介護支援専門員(ケアマネジャー)関連情報
介護


介護サービス関係Q&A


訪問リハビリテーション事業 --> 運営 --> リハビリテーション計画書

質問

報酬告示又は予防報酬告示の留意事項通知において、医療保険から介護保険のリハビリテーションに移行する者の情報提供に当たっては「リハビリテーションマネジメント加算等に関する基本的な考え方並びにリハビリテーション計画書等の事務処理手順及び様式例の提示について」(平成30 年3月22 日老老発0322 第2号)の別紙様式2−1を用いることとされている。別紙様式2−1はBarthel Index が用いられているが、情報提供をする医師と情報提供を受ける医師との間で合意している場合には、FIM(Functional Independence Measure)を用いて評価してもよいか。

回答

・医療保険から介護保険のリハビリテーションに移行する者の情報提供に当たっては別紙様式2−1を用いる必要があるが、Barthel Index の代替としてFIM を用いる場合に限り変更を認める。
・なお、様式の変更に当たっては、本件のように情報提供をする医師と情報提供を受ける医師との間で事前の合意があることが必要である。

QA発出時期等
30.3.23
事務連絡
「平成30年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.1)(平成30年3月23日)」の送付について
〔50〕
QA19-053
 ※なお、個々のQ&Aについて、疑義等がある場合については、厚生労働省HPをご参照ください。