https://www.japan-ac.jp/article/schedule/903/
詳細を見る
開催日
2021年11月18日
会場

オンライン開催です。

内容
■□■ 第3回地域共生社会推進全国サミットin かまくら ■□■『いざ、共生・共創  〜安心して自分らしく暮らせるまちをともにつくる〜』すべての人が、住み慣れた地域で、自分らしく生活できる「地域共生社会」を考えるイベントです。みなさんは、地域のなかで「安心して自分らしく」暮らせていますか?「デジタルテクノロジーは、暮らしのなかにどんな可能性を秘めているのか」「地域で災害に備えるには」など、まちの「これから」を考えます。【プログラム】<11月18日(木) 10:30〜16:00> ◆ 開会式 ◆ 基調講演   『安心安全なデジタル社会の創成』 ◆ パネルディスカッション(メインテーマ)   『安心して自分らしく暮らせるまちをつくるために』 ◆ 鎌倉の取組紹介 ◆ パネルディスカッション(サブテーマ1)   『多様な社会参加で、安心して自分らしく暮らせるまちをつくる』<11月19日(金) 9:30〜14:30> ◆ パネルディスカッション(サブテーマ2)   『SOSの声とつながり、社会的孤立を防ぐには』 ◆ パネルディスカッション(サブテーマ3)   『災害時に誰一人取り残さないために     〜福祉、防災、コミュニティの連結〜』 ◆ 引継式 ◆ 特別講演   『選択肢を増やそう』※登壇者等、詳しくは、以下ホームページをご覧ください。 http://chikyo-summit-kamakura.jp/ 
詳細を見る
開催日
2021年11月18日
会場

BCC株式会社会議室(大阪府大阪市西区京町堀1-8-5明星ビル12F)

内容
日頃の活動量の低下や消化吸収力の低下など、様々な理由で高齢者の食事の意欲が減りがち……。でも、食事内容の選択は役職者が行うので、食事介助が大変!そんな経験はありませんか?そんな時は昼食やおやつ時間の前にひと工夫☆本講座では、高齢者の食欲を促すレクリエーションを実践形式で学ぶことができます。また、日本料理家でありながら、レクリエーション介護士2級を取得し料理レシピサイトの高齢者向けレシピを考案する活動を行っている田村先生が、食事を楽しく食べていただくための知識やレシピの工夫をお伝えします。《講座内容/全3講座》【1】10時00分〜11時30分 善家講師(実践)参加者の食欲が湧く!?レクネタと活動中の声かけhttps://www.japan-ac.jp/article/schedule/951/ 【2】13時00分〜14時30分 田村講師日々の声かけに役立つ!高齢者の食事が楽しくなる日本食の知識【3】14時45分〜16時15分 田村講師高齢者に喜ばれる食事とおやつレシピの工夫https://www.japan-ac.jp/article/schedule/954/ ※講座について詳しくは、各URLをご覧ください。【講師紹介】一般社団法人日本アクティブコミュニティ協会 名誉理事 善家 佳子ダンス・体操の指導歴が35年、高齢者・障害者・中高年に優しい体操を教え活動する。独自で、開発した「うふふ♪ビクス〜楽しい介護予防〜」を幅広い年齢層の方々へ提供。平成17年大阪府知事表彰、平成20年文部科学大臣より体育功労者表彰を受ける。日本料理教室講師 田村 佳子調理師専門学校の日本料理で勤務し、日本料理の技術と知識を習得した後、独立。2008年和憩カルチャースペースを開設し、得意の魚メインにした日本料理教室を開講している。朝日放送「おはよう朝日です」出演、市場や企業とのタイアップレッスン、行政施設などでの教室開講など活動中。
詳細を見る
開催日
2021年11月20日
会場

【オンライン&会場&DVD&CD(選択可)】
※オンライン受講(ZOOMウェビナー配信)は、PC、Mac、iPad、iPhone、Androidデバイスからご参加いただけます。お申し込み後に受講方法の詳細をご案内いたします。
※DVD受講・CD受講はセミナー開催後、1週間程度でお手元にお届けします。

※会場受講を希望される場合は、新型コロナウイルス対策として、定員を先着15名(3名掛けテーブルに1名掛け)とさせて頂き、各所飛沫防止シールドを設置いたします。マスクの着用等ご協力をお願いいたします。
【会場】銀座同和ビル2F HMSセミナールーム
(東京都 中央区 銀座 7-2-22) TEL:03(6228)5995

内容
<参加のご案内> 本セミナーでは、登録を29名満員にするために何をすべきか、満員にできなかった法人には、今まで何が足りなかったのか、明日から行うべき取り組みを、順を追って分かりやすく解説します。小規模多機能を満員にするためには、法人の風土、カルチャーを変えなければなりません。「勝者のメンタリティ」を持つ必要があること、さらには小多機や看多機が、特養、老健、グループホームと何が違うのか、その特徴を理解すること。これらを理解した上で、運営の要となる管理者やケアマネは「訪問」や「通い」、「泊まり」サービスや職員をどうマネジメントするのかを解説します。 今回の企画は、常に100%で小規模多機能をまわしてきた事業責任者とその下で事業を100%稼働にしてきた管理者がそのノウハウを公開し、事例を含めてご紹介します。多くの皆さんのご参加をお待ちしております。<講師>保健・医療・福祉サービス研究会 医療介護事業経営指導講師ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社 代表取締役社長 本間 秀司 氏ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社福祉・介護・医療経営戦略コンサルタント谷田川 賢一 氏ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社福祉・介護・医療経営戦略コンサルタント工藤 健一 氏
詳細を見る
開催日
2021年11月20日
会場

「Zoom」を使用したオンラインでの開催となります。

インターネットに繋がっているパソコン、スマホ、タブレット (カメラ、マイク付属)で どこからでも受講できます。
 1.お申し込みの方には、開演前に視聴リンク(URL)をお知らせいたします。
 2.URLからアクセスし、 各自の端末から接続をお願いいたします。

内容
素材と構造を知り、回復段階やADLに合わせたシーティングを行ない、クッションの作り方を学ぶシートクッションのカバーを外した事はありますか?中には何層にもなった様々な構造体が目に入ります。「最も徐圧効果があるのは、AのウレタンとBのウレタンを組み合わせだった。」「骨盤の固定や体感保持に必要な形状は!」「姿勢のこのポイントに補助支持物を入れるともっと座位が安定する」等、カスタマイズやオーダーメイドの目線を入れると、様々に座位保持のイメージが変わり、介入プログラムの輪が広がっていきます。普段何気なく使っているクッションの構造を知り、シーティング・フィッティングの理論構築を考えていきましょう。人の姿勢は運動の連続です。生活シーンに合わせて姿勢を変化させています。回復段階もそのひとつです。急性期、回復期、維持期で訓練効果により収縮筋が変わったり、廃用が進むと拘縮のある関節も出てきます。このようなひとつではない身体状況に対応する、世界中のシーティング・フィッティングを用いた技術を身につけましょう。<プログラム>シーティングやフィッティングシートのつくり方を学習し、姿勢や座位保持のイメージをつくる■世界中にあるシーティングへの考え方(ドイツ、アメリカ、フランス、スウェーデン、日本)を知ろう。姿勢保持を行なっているのは日本だけではない。■自分自身の骨盤と体幹の重心の位置を探し、確認する。そこが座位保持のポイント。■姿勢のイメージをつくろう。イメージから図面が生まれる。■クッションをつくるための身体採型(採寸)。評価のポイント、測定のポイントと記入方法■座面・背面のクッションのつくり方、図面の見方
詳細を見る
開催日
2021年11月20日
会場

「Zoom」を使用したオンラインでの開催となります。

インターネットに繋がっているパソコン、スマホ、タブレット (カメラ、マイク付属)で どこからでも受講できます。
1.お申し込みの方には、開講前に視聴リンク(URL)をお知らせいたします。
2.URLからアクセスし、 各自の端末から接続をお願いいたします。

内容
『姿勢保持は筋力低下やバランス不良だけではありません。身体機能だけでなく認知機能や知覚機能も大切な構成要素です。』ポジショニング To シーティング とは...座位という姿勢からアプローチするのではなく、「臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく」というアプローチです。 言い換えれば、高価な車椅子やシーティングシステムのようなモノに頼るのではく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、健康に対して前向きで全く新しいシーティング技術です。慢性期で全介助の生活を数年間続けてきて、全身の筋緊張が高く、拘縮していると判断されていた症例で、関節拘縮や円背、側湾、失調症状、バランス不良、筋力低下、廃用症候群、褥瘡がある方や二次障害を重複している場合、周囲からのケアやアプローチは難渋し、シーティング技術だけでは座れない人はたくさんいらっしゃることでしょう。しかし、臥位から筋緊張制御を行い姿勢全体を変えてしまえば、普通型車椅子でも十分座れるようになります。これがポジショニングからシーティングを行う原理です。身体にかかる圧が骨を作り、循環が発生し、呼吸を行ないます。重力があるからこそ、我々は生活が出来ているはずです。しかし、障害を呈した方はこの状況が大きな負担となります。今までの重力の使い方が全く通用しなくなるからです。これでは真っ直ぐに座る、立ち上がる、歩く等の運動はとても難しく、生活をしていくために、再び身体の動かし方を学び直さなくてはなりません。それを座位からではなく、臥位から行なうのがポジショニング To シーティングであり、その理論が数mmHgでポジショニングを行なう微小反作用環境のアプローチです。
詳細を見る
開催日
2021年11月20日
会場

【オンライン&会場&DVD&CD(選択可)】
※オンライン受講(ZOOMウェビナー配信)は、PC、Mac、iPad、iPhone、Androidデバイスからご参加いただけます。お申し込み後に受講方法の詳細をご案内いたします。
※DVD受講・CD受講はセミナー開催後、1週間程度でお手元にお届けします。

※会場受講を希望される場合は、新型コロナウイルス対策として、定員を先着15名(3名掛けテーブルに1名掛け)とさせて頂き、各所飛沫防止シールドを設置いたします。マスクの着用等ご協力をお願いいたします。
【会場】銀座同和ビル2F HMSセミナールーム
(東京都 中央区 銀座 7-2-22) TEL:03(6228)5995

内容
<参加のご案内> 本セミナーでは、登録を29名満員にするために何をすべきか、満員にできなかった法人には、今まで何が足りなかったのか、明日から行うべき取り組みを、順を追って分かりやすく解説します。小規模多機能を満員にするためには、法人の風土、カルチャーを変えなければなりません。「勝者のメンタリティ」を持つ必要があること、さらには小多機や看多機が、特養、老健、グループホームと何が違うのか、その特徴を理解すること。これらを理解した上で、運営の要となる管理者やケアマネは「訪問」や「通い」、「泊まり」サービスや職員をどうマネジメントするのかを解説します。 今回の企画は、常に100%で小規模多機能をまわしてきた事業責任者とその下で事業を100%稼働にしてきた管理者がそのノウハウを公開し、事例を含めてご紹介します。多くの皆さんのご参加をお待ちしております。 <講師>保健・医療・福祉サービス研究会 医療介護事業経営指導講師ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社 代表取締役社長 本間 秀司 氏ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社福祉・介護・医療経営戦略コンサルタント谷田川 賢一 氏ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社福祉・介護・医療経営戦略コンサルタント工藤 健一 氏
詳細を見る
開催日
2021年11月21日
会場

オンライン(Zoomミーティング)

内容
本委員会では、昨年度「コロナ禍におけるソーシャルワーク実践に関する基礎的研究」に取り組み、とりまとめを行いました。現在も新型コロナウイルス感染症の影響は続いており、潜在的な課題は顕在化していますが、コロナ禍においては、必要なつながりを持つことや保つことなどが難しい状況が続いています。 そこで、今回は、ナラティヴ・ソーシャルワークを糸口として今後のソーシャルワーク実践を展望していくため、「つながり続けるためのナラティヴ・ソーシャルワーク」をテーマに全国実践研究集会をオンライン(ZOOM)で開催いたします。
詳細を見る
開催日
2021年11月21日
会場

「ZOOM」アプリをセミナー当日までに、当日使用するパソコン(カメラ・マイク付き)、タブレット、スマホにダウンロードすることが望ましいです

参加費の入金後が確認できましたらセミナー用URLを送付します

ZOOM入室時にはご自身のフルネームを入力してください

資料の譲渡・録音・録画は禁止です

資料は研修会前日にお申込みを頂きましたメールアドレスにダウンロード先ULRを送付いたします

回線状況により音声や動画の不具合の可能性がありますが、ご了承下さい

内容
セラピストにとって、関節可動域制限の改善は最も多く治療対象となる症状の一つです。しかし、単純に「関節可動域練習」をしているだけではうまく改善が得られないケースもあるのではないでしょうか。また、さまざまある治療方法の中で、何を選ぶべきか悩まれることもあるのではないでしょうか。今回のセミナーでは、1. 大まかな治療方針をどのように考え決定していくか(本当に可動域練習をするべきか)2. 制限因子をどのように同定していくか3. 上肢操作の時のハンドリング4. 治療方法の選択をどのように考えるかについて、解説いたします。ハンドリングについては、実技ができませんので、ビデオを用いてどのようなところに気をつけているか、を提示していきます。関節可動域制限の改善に対して、時にはストレッチングではなく運動を積極的に行う必要もあります。可動域制限の原因について的確に評価し、治療につなげられるよう、学んでいきましょう。内容1. 大まかな治療方針をどのように考え決定していくか(本当に可動域練習をするべきか)2. 制限因子をどのように同定していくか3. 上肢操作の時のハンドリング4. 治療方法の選択をどのように考えるか【14日間の見逃し配信について】※当日、受講できない方および受講された方の復習動画として後日視聴できる見逃し配信を行います。※セミナー開催の翌日にお申込みをいただいたメールアドレスに見逃し配信のURLを送付いたします。※セミナー開催の翌日から14日間視聴可能となっています。講師井尻朋人先生医療法人寿山会 リハビリテーション部 部長理学療法士・博士(広島大学)肩関節の論文・学会発表多数を行う肩関節のリハビリテーションのスペシャリストである。肩関節機能の評価や細やかな運動療法の展開を得意としている。
詳細を見る
開催日
2021年11月22日
会場

【対面授業】
11月22日、29日、12月4日
実践教育センター(横浜市旭区中尾1−5−1)対面授業

【オンライン授業】
11月25日、12月6〜23日
Zoomミーティング(ビデオ会議サービス)による双方向オンライン授業

内容
1. 目的 介護教育についての理解を含め、実習指導に必要な知識・技術を習得し、効果的な実習指導ができる人材の育成を目的としています。 本講習会は、厚生労働大臣に届け出た介護福祉士実習指導者講習会です。2. 開講日程 令和3年11月22日(月)〜令和3年12月23日(木)の間の8日間で行います。※当センターでの対面授業とZoomミーティング(ビデオ会議サービス)による双方向オンライン授業にて行います。ただし社会情勢等により必要に応じて対面授業をZoomミーティングによる授業に変更する場合があります。
詳細を見る
開催日
2021年11月22日
会場

「ZOOM」アプリをセミナー当日までに、当日使用するパソコン(カメラ・マイク付き)、タブレット、スマホにダウンロードすることが望ましいです

参加費の入金後が確認できましたらセミナー用URLを送付します

ZOOM入室時にはご自身のフルネームを入力してください

資料の譲渡・録音・録画は禁止です

資料は研修会前日にお申込みを頂きましたメールアドレスにダウンロード先URLを送付いたします

回線状況により音声や動画の不具合の可能性がありますが、ご了承下さい

内容
本セミナーは股関節の臨床に悩んでいるセラピスト股関節の臨床の基本を知りたいセラピストを対象にしています。特に次のような内容について学習することができます。(1)股関節の解剖学と運動学を学びます。(2)股関節と骨盤・膝関節などの他部位との関係を学びます。(3)股関節疾患の特徴と評価について学びます。(4)股関節の運動療法ついて学びます。本セミナーの講師である福山真樹氏は理学療法士でありながら、メディカルアナトミーイラストレーターとして活躍されております。本セミナーでも多数のイラストを用いていただきますので、股関節について視覚的な理解が得やすくなっています。【14日間の見逃し配信について】※当日、受講できない方および受講された方の復習動画として後日視聴できる見逃し配信を行います。※セミナー開催の翌日にお申込みをいただいたメールアドレスに見逃し配信のURLを送付いたします。※セミナー開催の翌日から14日間視聴可能となっています。講師福山真樹氏理学療法士メディカルアナトミーイラストレーターリハビリテーション・ケアを描く臨床漫画家医療関係専門イラストスタジオ福之画:代表
詳細を見る
開催日
2021年11月23日
会場

オンライン研修(ZOOM)

内容
知的障がい者・精神障がい者の方を支援する事業所の新しい加算要件となる資格です。強度行動障がい支援に関する知識及び技術を習得する福岡県指定研修です。(現在は基礎・実践研修連続受講の方を中心に受け付けております。)
詳細を見る
開催日
2021年11月24日
会場

<現地集合>
株式会社エムダルエス日高
地域福祉交流センター

群馬県高崎市井野町1037-1
TEL 027-387-0007

内容
ICT化によるパーソナルベストなリハビリ・介護予防、円滑で効率的な業務とは!?配車アプリ「福祉MOVER」によるデイサービスの送迎業務の効率化とは!?AI・ICT活用・大規模化・保険外サービス通所介護で勝ち残りをかけた経営戦略に学ぶ <参加のご案内>このツアーでは、日高デイトレセンター、太田デイトレセンターのICT化によるリハビリの実際を視察いただくとともに、市場競争激化の通所介護で勝ち残りをかけた経営戦略を学んでいただきます。通所介護・介護事業を経営する皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。<講師>株式会社エムダブルエス日高 代表取締役社長北嶋 史誉 氏
詳細を見る
開催日
2021年11月25日
会場

オンラインにて開催

内容
万が一の事態が発生したときに適切な対応や、備えができていなければ、利用者の生命や安楽な生活が脅かされる危険があります。本セミナーでは、介護施設での防災への心構えと災害発生前・直後の対応とともに、避難時におけるコロナ感染対策等、災害時に発生しやすい問題点について、詳しく説明します。1.災害とは2.災害時の基本的な考え方 (CSCATTT)3.災害時に必要な備えとは(BCP)  ・感染対策を講じた事前準備も  ・新型コロナウィルス感染症状況下の避難4.災害における高齢者の特徴
詳細を見る
開催日
2021年11月25日
会場

【オンライン&会場&DVD&CD(選択可)】
※オンライン受講(ZOOMウェビナー配信)は、PC、Mac、iPad、iPhone、Androidデバイスからご参加いただけます。お申し込み後に受講方法の詳細をご案内いたします。
※DVD受講・CD受講はセミナー開催後、1週間程度でお手元にお届けします。

※会場受講を希望される場合は、新型コロナウイルス対策として、定員を先着15名(3名掛けテーブルに1名掛け)とさせて頂き、各所飛沫防止シールドを設置いたします。マスクの着用等ご協力をお願いいたします。
【会場】銀座同和ビル2F HMSセミナールーム
(東京都 中央区 銀座 7-2-22) TEL:03(6228)5995

内容
<参加のご案内> 今回の介護報酬改定で事業継続のための計画の策定(BCP)が義務化されました。BCPとは地震や台風などの自然災害によって事業活動を行う電力・ガス・水道・インターネット等のインフラ環境や施設設備が損傷することになっても、早期に回復ができるように対策をまとめた計画書やマニュアルを指します。インターネット等で簡単にコピペ出来るものではなく、オーダーメイドの作成が求められます。厚生労働省からは、すでに基本的なガイドラインや解説ビデオ、そして基本的なひな型が出されており、感染症BCPと自然災害BCPの二つを作成します。さらには、施設・通所・訪問ごとに区分されます。地域特性や事業内容、利用者層、経営理念などが施設毎にことなるために事業所毎に作る必要があります。この講座ではBCPの作成プロセスについて、実例を交えて解説します。<講師>保健・医療・福祉サービス研究会 コンサルタント・介護報酬・介護事業指導講師小濱介護経営事務所 代表小濱 道博 氏
詳細を見る
開催日
2021年11月25日
会場

「ZOOM」アプリをセミナー当日までに、当日使用するパソコン(カメラ・マイク付き)、タブレット、スマホにダウンロードすることが望ましいです

参加費の入金後が確認できましたらセミナー用URLを送付します

ZOOM入室時にはご自身のフルネームを入力してください

資料の譲渡・録音・録画は禁止です

資料は研修会前日にお申込みを頂きましたメールアドレスにダウンロード先ULRを送付いたします

回線状況により音声や動画の不具合の可能性がありますが、ご了承下さい

内容
利用者の自立支援が叫ばれて久しくなります。利用者の自立のポイントは基本動作や応用動作の改善となりますがこれらのADL動作が改善すればどのような利用者でも自立するとは限りません。利用者の生活場面は、十人十色です。したがって、十人十色の住環境や生活空間の評価も自立支援には重要となります。しかし、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は個別リハビリテーション、書類作成、カンファレンスなどに追われて、利用者の住環境や生活空間を評価することは少ないのが現状です。また、利用者からいただいた写真や図面などを頼りに自立支援に向けたアドバイスをしている光景もよく目にします。このような状況では、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の住環境や生活空間に関する評価や介入の技術が向上しにくいと言えるでしょう。しかし、心身機能向上だけでなく、住環境調整も介入することができるようになれば、自立支援に対する臨床の幅は大きく広がることになります。本セミナーでは、環境調整・家具・福祉用具の評価と介入について具体的な事例を交えながら学ぶことができるセミナーとなっています。心身機能に合わせた福祉用具の選択や家などにある家具を用いた住環境調整など臨床的な内容を学ぶことができます。内容1)自立支援のための環境調整とは2)家具や福祉用具の活用のポイント3)自立と援助量軽減の事例【14日間の見逃し配信について】※当日、受講できない方および受講された方の復習動画として後日視聴できる見逃し配信を行います。※セミナー開催の翌日にお申込みをいただいたメールアドレスに見逃し配信のURLを送付いたします。※セミナー開催の翌日から14日間視聴可能となっています講師波野優貴先生理学療法士 福祉用具プランナーシーティングコンサルタント
詳細を見る

表示モード:

  1. スマートフォン
  2. PCサイトはこちら