介護支援専門員(ケアマネジャー)関連情報
介護


介護サービス関係Q&A 一覧


◆介護サービス関係Q&A
 厚生労働省によりとりまとめられている介護サービス関係Q&Aをわかりやすく、簡単に検索できるよう掲載しました。
 なお、個々のQ&Aについて、疑義等がある場合については、厚生労働省HPをご参照ください。
検索
カテゴリー選択

1700件中 16〜30件を表示 (全カテゴリー --> 全基準種別)
|1|2|3|4|5|..114
質問サービス
種別
短期入所事業所等を退所したその日に他の短期入所事業所に入所する場合の送迎加算の算定について 短期入所生活介護事業 報酬
要支援者に対する「通院等のための乗車又は降車の介助」について 訪問介護事業 報酬
おむつパッド代の徴収は可能か。 施設サービス共通 運営
2人の訪問介護員等による訪問介護の算定方法について

訪問介護事業 報酬
 平均在所日数については、小数点第3位以下は切り上げることとされているが「在宅において介護を受けることになったものの割合」についても同様と考えてよいか。 介護老人保健施設 その他
 リハビリテーションマネジメント加算(U)の算定要件について、理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士が、利用者の居宅を訪問し、その他指定居宅サービス従業者あるいは利用者の家族に対し指導や助言することとなっているが、その訪問頻度はどの程度か。 訪問リハビリテーション事業 報酬
 デイサービス等への送り出しなどの送迎時における居宅内介助等について、通所介護事業所等が対応できない場合は、訪問介護の利用は可能なのか。居宅内介助等が可能な通所介護事業所等を探す必要があるのか。
通所介護事業 その他
要支援・要介護認定を受けている者が、自主的に認定の取下げを届け出た場合は、特定高齢者と見なすことができるとあるが、その際、要介護認定の手続きはどのようになるか。 居宅介護支援事業 その他
認知症高齢者の日常生活自立度の確認方法如何。
通所介護事業 報酬
グループホームにおける、直接処遇職員の常勤換算の考え方如何。 認知症対応型共同生活介護事業 人員
短期入所生活介護を宿泊することなく1日だけ利用できるか 短期入所生活介護事業 運営
居宅介護支援事業所の介護支援専門員を利用している者が小規模多機能型居宅介護の利用を開始した場合、介護支援専門員は当該小規模多機能型居宅介護事業所の介護支援専門員に変更されることとなり、国保連への「給付管理票」の作成と提出については、当該小規模多機能型居宅介護事業所の介護支援専門員が行うこととなるが、月の途中で変更が行われた場合の小規模多機能型居宅介護の利用開始前又は利用終了後の居宅介護サービス利用にかかる国保連への「給付管理票」の作成と提出はどこが行うのか。 居宅介護支援事業 運営
 送迎減算は、個別サービス計画上、送迎が往復か片道かを位置付けさせた上で行うことになるため、利用者宅に迎えに行ったが、利用者や家族等の都合で結果的に利用者の家族等が、事業所まで利用者を送った場合には、減算の対象とならないのか。
認知症対応型通所介護事業 報酬
 連続して30日を超えて同一の指定短期入所生活介護事業所に入所した場合は減算の対象となるが、特別養護老人ホームと併設の短期入所生活介護事業所から特別養護老人ホームの空床利用である短期入所生活介護事業所へ変わる場合は減算対象となるか。 短期入所生活介護事業 報酬
1日に複数回の訪問看護を実施する場合、訪問看護終了後2時間以上経過していなければ必ず所要時間を合算するのか。 訪問看護事業 報酬
|1|2|3|4|5|..114