介護支援専門員(ケアマネジャー)関連情報
介護


介護サービス関係Q&A


認知症対応型共同生活介護事業 --> 人員 --> 常勤換算の考え方

質問

グループホームにおける、直接処遇職員の常勤換算の考え方如何。

回答

直接処遇職員(兼務も含む)の労働時間の合計を、常勤職員の勤務時間で除したものが常勤換算数となる。
例えば、職員10名、常勤職員の勤務時間が1週40時間のグループホームにおいて、
@管理者1名(常勤、介護職員兼務)、
Aサービス計画作成担当者1名(常勤、介護職員兼務)
B介護職員4名(常勤)
C介護職員3名(非常勤、週3日、1日4時間…週12時間)
D事務職員1名(兼務無し)
と配置されている場合は、
((@+A+B)×40 時間+C×12時間)÷40 時間=6.9(常勤換算人数)となる。
なお、この場合事務職員は算定されない。
上記を参考に、各事業所における常勤職員の勤務時間等を考慮して算定されたい。

QA発出時期等
21.3.23
介護保険最新情報vol.69
平成21年4月改定関係Q&A(vol.1)
〔123〕
QA09-234
 ※なお、個々のQ&Aについて、疑義等がある場合については、厚生労働省HPをご参照ください。