WAMNETロゴ
開催日
2018年06月19日
会場

ウィリング横浜(横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内)

内容
ご利用者に対して安全な介護を提供し、成果を上げるには、事後防止のしくみをを組織で作ることが大切です。本研修では、施設でのリスクマネジメントの基本的知識から事故発生の原因分析から再発防止について、現場リーダーとして必要な知識と仕組み作りの手法を学びます。≪カリキュラム≫・・リスクマネジメントの理解・・1.介護のリスクマネジメントの基礎知識2.事故防止の基本活動3.効果のあがるヒヤリハット活動4.事故防止の具体策5.事故発生時の対応・・原因分析と再発防止策検討・・1.なぜ同じような事故が何度も起きるのか?2.原因分析と再発防止策3.事例から学ぶ再発防止策の手法「転落」「誤えん」「異食事故」「死亡事故」「虐待だと誤解」
詳細を見る
開催日
2018年06月19日
会場

エイドケアカレッジ博多校
(福岡市博多区上呉服町2‐15 SO HAKATAビル3階)

内容
知的障がい者・精神障がい者の方を支援する事業所の新しい加算要件となる資格です。強度行動障害支援に関する知識及び技術を習得する福岡県指定研修です。(現在は基礎・実践研修連続受講の方を中心に受け付けております。)
詳細を見る
開催日
2018年06月19日
会場

お茶の水ケアサービス学院
(千代田区岩本町1-10-3)

内容
1.訪問リハビリテーションの基本 2.アセスメントの考え方  ICFとアセスメント・対象者の希望(チェックシートではわからない心の奥を探る)・needs(真のneeds)・目標・評価の実際(トップダウンの評価法)・課題(問題点) 3.支援内容  アセスメントから支援内容を求める(問題点からは求めない)・アプローチの展開の方法 ・訪問リハビリテーションで必要なテクニック  1)日常生活動作 練習  2)基本動作 歩行 練習  3)摂食嚥下機能やコミュニケーション機能の改善  4) シーティング ポジショニング  5)1)〜4)に対する、家族や看護・介護職への指導  6)福祉用具・自助具・住宅改修に関する提案、助言  7)その他、QOLの向上・趣味・社会参加促進のための助言 PT・OT・STにとって、介護・福祉への介入が必至の時代ですが、まだまだ医学的モデルのリハビリテーションの域から脱しきれていないケアを提供しているPT・OT・STも少なくありません。また、実際に訪問に行けば一人職場と同じで、先輩から学んだり質問ができるという環境にもありません。病院での医療よりも一層、活動・参加・環境を志向し、それに対しての明確なアプローチができなければ、維持期の利用者に働きかけ、地域において効果を出していくことは不可能です。この講習では、基本に沿いながらも即、現場で通用するアセスメント(評価)とアプローチの方法を学んでいきます。講師には、介助の達人として、NHK「ためしてガッテン」やNHK Eテレ「楽ラクワンポイント介護」に出演されている福辺節子先生をお招きし、講義を展開してまいります。講師:福辺節子(ふくべ・せつこ)一般社団法人 Natural being 代表理事 /理学療法士/医科学修士/介護支援 専門員
詳細を見る
開催日
2018年06月19日
会場

〒450-0002 名古屋市中村区名駅2-45-7 松岡ビル8階
積水ホームテクノ(株)中部ウェルス営業所

内容
☆★☆第5回ウェルスセミナー☆★☆■セミナータイトル〜介護保険改定後の重点施策!!〜『営業・稼働率アップ!!加算取得・コスト削減!!』4月から介護保険改定が行われ、各事業者さんは慌しくその対応に追われたことと思います。今回の介護保険改定は0.54%のプラス改定とは言え、事業者さんが一安心して良いかと言えばそうではありません。4/11には財務省が既に次期介護保険改定に向けての視点を発表するなど、目まぐるしく状況が変化していきます。本セミナーでは財務省が発表した次期介護保険改定に向けての視点を含めながら、介護保険改定後の重点施策としてかかせない、営業力アップ、稼働率アップ、加算取得のポイント、コスト削減のポイントについてお話したいと思います。■タイムスケジュール(予定)13:30〜13:40 主催者挨拶 13:40〜14:50 セミナー14:50〜15:00 休憩15:00〜15:30 セミナー15:30〜16:10 グループワーク16:10〜16:30 セミナー■講師介護経営コンサルタント 佐藤 慎也■講師プロフィール50法人以上のコンサルティング実績を持ち、自らも介護事業の運営に携わっていたため、経営者からスタッフまで、それぞれの立場にあった指導・提案をすることで圧倒的な支持を得ている。介護業界の動向を解説したメルマガの発行やコラムの執筆を行ながら、全国各地にて幅広い分野で年間100本以上の講演を行う。
詳細を見る
開催日
2018年06月19日
会場

難波市民学習センター
(OCATビル:大阪市浪速区湊町1丁目4−1)

内容
通所介護事業所の経営者向けに助成金セミナーを開催します。平成30年4月の助成金変更内容を中心に、事業所で利用できる助成金についてご紹介いたします。また、ご紹介する助成金の中には社外研修を必要とするものもありますので今回はスタッフの接遇マナー研修の体験もご用意いたしました。※先着10事業所となりますので気になる方はお早めにお申し込みください。〜第一部:通所介護事業所で利用することができる助成金のご紹介〜平成30年4月の助成金制度変更の内容や利用できる助成金の紹介とこれまで認定を受けた実際のケースについてお話しいたします。講師:社会保険労務士 坂上雅幸先生社会保険労務士事務所アコード所長として介護事業を中心に福祉に特化した社労士事務所を経営しています。〜第二部:接遇マナー研修体験〜介護サービスに必要なおもてなし力を中心とした接遇マナーを身に付けることができる研修をプチ体験していただけます。講師:伊勢あや子 介護付有料老人ホームの施設長の経験を持ち、デイサービスや福祉協会での豊富な研修経験があります。
詳細を見る
開催日
2018年06月19日
会場

京都テルサ 第2会議室

[住 所]京都市南区東九条下殿田町70番地(新町通九条下ル)
[最寄駅]
●JR京都駅(八条口西口)より南へ徒歩約15分
●近鉄東寺駅より東へ徒歩約5分
●地下鉄九条駅4番出口より西へ徒歩約5分
●市バス九条車庫南へすぐ
●名神京都南インターより国道1号北行き市内方面へ

内容
今後の戦略を立てながら、現状の実地指導のリスクも解消したい方、必見!法制度改正のポイントを踏まえ、実地指導のはずれない基本ポイントと、今後の影響が出ると想定されるポイントを解説。=こんなことがわかります=・制度改正の影響がわかる・ケアマネジメントサイクルの重要性・効率的なデータ管理の対策【講師紹介】大藪 直史日本クレアス税理士法人◆関西大学卒業後、国内大手コンサルティング会社にて有料老人ホーム等の立ち上げ支援を行う。現在、日本クレアス税理士法人にて介護事業の開業支援、実地指導支援、経営コンサルティングを行う。講演実績も多数。
詳細を見る
開催日
2018年06月19日
会場

セントワークス株式会社 
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1 RBM東八重洲ビル7F

内容
全国訪問介護協議会 会長 荒井信雄 氏による2018年の報酬改定がもたらす訪問介護事業改革訪問「介護報酬大改訂に関する国の趣意と事業者対策セミナー」▼セミナーのポイント▼・報酬改定がもたらす訪問介護事業所への影響徹底分析・2018年報酬改定から読み取れる改革の狙いを分析・老計10号再周知に対応した戦略(vol.637の活用)・「訪問介護における自立支援・重度化防止に資するサービスの推進・評価」の意味・生活援助を身体介護に移行する大チャンス・居宅介護支援改定「中立公正なマネジメント」による営業強化・生き残るための訪問介護事業戦略・ICT/記録システムを活用した業務改善の取り組み▼講師情報▼荒井 信雄(あらい のぶお)氏 ・(株)さくらケア(株)うめケア 代表取締役・全国訪問介護協議会 会長大手介護会社で営業、ヘルパーから取締役介護本部長を歴任後、自ら介護会社を設立。現在は東京都世田谷区内に17事業所を経営。会社経営と共に、コンサルタントとして経営支援は全国で150社以上。2010年には全国訪問介護協議会を設立し、厚生労働省や国会議員に提言や厚労省官僚とシンポジウム等講演活動も全国で開催。他にもテレビ出演や執筆活動等、業界内で幅広く活躍。
詳細を見る
開催日
2018年06月20日
会場

振興会セミナールーム(横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9F)

内容
通所介護、通称 デイサービスは平成28年4月から大きく変わっていきますその中でも、通所介護における生活相談員の方には、ますます複雑かつ幅広い業務が課せられてきているのではないでしょうか?もちろん利用者にとっては、もっとも身近な存在として、日常生活の支援や援助計画の策定など大変やりがいを感じられる仕事です。反面、「何でも屋」という側面もあるため、具体的な業務内容や役割について、疑問を持たれることも多くあるかと思います。当講座では、通所介護サービスにおける生活相談員と管理者の役割の違いを理解し、今後の事業所運営にも役立てることを目標とします。≪カリキュラム≫■平成28年度からのデイサービスについて・地域密着型デイサービスとは?・小規模型通所介護への移行と変更点■デイサービス生活相談員の現状と課題について ・生活相談員の業務について ・生活相談員の専門性とは!?■生活相談員の役割の明確化と仕事の進め方・ソーシャルワーカーとしての役割・事業所内、その他関係機関との連携・通所介護計画書、支援過程記録の作成・事業所内におけるリスク管理と対応・小規模デイサービスの運営推進会について■業務の見直しと改善について ・業務内容の棚卸と整理について…・ケア会議の進め方と効率化・業務改善の秘訣■行政が行う指導監査について
詳細を見る
開催日
2018年06月20日
会場

熊本総合福祉センター
(熊本市中央区南千反畑町3-7)

内容
概要 ご承知の通り、H30年度に介護保険が改正になりました。今回の改正は一言でいえば市区町村の管理権限がより強力になったと言えます。したがってこれまで以上にスタッフ全員が知っておくべき介護保険制度のマスターが必須になってくるのです。特に管理者の方は介護サービスができた背景、高齢者介護分野の関連法規までも知っとくべきではないでしょうか。また報酬体系についても特に加算について算定条件が複雑さを増しています。このセミナーでは、介護保険制度の中身の理解はもちろん、この制度ができるまでの簡単な歴史的流れ・背景、また介護保険制度以外の関連法規の理解、そして複雑さを増した各種加算の算定要件について噛み砕いて解説を進めていきます。また総合事業の概要と今後の改正の傾向を読み解いていきます。 セミナー 内容 【第1回目】介護保険制度の内容理解など基礎を学びます。介護保険制度導入の背景高齢者福祉の制度介護保険制度成立以前の法体系介護保険ができるまでの経緯介護保険制度の目的介護保険関連法規    ・生活保護制度    ・日常生活自立支援事業    ・成年後見制度法定代理受領とは保険者の役割地域包括支援センターについて介護給付の種類公費について利用限度額について 【第2回目】第1回目の続きと管理者が知っておかなければならない加算解釈について学びます。 要介護認定の流れ償還払いの仕組みについて介護サービス提供の流れ介護保険請求の流れ各種加算解釈と算定根拠   ・解釈通知を読み解くために   ・居宅サービス   ・地域密着サービス   ・施設サービス介護報酬改定で新設された加算について総合事業概要 今後の介護保険改正の傾向を読み解く
詳細を見る
開催日
2018年06月20日
会場

ウェルおおさか
(大阪市西成区出城2-5-20)

内容
1.遺族ケア  ・死亡状況における遺族心理の分析  ・遺族ケアの目的  ・遺族ケアの実際 2.根拠に基づくエンゼルケア  ・時間経過に伴う遺体の変化  ・死後処置の目的  ・感染予防対策上の死後の処置  ・死後の処置の具体的手技  ・死後の処置実技紹介 3.エンゼルメイク  ・エンゼルメイクの目的  ・普段の化粧とエンゼルメイクの違い  ・エンゼルメイクの手技・手順 看取り介護を実施されている事業所が増えています。死後ケアの指導・伝達に活かしたい、看取り看護、看取り介護に活かしたいなど、これからますます死後ケアの知識と技術の習得が必要になります。「遺族ケア」は、ご遺族への言葉かけを、「エンゼルケア」は、感染予防の視点から医療現場で実施されている標準予防策に基づいて学習します。「エンゼルメイク」は、ご遺体に現れる死後の変化を前提にその人らしさを作るご遺体に最も適した化粧法を学習します。 講師は、ご遺体の生前の状態、死後の状態のどちらにおいても大変豊富な経験を有しており、実務を交えたお話しが、とてもわかりやすい! と好評をいただいております。ぜひこの機会に死後ケアに必要不可欠な医学的知識と専門技術を学んでおかれることをお勧めします。講師:橋本友希(はしもと・ゆうき)有限会社エル・プランナー技術者/美粧衛生師/遺体感染管理師/看護師
詳細を見る
開催日
2018年06月20日
会場

お茶の水ケアサービス学院
(千代田区岩本町1-10-3)

内容
●動けるようになるのに最も必要な事(実技) ●効率的に最小限の力で身体機能を向上させる ●転ばないようになるための訓練(実技) ●IADLを広げる視点/頑張るリハとお別れする(リハの本質) ●施設・家庭・社会での役割の大きな意味 ●遊び(レクリエーション)の本質(実技) ●筋力強化に頼らない様々な訓練法を身に付ける(実技)・イメージを使ったストレッチ・紐を使って余計な力を抜いた運動を身に付ける・立ち上がりの訓練法 ●バランスとは?(バランス訓練に入る前に)・超効率的バランス訓練(視覚と支持基底面のコントロールで広がるバリエーション)・立位バランスの訓練(手を使わない)・立位バランスの訓練(手を使う場合)・ボールやストレッチポールを使った座位・ストレッチポールを使った訓練法 厚労省資料、介護予防の推進に向けての中に、リハビリテーション(以下、リハ)専門職等を活かした介護予防の機能強化の記載があり、リハ専門職等によるリハをご展開されていることでしょう。本講座では「リハ」の本質、介護予防につながる「リハ」の実践やその方法をお伝えします。介護予防をする側も受ける側も双方に重要なのは、その「リハ」の「本質を知ること」です。介護する側が介護を受ける側にていねいにお伝えし、共に実践できるプログラムとなっております。ご利用者さんや患者さんの「できること」「今あること」に視点を向けることにより、心は幸せと感謝に溢れ、豊かになることも含め、お伝えできればと思っています。講師:神田一郎(かんだ・いちろう)作業療法士
詳細を見る
開催日
2018年06月20日
会場

富山第一銀行ビジネスプラザ支店2階研修室

富山市総曲輪2丁目2番8号

内容
経営者の通信簿「決算書」はこう見る!見られてる!・今更聞けない決算書の見方!・自社の決算書はこう見られてる!・福祉会計基準で策定していないと、違反!?常に次期報酬改定の3年後を見て経営!・業界で!地域で!「勝ち組」になるためには・・・・市場は変化!しかし・・・株式会社、NPO法人、医療法人と様々な組織の中で決算書という一年がんばってきた成績表です。経営者が最も楽しみにしている「通信簿」として、どのように見て、見られているかを「勉強会」形式で行います。
詳細を見る
開催日
2018年06月20日
会場

大阪府社会福祉会館 5階503
(住所)  大阪市中央区谷町7-4-15
(最寄り駅)大阪メトロ「谷町六丁目」南500m
        

内容
今年度は、介護報酬、医療報酬、障がい福祉報酬のトリプル改定たけでなく、改正介護保険法の施行、国民健康保険制度改革の施行など、さまざまな改革が実際に動き始める「制度が動く節目の年」です。その中でも介護報酬改定は、2025年に向けて国民一人一人が状態に応じた適切なサービスが受けられるよう「地域包括ケアシステムの推進」「自立支援・重度化防止に資する質の高い介護サービスの実現」「多様な人材の確保と生産性の向上」「介護サービスの適正化・重点化を通じた制度の安定性・持続可能性の確保」と、4つの視点において方針が示されました。シルバーサービス研究会では、診療報酬・介護報酬改定に伴う具体的な動きや介護関連サービス提供のあり方などをテーマに、各界各層からゲストスピーカーを招き、現状や課題の検証、動向分析等を行い、今後の事業展開と戦略について考えます。第1回「平成30年度介護報酬改定と介護保険制度の展望」  講師  厚生労働省老健局振興課第2回「介護保険とAI 〜豊富なデータで最適な介護ケアの提供を目指して〜」 講師 株式会社シーディーアイ経営戦略室兼市場開発部マネージャー 大橋翔史氏第3回「福祉用具貸与サービス見直しのポイント    〜介護報酬改定を踏まえた今後の展望について〜」 講師 一般社団法人全国福祉用具専門相談員協会 事務局長 山本一志氏第4回「介護人材に関する最新動向について    〜 外国人技能実習制度への介護分野の追加等の動きを踏まえて 〜」 講師 厚生労働省社会・援護局福祉基盤課福祉人材確保対策室 室長 柴田拓己氏第5回「訪問介護事業所の今後の展望について    〜介護報酬改定がもたらす訪問介護事業所への影響〜」 講師 全国訪問介護協議会 会長 荒井信雄氏 ※年間10回実施。詳細は、プログラムをご覧ください。
詳細を見る
開催日
2018年06月20日
会場

T’s渋谷フラッグカンファレンスセンター      
Shibuya Flag 8H
東京都渋谷区宇田川町33−6

内容
平成30年度介護報酬の改定は、疑義解釈、QAの発出が大幅に遅れ、多くの事業者は突貫工事での対策を強いられました。しかし、新しい加算の算定要件の理解は充分でしょうか。   安易な加算算定は将来の実地指導での報酬返還につながります。過去最大規模の激変となった平成30年度改定のすべてを今一度、しっかりと整理してやさしく解説。サラ次期改定の最新の動向を網羅する本講座は、介護事業の経営者、管理者、職員にとって必聴の講座です。・訪問介護の利用回数制限は10月スタート ・福祉用具貸与の上限価格制は10月開始 ・大きく変わった居宅介護支援の運営基準・身体拘束廃止未実施減算の要件が強化 ・加算の目玉、生活機能向上連携加算は ・介護老人保健施設のスーパー強化移行法・大激変のデイケアの生き残り法・短時間型リハビリデイはどうなるどうする?・障害福祉併設の共生型サービスのススメ・同一建物減算、区分支給限度額の再確認・これからはリハビリ職との連携が急務・訪問看護のリハビリ訪問規制の対応策 ・高齢者住宅の阿鼻叫喚。生き残り対策は・新制度対応の最新の実地指導対策・その他、開催時点での最新情報を満載
詳細を見る
開催日
2018年06月20日
会場

新宿区産業会館(BIZ新宿)

(東京都新宿区西新宿6丁目8番2号)
※地下鉄『西新宿』駅 徒歩5分

内容
介護業界専門の社労士・人財定着コンサルタントが伝えるキャリアパス・人事評価・賃金制度のポイント〜その成功事例と失敗事例の分かれ目〜介護・福祉事業支援に特化し50社を超えるキャリアパス支援実績から得た情報と事例を徹底紹介●キャリアパス・人事評価・賃金制度の作り方⇒「キャリアパスや人事評価」どうせ導入するなら「職員定着」や「職員育成」につなげたい。そんなご要望にお応えする為、成功事例と失敗事例を紹介しながら離職率の低下、管理者の育成、採用力向上につなげる「ツボとコツ」を紹介します。●業績に連動した賃金・賞与制度をわかりやすく解説⇒不透明な経営環境の中で「事業収支」と「職員のモチベーション」の双方を実現させる方法とは。賃金制度の考え方や実例をわかりやすく解説します。●「職員に選ばれる事業所」が行っている「採用の智恵・離職防止の智恵」⇒職員採用と離職防止に向けた取り組み事例とその共通点を紹介します。
詳細を見る
開催日
2018年06月20日
会場

大田区消費者生活センター2階 第6集会室
(大田区蒲田 5-13-26 )

内容
 どの職場でも従業員の定着は事業継続に直結する重大事項であるにもかかわらず、規模の小さい企業ほど「仕事と介護の両立支援」「介護離職防止対策」は行き届いていない現状があります。 一般社団法人大田区支援ネットワークが取り組まれているワークライフバランス事業「仕事と介護の両立支援」活動から見えてきたことをご報告いただきます。
詳細を見る
開催日
2018年06月21日
会場

振興会セミナールーム(横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9F)

内容
利用者の方のお宅を訪問する時、自分の作法が気になりませんか?高齢者の方は、日本の礼儀に敏感な方も多く、実はあなたの印象に大きく影響しているかもしれません。本研修では、日本の礼儀を重んじおもてなしの心を学び、訪問時の心掛けから、身だしなみやお辞儀の仕方など、施設・在宅を問わず、日々の業務の中で必要となるマナー、気をつけたい事柄について、事例に触れながら相手の心に届くホスピタリティマナーを学びます。≪カリキュラム≫☆介護現場における接遇マナーとは☆日本の礼儀作法を学ぶ ・日本人の「道徳観」と「価値観」 ・上座と下座の位置、席次 ・日本間での挨拶、座礼の仕方 ・訪問する前の事前の準備 ・利用者宅を訪問する時の玄関先の作法☆ホスピタルを伝える接遇マナー 表情 表情の大切さ、笑顔のポイント  態度 立ち姿、座り姿、物の渡し方 挨拶 状況や場で違うお辞儀の仕方 言葉づかい 親しき仲にも礼儀あり、丁寧語や敬語の使い方 身だしなみ オシャレとの違い、介護現場にあった身だしなみとは
詳細を見る
開催日
2018年06月21日
会場

フォレスト仙台
(仙台市青葉区柏木1-2-45)

内容
1.【役割】介護リーダーって、何をするの? 2.【指示・指導】 ベテランスタッフに指示・指導ができないのは、なぜ?  事例>入浴介助、いきすぎた洗身をするスタッフ 3.【スタッフ教育】やる気のないスタッフ、 指示まちスタッフの対処法がわからない!  事例>何を言っても響かない、ため息ばかりのスタッフ 4.【情報共有】 沢山ある情報をスタッフ間で共有できないのは、なぜ?  事例>病院が違う! ご利用者もヘルパーも待ちぼうけ 5.【問題解決力】スタッフ同士が、仲が悪くてリーダー業務 が行えない  事例>スタッフの愚痴ともいえる相談が相次ぎ 管理者業務が行えない 6.【リーダーシップ】介護リーダーに必要なリーダーシップがわからない!  事例>女性スタッフの取扱説明書が欲しい 介護リーダーになると、現場や会社でさまざまな困りごとに遭遇します。これらの困りごとをどのように解決していけばいいのか? リーダーとしての「あるべき像」とは、どうすれば身につけることができるのか? この講座では、コーチングやNLP(神経言語プログラミング)、心理学をベースに介護リーダーの悩みを解決する6つのステップ(役割→指示・指導→スタッフ教育→情報共有→問題解決力→リーダーシップ)を介護現場でよくある事例と解決策でわかりやすく解説していきます。介護現場経験者だからこその事例や理論、その豊富な実践を交えた参加型の研修です。講師:三田村薫(みたむら・かおる) 主任介護支援専門員/米国NLP協会認定マスタープラクティショナー/JADPメンタル心理カウンセラー/GCSプロフェッショナルコーチ/NRTトランスフォーマー/AOC認定コーチ/一般社団法人日本ポジティブ教育協会認定レジリエンス・トレーナー/3suncreate(サンクリエイト)代表
詳細を見る
開催日
2018年06月21日
会場

〒732-0824
広島市南区的場町1-2-21 広島第一生命OSビル1階
積水ホームテクノ(株)中四国ウェルス営業所

内容
☆★☆第5回ウェルスセミナー☆★☆■セミナータイトル〜介護保険改定後の重点施策!!〜『営業・稼働率アップ!!加算取得・コスト削減!!』4月から介護保険改定が行われ、各事業者さんは慌しくその対応に追われたことと思います。今回の介護保険改定は0.54%のプラス改定とは言え、事業者さんが一安心して良いかと言えばそうではありません。4/11には財務省が既に次期介護保険改定に向けての視点を発表するなど、目まぐるしく状況が変化していきます。本セミナーでは財務省が発表した次期介護保険改定に向けての視点を含めながら、介護保険改定後の重点施策としてかかせない、営業力アップ、稼働率アップ、加算取得のポイント、コスト削減のポイントについてお話したいと思います。■タイムスケジュール(予定)13:30〜13:40 主催者挨拶 13:40〜14:50 セミナー14:50〜15:00 休憩15:00〜15:30 セミナー15:30〜16:10 グループワーク16:10〜16:30 セミナー■講師介護経営コンサルタント 佐藤 慎也■講師プロフィール50法人以上のコンサルティング実績を持ち、自らも介護事業の運営に携わっていたため、経営者からスタッフまで、それぞれの立場にあった指導・提案をすることで圧倒的な支持を得ている。介護業界の動向を解説したメルマガの発行やコラムの執筆を行ながら、全国各地にて幅広い分野で年間100本以上の講演を行う。
詳細を見る
開催日
2018年06月21日
会場

ベルサール神田 3階 Room5
(東京都千代田区神田美土代町7)

内容
第1部 新しい入院料にどう対応して行くのか?★急性期一般入院料10対1で残り続けるためには ・データ提出は必須!重症度、医療・看護必要度の該当患者割合がポイント★急性期と長期療養の中間は回復期?13対1、15対1のこれから ・ 地域包括ケア病床を本格的に考えるべきなのか?★療養病棟入院料 ・ 入院紹介はもらえるようになっても、看護配置20対1が満たせず経過措置で減算。 ・ 在宅復帰機能強化加算が1日につき10点から50点に★地域で生き残る中小病院の在り方 ・ 地域包括ケアシステムを地域で主導。地域における自院の役割。第2部 事例検証★平成30年度診療報酬改定に対応した各病院の事例について事例1:急性期一般・障害者のケアミックス病院(新たな加算、データ提出加算取得に向けて)事例2:地域一般・療養のケアミックス病院(療養基準上げ、在宅医療、渉外など)
詳細を見る
開催日
2018年06月21日
会場

TKPガーデンシティ仙台 カンファレンスルーム30D
(宮城県仙台市青葉区中央1-3-1)

内容
第1部 自法人の課題を整理する現状分析と等級制度設計法1.現状分析で自法人の課題を整理し、改定方針を決定する●労働分配率を業界平均と比較し、自法人の生産性を分析する●世間相場と比較することで、自法人の給与水準を再検討する●現状分析に基づき課題を整理し、給与制度の改定方針を決める2.「等級制度」で職員の成長ステップを明確に描く●組織のあるべき姿をイメージし、組織運営に必要な役職を決める●等級フレームの設計は、職員数・施設数を踏まえる●職員の成長ステップは何段階あるかを考え、等級フレームに落とし込む●能力基準の等級制度を設計する際に抑えるべきポイント 等第2部 職員の意欲を高める給与体系構築法と職員への周知方法1.職員のモチベーション向上につなげる給与体系の設計方法●今も社会福祉法人に多く見られる公務員準拠型給与制度の問題点●「増やすべき手当」と「減らすべき手当」を見極める●基本給の設計にあたっては、土台となる「2つの原則」を踏まえる●基本給表作成の具体的実務と抑えておくべきポイント 等2.新給与体系への移行処理と職員周知における留意点●給与移行シミュレーションの実際例と調整方法●改定後の新しい給与体系に当てはまらない職員への対処の仕方●職員説明会で押さえるべきポイントと説明資料の具体例 等
詳細を見る
開催日
2018年06月22日
会場

心斎橋セミナールーム
(大阪市中央区西心斎橋1-5-5 アーバンBLD心斎橋9階C号)

内容
介護予防指導士 第5回大阪講習を開催します。「介護予防指導士」とは、多くの方が豊かな老後を過ごせるように、要介護者ばかりでなく元気な方も対象として介護予防を指導する資格です。介護予防の理論と実技を効率よく3日間で学ぶことができ、講習終了後に認定証をお渡しします。4,200名以上の修了生が、今後ますます重要になる介護予防の技術と知識を習得し、施設・病院・訪問などの現場で活躍しています。この講習は2005年より、毎月東京で実施しているほか、北海道・東北・中部・東海・近畿・中国・九州など全国で開催しています。◇講習科目◇ (10科目、21.5時間)介護予防概論・ストレッチング・筋力訓練指導・測定と評価・救急蘇生・栄養ケア・口腔ケア・リハビリテーション・転倒予防・認知症ケア
詳細を見る
開催日
2018年06月22日
会場

ウィリング横浜(横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内)

内容
介護の実践基礎2日間コースです。2日目は、日頃のケアを振り返りながら、利用者の方の持つ力を引き出し、点ではなく線としてつなげ、面として支えられるサポートスキルを習得します。≪カリキュラム≫その方の生活を護れる技術◆介護知識の確認 ・介護技術の根拠 ・廃用症候群・・etc◆負担軽減とは ・潜在力の引き出し方 ・腰痛予防◆起居移動とポジショニング ・ポジショニングの基本 ・全介助の技術
詳細を見る
開催日
2018年06月22日
会場

天満ガーデン貸会議室(大阪府大阪市北区天神橋3-4-14)

内容
(1)診療報酬・介護報酬同時改定からみるリハビリ提供大改革・同時改定後のリハビリによる医療介護連携のポイント・介護老人保健施設における強化型・加算型算定と高稼働率の具体策・1-2時間短時間通所リハビリの要支援のみでも高収益シミュレーション・通所リハビリは、「マネジメント施設」へシフト!リハマネ加算算定のポイント・通所介護は、自立支援強化!「リハビリテーション颯」における運営モデル(2)地域包括ケアシステム構築におけるリハビリ職の連携の在り方と具体的実践・リハビリテーション専門職の“本来の強み” 〜多様な社会で活かす方法とは?〜・多業種協働におけるリハビリ職と多職種との連携強化・地域住民とリハビリ職をどのように連携していくのか・行政や社会資源 とリハビリ専門職の連携の具体例・地域包括ケアシステム構築での私たちリハビリ専門職はチャンス到来(3)保険制度にとらわれず、広く社会に貢献するリハビリテーションとは・リハビリテーションは「方法論」ではない!概念としてとらえることによる可能性・「リハビリ難民」を生む要因!保険内リハビリテーションにおける現在地と課題・組織の「働き方改革」と個々の「キャリアデザイン構築」が変革と可能性をもたらす・リハビリテーション部門に活性化をもたらす「越境学習」のススメ・資格や制度に縛られず「広く社会に貢献するリハビリテーション」の実践モデル ほか【講師】・三好 貴之氏(株式会社メディックプランニング 代表/作業療法士 )・細川 寛将氏(医療法人陽明会 在宅緩和ケア住宅まごころの杜 施設長/作業療法士 )・森田 裕治氏(社会医療法人沼南会 経営管理部/リハビリテーション部副部長 )【詳細】https://www.tsuusho.com/skill/reha/ 
詳細を見る
開催日
2018年06月22日
会場

八王子市芸術文化会館いちょうホール 
(東京都八王子市本町24番1号)

内容
〜患者さんが使うインテリアを学ぼう そこから見えてくる道具を介したケア〜皆さんが日常で使っている、キッチンのテーブルや椅子、身体の疲れをとってくれるベッド等様々な道具はインテリアです。同じように、患者さんが使うインテリアに椅子から生まれた「車椅子」があります。このインテリアの仲間である車椅子を学ぶためには、インテリアの生みの親である「人間工学」にご教授いただきましょう。車椅子、椅子、ベッドはインテリアです。そしてインテリアは人間工学から生まれました。患者様が使う車椅子を知る、椅子を知る、ベッドとは何かを知るために、まずはインテリアの基盤、基礎である人間工学を学びませんか。私たちが日々の日常で何気なく使っているインテリアや作業椅子、作業台に隠されたルーツ、原理を解き明かすことで、臨床に生かしていく技術、方法論と心理精神活動に影響する事実をご紹介します。何気なく使っている道具は、聴講後、治療機器に見えてくるかもしれません。■基礎編・インテリアと人間工学・作業と姿勢、姿勢と疲労の関係性 そこから見えてくる「身体技法」 ・工学からみた人間の感覚、人体の仕組みと動作・心理と行動 〜他人に侵入されたくない領域〜・人間工学から臨床シーティング 回復段階に合わせたシーティング急性期、一般病棟、回復期、症状固定期、維持期。身体の変化に即した姿勢保持を行うためには、姿勢保持、シーティングの概念を用いる必要があります。■応用編・インテリア、椅子と机への応用・寝具、住宅機器への応用・身近なもので姿勢を保持していく技術論  ・車椅子を卒業するという発想。   ・椅子やインテリアには規格があります。その姿勢データの分類をCD-Rにしてプレゼントすることで、明日からの臨床でインテリアを治療機器として利用する技術を持ち帰っていただきます。
詳細を見る
開催日
2018年06月22日
会場

〒812-0013
福岡市博多区博多駅東3丁目12番24号博多駅東QRビル4階
積水ホームテクノ(株)福岡営業所

内容
☆★☆第5回ウェルスセミナー☆★☆■セミナータイトル〜介護保険改定後の重点施策!!〜『営業・稼働率アップ!!加算取得・コスト削減!!』4月から介護保険改定が行われ、各事業者さんは慌しくその対応に追われたことと思います。今回の介護保険改定は0.54%のプラス改定とは言え、事業者さんが一安心して良いかと言えばそうではありません。4/11には財務省が既に次期介護保険改定に向けての視点を発表するなど、目まぐるしく状況が変化していきます。本セミナーでは財務省が発表した次期介護保険改定に向けての視点を含めながら、介護保険改定後の重点施策としてかかせない、営業力アップ、稼働率アップ、加算取得のポイント、コスト削減のポイントについてお話したいと思います。■タイムスケジュール(予定)13:30〜13:40 主催者挨拶 13:40〜14:50 セミナー14:50〜15:00 休憩15:00〜15:30 セミナー15:30〜16:10 グループワーク16:10〜16:30 セミナー■講師介護経営コンサルタント 佐藤 慎也■講師プロフィール50法人以上のコンサルティング実績を持ち、自らも介護事業の運営に携わっていたため、経営者からスタッフまで、それぞれの立場にあった指導・提案をすることで圧倒的な支持を得ている。介護業界の動向を解説したメルマガの発行やコラムの執筆を行ながら、全国各地にて幅広い分野で年間100本以上の講演を行う。
詳細を見る
開催日
2018年06月22日
会場

ITビジネスプラザ武蔵 研修室1

[住 所]〒920-0855 金沢市武蔵町14番31号
[最寄駅]JR金沢駅からの徒歩10分

内容
どの様に営業を捉えるか?小手先のテクニックに留まらず本質的に営業を考え、改善することで、効果は大きく変わります。様々な取り組み事例をもとに営業を解説して参ります。=こんなことがわかります=・本質的な営業・効果的で、効率的な営業方法&管理・具体的な営業事例【講師紹介】大塚 洋幸株式会社礎 代表取締役株式会社リップル 取締役、株式会社カルディアコーポレーション 取締役、一般社団法人埼玉県介護支援専門員協会 理事、越谷市介護給付費審査会 委員、埼玉県介護支援専門員 実務・更新研修講師、埼玉県主任介護支援専門員研修 講師(リスクマネジメント分野)
詳細を見る
開催日
2018年06月22日
会場

上田公認会計士事務所 セミナールーム
(大阪市中央区道修町1-7-10扶桑道修町ビル2階)

内容
第1部 14:00〜15:30    ダブル改定後介護報酬における加算取得の検証講師:日本クレアス税理士法人  大藪 直史 氏第2部 15:40〜16:30    〜ケーススタディで考える〜介護施設・高齢者住宅運営講師:三井ホーム株式会社 医療福祉・木造施設事業部    事業グループ チーフマネジャー  大坪 浩二第3部 16:30〜17:00    個別相談会
詳細を見る
開催日
2018年06月22日
会場

名鉄モリシタ 名古屋駅前中央店 第6会議室
(愛知県名古屋市中村区名駅3-13−31 名駅モリシタビル 7階)

内容
第1部 自法人の課題を整理する現状分析と等級制度設計法1.現状分析で自法人の課題を整理し、改定方針を決定する●労働分配率を業界平均と比較し、自法人の生産性を分析する●世間相場と比較することで、自法人の給与水準を再検討する●現状分析に基づき課題を整理し、給与制度の改定方針を決める2.「等級制度」で職員の成長ステップを明確に描く●組織のあるべき姿をイメージし、組織運営に必要な役職を決める●等級フレームの設計は、職員数・施設数を踏まえる●職員の成長ステップは何段階あるかを考え、等級フレームに落とし込む●能力基準の等級制度を設計する際に抑えるべきポイント 等第2部 職員の意欲を高める給与体系構築法と職員への周知方法1.職員のモチベーション向上につなげる給与体系の設計方法●今も社会福祉法人に多く見られる公務員準拠型給与制度の問題点●「増やすべき手当」と「減らすべき手当」を見極める●基本給の設計にあたっては、土台となる「2つの原則」を踏まえる●基本給表作成の具体的実務と抑えておくべきポイント 等2.新給与体系への移行処理と職員周知における留意点●給与移行シミュレーションの実際例と調整方法●改定後の新しい給与体系に当てはまらない職員への対処の仕方●職員説明会で押さえるべきポイントと説明資料の具体例 等
詳細を見る
開催日
2018年06月22日
会場

上田公認会計士事務所セミナールーム

〒541-0045 大阪市中央区道修町1−7−10
扶桑道修町ビル2階

内容
ダブル改定後介護報酬における加算取得の検証講師: 日本クレアス税理士法人大藪直史氏〜ケーススタディで考える〜介護施設・高齢者住宅運営講師: 三井ホーム株式会社   医療福祉・木造施設事業部事業グループ    チーフマネジャー大坪浩二個別相談会個別にご相談・質問事項がございましたら、申込欄の個別相談の『希望する』をチェックしてください。セミナー終了後に承ります。
詳細を見る
開催日
2018年06月22日
会場

株式会社日本医療企画
(札幌市中央区南1条西6丁目15-1)

内容
地域を知る 仲間と繋がる 共に学ぶ域包括ケア時代に必要な医療・介護・栄養の一体化に向けて様々な職種、業種、立場で活動する皆さまが集うジャンルを超え 研究会を北海道で開催します! (ヘルスケアマネイジメント合同研究会 医療・介護・栄養)【3つの集まる】・情報が集まる。・人が集まる。・発想が集まる。【3つの場】・情報が発信される場。・人が輩出される。・展開が拡がる。テーマ:「外国人人財の活用と最新情報」        外国人の介護分野での就労の門戸が「技能実習」などにより大きく広がった。    今後、外国人人財が介護現場で活躍する場ますます増えていくことが予想される。    そこで、最新の情報や採用、活用などに関わる事例を研究会を通じて学んでいきます。講 師:小田 弘氏    株式会社メディバス 取締役事業本部長
詳細を見る
開催日
2018年06月23日
会場

大阪コロナホテル(大阪府大阪市東淀川区西淡路1-3-21)

内容
【参加のポイント】・正しい食事姿勢・食物残留音・呼吸状態の注意点が分かる・摂食・嚥下へのアプローチをに必要な知識と技術の共有の必要性が分かる・翌日の現場ケア・リハビリテーション場面ですぐに使える実技を体験【内容】頭部顔面は感覚器の集合体です。体幹が不安定であれば、頭頚部はバランスに使われ感覚器としての精度が低下します。我々はマニュアル通りの訓練を行うのではなく、摂食・嚥下障害に関わる知識を実践に行かせる技術を使う必要があります。今回は初級編として、前者を中心として伝達し、時間の許す範囲で後者をお伝えしたいと思います。前者は安全で即時効果があり、皆さんが使える技術となります。(1)頭頸部の特徴(2)機能解剖(3)運動学(4)筋収縮の生理学(5)神経機構とその障害(6)姿勢と嚥下の関係(7)くびの角度と嚥下(8)誤嚥防止機構と姿勢(9)ポジショニング(10)治療的誘導と介入(11)筋の形態と徒手的治療手技(12)まとめ ほか【講師】森 憲一氏(大阪回生病院リハビリテーションセンター 技師長/理学療法士 )【詳細】https://tsuusho.com/skill/swallowing/ 
詳細を見る
開催日
2018年06月23日
会場

ボルファートとやま
(富山県富山市奥田本町8-1)

内容
地域の実情に適応した医療経営・介護事業について同時改定後の動向や富山県地域医療構想の観点から講演を実施し、2025年の地域包括ケアシステムの円滑な構築の一助としてもらうことを目的とする。
詳細を見る
開催日
2018年06月23日
会場

八王子市芸術文化会館いちょうホール 
(東京都八王子市本町24番1号)

内容
車椅子から落ちたら大変! 〜患者様が怪我する前に知っておきたい車椅子住環境の危険と回避〜「あっ!危ない!!」と思った時はもう遅い。 車椅子は便利な乗り物です。しかし、調整しなくては、いずれ故障したり、動かなくなります。そんな乗り物に大切な人を乗せる勇気がありますか?車椅子の便利なところを知り、危険なことも知る。そこから転倒転落、褥瘡、浮腫の3大課題であるリスクから患者様を守るための勉強会です。○全国的に見られる事故とリスク・介護、看護現場で起こる事故とアクシデント・画像でつづる車椅子設計者からみた危ない状況○リスクとは何か、リスク因子とは何か・リスクとは、 転倒転落、褥瘡、浮腫の3大リスク・リスク因子とは、 援助者の認識行動、対象者の状況、物理的環境の3大リスク因子・アクシデントが起こる順序 対象者の状況把握⇒援助者の認識行動の欠如⇒物理的環境に目が向かない、危険と感じない⇒アクシデント発生○リスクマネジメントでアクシデントを回避せよ・リスクを回避するには、リスク因子を管理する・リスク因子の管理の方法・リスク因子管理の物品と装置・車椅子住環境の具体的メンテナンス
詳細を見る
開催日
2018年06月23日
会場

八王子市芸術文化会館いちょうホール
(東京都八王子市本町24番1号)

内容
【「車椅子の調整は知っているようで、触ってみると意外と複雑。」「機械やものづくりは苦手。だけどやっておかないと移乗のときに危なくて。」「ブレーキが効かない!けど臨床が忙しいから業者さんを呼ぼう。」等、車椅子メンテナンスを他人任せにしていませんか。だけど今日から大丈夫。実はとても簡単なんです。車椅子のメンテナンスを実演しながら伝授します。強い味方、車椅子調整専用工具セットと技術で、明日からは業者を呼ばなくても大丈夫です。】 講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線からメンテナンスの重要性と技術を、実際にできるようになるまで、丁寧にお教えします。<プログラム>●車椅子の構造からメンテナンスのポイント●タイヤ交換、キャスター調整、ブレーキ調整、車椅子のバランス、車椅子の転がり抵抗、車椅子から異音がした時の対応、時間があればパンク修理もやってみましょう。●メンテナンスと日常の車椅子姿勢の関わりを説明し、簡単なADLシーティングのポイントの実演、実技をします。たとえば、フットサポートの調整やメンテナンスと、知名度の高いバックサポートの張調整。この2か所の調整で姿勢は見違えるほど変わります。
詳細を見る
開催日
2018年06月23日
会場

戸山サンライズ(全国障害者総合福祉センター)
(東京都新宿区戸山1−22−1)

内容
病院職員と取引企業のための病院決算書分析講座……決算書分析を通じて医療の質向上と組織強化を目指そう ……決算書で分かる病院のチカラ・体質・将来性 講師:鈴木喜六(ヘルスケアマーケティング研究所所長)  病院職員の皆様や病院と取り引きしている企業の職員の皆様から「財務管理の重要性は分かるが、どうも内容がよくわからない」とのお声をよく聞きます。 これらの疑問にお答えすることを含めて、決算書を分析する方法とその活用を中心に解説いたします。特に、決算書を分析することが今後の診療活動や管理活動にどう関係するのか、毎日の診療活動が決算書にどう影響するのか、などをご理解いただくことを狙いとします。財務諸表に対する苦手意識を取り払い、有効に活用していただくための講座となります。  決算書とか、簿記とか、会計とかについての知識のない方にもご理解いただく解説をいたします。したがって、初心者から経営者の方まで幅広くご参加いただけます。 【講座の主な内容】は1.財務管理の4要素と決算書 2.決算書にはどのようなものがあるか 3.決算書の作成時期と病院経営 4.損益計算書は何を示すのか 5.貸借対照表は何を示すのか 6.私たちの活動と決算書 7.財務内容の改善 8.まとめ
詳細を見る
開催日
2018年06月23日
会場

ハービスPLAZA 5F
住所:大阪市北区梅田2-5-25

内容
【第1部】「2018年:透析診療報酬改訂」   各透析施設の影響と対策事例【第2部】患者に支持される建築の差別化提案【第3部】今後の施設計画・運営に必須の建築的工夫
詳細を見る
開催日
2018年06月23日
会場

日本社会事業大学竹丘キャンパス
(東京都清瀬市竹丘3-1-30)

内容
大会テーマ「人に向きあうソーシャルワーク ー子どもの貧困から考えるー」6/23(土)シンポジウム映画監督トークショー、「さとにきたらええやん」映画上映学生、教員、OBによる自主企画・分科会の発表が開催される6/24(日)基調講演「子どもが生きる力」を守る 〜子どもの命をど真ん中に安心と最善の利益を考える〜 講演者:荘保 共子 氏(特定非営利活動法人こどもの里 理事長)学生、教員、OBによる自主企画・分科会の発表が開催される(共同開催) 日本スクールソーシャルワーク協会20周年記念講演が開催される 
詳細を見る
開催日
2018年06月24日
会場

株式会社gene 本社 セミナールーム
愛知県名古屋市東区葵1丁目26-12 IKKO新栄ビル 6階

内容
【ねらい】乳がんの診断、治療を受ける患者の看護、再発そして終末期に至るまでの看護が理解できることを目指します。乳がん看護に自信をもって、実践へとつなげましょう。【講師】井関 千裕 先生兵庫県立西宮病院・乳がん看護認定看護師【講義概要】乳がん看護には、治療に応じたケア、年齢に応じたケア、病状に応じたケア等、専門的なスキルが求められます。「子どもの相談を受けたけど・・・」「妊孕性の看護がむずかしい」と、感じることはありませんか? 今回は、乳がん患者と家族の支援に焦点をあてます。乳がん看護の基本を学ぶとともに、一人一人の患者と家族に応じた看護をわかりやすく伝えます。臨床で悩む事例をもとに、乳がん看護のヒントになる内容をお届けします。明日からの看護に自信をもてるように、乳がん看護を楽しく学びましょう。【プログラム】前半1. 診断から治療選択までの支援2. 妊孕性に悩む患者の支援3. 手術後のボディイメージの変容への支援4. リンパ浮腫の予防にむけたセルフケア支援5. 薬物療法を受ける患者の看護後半6. セクシュアリティへの支援7. 子どもとの関わりに悩む患者の支援8. 就労支援9. 遺伝看護10. アドバンス・ケア・プランニング※プログラムは追加・変更になる場合がございます。※本セミナーは『【治療編】乳がん患者とその家族に関わるときに必要なこと〜「なるほど」につながる知識と技術を学ぼう』と内容が重複する部分がございます。
詳細を見る
開催日
2018年06月24日
会場

明治薬科大学 剛堂会館 1階 第1会議室
東京都千代田区紀尾井町3-27

内容
【ねらい】◆誤嚥性肺疾患を正しく理解する◆iEALDを利用し、実践で活かせる評価法を身につける。◆実際の長期の症例データや画像から状態を確認し、シミュレーションしながら、看護へ活用できるようにする。【講師】井上 登太 先生みえ呼吸嚥下リハビリクリニック 院長・医師【講義内容】本セミナーでは、簡便な評価とリスクへの対応を身につけ、誤嚥性肺疾患が慢性気道炎症であり全身疾患であることを理解することにより、その予後リスクの推定を目指します。また、実際の肺炎から亡くなるまでの経過の症例データやVF・VE画像を用いて、iEALDを活用しながら、どのような全身状態の方がどのような状況かを確認・実症例にてシミュレーションすることで、臨床へとつなげていきます。【プログラム】1 総論  1.適応手順  2.誤嚥性肺疾患/NHCAP  3.診断所見  4.誤嚥・窒息リスク2 各論  1.i-EALD評価  2.プランの作成方法3 症例検討※プログラムは追加・変更になる場合がございます。【本セミナーについて】※本講義は4〜6名のグループワークにて進行致します。
詳細を見る
開催日
2018年06月24日
会場

名古屋企業福祉会館・4階・第10会議室
〒460−0011名古屋市中区大須2−19−36
  
※交通について
●名古屋駅より地下鉄東山線の「伏見駅」で鶴舞線に乗り換え、「大須観音駅」で下車
 2番出口から徒歩約4分  
●名古屋駅からタクシーで約15分

内容
●講師:品川博二(日本ケア・カウンセリング協会代表理事聖路加国際病院精神腫瘍科、臨床心理士 ) この研修では、私たちが認知症に陥った時、「世界がどのように変貌するのか」という患者さんの不安の視点から理解を試みます。 認知症に関わる全てのケア従事者の皆様に、患者さんの心を受けとめるスキルアップとしてご参加をお勧めします。 (品川博二)★内容人気の研修会です。認知症には様々な種類があり、症状も様々です。学んでも現場では通用しない。研修会参加しても自分の患者さん・利用者さんには通用しない。そういう方々へ、「患者の世界から理解する認知症」を提供いたします。患者さんの中で何がおこっているのか。そして、この研修会は、認知症患者を「ケアする人の心理と行動」の変化でもあります。(1)「なじみの空間」の喪失(2)「つながる時間」の分断(3)「かかわる他者」の疎外(4)認知症対応の基本的問題(5)認知症理解の再構築★日本ケア・カウンセリング協会認定講座 選択科目8単位取得★受講された方全員に「受講証明書」をお渡ししております★
詳細を見る
開催日
2018年06月24日
会場

大阪私学会館(大阪府大阪市都島区網島町6-20)

内容
【開催のねらい】深刻な人材難時代の「確保」「定着」「戦力化」強化術を学ぶ2025年には約40万人が不足するとの見通しが示されている。同時に、医療ニーズを持った在宅高齢者の増加など、介護の高度化・多様化に対応し得る人材の質的向上も図る必要が出てきます。人材を量・質ともに安定的に確保するためには、どのような方法があるのか。求める人材像を明確にして採用戦略を成功させている事業所の実践事例を始め、医療・介護の転職サイトの運営、介護人材と事業所とのマッチング事業をビジネスとして行っているからこそ知っている「求職者の本音」、有識者によるミスマッチを防ぐ選考の工夫、体制整備、助成金の活用など、採用戦略から育成・定着までの重要性と戦力となる人財づくりを先取りしていただきます。【内容】第1講座「介護人材難時代に対応すべき事業所のできること」シンポジウム「人材確保の採用成功例〜求人側と求職側のマッチングを高める〜」ランチョンセミナー「人材確保→定着→育成制度から考える」第2講座「採用から定着・育成・戦力化までの工夫」シンポジウム「求職者から選ばれる事業所づくりの工夫」第3講座「前年度60名超えの職員確保を実現した「ありがとうグループ」の人材確保のコツ」【講師】・志賀 弘幸氏(株式会社シンクアクト 代表取締役)・妹尾 弘幸氏(株式会社QOLサービス 代表取締役)<シンポジスト>三鴨 正貴氏(フロンティーク株式会社 代表取締役)<シンポジスト>上原 理恵氏(有限会社ひなたぼっこさと 代表取締役)※大阪会場<シンポジスト>浅井 千春氏(株式会社プラーナ 代表取締役)<シンポジスト>藤本 進氏(株式会社CBコンサルティング 代表取締役)<シンポジスト>杉本 優斗氏(プロバース株式会社 代表取締役)【詳細】https://www.tsuusho.com/ensure/ 
詳細を見る
開催日
2018年06月24日
会場

銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム)
(東京都 中央区 銀座 7-2-22 TEL:03-6228-5995)

内容
2018年新介護報酬の完全算定と増収・増益をもたらす新介護事業戦略<プログラム>1.2018年医療・介護・障害報酬の同時改定の重点施策と影響分析● 2018年診療報酬改定の重点施策と病院・診療所経営への影響● 2018年介護報酬改定の重点施策と介護事業経営への影響● 医療・介護・障害事業の融合時代の到来と医療・介護・障害連携施策2 .居宅系サービス報酬の通知・Q&Aの徹底解説による完全算定と新事業戦略● 居宅介護支援、訪問介護、訪問看護、訪問リハ他● 通所リハ、通所介護、認知症通所介護、療養通所介護 ● ショートステイ、小規模多機能型居宅介護● 看護小規模多機能、定期巡回・随時対応サービス3 .施設系サービス報酬の通知・Q&Aの徹底解説による完全算定と新事業戦略● 老人福祉施設・地域密着型老人福祉施設● 老人保健施設・地域密着型老人保健施設、転換型老人保健施設 ● 介護療養病床と介護医療院4.居住系サービス報酬の通知・Q&Aの徹底解説による完全算定と新事業戦略● グループホーム・特定施設(ケアハウス・有老ホーム・サ高住・他)5.新設・変更基準の届出見直しと上位基準取得の実践ノウハウ● 2018年介護報酬改定に伴う新設・変更指定基準(施設・人員・運営)● 新設・変更基準の届出見直しと上位基準取得による増収・増益対策6.2021年介護報酬改定が見えてくる施策を読み解き“先手必勝”の新介護事業戦略● 2021年介護報酬改定が見えてくる数々のメッセージを読み解く● 2018年同時改定をチャンスにし、成長発展する2025年に向けた新介護事業戦略<講師>保健・医療・福祉サービス研究会 診療介護報酬・医療介護事業経営指導講師株式会社M&Cパートナーコンサルティング 取締役 酒井 麻由美 氏
詳細を見る
開催日
2018年06月24日
会場

銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム)
(東京都 中央区 銀座 7-2-22 TEL:03-6228-5995)

内容
2018年診療報酬改定の疑義解釈による完全算定と成長発展する新病院経営戦略〜答申された診療報酬改定内容(新設点数・変更点数・新設基準)を分析し、新設・変更点数の詳細解説で新報酬の完全算定と上位基準の早期届出のために〜<プログラム>1.2025年改革シナリオにおける2018年同時改定の位置づけと重点施策・地域医療構想と地域包括ケアシステム構築の実現をめざした2018年同時改定・2018年診療報酬改定、介護報酬改定の重点施策とその影響分析2.医療機能別診療報酬改定の新設・変更基準・報酬の通知、Q&Aの徹底解説と経営戦略● 高度急性期・急性期病棟に関する改定内容と対応の具体策● 地域包括ケア病棟・回復期リハ病棟に関する改定内容と対応の具体策● 慢性期病棟に関する改定内容と対応の具体策● 病院・診療所(無床・有床)外来に関する改定内容と対応の具体策● 在宅医療に関する改定内容と対応の具体策3.2018年診療・介護報酬同時改定をバネに躍進する病院の新経営戦略・見えてきた2020年診療報酬改定を見据えた新たな経営戦略<講師>保健・医療・福祉サービス研究会 診療介護報酬・医療介護事業経営指導講師株式会社M&Cパートナーコンサルティング 取締役 酒井 麻由美 氏
詳細を見る
開催日
2018年06月24日
会場

八王子市芸術文化会館いちょうホール
(東京都八王子市本町24番1号)

内容
施設や病院内の限られた環境で、姿勢保持や座位保持を考え、結果を出していくためのセミナーです。全てのシーティング理論をまとめ、臨床で生かしていくための技術を習得し、臨床にあるものだけでの座位保持の方法を学び、身近にある物や病院、施設ですぐ準備出来る物を使って、徐圧効果のあるクッションを作ります。■ 理論編 世界中のシーティング、座位保持の概念や技術をまとめ、急性期、回復期、維持期それぞれの回復段階や状態に合わせた姿勢保持を考えます。 姿勢とは運動であり日常様々な姿勢を作るため、ひとつの概念や技術だけでは、運動を切り取った姿勢という画像を見ているようなもので応用できません。 運動や日常生活動作に合わせるためには画像ではなく、動画として姿勢を捉え,その障害回復段階やADL(日常生活活動)に合わせたシーティング、フィッティングの技術が必要となります。以上を明らかにし、臨床に生かしていくための技術を習得します。■ 実技編理論編の知識を技術に変えていきます。臨床にあるものだけで、座位保持クッションを作ります。使うものはタオル、バスタオル、段ボール等身近にある物や病院、施設ですぐ準備出来る物です。 これらの物品の利用と物理学や主催協会の研究知見をプラスし、『エアフォースクッション』と『ゲルフォースクッション』など徐圧効果のあるクッションを作ることが可能です。 実際に作って持ち帰っていただきます。
詳細を見る
開催日
2018年06月24日
会場

神戸リハビリテーション福祉専門学校
住所:兵庫県神戸市中央区古湊通1丁目2−2

JR神戸駅より徒歩3分

内容
関西医療大学の鈴木俊明先生より立ち上がり・立位・歩行の評価とハンドリング技術が学べるセミナーです。本セミナーでは臨床動作促通法を通じてどのようにセラピストの手を使えば、どのようにハンドリングすれば立ち上がり、立位、歩行などを円滑に誘導することができるかについて学ぶます。特に以下の点について鈴木先生よりご解説をいただきます。動作分析を通じて機能障害を導き出す評価方法機能障害に対して治療の優先順位を決定していく方法機能障害を改善させるための動作誘導のハンドリング技術鈴木俊明先生は臨床動作分析のスペシャリストで、機能障害を明らかにしていく臨床展開を重視されており、その評価法や治療法は多くのセラピストに支持されています。機能障害を明確にできない運動療法では、効率や効果の低い治療結果になることが多く、また、もし治療結果が良好なものであったとしても、再現性の低い運動療法になってしまいます。また、動作を阻害している機能障害を改善させるためには、質の高い動作誘導が必要となります。機能障害が明確になっていても、当該部位を改善させるための動作誘導すなわちハンドリングができなければ、良好な治療結果を得ることはできません。立ち上がり・立位・歩行の動作分析を通じて、機能障害を特定し、機能障害を改善させるハンドリング技術を学びたい方はぜひ、受講を検討ください。
詳細を見る
開催日
2018年06月24日
会場

株式会社Work Shiftセミナールーム
住所:大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル 403号室

阪急線南方駅下車 徒歩3分
地下鉄御堂筋線西中島南方駅下車 徒歩2分
JR線新大阪駅下車 徒歩8分

内容
2018年度介護報酬改定が行われ、老人保健施設は、本来機能である在宅復帰や地域の生活期リハビリテーション拠点施設としての役割が求められ、まさに経営や運営の転換時期を迎えています。在宅復帰や生活期リハビリテーションの拠点として機能するためには、旧態依然とした老人保健施設の運営から脱却し、真の意味でリハビリテーション機能を有する老人保健施設にならなければなりません。漫然とリハビリテーションサービスを行っている、在宅復帰できるはずの人が出来ていない、ベッド稼働率だけを意識して、利用者が回転しない、在宅復帰支援にスタッフが後ろ向きである・・・こういった老人保健施設が世の中には沢山あるのも事実です。また、老人保健施設のリハビリテーションは他のリハビリテーション施設と比べて、人材やマンパワー不足、ノウハウ不足など課題を有しています。それらの課題をどのように解決すればよいのでしょうか?そのヒントが得られるセミナーを開催致します。本セミナーでは、2025年に向けた老人保健施設のリハビリテーションを展望すると共に、生活期リハビリテーション拠点施設としての課題解決や取り組みを学習をいたします。老人保健施設のリハビリテーションのあり方や運営にご興味のある理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、事務長のご参加を多数お待ちしております。セミナー内容1)診療報酬・介護報酬の動向2)老人保健施設の目指すべき方向性3)利用者確保のマーケティング4)老人保健施設の役割と特徴5)超強化型老人保健施設への取り組み6)通所リハビリテーションや通所介護との連携事例講師高木 綾一 先生株式会社Work Shift 代表取締役光田 尚代 先生医療法人寿山会 介護老人保健施設ヴァンベールリハビリテーション部 課長理学療法士介護支援専門員
詳細を見る
開催日
2018年06月24日
会場

川崎市コンベンションホール ホールC
(川崎市中原区小杉町2丁目276-1)

内容
認知症に関する最新の知識や情報を、広く地域の介護者、介護従事者の皆様と共有することを目的に定期的な研修会を開催しています。6月24日(日)に川崎市コンベンションセンターにて、認知症研究の第1人者 長谷川和夫医師のご子息で医師の長谷川洋さんをお招きし、認知症とうつ病をテーマに講演をしていただきます。
詳細を見る
開催日
2018年06月25日
会場

川崎市教育文化会館
(川崎市川崎区富士見2丁目1-3)

内容
平成27年度から実施している「介護事業経営マネジメント支援事業」。これまでのべ1,700名の方にご参加いただいた経営マネジメントセミナー、毎年30法人様にご活用いただいております経営アドバイザー派遣の内容を今年度はさらに充実して実施いたします。今年度改正になった介護保険制度。予測されていたマイナス改定には至らなかったものの、今後の介護事業を展望した戦略的な取り組みが必須となっています。そこで、加算要件の変更等改正の要点と今後の介護事業の展望を踏まええて、当事業を効果的に活用していただけるよう説明会を実施いたします。「平成30年度 介護事業経営マネジメント支援事業説明会」第1部 基調講演    「介護保険制度の改正の要点と今後の介護事業の展望」    講師:松川 竜也 氏(一般社団法人 神奈川県介護支援専門員協会 副理事長)第2部 当事業説明
詳細を見る
開催日
2018年06月26日
会場

ウィリング横浜(横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内)

内容
アンガーマネジメントとは、「イライラ」や「怒り」の感情(アンガー)と上手につきあっていく(マネジメントする)ための心理技術です。怒りの本質やコントロールする技術を学ぶことで、叱る側の気持ちだけでなく、叱られる側の気持ちを理解することができます。本研修では、アンガーマネジメントを活用した指導方法や伝え方を学び、上司と部下、先輩と後輩の人間関係におけるプラスの作用を目指します。≪カリキュラム≫■アンガーマネジメントの活用アンガーマネジメントとは怒りの感情について■人材育成で必要なこと誤りを伝える意味「ほめること」と「叱ること」■叱る側と叱られる側の感情の違い■実践で学ぶ叱ることの意味と上手な叱り方
詳細を見る
開催日
2018年06月26日
会場

エイドケアカレッジ博多校
(福岡市博多区上呉服町2‐15 SO HAKATAビル3階)

内容
知的障がい者・精神障がい者の方を支援する事業所の新しい加算要件となる資格です。強度行動障害支援に関する知識及び技術を習得する福岡県指定研修です。(現在は基礎・実践研修連続受講の方を中心に受け付けております。)
詳細を見る
開催日
2018年06月26日
会場

株式会社Work Shiftセミナールーム
住所:大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル 403号室

阪急線南方駅下車 徒歩3分
地下鉄御堂筋線西中島南方駅下車 徒歩2分
JR線新大阪駅下車 徒歩8分

内容
近年、急性期・回復期・生活期の時期を問わず、摂食嚥下障害への対応が求められています。患者や利用者の高齢化が進む医療や介護の現場では、高齢化に伴う様々な問題が顕在化しています。その代表例が、摂食嚥下障害です。摂食嚥下障害による低栄養状態・肺炎・低血糖・服薬困難・・・・など様々な問題が連鎖的に生じ、患者や利用者の心身状態を悪化させていくことを経験した方は多いのではないでしょうか?理学療法士・作業療法士・言語聴覚士はリハビリテーション専門職ですが、全職種が高いレベルで摂食嚥下障害の評価と治療ができるわけではありません。しかし、介護施設や訪問リハビリテーションの現場では、職種に限らず摂食嚥下障害に関する評価や対応が求められることが多く、その対応に難渋した理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は多いのではないでしょうか?本セミナーでは、摂食嚥下障害に造詣の深い西川正一郎先生を講師にお迎えして、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士に必要な摂食嚥下障害の知識と実践方法についてお話をいただきます。基礎から摂食嚥下を勉強したい方理学療法士・作業療法士だけど摂食嚥下リハビリテーションを学びたい方などには最適のセミナーとなっています1)摂食・嚥下のメカニズム2)PT・OTが知っておきたい嚥下の評価(実技)3)PT・OTが知っておきたい嚥下の治療(実技)講師西川正一郎先生医療法人大植会葛城病院リハビリテーション部 理学療法課 課長関西医療大学 大学院 理学療法士専門理学療法士(生活環境支援系)福祉住環境コーディネーター2級
詳細を見る
開催日
2018年06月26日
会場

聖学院大学4号館4階4402教室

内容
保健・医療・福祉現場や企業で対人援助の仕事をしている方々の実践のレポートをもとに自身のソーシャルワーカーとしてのかかわりについて互いにふりかえる機会を持つプログラム
詳細を見る
開催日
2018年06月26日
会場

ウェルIMCビル
大阪市生野区巽中3丁目20-12(内環沿い)
大阪地下鉄 千日前線 南巽駅 徒歩3分

内容
 介護技能実習生制度の一番人気国ベトナムで介護施設への送出しを政府より許可されたのは何と6社のみとなりました。(2018年6月1日現在)そのうち4社は協同組合ウェル国際技能協力センターと信頼の置ける連携・契約をしております。確実に実習生を受け入れる為には信頼の置ける組合に加入しないと、今後受け入れられない事となるでしょう。このような状況を踏まえ、協同組合ウェル国際技能協力センターでは、病院・介護施設(高齢・障がい)の人事担当者様、理事長様、施設長様、事務長様を対象としたセミナーを開催させていただきます。第1部介護技能実習生を確実に受け入れる方法と現場での育成方法とは!第2部介護・日本語遠隔授業システム紹介・実習生スカイプ面接(希望者)・介護・日本語遠隔授業システムを紹介します。・ベトナム人候補生の生の声を聞いてみてください。候補生と直接お話しを頂けます。
詳細を見る
開催日
2018年06月27日
会場

宝山ホール
(鹿児島市山下町5-3)

内容
1.業務改善の考え方を徹底する  ・課題解決のプロセスと「悩み」の発生メカニズム  ・業務改善のおすすめパターン  ・職場の分析3つの視点 2.目標力  ・魅力ある目標  ・目標意識の違いが生む行動の違い 3.情報共有力  ・情報共有を阻む 3 つの壁  ・事実と意見  ・情報共有仕組みの極意  ・連携力を上げる報連相の使い方 4.信頼関係力  ・挨拶は信頼構築の第一歩  ・信頼と安心  ・外部に対する信頼 5.育成力  ・行動を決める5つの要素  ・モチベーションの保ち方  ・原因追及時の注意点  ・人財育成は募集からはじまっている 6.成果の出る会議のススメ  ・成果の出ない会議の諸症状  ・本来の会議の組み立て方 あなたは職場で、「言ったことが通じない」、「方針(指示)どおりに行動しない」、「接遇が荒い」、「人が定着しない」、「仕事に対するモチベーションが低い」、「会議が長く結論が出ない」、「連携が乏しい」、と感じたことはありませんか? これらを何とかしたい!と思っているあなたには、この講座はヒント満載、問題解決の糸口となるでしょう。業務改善の成果を上げ、効果をリバウンドなく 継続させるためは「4つの力」(目標力・情報共有力・信頼関係力・育成力)が必要です。本講座は「4つの力」に基づき、あなたの職場を分析し、効率良い改善点を見つけ、行動し、成果を出すノウハウを提供します。講義に加え、効率良い会議の技術などを交え楽しく、体感、理解してもらえるカリキュラムとなっています。講師:小田昌敬(おだ・あきのり)社会福祉士/ファシリテーター株式会社代表取締役
詳細を見る
開催日
2018年06月27日
会場

テクノプラザ愛媛 本館 2F
〒791-1101 松山市久米窪田町337-1

内容
☆★☆第5回ウェルスセミナー☆★☆■セミナータイトル〜介護保険改定後の重点施策!!〜『営業・稼働率アップ!!加算取得・コスト削減!!』4月から介護保険改定が行われ、各事業者さんは慌しくその対応に追われたことと思います。今回の介護保険改定は0.54%のプラス改定とは言え、事業者さんが一安心して良いかと言えばそうではありません。4/11には財務省が既に次期介護保険改定に向けての視点を発表するなど、目まぐるしく状況が変化していきます。本セミナーでは財務省が発表した次期介護保険改定に向けての視点を含めながら、介護保険改定後の重点施策としてかかせない、営業力アップ、稼働率アップ、加算取得のポイント、コスト削減のポイントについてお話したいと思います。■タイムスケジュール(予定)13:30〜13:40 主催者挨拶 13:40〜14:50 セミナー14:50〜15:00 休憩15:00〜15:30 セミナー15:30〜16:10 グループワーク16:10〜16:30 セミナー■講師介護経営コンサルタント 佐藤 慎也■講師プロフィール50法人以上のコンサルティング実績を持ち、自らも介護事業の運営に携わっていたため、経営者からスタッフまで、それぞれの立場にあった指導・提案をすることで圧倒的な支持を得ている。介護業界の動向を解説したメルマガの発行やコラムの執筆を行ながら、全国各地にて幅広い分野で年間100本以上の講演を行う。
詳細を見る
開催日
2018年06月27日
会場

RCC文化センター 612

[住 所]〒730-0015 広島市中区橋本町5-11
[最寄駅]広島駅(南口・在来線口)から徒歩10分、広電銀山町電停から徒歩5分

内容
介護事業者に必要な営業とは?事例をもとに本質的な営業を考えますどの様に営業を捉えるか?小手先のテクニックに留まらず本質的に営業を考え、改善することで、効果は大きく変わります。様々な取り組み事例をもとに営業を解説して参ります。=こんなことがわかります=・本質的な営業・効果的で、効率的な営業方法&管理・具体的な営業事例【講師紹介】大塚 洋幸株式会社礎 代表取締役株式会社リップル 取締役、株式会社カルディアコーポレーション 取締役、一般社団法人埼玉県介護支援専門員協会 理事、越谷市介護給付費審査会 委員、埼玉県介護支援専門員 実務・更新研修講師、埼玉県主任介護支援専門員研修 講師(リスクマネジメント分野)
詳細を見る
開催日
2018年06月27日
会場

御殿山トラストタワー4階「MMPGセミナールーム」
(東京都品川区北品川4-7-35)

※JR線品川駅から徒歩10分、無料送迎バス有り
※京浜急行線北品川駅から徒歩10分

内容
13:00〜 開場13:30〜15:00 テーマ:「介護報酬改定で求められる新たな指標」         講 師:株式会社 川原経営総合センター              シニアコンサルタント 田中 律子             ・新たな加算項目を指数管理する             ・キャリア育成と組織成長を指数管理する             ・経営管理指数のポイント15:15〜16:30 テーマ:「コンサル事例の紹介」         講 師:株式会社 川原経営総合センター             コンサルタント 清水 俊弘             コンサルタント 金沢 幸蔵             ・業務の効率化             ・指数管理定着までの課題             ・経営改善計画(借入返済計画の変更)
詳細を見る
開催日
2018年06月27日
会場

長谷工パビリオン芝 1Fセミナールーム
(東京都港区芝2-6-1 長谷工芝二ビル)

内容
● 昨日まで元気だった親が、突然入院! まず、何をすればいい?● 親の医療費・介護費は、親の貯蓄でまかなえる?● 介護サービスや施設の種類が多くて、よくわからない● 仕事と介護の両立が厳しいけど、無理をするしかない?「介護」を乗り切るカギは「自己申告」と「情報収集」!親の老化を感じて、ハッとしたことはありませんか?いつまでも元気でいてほしい、いるものだと思い込み、何も準備をしないことこそ、介護離職へつながります。さまざまな事例をもとに、自分と親のよりよい老後を一緒に考えてみませんか。
詳細を見る
開催日
2018年06月27日
会場

大阪市中央公会堂(大阪市北区中之島1丁目1番27号)
第4会議室

内容
第4回社会福祉法人会計スキルアップセミナーin中之島中央公会堂経営幹部が知っておきたいこれからの社会福祉事業戦略監査延長のための専門家支援の活用と経理スタッフの残業をなくす取り組み理事長職・経営幹部職が当然に理解すべき事項を、実例を交えながら解説いたします。会計監査人制度・専門家支援制度を有効活用するために必要な要件と、経理事務の負担を減らしつつ適切な会計処理を行うための組織作りをご提案します。月次決算を組むのに苦労している施設の理事長・施設長などの幹部職様、経理担当者様はぜひご受講ください!・支援制度と所轄庁監査の延長・公認会計士業界の動向・経理スタッフの残業削減へ・内部統制・人的リスク解消のご提案
詳細を見る
開催日
2018年06月27日
会場

ACU札幌
〒060-0004
札幌市中央区北4条西4丁目読売北海道ビル3F ACU−Y0313

内容
【基調講演】情報ネットワークの強化が院内連携の本質を変える!13:40〜14:30    講師:兵藤 敏美氏(ひょうどう・としみ)●千葉県済生会習志野病院 事務次長・経営画室長。 1994年、厚生事務官として国立東京第二病院(現・国立病院機構東京医療センター)にて、医事課入院係に従事。退官後、いくつかの病院で医事、用度、システム開発などを行う。2000年、医療コンサルタント会社にて、開業、システム導入、経営コンサルタントなどを担当。02年、千葉県済生会習志野病院医事課主任として勤務。05年、システム情報課 課長、14年、経営企画室室長。16年、事務次長を兼任。【講  演】 医療向けネットワークソリューション、新無線LAN技術紹介 14:30〜15:00アライドテレシス(株) マーケティング統括本部 GlobalProductMarketing部 【講  演】 セキュリティ対策 15:10〜15:40アライドテレシス(株) サイバーセキュリティ推進技術部  【企業プレゼンテーション】SKY株式会社/テルモ株式会社 15:40〜16:30【講  演】 デモプレゼン 16:30〜17:00アライドテレシス(株) サポート&サービス事業本部
詳細を見る
開催日
2018年06月28日
会場

振興会セミナールーム(横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9F)

内容
皮膚トラブル(「スキン-テア」(皮膚の裂傷等)「おむつかぶれ」「褥瘡」など)は、早期に発見・報告すれば、ケアの工夫で重症化することを防ぐ事ができます。本研修では、皮膚と皮膚トラブルの基本知識を学び、色々な皮膚トラブルの予防から発生後のケア方法について根拠をもって実践できるようにわかりやすく実技を交えて学んでいきます。≪カリキュラム≫ ◎基本の基本!皮膚構造◎皮膚トラブルの基礎知識スキンテア・おむつかぶれ・褥瘡◎ 皮膚トラブルの予防と対処方法◎排泄ケア(おむつかぶれ)・排泄の基礎と観察ポイント・洗浄方法とおむつの使い方◎ 褥瘡・ 褥瘡の基礎と観察ポイント・すぐに使える対処方法◎ストーマ(人工肛門)・ストーマケアの基礎と観察ポイント・ストーマ周辺皮膚トラブルの原因と予防的スキンケア
詳細を見る
開催日
2018年06月28日
会場

<集合場所・視察研修会場>
リハビリテーション颯 横浜青葉
神奈川県横浜市青葉区しらとり台57-6
プリムローズM二番館1階 TEL 045-989-3711

<視察会場>
デイサービス 藤の台
東京都町田市本町田3486番1-52-103
TEL 042-710-6651

内容
通所事業(一般デイサービス・リハビリ特化型デイサービス等)全てにおいて満員、その手法とエンゲージメント戦略を現地で学ぶ!楓の風グループにおける戦略的通所事業の取り組みと今後の経営戦略〜地域No.1事業へ成長発展する経営手法から、高品質のサービス提供の実際を学ぶ〜<プログラム>1.開会挨拶・視察オリエンテーション2.講演(1)「楓の風グループの事業概要」 在宅療養支援 楓の風グループ 代表 小室 貴之 氏※講演後、リハビリテーション颯 横浜青葉を見学3.施設見学 〜バスで移動・リハビリテーション颯 横浜青葉*短時間型(3−5)、午前・午後2部制 豊富なリハプログラム提供とPDCAを用いた自立支援の実現を目指す ・デイサービス藤の台(自立支援プログラム)※自立支援型で半日滞在5−7、入浴なし。  再び講演会場(リハビリテーション颯 横浜青葉 研修室)へ移動—昼食・休憩(40分)—4.講演(2)「活動」と「参加」を目指す通所介護実践のあり方 在宅療養支援 楓の風グループ 通所事業部長 渡辺 明子 氏※途中でグループに分かれて、リハビリテーション楓のシステムや帳票の説明と現場見学を行います。(35分)「楓の風グループにおける戦略的通所事業の取り組みと今後の経営戦略」 〜地域No.1事業へ成長発展する経営手法から、高品質のサービス提供の実際を学ぶ〜 在宅療養支援 楓の風グループ 代表 小室 貴之 氏5.全体質疑・全体討論 〜コーヒータイム含む〜<現地解散>
詳細を見る
開催日
2018年06月28日
会場

フォレスト仙台
(仙台市青葉区柏木1-2-45)

内容
●脳卒中片マヒ者の障がいを理解する  右片マヒ・左片マヒに共通した障がい/右片マヒ特有の障がい/左片マヒ特有の障がい/ 運動マヒの回復の特殊性/上肢の共同運動/肩関節の亜脱臼/上肢と手指の拘縮の模式図/下肢の共同運動/簡易ステージ検査法/下肢のステージ別生活援助法 ●パーキンソン病者の障がいを理解する  誤解される原因/パーキンソン病の古典的三大主徴/新しいパーキンソン病の主徴/ケアのポイント〈医療管理と運動・人間関係の場をつくる・いざという時 (機能低下時)のすみやかな介護力の確保〉 個別ケアの重要性が謳われる中、個別化のためには一人ひとりの障がいの特徴を理解して関わることが必要不可欠です。スタッフにぜひとも知っていてほしい、身体障がいの特徴の知識とそのケア方法をわかりやすくお伝えします。  右片マヒ、左片マヒによる特徴ある障がいに対するケア、「やる気がない」、「甘えている」など誤解の多いパーキンソン病者へのケア、それぞれの状況に見合った新しいケアを展開しましょう。脳卒中に伴う手足の運動マヒのレベルに応じた対応法など、具体的に、かつ現場で即実践できるように、わかりやすく解説いたします。講師:大塚洋(おおつか・ひろし)新しい介護研究所代表/理学療法士/介護支援専門員 /福祉用具専門相談員/ キャラバンメイト/生活リハビリ研究所・介護アドバイザー
詳細を見る
開催日
2018年06月28日
会場

株式会社エス・エム・エス コミュニケーションラウンジ
(住友不動産芝公園タワー18階)

[住 所]東京都港区芝公園2-11-1 住友不動産芝公園タワー
[最寄駅]都営三田線「芝公園駅」出口A3より徒歩2分、 都営大江戸線・都営浅草線「大門駅」出口A3より徒歩6分、JR線・東京モノレール「浜松町駅」金杉橋口より徒歩7分

内容
介護事業者に必要な営業とは?事例をもとに本質的な営業を考えますどの様に営業を捉えるか?小手先のテクニックに留まらず本質的に営業を考え、改善することで、効果は大きく変わります。様々な取り組み事例をもとに営業を解説して参ります。=こんなことがわかります=・本質的な営業・効果的で、効率的な営業方法&管理・具体的な営業事例【講師紹介】鎌田 陽平株式会社アイケア 代表取締役◆異業種である外食産業でのマネジメント経験10年からの転身。介護事業ではFC加盟店として、短時間のリハビリデイを立ち上げ、5ヶ月で60人契約。訪問介護事業を立ち上げ、開業1年で売上350万。2拠点の事業安定後、独立。現在も月商平均500万円の訪問介護事業所を経営している。
詳細を見る
開催日
2018年06月28日
会場

TKP横浜ビジネスセンター ミーティングルーム7A
(神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-30-8)

内容
第1部 自法人の課題を整理する現状分析と等級制度設計法1.現状分析で自法人の課題を整理し、改定方針を決定する●労働分配率を業界平均と比較し、自法人の生産性を分析する●世間相場と比較することで、自法人の給与水準を再検討する●現状分析に基づき課題を整理し、給与制度の改定方針を決める2.「等級制度」で職員の成長ステップを明確に描く●組織のあるべき姿をイメージし、組織運営に必要な役職を決める●等級フレームの設計は、職員数・施設数を踏まえる●職員の成長ステップは何段階あるかを考え、等級フレームに落とし込む●能力基準の等級制度を設計する際に抑えるべきポイント 等第2部 職員の意欲を高める給与体系構築法と職員への周知方法1.職員のモチベーション向上につなげる給与体系の設計方法●今も社会福祉法人に多く見られる公務員準拠型給与制度の問題点●「増やすべき手当」と「減らすべき手当」を見極める●基本給の設計にあたっては、土台となる「2つの原則」を踏まえる●基本給表作成の具体的実務と抑えておくべきポイント 等2.新給与体系への移行処理と職員周知における留意点●給与移行シミュレーションの実際例と調整方法●改定後の新しい給与体系に当てはまらない職員への対処の仕方●職員説明会で押さえるべきポイントと説明資料の具体例 等
詳細を見る
開催日
2018年06月29日
会場

医療法人社団淳英会おゆみの診療所
千葉県千葉市緑区大金沢町364-1 
TEL 043−293−8640(直通)

内容
外来維持期リハビリの通所リハビリ移行と短時間通所リハビリ運営システム構築の実際〜介護保険移行をチャンスに、生活期リハビリテーションの機能強化とリハビリ効果を実現する魅力あるプログラム整備、スタッフ育成の実践に学ぶ〜<プログラム>1.視察オリエンテーション2.講演1「医療法人社団 淳英会の概要と通所事業の経営戦略」〜通所リハビリ運営システム構築と人材育成の進め方〜医療法人社団 淳英会 統括事務長増田 貴之 氏3.講演2「総合事業を活用した地域の通いの場へ繋げるシステムについて」元気UPテラスおゆみの 管理者・理学療法士角田 裕一 氏4.施設見学1おゆみの診療所(通所リハビリ)・介護老人保健施設おゆみの(通所リハビリ・入所)・元気UPテラスおゆみの(総合事業) −昼食休憩(60分)−昼食後移動(20分) (おゆみの診療所 ⇒ おゆみの整形外科クリニック)5.施設見学2おゆみの整形外科クリニック(通所リハビリ・外来リハビリ)見学後移動(20分) (おゆみの整形外科クリニック ⇒ おゆみの中央病院)-コーヒータイム(10分)-6.講演3「医療法人社団 淳英会における3事業所12クールの短時間リハビリの運営実務と実践例」医療法人社団 淳英会 おゆみの診療所 通所リハビリテーション科 副主任・理学療法士 丸 晃典 氏7.施設見学3おゆみの中央病院(通所リハビリ・外来リハビリ・入院病棟)8.全体質疑・全体討論16:30 現地解散
詳細を見る
開催日
2018年06月29日
会場

セントワークス株式会社 
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1 RBM東八重洲ビル7F

内容
▼セミナー概要▼介護職員の需給推計を最新の統計データを基に再試算したところ、2035年時点で介護職員は69万人不足し、「一億総活躍社会・介護離職ゼロ」を実現しようとすると、79万人の介護職員が不足すると予想されております。この危機を乗り越えて、介護事業所として生き残っていくには、人材採用と定着対策を徹底的に行い続けるしかありません。今回のセミナーでは、介護業界に特化した社会保険労務士が取り組みやすい事例を分かりやすく解説いたします。▼セミナーのポイント▼・「応募が全く来ない」と行き詰っている事業者様へ  成功例を元にした人材採用のヒントをお伝えします。・人材採用に成功しても、「定着率が悪い」と感じている事業者様に ”離職ストップ”のノウハウをお伝えします。・人材定着対策にかかるコストについては助成金を活用し、 「人材定着」「コスト削減」のダブルメリットを得ることが出来ます。▼講師情報▼吉澤 努 (よしざわ つとむ)氏 ・よしざわ社労士・社会福祉士事務所 代表医療法人で法人全体の事務部門の責任者として勤務する傍ら、平成24年社会保険労務士試験合格。平成26年開業。介護事業所の中で実際に働き、現場を直接見てきたという経験に、労働法・社会保険制度・助成金制度の専門家である社会保険労務士という法的な観点をミックスさせた「実践型介護特化社会保険労務士」として活動中。
詳細を見る
開催日
2018年06月29日
会場

銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム)
(東京都 中央区 銀座 7-2-22 TEL:03-6228-5995)

内容
「ポスト・成長時代」に適応した近未来型社会福祉法人の経営戦略シナリオ〜公共福祉から「民間福祉」へ地殻変動を起こさざるを得ない我が国を、根底から支える社会福祉法人経営戦略の策定と実践を理解する〜<プログラム>1. 財務省財政制度等審議会の動向と日本の社会保障の財政負担の限界並びに制度疲労の現実2. 社会福祉法人制度改革が導く、社会福祉法人のあり方の再設計と進む経営者の選別3. 2025 年以降の我が国の地域福祉の土台を支える「近未来型社会福祉法人」の新常識(1)ガバナンスと内部統制のレベルはこうなる(2)マーケティング・ポジショニング至上主義の終焉 〜大規模化の戦略は攻めから守りへ〜(3)制度のパラダイムシフトへの対応は、マネジメント力のハイレベル化から(4)企業のCSR と連動する「公共福祉」から「民間福祉」へ4. 近未来型社会福祉法人経営戦略の具体化(1)ガバナンスと内部統制の要としての「内部監査部門」のアウトソーシング(2)合併及び吸収、事業譲受戦略部門の立ち上げ(3)マネジメント力&リーダーシップ力向上のための役員及び管理職教育(4)ファンドレイジング部門の立ち上げのための外部専門家活用<講師>保健・医療・福祉サービス研究会 介護・医療・障がい経営戦略指導講師 ポスト・ヒューマン・ジャパン株式会社 代表取締役社長 福祉・介護・医療経営戦略・AI・ロボット・IOT導入支援コンサルタント谷本 正徳 氏
詳細を見る
開催日
2018年06月30日
会場

リロの会議室「田町」
(東京都港区芝5-26-24 田町スクエア)

内容
今回の介護報酬改定では、「自立支援、重度化予防の取り組み」を強化し、「質の高いサービス」を実現することが求められています。当セミナーでは、本当の意味での自立支援とは何かを理解し、その上で環境・プログラム・システムなど、これからのデイの運営に必要なことを分かりやすくお伝えし、総合的な自立支援のデイづくりを学びます。1.自立支援とは (1)自己選択・自己決定・自己遂行の支援 (2)「尊厳を伴った自立支援」とは2.何を「自立支援」するのか (1)「身体機能改善」の限界と「ADL改善」の限界と留意点 (2)「裏価値観の植え付け」の注意 等 (3)介護は「豊かな生活」「充実した人生」の実現を支援する3.制度が求めるデイサービス、デイケアについて (1)デイの機能 (2)今後必要となるデイの機能4.過剰介護について (1)身体面での過剰介護と精神面での過剰介護 (2)TPOに応じた対応 (3)人生総体から考える自立支援5.自立支援の環境づくり (1)環境の種類 (2)自立支援の環境づくりの考え方 (3)自立支援の環境づくりの例6.自立支援の介助技術 (1)自立支援の介助の考え方 (2)介助技術   ●食事介助 ●移動介助 ●起立・歩行介助 他 (3)福祉用具・自助具の活用7.自立支援のプログラム (1)デイプログラムの考え方 (2)自立支援のデイプログラムの例8.自立支援のシステムづくり (1)自立支援のシステム作りの考え方 (2)自立支援のシステムの例9.「地域包括ケア」「共生社会」の中での自立支援のデイづくり (1)より大きな形での自立支援の考え方 (2)デイの力は無限大10.その他
詳細を見る
開催日
2018年06月30日
会場

1日目:6月30日(土)
 中央大学駿河台記念館(千代田区駿河台3-11-5)

2日目:7月01日(日)
 お茶の水ケアサービス学院(千代田区岩本町1-10-3)

内容
1)看護師長は何をすべきか 〇患者が困っていること、患者が気付かない問題 〇看護師は何をする人 ・看護師は医師の指示を遂行できればよいか ・「仕事をこなす」人は、患者の自然治癒力を高めているか 〇看護師長は何をする人 ・看護の質を保証する看護組織をつくる *「看護の質を保証する」とは、何をどのようにすることか2)看護師長として知っておきたいこと 〇遵守しなければならないこと ・保健師助産師看護師法 ・医療法 ・入院基本料 ・労働基準法 3)看護師長の能力開発 〇問題解決思考、変革に取り組む思考 〇患者の問題解決を行う組織運営:看護師自らが動く組織 ・看護ケアマネジメント ・看護実践の標準化と仕組み作り ・看護師各自が役割を自覚 〇看護師の能力はどのようになればよいか、どのように指導するか ・看護師の臨床実践能力 ・臨床判断をのばす問いかけ 〇時間管理2025 年に向けてめまぐるしく変化する医療を取り巻く環境の中で,病院は組織構造等を変化させて対処しています。この状況下で,看護師長はさまざまな対応をしなければなりませんが,「何をどうした らよいかわからない」「何も考えられずに,行動を起こせない」といった看護師長がいます。少し立ち止まり,組織を見直し,ビジョンを掲げ,看護師と共に,看護師の本務である「患者の問題解決」に取り組む組織の構築を行いましょう。講師:得丸尊子(とくまる・たかこ)有限会社ナーシングサポートセンターすばる代表/元・大分医科大学(現大分大学)医学部附属病院看護部長
詳細を見る
開催日
2018年06月30日
会場

BIZ新宿 会議室C(新宿区立産業会館)

東京都新宿区西新宿6-8-2


★最寄駅
・東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅(2番出口)」徒歩5分
・都営地下鉄大江戸線「都庁前駅(A5番出口)」徒歩8分

内容
【サブタイトル】人をストレスフリーにし自主的に行動するチームづくりを可能にするコーチング技法【内容】 組織において今、非常に問題となっている事の一つに、人材をどう育成するかという事があり、管理職の方々は、人材育成に関する様々な悩みを抱えています。指導が上手くいかないと、管理職自らもストレスフルになり、育成される部下もモチベーションが下がり、双方の負のスパイラルが、組織の発展に多大な悪影響を及ぼす事になります。そこでコーチングやティーチングが求められます。しかし、これらの研修を受けても成果が上がらないという声をよく耳にします。その理由の一つに、リーダーや管理職の方々が、セルフコーチングを習得していないという事があります。 管理職が、セルフコーチングを習得する事で、管理職自らが、相手に嫌われる事なく本音を伝え、部下の意識を変容させる事ができる様になります。そのために、部下のやる気が促され、部下を成長させ、組織への帰属意識を高める事ができる様になり組織が活性化します。 本セミナーでは、リーダーや管理職の方々にセルフコーチングの原理原則を体験して頂きます。【受講された方の声】■ 研修を終えて非常に穏やかな気持ちです。チーム作りには大きな課題がありますが本日のヒントが活かせると思います。 (女性M氏)■ 皆様の発言に共感したり新しい発見、思いおこしとても良い時間となりました。上司に受けてほしいです。(女性K氏)■ 管理職でない立場で参加したが大変勉強になった。すぐに活かせると思った。 (男性M氏)【講師】八巻 理恵 氏Artself / 心理コンサルタント 
詳細を見る
開催日
2018年06月30日
会場

[場所]
BIZ新宿 会議室C(新宿区立産業会館)

東京都新宿区西新宿6—8−2

[最寄駅]
・東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅(2番出口)」徒歩5分
・都営地下鉄大江戸線「都庁前駅(A5番出口)」徒歩8分

内容
【内容】 「利用者様に感謝をされたい」「利用者様にありがとうと言われると嬉しい!」という思いがありつつも、介護の現場に携わる中で、介護者が、知らず知らずの内に蓄積された負の感情がコントロール出来なくなり、時にイライラや怒り等(いわゆる負の感情)が、ついつい荒い言葉や、行動となって表れるといった事はないでしょうか。 この状況は、利用者様にも過度のストレスを与えてしまいますし、職場間の雰囲気を悪化させてしまいます。介護現場の現状では、介護者のこの様なストレスが問題になっているケースが多々あります。そこで、介護職員が感情コントロールの手法を知っている事は、より良いサービスを提供していくために欠かせない事です。 感情コントロールとは、介護者が感情を過度に抑制するのではなく、感情を上手く整理し、穏やかに表現しながら、業務にあたれることができる様になる手法です。 本体験セミナーでは、介護者の教育に悩んでいらっしゃる現場のリーダーや管理職の方々向けに、この手法をご紹介し、現場の人材育成に関する問題解決のご相談をお受けし、ご提案を致します。【セミナーのポイント】・習慣化された思考パターンに気づく・気持ちの切り替え方を実践的に習得できる【こんなお悩みに!】・ついつい利用者様にきつくなってしまうスタッフがいる・イライラを解消できにくい【受講された方の声】・知識面だけでなく他の方とのコミュニケーションをとる中で自分のくせに気づくことができました。(I氏)・進行のスピードが場に雰囲気にあい、無理を感じず流れていたように思います。講師のセンスを感じました!(療育関係・S氏)・意識に焦点をあてて考えることの大切さを教えていただきました。【講師】八巻 理恵 氏Artself / 心理コンサルタント 
詳細を見る
開催日
2018年06月30日
会場

大宮ソニックシティ602会議室

内容
行動の激しい人との関わり方がわからない、つき合い方がわからない、と悩む施設職員やご家族のみなさまへ障害のある人の行動が穏やかになり、つき合い方に自信が持てるようになる、わが子、利用者のかたを、愛せると実感できる、そんな、心のケアで関わる方法をお伝えします内容1.障害のある人の地域生活を支援する仕組みと理念2.ヘルパー講習会では教わらない介護の裏技   座り込んだ人の立ち上がり方など、知的障害者特有の介助方法も学びます3.障害を持つ人の心と体を発達させる ムーブメント療法とは 理論と実技4.パニックへの安全な対応法    武道を基にした技術で、自分も相手も傷つけない方法を学びます5.「心のケア」で支える様々な場面の対応法   例えばみなさんの施設では・・・   「激しいパニック時」にどうしていますか?   「こだわって動けない時」にどうしますか?   何も出来ずに待っているだけでは専門家とは言えません。実技と体験を通して   学ぶ「心を支える対応」は、行動障害はもちろん、重心のかたにも有効な共通   のエッセンスなのです。*実技中心なので動きやすい服装でお越しください。*申し込まれた方には受講票を送ります。1週間たっても届かなかったら確認のご連絡をください。*昼食はご用意いたします。
詳細を見る
開催日
2018年06月30日
会場

名古屋国際会議場
(愛知県名古屋市熱田区熱田西町1−1)

内容
認知症の人にどう接していいかわからない、自分のケアに自信が持てない、現場で役立つ実践を学びたい、家族が認知症になって困っている・・・そんなあなたは・・・「パーソンセンタードケアワークショップ」にご参加ください!パーソンセンタードケアとは何か 〜認知症ケアのために〜<ワークショップの内容>1.できることに目を向けよう2.「モノ」扱いしていませんか?3.「自分だったら一体どんな気持ちがする?どうしてほしい?」4.パーソンセンタードケアって??5.その人って、どんな人?6.その人にとっての現実の中に入っていこう7.こんなとき、どんなケアをしたらいい?8.もっとコミュニケーションをとろう9.ここまでのまとめ10.明日からすぐできるパーソンセンタードケア11.「そうは言っても・・・」という人のために12.あなた自身のパーソンセンタードケア
詳細を見る
開催日
2018年06月30日
会場

八王子市芸術文化会館いちょうホール 
(東京都八王子市本町24番1号)

内容
身体質量と重力を拮抗させた環境でポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化が長時間持続するという臨床研究が発表されました。低反撥マットレスを数枚重ねてポジショニングを行うこの環境をRehabilitation & Engineering Design -R.E.D.-とし、2010年より研究が開始されました。 長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張に対する関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。■理論編  症例結果、研究報告重力をコントロールしたポジショニングを行うことで、異常筋緊張に変化が起こり、姿勢、動作、ADLに影響した研究結果と具体的な症例と共にご紹介します。・長期療養生活者の筋緊張の緩和と関節拘縮の変化・慢性閉塞性肺疾患患者の身体機能変化とバイタルの安定・起居動作全介助の状態から短期間で移動、移乗、ADLを獲得した症例群■実技編  臨床への応用・(医学相対性理論、R.E.D.環境の解説) 訓練場面で低反撥マットレスを重ねてポジショニングをとるだけで、筋緊張の変化から関節拘縮の改善が起こります。この原理を紐解きます。・(R.E.D.環境を使った訓練場面でのポジショニング実技) 安定した筋緊張は持続します。再び亢進しても適宜継続して介入することで、姿勢の変化や全介助から自立する症例がみられてきます。この事例を交えながら実践していただきます。・(R.E.D.を生かした各症例に対してのポジショニング実技) R.E.D.環境で簡単に過緊張の筋は緩み、姿勢は変化します。これを疾患別に説明します。
詳細を見る
開催日
2018年06月30日
会場

東洋大学白山キャンパス5号館1階5104教室
(東京都文京区白山5-28-20)

内容
本研修会では、適切な薬剤管理をテーマに高齢者施設や在宅における医薬品使用、服薬管理について学習します。また、診療報酬と介護報酬の同時改定となった2018年診療報酬改定を受けて、医療連携のあり方について解説します。多数のご参加をお待ちしております。
詳細を見る
開催日
2018年07月01日
会場

ウェルおおさか・4階会議室

〒557-0024 大阪市西成区出城2-5-20 大阪市社会福祉研修・情報センター
電話番号06−4392−8200 
JR環状線「今宮」から徒歩10分
市バス「長橋二丁目」バス停すぐ52系統・バス停の前になります。
(なんば〜地下鉄花園町〜あべの橋)
お申し込みの方には受講カードと一緒に詳しい地図をお送りします

内容
講 師  伊内 秋夫(薬剤師(薬学修士・医学博士)) 講師から受講生のみなさんへ医療事故裁判例から業務のあり方、責務などについて考えます。 医薬品に関わる事故を中心としていますが、薬剤師以外の看護師さんも日頃の業務を見直すいい機会になると思います。 事例を4例取り上げ、スモールグループディスカッション(SGD)を併用する事で、考える力を養います。 在宅療養中に起こった事件も取り上げますので、在宅医療にかかわるコ・メディカルの方は是非、一緒に勉強しましょう。内容1 裁判とは?(予備知識として)2 事例1  一言の重さ3 事例2 患者からの聞き取りは命の情報4 事例3 高齢者の家庭内での転倒による死亡事故 5 事例4 花粉症患者の轢死事故6 総括※事例ごとに、座学による説明照会とSGDを組み合わせて行います。★参加された方には受講証明書をお渡しいたします★
詳細を見る
開催日
2018年07月01日
会場

BIZ新宿 会議室C(新宿区立産業会館)

東京都新宿区西新宿6-8-2

★最寄駅
■東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅(2番出口)」徒歩5分
■都営地下鉄大江戸線「都庁前駅(A5番出口)」徒歩8分

内容
【サブタイトル】ご家族への説得力・スタッフ間の報連相・会議でのプレゼンテーションを上達させる【内容】ご家族や利用者様に、サービス提供する前にしっかり説明したつもりが、肝心な情報が伝わっていなく誤解が生じてしまった。そのことでご家族からの協力が得られず、時として予期せぬ苦情を受けることになってしまうことなどないでしょうか?一度与えてしまった不信感。その信頼を回復することは大変困難であります。又、職員間での『報連相』ができていないいため、「伝えたはずなのに…」、「言われていない…」といったすれ違いが生じ、業務が上手く回らないという事を多くの方が経験されているのではないでしょうか。こうした問題は、通常のコミュニケーション技術を会得したからと言って解決できるものではありません。相手に伝わる技術「ロジカルコミュニケーション」技法を知っているかどうかが大きく関わってきます。本セミナーは、ご家族や利用者様の説明、職員への伝達など、伝えたい事がしっかり伝わる『ロジカルコミュニケーション技法』の原理原則を学べる体験セミナーです。【セミナーのポイント】・『伝わる話し方』、『伝わるメールの書き方』が分かります。・『伝わる』に必要なポイントがわかります【受講された方の声】■管理職に実践して効果を実感したいと思います。体験と理論の組み合わせで実感的に理解できました!(M氏)■コミュニケーションに困っていて参加して、わかりやすくとても勉強になりました。(T氏)■管理職という立場になったばかりで不足している部分を補うために参加し、とても勉強になることばかりでした。【講師】八巻 理恵 氏Artself / 心理コンサルタント 
詳細を見る
開催日
2018年07月01日
会場

大阪市東住吉区東田辺2-11-28
大阪市立東住吉会館 2階 会議室2

交通手段
・大阪メトロ谷町線「駒川中野」下車徒歩約8分
・近鉄南大阪線「針中野」下車徒歩約12分
・JR阪和線「南田辺」下車徒歩約15分
・大阪シティバス 出戸バスターミナル・地下鉄住之江公園行き「3」東住吉区役所前 下車徒歩約5分
・大阪シティバス 鷹合団地前行き「54B/54D」東住吉区役所前 下車徒歩約5分
・大阪シティバス 住吉車庫前行き「54A」東住吉区役所前 下車徒歩約5分

内容
終活ガイド検定終活ガイド検定制度とは 全国で唯一「総合終活サービスを運営する一般社団法人終活協議会」が、終活を基礎から勉強したい方向けの検定制度となります。 ※終活ガイド資格認定を致します 【最新の終活情報が身に付きます】 医療・介護・保険・相続・葬儀・お墓 ・損しないためのお葬式費用の内訳・失敗しないための病院の選び方 ・後悔しない老人ホーム・適した保険の選び方・相続の仕組み・お墓最新事情 etc.当日の講義と検定の流れ【当日お持ち頂く物】 受講票、筆記用具、受講料 13:15〜16:15 終活基礎勉強会(途中休憩あり) 16:20〜16:35 検定試験(選択問題)16:35〜16:45 心託コンシェルジュ 資格説明 合格ライン60点※過去、合格率 ほぼ100%※結果は後日お知らせ致します主催協会の資格取得者は何回でも無料受講可
詳細を見る
開催日
2018年07月02日
会場

株式会社Work Shiftセミナールーム
住所:大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル 403号室
阪急線南方駅下車 徒歩3分
地下鉄御堂筋線西中島南方駅下車 徒歩2分
JR線新大阪駅下車 徒歩8分

内容
ご存知のとおり、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の数は急上昇しており、現状の市場モデルでは近い将来、過剰供給になると予想されています。まさに、PT・OT・STの過剰時代が近づいていると言えるでしょう。PT・OT・STの時給は毎年確実に下がっており、下落に歯止めがかかっておりません。しかし、物価はあがる一方であり、生活が苦しくなっている療法士も多くなっています。療法士の仕事は患者様や利用者様にリハビリテーションを提供し、生活を支援することですが、療法士自身の生活が守られていない状況で利用者様の生活支援に邁進することは困難です。なぜ、療法士の生活は苦しくなっているのでしょうか?それは、療法士が過剰になっているという社会変化が原因でしょうか?確かに社会変化は原因の一つですが、大きな原因は療法士が自らの市場価値を高めていく『セルフマーケティング』を怠っているからです。闇雲にリハビリテーション技術の研修会に参加することや、ひたすら学会発表に取り組むことは、決してセルフマーケティングにはつながりません。今まさに、療法士はマーケティングの手法を学ぶ必要があります過剰供給の時代において、生き残るためには自分自身のマーケティングを行っていく必要があります。マーケティングの手法によって自分を理解し、市場価値を高めることが生き残るための最大の条件です。本セミナーでは療法士過剰時代において生き残るために基本的なセルフマーケティングの手法を学び、これからの療法士人生の戦略を学びます自己啓発レベルでとどまることなく、明日からの行動が変わるセミナーとなっています。内容1)自分のポジションを知ろう2)コアコンピタンスを探し、アピールポイントを探す3)戦略を立てよう講師高木綾一(株式会社Work Shift代表取締役)
詳細を見る
開催日
2018年07月03日
会場

エイドケアカレッジ博多校(福岡市博多区上呉服町2‐15 SO HAKATAビル3階)

内容
知的障がい者・精神障がい者の方を支援する事業所の新しい加算要件となる資格です。強度行動障害支援に関する知識及び技術を習得する福岡県指定研修です。(現在は基礎・実践研修連続受講の方を中心に受け付けております。)
詳細を見る
開催日
2018年07月03日
会場

マリンメッセ福岡 CareTEX福岡2018展示会場内セミナー会場
(福岡市博多区沖浜町7-1)

内容
本業界の第一人者を講師に迎え、介護施設・介護事業者、及び介護事業に関わる全ての方々を対象に、総計35セッションの専門セミナーを開催いたします。<CareTEX福岡2018 特別講演> ※[]内の数字はセッション番号。[1]高齢者がいきいきと暮らせるまちをどのように実現するか  日時:7/3(火)10:00〜11:00  講師:九州大学 総長 久保 千春
詳細を見る
開催日
2018年07月03日
会場

マリンメッセ福岡 CareTEX福岡2018展示会場内セミナー会場
(福岡市博多区沖浜町7-1)

内容
本業界の第一人者を講師に迎え、介護施設・介護事業者、及び介護事業に関わる全ての方々を対象に、総計35セッションの専門セミナーを開催いたします。<施設運営コース> ※[]内の数字はセッション番号。[2]高齢者の参加を促すリハビリテーションプログラムのつくり方  日時:7/3(火)10:00〜11:00  講師:元九州大学病院 医療技術部 副部長/リハビリテーション部 技師長 禰占 哲郎[14]入居者増につながる高品質ケア・運営の工夫  日時:7/3(火)15:00〜16:00  講師:(株)QOLサービス 代表取締役/総合介護施設ありがとうグループ 総施設長 妹尾 弘幸[21]介護現場がイキイキする「介護記録の書き方」&「連携の仕方」  日時:7/4(水)11:40〜12:40  講師:(株)ねこの手 代表取締役 伊藤 亜記
詳細を見る
開催日
2018年07月03日
会場

マリンメッセ福岡 CareTEX福岡2018展示会場内セミナー会場
(福岡市博多区沖浜町7-1)

内容
本業界の第一人者を講師に迎え、介護施設・介護事業者、及び介護事業に関わる全ての方々を対象に、総計35セッションの専門セミナーを開催いたします。<ケアマネージャー向けコース> ※[]内の数字はセッション番号。[3]ケアプラン作成のコツ・着眼点・改善方法  日時:7/3(火)10:00〜11:00  講師:(株)フジケア 代表取締役社長 白木 裕子[24]これからのケアマネジメントは、どうあるべきか 〜平成33年介護報酬改定に向けて〜  日時:7/4(水)13:20〜14:20  講師:(一社)日本介護支援専門員協会 会長 柴口 里則[27]H30介護報酬改定について 〜インセンティブと自立型ケアプラン、社会参加〜  日時:7/4(水)15:00〜16:00  講師:福岡シティ福祉サービス 代表 白石 均
詳細を見る
開催日
2018年07月03日
会場

マリンメッセ福岡 CareTEX福岡2018展示会場内セミナー会場
(福岡市博多区沖浜町7-1)

内容
本業界の第一人者を講師に迎え、介護施設・介護事業者、及び介護事業に関わる全ての方々を対象に、総計35セッションの専門セミナーを開催いたします。<介護の食コース> ※[]内の数字はセッション番号。[4]おいしく安全な介護食「高齢者ソフト食」 〜高まる管理栄養士の役割 おいしい食事で診療報酬を得るには〜  日時:7/3(火)10:00〜11:00  講師:高齢者ソフト食研究会 会長 黒田 留美子[11]【経営者様・経営幹部様向け】人手不足対応・高収益化が求められる今、選ばれる施設になるための食事サービスの提供  日時:7/3(火)13:20〜14:20  講師:(株)船井総合研究所 フード支援部 外食デリバリーグループ シニアフードチーム チームリーダー 吉澤 恒明[18]誤嚥性肺炎を予防する!知って得する口腔ケアの基礎知識  日時:7/4(水)10:00〜11:00  講師:福岡医療短期大学 歯科衛生学科 学科長 教授 堀部 晴美[25]健康寿命の延伸に寄与する『スマイルケア食』 〜利用者の状態に合わせた選び方〜  日時:7/4(水)13:20〜14:20  講師:農林水産省 食料産業局 食品製造課 課長補佐(食品第3班担当) 五十嵐 勝彦
詳細を見る
開催日
2018年07月03日
会場

マリンメッセ福岡 CareTEX福岡2018展示会場内セミナー会場
(福岡市博多区沖浜町7-1)

内容
本業界の第一人者を講師に迎え、介護施設・介護事業者、及び介護事業に関わる全ての方々を対象に、総計35セッションの専門セミナーを開催いたします。<業界動向・先端技術コース> ※[]内の数字はセッション番号。[5]オンライン診療の有効性と今後の医療介護のあり方 〜ICTを用いた実証実験を踏まえて〜  日時:7/3(火)11:40〜12:40  講師:(医)すずらん会 たろうクリニック 院長 内田 直樹[12]保険制度改正への対応と、今後の介護・福祉ビジネスの行方  日時:7/3(火)15:00〜16:00  講師:ティー・オー・エス(株) 代表取締役 髙山 善文[15]介護現場を変える!『先進的介護』への挑戦 〜介護ロボット等の実証事業から見えてきたもの〜  日時:7/4(水)10:00〜11:00  講師:(福)孝徳会 特別養護老人ホーム サポートセンター門司 施設長 中村 順子[22]人工知能を活用したケアの学び  日時:7/4(水)13:20〜14:20  講師:(株)エクサウィザーズ 取締役 坂根 裕
詳細を見る
開催日
2018年07月03日
会場

マリンメッセ福岡 CareTEX福岡2018展示会場内セミナー会場
(福岡市博多区沖浜町7-1)

内容
本業界の第一人者を講師に迎え、介護施設・介護事業者、及び介護事業に関わる全ての方々を対象に、総計35セッションの専門セミナーを開催いたします。<経営者向けコース> ※[]内の数字はセッション番号。[6]介護事業M&A活用術 〜3,000件以上の買い手に聞いた今、欲しい事業の特徴とは?〜  日時:7/3(火)11:40〜12:40  講師:ブティックス(株) 介護M&A支援センター 常務取締役 速水 健史[9]法改正をチャンスととらえよ!収益改善で介護事業者が取り組むべき保険外サービスとは  日時:7/3(火)13:20〜14:20  講師:(株)プレイケア 代表取締役社長 川﨑 陽一[20]必見!「経営力」が試される時代の高齢者住宅における収支改善手法とは  日時:7/4(水)11:40〜12:40  講師:(株)スターコンサルティンググループ 代表取締役 糠谷 和弘
詳細を見る
開催日
2018年07月03日
会場

マリンメッセ福岡 CareTEX福岡2018展示会場内セミナー会場
(福岡市博多区沖浜町7-1)

内容
本業界の第一人者を講師に迎え、介護施設・介護事業者、及び介護事業に関わる全ての方々を対象に、総計35セッションの専門セミナーを開催いたします。<健康長寿コース> ※[]内の数字はセッション番号。[7]シニアマーケティング最前線 高齢化社会で広がる新たな市場とその攻略について  日時:7/3(火)11:40〜12:40  講師:(株)ラディック 代表取締役 西川 立一[28]転倒予防・認知症予防に効果的!学ぼう、福岡生まれの『健康レクササイズ』!  日時:7/4(水)15:00〜16:00  講師:NPO法人 福岡県レクリエーション協会 専務理事 佐藤 靖典
詳細を見る
開催日
2018年07月03日
会場

マリンメッセ福岡 CareTEX福岡2018展示会場内セミナー会場
(福岡市博多区沖浜町7-1)

内容
本業界の第一人者を講師に迎え、介護施設・介護事業者、及び介護事業に関わる全ての方々を対象に、総計35セッションの専門セミナーを開催いたします。<まちづくり・施設開発コース> ※[]内の数字はセッション番号。[8]構想から具体化へ・日本版CCRC実現のポイント  日時:7/3(火)13:20〜14:20  講師:(株)三菱総合研究所 プラチナ社会センター 主席研究員 チーフプロデューサー 松田 智生[16]人生100年時代のチャレンジ「福岡100」 〜健康先進都市実現に向けた戦略〜  日時:7/4(水)10:00〜11:00  講師:福岡市 保健福祉局 政策推進部 課長(健康先進都市推進担当) 木本 昌宏[19]鉄道会社が推進する超高齢社会に対応する“まちづくり” 〜大規模複合開発における高齢者住宅戦略〜  日時7/4(水)11:40〜12:40  講師:西日本鉄道(株) マンション事業部 シニア事業課 課長 武田 祐貴[26]地域包括ケアシステムを実現するための課題と実践 〜高齢者の住まいと日本型CCRC〜  日時:7/4(水)15:00〜16:00  講師:(株)CCRC研究所 代表取締役 窪田 昌行
詳細を見る
開催日
2018年07月03日
会場

マリンメッセ福岡 CareTEX福岡2018展示会場内セミナー会場
(福岡市博多区沖浜町7-1)

内容
本業界の第一人者を講師に迎え、介護施設・介護事業者、及び介護事業に関わる全ての方々を対象に、総計35セッションの専門セミナーを開催いたします。<デイサービスコース> ※[]内の数字はセッション番号。[10]目指すは地域一番デイ!他事業所と差別化し地域からの支持を獲得するには?  日時:7/3(火)13:20〜14:20  講師:(株)船井総合研究所 介護グループ グループマネージャー 沓澤 翔太[23]制度改定後の明暗を分ける、生き残るデイサービスのキーワードは「自立支援介護型」!  日時:7/4(水)13:20〜14:20  講師: (株)日本介護ベンチャーコンサルティンググループ 代表取締役 斉藤 正行
詳細を見る
開催日
2018年07月03日
会場

マリンメッセ福岡 CareTEX福岡2018展示会場内セミナー会場
(福岡市博多区沖浜町7-1)

内容
本業界の第一人者を講師に迎え、介護施設・介護事業者、及び介護事業に関わる全ての方々を対象に、総計35セッションの専門セミナーを開催いたします。<人事・教育コース> ※[]内の数字はセッション番号。[13]海外人材受け入れの体制づくりと課題 〜共に働く仲間として〜  日時:7/3(火)15:00〜16:00  講師:(福)寿泉会 統括本部 本部長 稲葉 圭治[17]介護事業所の経営者・施設長必見!人材定着と組織力強化のための職場改善のポイント  日時:7/4(水)10:00〜11:00  講師:(有)HRエージェント 取締役社長 佐藤 康弘
詳細を見る
開催日
2018年07月03日
会場

マリンメッセ福岡 CareTEX福岡2018展示会場内セミナー会場
(福岡市博多区沖浜町7-1)

内容
<出展商品紹介セミナー> ※[]内の数字はセッション番号。                                      [41]ICT化検討中の事業所様必見!業務省力や経営にも役立つICT・IoTの活用術!  日時:7/3(火)11:30〜12:00  演者:(株)富士データシステム[42]2018年制度改正から何を取り組むべきか〜業務改善、営業、採用の好事例〜  日時:7/3(火)12:20〜12:50  演者:(株)エス・エム・エス[43]省エネ補助金セミナー  日時:7/3(火)15:00〜15:30  演者:キングラン九州(株)[44]イギリス発祥「音の原理」を用いた職場環境改善・利用者の健康増進事例発表  日時:7/3(火)15:50〜16:20  演者:(株)イーマ・サウンド[45]2018年制度改正から何を取り組むべきか〜業務改善、営業、採用の好事例〜  日時:7/4(水)11:30〜12:00  演者:(株)エス・エム・エス[47]機能訓練型デイサービス様必見!ロボットによる言語トレーニング活用事例をご紹介  日時:7/4(水)15:00〜15:30  演者:NECソリューションイノベータ(株)
詳細を見る
開催日
2018年07月03日
会場

福岡商工会議所
(福岡市博多区博多駅前2-9-28)

内容
◎ コミュニケーションギャップが起こるたった3つの理由◎ 五感システム ◎ 情報サイズ ◎ 観察力◎ 影響(心のスイッチに入る)言語と価値基準◎ 動機を促す心のスイッチを学んでできること◎ 思考パターン別部下の育て方◎ どうしたらやる気になり、なぜやる気をそぐのか◎ 民間企業のキャッチコピーから学ぶことばの使い方◎ やる気傾向が内的の人を説得させるためには◎ 相手の思考をマイナスからプラスに変える◎ 影響言語(心のスイッチを押せ)を知る7つの質問 他あなたがもし、何気ない日頃の会話から、相手の思考のくせを把握し、相手のやる気を起こすきっかけを見つけ出すことができたとしたら、どんなに素晴らしい人間関係になるでしょう。人と接する不安やストレスが減り、職場では、相手の強みを生かして高い実績をあげるチームを作ることも可能です。情報時代の今、人との関わりが少なくなり、苦手意識を持つ人が増えています。この研修の目的は、人と関わりながら仕事を進めていく上で、最小限のストレスで、より質の高い仕事ができる自分を目指し、相手も伸びていく、そんなコミュニケーション術をあなたにお伝えします。コミュニケーションギャップを瞬時に気づき、よい影響(心のスイッチに入る)言語を用いて、あなたのまわりをストレスフリーにしていきましょう。あなたの影響力を存分に生かしつつ、この研修を笑顔で楽しみながら、スキルアップしていただければ幸いです。講師:濱島しのぶ(はましま・しのぶ)株式会社しのコーポレーション代表/介護支援専門員/全米NLP協会、日本NLP協会、LABプロファイルプラクティショナーの認定資格
詳細を見る
開催日
2018年07月04日
会場

ウィリング横浜
(横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内)

内容
 「介護現場では介護記録が大切」と言われながら、日々の業務に追われ、充分な介護記録を残すことが出来ない、または介護記録の取り方によって、せっかく残した記録も日々の業務や利用者のケアに結び付けられないことはありませんか? 当講座では、介護記録に関する様々なトピックスを交えながら、介護記録の目的、介護記録を取るための大切な視点、介護記録の活かし方、そのための環境整備の手法等を多視点から学びます。記録が情報共有やリスクマネジメントだけでなく、職員の仕事への姿勢や組織の連携を改善させたり、家族連携を深める等様々な可能性に気付けるプログラムとなっています。≪カリキュラム≫<前半 介護記録の総論>◎介護記録の目的とは◎記録を取る上での重要な視点とは◎介護記録及び書式の確認ポイント◎サービスの質の向上のための記録の活用<後半 演習+介護記録整備編>◎個別演習◎職員の記録を促す「環境の整備」 ⇒記録の負担を減らす重要性 ⇒記録の環境と職員及び組織体制の検討◎介護記録の管理の仕方 ⇒紙媒体?電子媒体?記録手法の検討◎メモの重要性と記録への活用術 ⇒記憶とメモの関係性とその活用
詳細を見る
開催日
2018年07月04日
会場

兵庫県こころのケアセンター
(神戸市中央区脇浜海岸通1−3−2)

内容
 現代の医療では治癒の見込めないターミナル期にある方やそのご家族の生活の質の向上を重視し、ご本人が最後まで自分らしい生活を送り、その人らしい人生を全うできるようなターミナルケアが、より多くの人々に選択されるようになってきています。 そこで、いのちの尊厳と生きる喜びを高めるというヒューマンケアの理念に基づき実施する「ひょうごヒューマンケアカレッジ」事業の一つとして、県民の皆さんにターミナル期にある人のケアや支援に役立つといわれているさまざまな手法について学ぶとともに、実際に体験することで、家庭や地域で広く活用していただくことを目的とした講座を開講します。
詳細を見る
開催日
2018年07月04日
会場

お茶の水ケアサービス学院
(千代田区岩本町1-10-3)

内容
●脳卒中片マヒ者の障がいを理解する右片マヒ・左片マヒに共通した障がい/右片マヒ特有の障がい/左片マヒ特有の障がい/運動マヒの回復の特殊性/上肢の共同運動/肩関節の亜脱臼/上肢と手指の拘縮の模式図/下肢の共同運動/簡易ステージ検査法/下肢のステージ別生活援助法●パーキンソン病者の障がいを理解する誤解される原因/パーキンソン病の古典的三大主徴/新しいパーキンソン病の主徴/ケアのポイント〈医療管理と運動・人間関係の場をつくる・いざという時(機能低下時)のすみやかな介護力の確保〉 個別ケアの重要性が謳われる中、個別化のためには一人ひとりの障がいの特徴を理解して関わることが必要不可欠です。スタッフにぜひとも知っていてほしい、身体障がいの特徴の知識とそのケア方法をわかりやすくお伝えします。 右片マヒ、左片マヒによる特徴ある障がいに対するケア、「やる気がない」、「甘えている」など誤解の多いパーキンソン病者へのケア、それぞれの状況に見合った新しいケアを展開しましょう。脳卒中に伴う手足の運動マヒのレベルに応じた対応法など、具体的に、かつ現場で即実践できるように、“生活の場の理学療法士 = 大塚洋”がわかりやすく解説いたします。講師:大塚 洋(おおつか・ひろし)新しい介護研究所代表/理学療法士/介護支援専門員 /福祉用具専門相談員/キャラバンメイト/生活リハビリ研究所・介護アドバイザー
詳細を見る
開催日
2018年07月04日
会場

日本コンサルティング株式会社 セミナールーム
(東京都中央区銀座8−15−2 銀座COMビル7階)

内容
第1部 職員育成に主眼を置いた人事考課制度の整備方法1.職員の育成に主眼を置いた人事考課制度とは●福祉施設を取り巻く環境変化と人材をめぐる課題●処遇改善加算の算定要件になっているキャリアパスの整備●職員の定着と育成を可能にする育成型人事考課制度の基本的な考え方2.職員の育成効果が高まる独自の人事考課表作成法●施設オリジナルで考課表を作成すべき理由●5つのステップで完成する施設オリジナル考課表の作成方法●施設独自の人事考課表の着眼点に育成ポイントを入れる際の留意点第2部 職員育成につながる人事考課制度運用のポイント1.職員育成につながる人事考課の具体的な進め方●人事考課制度と人材育成を連動させ育成効果を高めるためのポイント●事実に基づいた人事考課の実践で職員の課題を明確にする方法●考課結果を来期の育成に活かす仕組み2.リーダーの育成意識を高める考課者研修のポイント●考課者研修を実施する際の留意点●【事例演習】リーダー層職員の育成意識を変える考課者訓練の実際●面談時に活かせるコーチング手法の習得と面談の具体的な進め方
詳細を見る
開催日
2018年07月05日
会場

株式会社Work Shiftセミナールーム
住所:大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル 403号室
阪急線南方駅下車 徒歩3分
地下鉄御堂筋線西中島南方駅下車 徒歩2分
JR線新大阪駅下車 徒歩8分

内容
本セミナーでは、上肢機能の獲得に必要な肩甲骨機能について、触診・実技を通して解剖学・運動学の基礎知識について学ぶことができます。上肢の動作時には肩関節のみならず、肩甲骨の運動も生じることが古くから知られています。肩関節に疼痛がある患者様や機能障害を有する患者様の運動療法において正常な肩甲骨機能の獲得は重要となります。我々セラピストが患者様の上肢機能を評価、治療する際には、上肢の運動方向や動作特性に応じた肩甲骨機能について、正しく解剖学、運動学の知識を理解する必要があります。正常な肩甲骨機能を獲得することは、上肢運動時の疼痛発生の予防や正常な上肢機能の獲得に不可欠な要素となります。臨床においても簡便におこなえる触診、観察を通して、肩甲骨運動や筋活動を評価することは我々セラピストにとっては大変重要なスキルとなります。そこで本セミナーでは、上肢の運動に伴う肩甲骨機能についての解剖学・運動学の基礎知識、肩甲骨および肩甲骨周囲筋の触診の方法、上肢運動の動作特性や運動方向に応じた肩甲骨機能について、実技を中心として学ぶことを目的とします。内容1)肩甲骨の解剖と触診2)肩甲骨周囲筋の機能、解剖と触診3)上肢運動の各動作特性に応じた肩甲骨機能の評価講師楠 貴光先生 理学療法士六地蔵総合病院 リハビリテーション科
詳細を見る
開催日
2018年07月05日
会場

横浜ロイヤルパークホテル3階「鳳翔CD」
(横浜市西区みなとみらい2-2-1-3)

内容
研修1 15:00〜15:45「医療・介護における政策について(仮)」講師:参議院議員 三原 じゅん子 先生研修2 15:55〜17:10「未来の病院をデザインする〜恵寿総合病院の経営改革(仮)」講師:公益社団法人全日本病院協会 副会長、社会医療法人財団董仙会 恵寿総合病院 理事長 神野 正博 先生
詳細を見る
開催日
2018年07月05日
会場

名古屋企業福祉会館
(名古屋市中区大須2-19-36)

内容
1.維持期のリハビリテーションとは「定義」2.生活動作(生活行為)と訓練の構造比較3.遊びリテーションの定義4.遊びリテーションの目的と意義5.遊びリテーションの目的と意義を実現するためには6.遊びリテーションを実施する前に大事なことは7.進行テクニックとチームづくりのポイント8.遊びリテーションの実際※片マヒの方への遊びリ、認知症の方への遊びリも実践 身体機能の維持や回復を目指すリハビリテーションにおいては、通常、つらさや大変さを避けることには限界があります。一方、「遊びリテーション」は、生活の中の道具を活用することで、楽しみながら身体機能の維持向上と体力や筋力アップが期待できます。「遊びリテーション」を実践していくと、自発性や主体性、意欲の回復のみならず、生活空間の拡大、仲間とのコミュニケーション力向上等に寄与します。レクリーダーやレク担当者の「遊びリテーションの目的と意義、効果」を意識した働きかけにより、期待以上のリハビリの成果を生み出すことができます。この研修で、いろんな「遊びリテーション」を実際に体験し、現場で即活用していただければと思います。講師:大塚洋(おおつか・ひろし)新しい介護研究所代表/理学療法士/介護支援専門員 /福祉用具専門相談員/キャラバンメイト/生活リハビリ研究所・介護アドバイザー
詳細を見る
開催日
2018年07月05日
会場

渋谷区 美竹の丘・しぶや 多目的ホール
(渋谷区渋谷1-18-9)

内容
精神保健福祉領域における権利擁護を考えるにあたり、「差別」「権利侵害」といったものに対する直接的な解決や解消の前提になる『生きる人』に着目し、人だれもが考える『夢』『希望』からこれからの社会のあり方や、私たちがしっかりと向き合うべきものを確認する参加型のフォーラム。≪第1部 特別講演≫講 師:稲沢公一先生(東洋大学 ライフデザイン学部 教授)テーマ:『人を支援するとは 〜「変える」から「変わる」へ〜』≪第2部 パネルディスカッション≫発表者:日本クラブハウス連合加盟クラブハウスのメンバー・スタッフテーマ:「私たちの夢や希望の実現に向けて」
詳細を見る
開催日
2018年07月05日
会場

アクティブシニアセンター・アオウゼ 小活動室1
(福島市曽根田町1-18 MAXふくしま4階)
(電話番号:024-533-2344)

内容
●キャリアパス・人事評価・賃金制度の作り方⇒「キャリアパスや人事評価」どうせ導入するなら「職員定着」や「職員育成」につなげたい。そんなご要望にお応えする為、成功事例と失敗事例を紹介しながら離職率の低下、管理者の育成、採用力向上につなげる「ツボとコツ」を紹介します。●業績に連動した賃金・賞与制度をわかりやすく解説⇒不透明な経営環境の中で「事業収支」と「職員のモチベーション」の双方を実現させる方法とは。賃金制度の考え方や実例をわかりやすく解説します。●「職員に選ばれる事業所」が行っている「採用の智恵・離職防止の智恵」⇒職員採用と離職防止に向けた取り組み事例とその共通点を紹介します。
詳細を見る
開催日
2018年07月06日
会場

ウィリング横浜
(横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内)

内容
転倒⇒大腿骨頚部骨折⇒寝たきり を現場で防ぐ! 大腿骨頚部骨折の原因になるのは、高齢者の転倒と言われていて、現場でも様々な予防策を図っているにもかかわらず、どうしても事故は発生します。 本セミナーでは、転倒の原因になる観察ポイントから予防方法、事故発生時の対応や事故後の事故要因分析の手法等を学びながら、現場でできる転倒予防や再発予防に向けた介護実践事例を紹介します。≪カリキュラム≫■ 高齢者介護事故 ■・特徴と要因・どんな事故が起きているのか■ 現場に潜むリスクの回避 ■・転倒・転落予防アセスメント術・転倒事故防止の具体的な観察のポイントとケア 身体状況/ 介護環境 /介助方法等、様々な視点から・・■ 事故発生時の対応 ■・発生時の観察ポイント・看護職・医療職へのつなげ方■ 事故再発防止にむけて ■ ・ヒヤリ・ハット事故報告書の書き方・事故原因の分析方法
詳細を見る
開催日
2018年07月06日
会場

お茶の水ケアサービス学院
(千代田区岩本町1-10-3)

内容
立ち上がりの仕組みを理解する(動作分析)/立ち上がりの3条件とは?/座り直しの方法とは?(移乗の基本)/後方介助(移乗の基本)/前方介助(担ぐトランスファー)※足にあまり力のない人、足が床につく人/胸を合わせるトランスファー(相手の脇へ入り込む)※足にうまく力の入らない人/胸を合わせるトランスファー(相手の脇へ入らないパターン)/イスを使った胸を合わせるトランスファー(相手の脇へ入り込む)※膝をつくのが苦手な人は、イスを使う/スライド法の基本1※手足に全く力の入らない人、重度の人に用いる/スライド法の基本2(逆パターン)/スライド法の応用1※前屈みができない人、足が伸びきった人/スライド法の応用2※前屈みにはできないが、足が下りる人/スライド法の応用3※手が曲がったまま拘縮している人/ハイレベル 立てない人の床からベッドへの介助腰痛ゼロの移乗介助は、介護するものが自分を大切にする方法です。自分に関わった人が心と身体を痛めることを一番悲しく思うのはご利用者です。自分を傷つけない、ご利用者を傷つけない、それが腰痛ゼロの移乗介助なのです。今回は応用編として、移乗の基本を確認しながら、ご利用者さんの状態に合わせた移乗方法、そして、誰も教えてくれなかったハイレベルの「立てない人の床からベッドへの介助」のスーパーテクニックまでお伝えしたいと思います。現場で実践したくなる1日実技の研修です。なお、移乗のための福祉用具は使用しませんので、どんな環境(福祉用具の導入が難しい事業所)でも活用できる技術となっています。講師:大塚 洋(おおつか・ひろし)新しい介護研究所代表/理学療法士/介護支援専門員/福祉用具専門相談員/キャラバンメイト/生活リハビリ研究所・介護アドバイザー
詳細を見る
開催日
2018年07月06日
会場

八王子市芸術文化会館いちょうホール
(東京都八王子市本町24番1号)

内容
【長期療養生活6年、ADL全介助の症例に、局所的ではなく全身の筋緊張を一度に落とすポジショニングを行ったところ、拘縮が変化して端座位や自立、20日後にお楽しみのゼリー食を用いた摂食嚥下訓練の介入に至った。】この内容で第9回摂食嚥下リハビリテーション学会へ口述発表する。摂食嚥下リハビリテーションの新たな視点と介入手段として、嚥下機能に働きかける直接的なアプローチではなく、ポジショニングによって間接的に過緊張を緩和したことで、長期療養生活から嚥下訓練に移行した症例がありました。人は自然に寝返りを打ったり伸びをしたり、無意識にポジションを作ります。でも、障害を負うとできなくなったり、身体が忘れてしまったりします。そのまま放置した結果起こる拘縮という二次障害から、更に呼吸や循環にも影響することがあります。これを改善するのがポジショニングです。 <プログラム>【理論編】●長期療養生活者の過緊張、関節拘縮の変化から関節可動域が改善した症例を提示し、重力をコントロールしたポジショニングを行うことでの様々な効果を報告します。●実際の介入方法や技術論、ポジショニングR.E.D.の具体的内容を伝達し、また技術指導を行います。【実技体感編】●(R.E.D.環境の解説) 訓練場面で低反撥マットレスを重ねてポジショニングをとるだけで、筋緊張の変化から関節拘縮の改善が起こります。この原理、理論を紐解きます。●(R.E.D.環境を使った訓練場面でのポジショニング実技) 安定した筋緊張は持続します。再び亢進しても適宜継続して介入することで、姿勢の変化や全介助から自立する症例がみられます。この事例を交えながら実践していただきます。●(R.E.D.を生かした各症例に対してのポジショニング実技)R.E.D.環境で簡単に過緊張の筋は緩み、姿勢及び嚥下機能は変化します。これを疾患別に説明します。
詳細を見る
開催日
2018年07月07日
会場

エイドケアカレッジ博多校(福岡市博多区上呉服町2‐15 SO HAKATAビル3階)

内容
介護保険の公的資格として注目されています☆本講習受講により「福祉用具専門相談員」の資格取得ができます。☆介護保険事業所の就職に有利な資格です。
詳細を見る
開催日
2018年07月07日
会場

大阪市平野区長吉出戸5-3-58
大阪市立 平野区民センター ( コミュニティプラザ平野)
2階 第3会議室

交通手段
・大阪メトロ谷町線 出戸駅 下車4番出口東200m      

内容
終活ガイド検定終活ガイド検定制度とは 全国で唯一「総合終活サービスを運営する一般社団法人終活協議会」が、終活を基礎から勉強したい方向けの検定制度となります。 ※終活ガイド資格認定を致します 【最新の終活情報が身に付きます】 医療・介護・保険・相続・葬儀・お墓 ・損しないためのお葬式費用の内訳・失敗しないための病院の選び方 ・後悔しない老人ホーム・適した保険の選び方・相続の仕組み・お墓最新事情 etc.当日の講義と検定の流れ【当日お持ち頂く物】 受講票、筆記用具、受講料 13:15〜16:15 終活基礎勉強会(途中休憩あり) 16:20〜16:35 検定試験(選択問題)16:35〜16:45 心託コンシェルジュ 資格説明 合格ライン60点※過去、合格率 ほぼ100%※結果は後日お知らせ致します主催協会の資格取得者は何回でも無料受講可
詳細を見る
開催日
2018年07月07日
会場

八王子市芸術文化会館いちょうホール
(東京都八王子市本町24番1号)

内容
シーティングをポジショニングから行なう姿勢制御アプローチです。みなさんは、シーティングやフィッティングを行なっていて、どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害)そんな時、適切な訓練やケアの後に代償手段として、リクライニング車椅子やチルト車椅子を処方したリ、座位保持装置等の代償手段や環境調整を検討するでしょう。この考えを払拭してください。ポジショニングから身体の筋緊張のコントロール(リラクゼーションを含む)や身体輪郭や身体の軸意識等の感覚入力、関節可動域の改善を行なってから座位というシーティングに移行する訓練方法があります。これが「ポジショニング To シーティング」アプローチです。座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』というアプローチです。高価な車椅子やシーティングシステムのようなモノに頼るのではく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで全く新しいシーティング技術です。実技体感編では、疑似的無重力空間を体感しましょう。
詳細を見る
開催日
2018年07月07日
会場

リッチモンドホテルプレミアム仙台駅前 会議室/Sakura
(宮城県仙台市青葉区中央2-1-1)
(電話:022-716-2855)

内容
介護施設・保育園専門の社労士・人財定着コンサルタントが伝えるキャリアパス・人事評価・賃金制度のポイント〜その成功事例と失敗事例の分かれ目〜介護・保育園の事業支援に特化し50社を超えるキャリアパス支援実績から得た情報と事例を徹底紹介●キャリアパス・人事評価・賃金制度の作り方⇒「キャリアパスや人事評価」どうせ導入するなら「職員定着」や「職員育成」につなげたい。そんなご要望にお応えする為、成功事例と失敗事例を紹介しながら離職率の低下、管理者の育成、採用力向上につなげる「ツボとコツ」を紹介します。●業績に連動した賃金・賞与制度をわかりやすく解説⇒不透明な経営環境の中で「事業収支」と「職員のモチベーション」の双方を実現させる方法とは。賃金制度の考え方や実例をわかりやすく解説します。●「職員に選ばれる事業所」が行っている「採用の智恵・離職防止の智恵」 ⇒職員採用と離職防止に向けた取り組みの好事例とその共通点を紹介します。
詳細を見る
開催日
2018年07月07日
会場

大阪ハイテクノロジー専門学校 第二校舎
(大阪府大阪市淀川区宮原4-4-65)

内容
 メディカル・フィットネス協会認定「介護予防運動トレーナー」は、介護予防に関する知識や実践を身につけ、安全で効果的な運動プログラムを提供するとともに、高齢者一人ひとりの生きがいや自己実現のための取り組みを支援するための資格です。(1日目)※特例コース対象の方は任意参加  ■座学 介護予防概論、高齢者筋力向上トレーニング理論  ■実習 高齢者ストレッチング実習、高齢者トレーニング実習(1)(2日目)  ■座学 介護予防マネジメント、行動科学理論  ■実習 介護予防としてのレクリエーション実習、高齢者トレーニング(2)(3日目)  ■座学 低栄養予防理論、転倒予防理論  ■実習 高齢者トレーニング(3)、体力測定実習、(4日目)  ■座学 認知症予防理論、失禁予防理論  ■試験 認定試験※履修単位の付与について当講習会については、健康運動指導士及び健康運動実践指導者の登録更新に必要な履修単位付与の対象となっております。(講義9単位、実習8単位)
詳細を見る
開催日
2018年07月07日
会場

銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム)
(東京都 中央区 銀座 7-2-22 TEL:03-6228-5995)

内容
<プログラム>1. 今、なぜ事務長なのか 〜法人の成長・発展を左右する事務長の力量〜・ 大変革期の経営環境を理解する。地域医療構想、患者層の激変、病院連携、 医介連携、在宅医療、ICT・IoT、Al、人不足、収支悪化、M&A・ 事務長に求められる「条件」・ 事務長業務で駆使するべき経営ツール・ 事務長育成プログラム2. 本部機能の強化とその具体策・ 本部機能を定義する・ 本部の役割・ 本部と経営企画室3. 医療法人・社会福祉法人事務長の実務・ 殆どの法人が確立していない事務長業務とその育成プログラム・ トップや教育で格差広がる事務長の法人の成長・発展への貢献・ 随時の業務  ・ 毎日の業務  ・ 週間単位の業務・ 月単位の業務 ・ 年単位の業務・ 事務長業務の効果的な実践遂行とその進め方<講師>保健・医療・福祉サービス研究会 医療介護事業経営指導講師ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社 代表取締役社長 本間 秀司 氏らしさサポート株式会社 代表取締役ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社 福祉・介護・医療経営戦略コンサルタント山下 美貴子 氏
詳細を見る
開催日
2018年07月07日
会場

銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム)
(東京都 中央区 銀座 7-2-22 TEL:03-6228-5995)

内容
18年同時改定に折り込まれた2020年診療報酬改定、2021年介護報酬改定の方向性を読み取り新たな経営戦略を徹底解説!!さらに進む機能分化(高度急性期・一般急性期・地域包括ケア・回復期リハ・療養病床・介護医療院・老健施設)への対応の具体策!!早くも進められる(財政審)財政制度分科会の社会保障費抑制改革のメニューとは!!2025年に向けた制度・報酬改革の展望と18年同時改定をチャンスにする病院経営戦略〜地域医療構想の整備促進と地域包括ケアの深化・推進が反映した2018年同時改定を検証し、可能性が大きい増収・増益対策を徹底解説〜<プログラム>1.2018年同時改定の徹底検証と増患・増収・増益対策2.介護医療院の創設と療養病床の再編転換対策3.2020年診療報酬改定を見据えた2018年同時改定以降の病院経営戦略4.地域医療構想の整備促進と地域包括ケアの深化・推進に向けた提言※講演プログラムは、開催時期で随時追加変更があります。<講師>保健・医療・福祉サービス研究会 診療介護報酬指導講師ASK梓診療報酬研究所 所長 中林 梓 氏
詳細を見る
開催日
2018年07月07日
会場

十文字学園女子大学 新座キャンパス
9号館 9417教室  

住所:埼玉県新座市菅沢2−1−28

内容
テーマ「外国人留学生の受け入れについて 〜現状と課題〜」講 師: 井之上 芳雄 氏       (和歌山YMCA国際福祉専門学校 前学校長)第1部 基調講演 14:00−15:00「外国人留学生の受け入れについて〜現状と課題」入学した外国人留学生に対する講義・実習 ・生活支援・就労へ向けて等、外国人留学生を受け入れておられる介護福祉士養成教育機関の積極的な取り組みを紹介していただきます。     第2部 意見交換会 15:10−16:00 質疑応答と外国人留学生の受け入れに関する意見交換介護福祉士養成教育機関で外国人留学生へよりよい教育を行うための体制・方法・支援等について講師を交えて意見交換を行います。  
詳細を見る
開催日
2018年07月07日
会場

ウィルあいち セミナールーム2
 
 〒461-0016 愛知県名古屋市東区上竪杉町1番地

内容
「風俗福祉基礎研修」は、性風俗産業、及びその中で働く男女の問題を考える上で、必要不可欠なルール(法律や条例)と歴史と現状(性風俗の過去・現在・未来)、そして福祉とのつながりを学ぶことができる研修です。性風俗の世界における問題の多くは、福祉の世界の問題とリンクしています。若者の失業や貧困、男女間の賃金格差やシングルマザー、違法労働、虐待やDV、高校・大学中退、障害や難病、メンタルヘルス・・・など、現行の福祉制度ではすくい取れない様々なニーズや問題の多くが、性風俗の世界に流れ込んでいます。しかし、「福祉の谷間」「裏のセーフティネット」となっている性風俗産業を理解するために必要な法律や条例、性風俗の歴史と現状を、福祉と関連づけて体系的に学ぶことのできる場所は、これまでどこにも存在しませんでした。その結果、福祉や行政の現場では、「性風俗の世界の問題は、どう扱ったらいいか分からない」「性風俗の世界で働く男女と、どう向き合ったらいいのか分からない」状態が続き、本来福祉や行政の力で解決されるべき問題の多くが、事実上、手つかずのまま放置され、黙認されてきました。こうした現状を少しでも改善するために、本研修では、性風俗産業を取り巻く現状、これまでの歴史を学んだ上で、福祉や行政の現場で、当事者や支援者がぶつかる性風俗産業の問題に対して、どのように考え、どのように対応していけばよいかを、講義とワークショップを通して学びます。
詳細を見る
開催日
2018年07月08日
会場

八洲学園大学 7階7A教室
(神奈川県横浜市西区桜木町7丁目42番地)


「横浜」駅 徒歩10分

横浜市営地下鉄「高島町」駅 徒歩1分

横浜高速鉄道みなとみらい線「新高島」駅 徒歩5分

京浜急行「戸部」駅 徒歩5分

※会場に用意された駐車場はございません。

内容
皆さん、認知症利用者様との対応・コミュニケーションで悩まれることはありませんか?『徘徊している方の対応が難しい』 『介護拒否のある方にどうしても感情的になってしまう』『自分が対応すると不穏になる利用者様がいる』『部下への認知症ケア指導が分からない』『認知症の種類・症状別の介入のコツを知りたい』 『認知症に関して基礎からしっかり学びなおしたい』  上記のような悩みのある方、認知症をひとくくりにしていませんか?認知症には様々な種類・症状があります。それを正しく知ることで適切に自信を持って認知症の方と関わることができるようになります。今回は認知症高齢者に関しては第一線でご活躍されている先生をお招きしました。正しい知識と実践を学び、明日から自信を持って日々のケアに臨めるようになりましょう。【セミナー内容】1.認知症の人が住む世界を理解する2.認知症の人をケアする私たちの視点3.アクティビティの視点4.困難事例を検討しよう!5.困難事例を解決しよう!(ロールプレイ)
詳細を見る
開催日
2018年07月08日
会場

博多バスターミナル貸しホール(福岡県福岡市博多区博多駅中央街2-1)

内容
【参加のポイント】・楽しい+機能訓練につながるレク・プログラム・日頃行っているプログラムの評価を行う・現場で生かせるケアレクの発想の転換・レクをケアに!ケアにレクを!根拠ある活動の紹介と体験【内容】「介護予防・機能維持!ご利用者の生活意欲・生活機能を高めるレク・プログラムの工夫」「ご利用者の心身機能を高めるレク・プログラムの工夫」「ご利用者の認知・遂行機能を高めるレク・プログラムの工夫」「身体機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」「ADL低下を防ぐ!認知機能・精神機能などのADL周辺機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」「認知症の周辺症状の緩和に必要なケアの考え方とプログラム」「認知機能を高めるケアレク・プログラムの工夫の実際〜認知症の方の活動意欲を引き出す実践とその仕掛け〜」「身の回りのモノや人を生かしたケアレク活動の仕掛け」「認知症の方、片麻痺の方、車イスの方…色々な症状のご利用者の目的・症状緩和に向けたケアレク活動の工夫」「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(1)」「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(2)」「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(3)」【講師】・山口 健一氏(白木せいかつのデイ 作業療法士) ・直井 誠氏(和が家の古民家デイいぶき 代表) ・川畑 智氏(株式会社Re学 代表取締役)・瀨川 綾氏(デイサービス祐 機能訓練指導員)【詳細】https://www.tsuusho.com/care_rec/
詳細を見る
開催日
2018年07月08日
会場

ウェルおおさか・4階会議室・西

〒557-0024 大阪市西成区出城2-5-20 (大阪市社会福祉研修・情報センター)
 
JR環状線「今宮」から徒歩10分
市バス「長橋二丁目」バス停すぐ52系統・バス停の前になります。
(なんば〜地下鉄花園町〜あべの橋)
お申し込みの方には受講カードと一緒に詳しい地図をお送りします

内容
●講師:内橋恵(脳卒中リハビリテーション看護認定看護師。NST専門療法士、 日本救急医学会ICLS・BLS認定インストラクター、日本神経救急医学会ISLS認定インストラクター)我が国の現状では、介護制度利用の上位疾患は、脳卒中疾患と認知症です。そして、脳卒中患者は、意識障害などによる活動量の低下や、リハビリによるエネルギー消費量増大のためにサルコペニアになりやすいと実感しています。又、在宅への国の方針で、病院は在宅率を上げるのに必死です。この4月から診療報酬改定で回復期、施設にも栄養のスクリーニングが推奨されています。脳卒中では、生活を視野にいれたゴールを多職種で共有することで、リハや栄養管理を行い、機能予後の改善を期待できると考えています。リハビリテーションを要する高齢者の多くにサルコペニアや低栄養が認められます。近年、これらは機能予後や死亡率と関連していることが明らかになっています。超高齢社会の我が国では、高齢者の健康寿命のためには、運動療法だけでなく栄養療法も併用する必要があります。今回、講義だけでなく、多職種でのグループワークを通して「リハからみた栄養管理」「栄養管理からみたリハ」のアセスメントを体験します。患者様に成果を出す!ために、一緒に考えていきましょう。内容1.超高齢社会である我が国の現状2.サルコペニアとは・サルコペニア嚥下障害   3.リハ栄養とは・リハ栄養ケアプロセス・リハ栄養摂食アセスメント・リハ栄養診断・リハ栄養SMARTゴール設定・リハ栄養介入・リハ栄養評価4.症例によるグループワーク・リハ栄養診断、介入を実際にやってみましょう!(一部、変更の可能性あります。)★ご参加された方全員に受講証明書をお渡しいたします★
詳細を見る
開催日
2018年07月08日
会場

みんなの会議室2-2 渋谷宮益坂
(渋谷区渋谷1-8-3 TOC第1ビル2階)

内容
自殺、深刻な事故、殺人、傷害事件、災害など、職場で起きる惨事は従業員に大ダメージを与え、職場の機能を一瞬で麻痺させます。突然の惨事に見舞われた職場は、そのほとんどが何をどのように対応して良いのかわからず、対応が後手に回ることで傷口をさらに大きく広げます。 このセミナーでは、惨事の際に生じる職場のリスクを正しく把握し、より早期に職場の機能を取り戻すための基本的な対応を学ぶことができます。<セミナー内容>1.大きなショックを受けた時、私たちの体に何が起きるのか ・ASD(急性ストレス障害)とPTSD(心的外傷後ストレス障害)・ショックを受けた時に出やすい心、身体、行動の反応・トラウマとは何か・ASDとPTSDが生活や仕事に及ぼす影響・ショックを受けた時の正しい過ごし方と注意点 2.惨事に見舞われた職場で起きる問題・自殺、災害、事故など、惨事のケース紹介。・それぞれの職場で何が起きたのか?惨事の内容により生じやすい心理や人間関係のトラブルとは?3.惨事発生!まず初めにやるべきこと。4.惨事への対応の流れとポイント5.専門家の活用について<講師の惨事対応実績>講師:AIDERS 代表 山崎正徳(精神保健福祉士) ・病院、介護施設などでの職員、利用者の自殺・会社での従業員の自殺・東日本大震災・職場での殺人事件・従業員の社会的重大事件への関与・職場での犯人不明の悪質な嫌がらせ、犯罪行為・死傷者の出る深刻な交通事故 など EAP機関において惨事ストレスマネジメントのプロジェクトリーダーを務めるなど、これまでに多くの惨事対応やトラウマ治療、専門家への教育を行っています。 ※詳細は主催者のホームページにてご確認ください。https://www.aiders.net/ 
詳細を見る
開催日
2018年07月08日
会場

銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム)
(東京都 中央区 銀座 7-2-22 TEL:03-6228-5995)

内容
株式会社つつじヶ丘在宅総合センターの小多機・看多機は、常に28名~29名の高稼働で想像以上の好業績!!介護職員のモチベーションの高さが評価の目安!! 常に介護職員が主役になる運営方針で看護師が専門性を発揮!! 2025年の地域包括ケアの実現に期待される小規模多機能、看護小規模多機能の高稼働経営に学ぶ!!地域をまるごとケアし、失敗しない小規模多機能と看護小規模多機能の効果的な運営手法と新たな経営戦略〜2025年に向け多くの法人が小規模多機能・看護小規模多機能を複数開設する時代共通サービスで対象や機能が違う小多機・看多機の開設から運営管理の実際を徹底解説〜<プログラム>1.法人の事業概要    法人の沿革と取り組み2.小規模多機能型居宅介護における経営戦略3.看護小規模多機能型居宅介護における経営戦略4.失敗する看護小規模多機能型居宅介護の事例5.地域密着型サービス事業を成功させる極意(1) 開設する地域のマーケティング(立地特性に合わせた運営体制)(2) 事業のメリット デメリットを知る (3) 開設法人の地域への実績と能力を分析する(4) 開設に関する分かりやすいコンセプトの重要性(5) 人は金なり(人の教育 / 人材の確保)(6) 利用者確保に関する広報活動と地域連携の強化(7) 経営者は頭の回転を柔軟にする方法<講師>株式会社つつじヶ丘在宅総合センター 代表取締役 金沢 二美枝 氏
詳細を見る
開催日
2018年07月08日
会場

銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム)
(東京都 中央区 銀座 7-2-22 TEL:03-6228-5995)

内容
地域包括ケアシステム構築の牽引車となれる訪問看護ステーションは、経営管理(マネジメント)力が脆弱!! 経営管理の強化こそが成長発展の鍵!!地域包括ケアの切り札と言われる定期巡回・随時対応サービスは、エリア独占!! 訪問看護ステーションが事業化すれば重度者を支え地域の信頼は抜群!! 本格的な地域包括ケアの推進で益々期待される訪問看護を軸とした定期巡回・随時対応サービスの事業運営ノウハウを徹底解説!!〜かつて小規模多機能も多くが赤字経営、今では多くが黒字経営に転換赤字経営で事業難易度ナンバーワンと言われる定期巡回・随時対応サービスも立派に黒字経営に〜<プログラム>1.2018年同時改定と訪問看護ステーション経営2.訪問看護ステーションの整備状況と経営収支の実態3.訪問看護ステーションにおける経営管理力不足と強化への具体策4.訪問看護ニーズの多様化と定期巡回・随時対応サービスの事業化5.有限会社ナースケアにおける定期巡回・随時対応サービス事業化の実際6.有限会社ナースケアにおける業務効率化とICT活用の実際7.地域包括ケアの実現に向け訪問看護提供量拡大への提言<講師>保健・医療・福祉サービス研究会 在宅介護事業指導講師 有限会社ナースケア 代表取締役社長和田 博隆 氏
詳細を見る
開催日
2018年07月08日
会場

東京大学駒場キャンパス 駒場国際教育研究棟 3 階教室
京王井の頭線駒場東大前駅 徒歩 3 分

内容
〇話題提供内容:・就労支援ってなに? ・雇用促進法改正の中身。 ・精神障害者の定着率が悪いのはなぜか?改善策は? ・精神障害者の就職活動、就労場面での合理的配慮は何か。(視点、項目、いい事例を)・労働市場、働き方の多様化が精神障害者の就労にもたらすベネフィットはなにか?(そ もそもあるのか) ・なぜ人間は働くのか?(働かない権利に対する支援者としての見解) 〇話題提供者 鶴田 雅英さん ・プロフィール‐ 所属:東京都大田福祉工場(東京コロニー)就労支援課 課長(主に就労移行支援・就労継続 B 型担当)、大田区自立支援協議会就労支援部会 部会長、知的障害者自立生活声明運動、ピープルズプラン研究所運営委員、原爆の図丸木美術館副理事長、OCNet(外国 人とともに生きる大田市民ネットワーク) ・普段関心があること:うんざりするような今のようではない社会がありえるということへの信仰。(でも、神さまは見つからない)そのためにできること。 ・鶴田さんよりメッセージ:ぼくが話すこともしますが、できればたくさんの人の意見を聞きたいと思います。双方向でできればうれしいと思います。
詳細を見る
開催日
2018年07月08日
会場

ウィルあいち セミナールーム2

 〒461-0016 愛知県名古屋市東区上竪杉町1番地

内容
「障がい者の性」基礎研修とは、障害の有無にかかわらず、人間であれば誰もが持っている性に関する尊厳と自立を守るために必要な知識を学ぶための研修です。研修時間は、180分(合計60分の講義+120分のワークショップ)です。「障がい者の性」を取り巻く現状、これまでの歴史を学んだ上で、家庭や地域、学校や職場で、当事者や支援者がぶつかる「障がい者の性」に関する問題に対して、どのように考え、対応していけばよいかを、講義とワークショップを通して学びます。「障がい者の性」というテーマに興味・関心のある方であれば、年齢や職業、資格の有無を問わず、どなたでも参加可能です。
詳細を見る
開催日
2018年07月09日
会場

振興会セミナールーム
(横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9F)

内容
認知症には中核症状とBPSD(周辺症状、または行動・心理症状)があり、その人の性格や生まれ育った環境、発症した症型によって現れる症状は変わり、一人ひとり関わり方や支援方法が違ってきます。本研修では、認知症についての正しい知識とともに、認知症ケア事例をもとにした介護過程を学び、認知症の方の個別性への気づき、根拠あるケアへの実践を目指します。≪カリキュラム≫1 認知症の理解とケア  症状と対応  中核症状とBPSD(周辺症状)  不安や行動の理解  関わり方2 認知症ケアの実践にむけて 認知症ケア事例で読み解く介護過程の展開介護過程は、質の高いケアの実現に向けて、意図的な介護を展開するためのプロセス。介護を進めていくうえでの手順や経過です。
詳細を見る
開催日
2018年07月09日
会場

アクトシティ浜松研修交流センター 402会議室
(静岡県浜松市中区中央3−9−1)

浜松駅から徒歩5分

内容
「人手不足を解消し、人間関係が構築され、人材定着からご利用者満足につなげ、売り上げをアップさせるこの手法に興味がある方は他にいませんか?」この講座は、こういった悩みを抱えている方が対象です ・人間関係における相談から解放されたい ・人手不足だけど、これ以上人を増やせない。人を増やさなくても現場を回したい ・想いがなかなか現場に伝わらない。同じ方向を向いて一丸となって仕事をしたい ・出来るスタッフと出来ないスタッフとの差を埋めたい ・スキルがバラバラなので、統一させたい ・スタッフに覇気がない。面倒くさそう。もっと楽しく、イキイキと仕事をしてほしい ・「これやりましょう!」と、自発的な行動にあふれる職場にしたい講師 後藤功太元介護士で介護現場を知っている研修講師日本福祉大学卒業後、特別養護老人ホームにて介護スタッフとして従事。スタッフの人間力強化に着目した研修を数多く手掛け、年間約150回の研修講師を担当。豊富な事例と分かりやすさを追求した内容は、「すぐに実践できそう」「まるで自分のことを言われているみたい」という声を頂く。著書『そのマネジメントでは新入社員はスグに辞めてしまいます!』『ダメリーダーでもできた!できるチームを動かす5つのステップ』本講座で学べる内容 ・全国の介護事業所の人材現状 ・人材定着の心理(なぜ辞めたいと思うのか) ・介護人材定着メゾットとは? ・三種の神器「マニュアル作成」ノウハウ ・三種の神器「OJTプログラム策定」ノウハウ ・三種の神器「人事評価制度策定」ノウハウ ・承認マネジメントの中身先着20名限定!豪華特典あり ・無料コンサルティング利用券(1回限り) ・主催代表の最新書籍1冊プレゼント ・ワークで使用したテンプレートデータ
詳細を見る
開催日
2018年07月10日
会場

名古屋企業福祉会館
(名古屋市中区大須2-19-36)

内容
1.遺族ケア・死亡状況における遺族心理の分析・遺族ケアの目的・遺族ケアの実際2.根拠に基づくエンゼルケア・時間経過に伴う遺体の変化・死後処置の目的・感染予防対策上の死後の処置・死後の処置の具体的手技・死後の処置実技紹介3.エンゼルメイク・エンゼルメイクの目的・普段の化粧とエンゼルメイクの違い・エンゼルメイクの手技・手順 看取り介護を実施されている事業所が増えています。死後ケアの指導・伝達に活かしたい、看取り看護、看取り介護に活かしたいなど、これからますます死後ケアの知識と技術の習得が必要になります。「遺族ケア」は、ご遺族への言葉かけを、「エンゼルケア」は、感染予防の視点から医療現場で実施されている標準予防策に基づいて学習します。「エンゼルメイク」は、ご遺体に現れる死後の変化を前提にその人らしさを作るご遺体に最も適した化粧法を学習します。 講師は、ご遺体の生前の状態、死後の状態のどちらにおいても大変豊富な経験を有しており、実務を交えたお話しが、とてもわかりやすい! と好評をいただいております。ぜひこの機会に死後ケアに必要不可欠な医学的知識と専門技術を学んでおかれることをお勧めします。講師:橋本友希(はしもと・ゆうき)有限会社エル・プランナー技術者/美粧衛生師/遺体感染管理師/看護師
詳細を見る
開催日
2018年07月10日
会場

エイドケアカレッジ博多校(福岡市博多区上呉服町2‐15 SO HAKATAビル3階)

内容
知的障がい者・精神障がい者の方を支援する事業所の新しい加算要件となる資格です。強度行動障害支援に関する知識及び技術を習得する福岡県指定研修です。(現在は基礎・実践研修連続受講の方を中心に受け付けております。)
詳細を見る
開催日
2018年07月10日
会場

お茶の水ケアサービス学院
(千代田区岩本町1-10-3)

内容
1.アセスメントの定義2.アセスメントの目的3.国際生活機能分類(ICF)とアセスメントの関係生活機能(心身機能と身体構造・活動と参加)/背景因子・環境因子4. 生活機能の評価アセスメント項目とその解説、検査の選択と方法関節可動域・筋力・体性感覚・疼痛・基本動作・日常生活動作など5.背景因子(環境因子)の評価6.アセスメントの具体的な進め方情報収集/ニーズの把握/検査・測定・動作観察/問題点の抽出/目標設定 プラン作成のためだけでなく、利用者に向き合い対象者の変化を引き出す介護・医療をするために、全ての介護・医療従事者にとってアセスメントは必要不可欠です。 このセミナーでは、アセスメントの基本(対象者のニーズを見つけるためのトップダウンの思考方法・アセスメントにおけるICFの考え方など)、アセスメントの具体的な進め方(情報収集からニーズの把握、生活機能評価の実際、目標の設定まで)を学習します。講師には、介助の達人として、NHK「ためしてガッテン」や NHK Eテレ「楽ラクワンポイント介護」に出演されている福辺節子先生をお招きし、講義を展開してまいります。奮ってご参加ください。講師:福辺節子(ふくべ・せつこ)一般社団法人Natural being 代表理事/理学療法士/医科学修士/介護支援専門員/厚生労働省老健局(介護ロボット開発担当)参与大学在学中に事故により左下肢を切断、義足となる。介護・医療などの専門職に加え、家族など一般の人も対象とした「もう一歩踏み出すための介助セミナー」を主催。施設や家庭でのリハビリテーション・介助のアドバイスを通じ、対象者の力と変化を引き出すワンランク上のケアの指導を目指す。介助の達人として、NHK「ためしてガッテン」やNHK Eテレ「楽ラクワンポイント介護」に出演。著書に「福辺流 力と意欲を引き出す介助術」(中央法規) 他、多数執筆。
詳細を見る
開催日
2018年07月11日
会場

振興会セミナールーム
(横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9F)

内容
法的なサービスの場面を通して様々な課題もありますが、障害のある人が高齢化することでの生活の変化は、個々の障害特性とともに、多様な展開が出てきています。本研修では、知的障害や自閉症の方が高齢期を迎える現状と支援の難しさから、高齢知的障害の理解と支援方法、関わり方を学びます。≪カリキュラム≫■ 知的障害の理解発達障害・自閉症など気質と行動の特徴■ 高齢知的障害者の理解と支援精神保健人権・プライバシー擁護と生活ターミナルケア■ 知的障害者にとっての認知症   ■ 事例から学ぶ支援者としての関わり方高齢・重度化した知的障害者は、自ら痛みを訴えることも、何をしたいかも言えない。日々、状態に変動があり、可動域などの正確な計測も難しい。だからこそ、支援者が障害を理解し、一人一人の声なき声をくみ取れるケアの提供が必要となります。
詳細を見る
開催日
2018年07月11日
会場

銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム)
(東京都 中央区 銀座 7-2-22 TEL:03-6228-5995)

内容
看護、介護、コ・メディカル、事務等の現場リーダーは、重要な「現場の接遇指導者」接遇指導者に求められる接遇の理念・知識・技術とリーダーシップを実践的に学ぶ<プログラム>■7月11日(水) 13:00〜18:00 1.大変革する医療・福祉情勢とこれからの患者(利用者)サービス (講 義)(1)社会保障費抑制策と本格的なサバイバル時代への自覚と対応(2)患者様(利用者様)に選ばれる病院・施設の条件と職員の資質(3)CS(顧客満足)がキーワードの時代2.接遇指導者の重要性とその役割 (講 義)(1)職員個々の資質の向上(2)組織全体の意識改革(3)継続性のある実務研修(4)OFF・J・T→O・J・T→自己啓発・相互啓発3.接遇応対トレーニングの基本 (講義・ロールプレイング)(1)接遇対応への自己確認(2)正しい敬語と心くばりのある話し方(3)温かみのある表情・笑顔のトレーニング(4)感じのよい動作・態度(5)好感をもたれる身だしなみ4.接遇応対トレーニングの実際1 (講義・ロールプレイング)(1)最も効果的なロールプレイング法とその指導のすすめ方(2)朝礼ミニ研修の重要性とすすめ方(3)患者様(利用者様)別接遇ポイント(4)苦情・判断に迷う場面の対処法とトレーニング■7月12日(木) 9:00〜17:001.接遇応対トレーニングの実際2 (ロールプレイング・ディスカッション)(1)部門別接遇対応トレーニング(2)電話応対トレーニング(3)来客応対トレーニング2.接遇インストラクターに求められる資質と心構え (講 義)3.まとめ 〜生き方美人を目指して〜      −質疑応答−<講師>保健・医療・福祉サービス研究会  接遇トレーナー・教育コンサルタント雨宮 惠美 氏
詳細を見る
開催日
2018年07月11日
会場

積水ホームテクノ(株)関東ウェルス営業所
〒330-0801 さいたま市大宮区土手町1-2 JA共済埼玉ビル 

内容
☆★☆第5回ウェルスセミナー☆★☆■セミナータイトル〜介護保険改定後の重点施策!!〜『営業・稼働率アップ!!加算取得・コスト削減!!』4月から介護保険改定が行われ、各事業者さんは慌しくその対応に追われたことと思います。今回の介護保険改定は0.54%のプラス改定とは言え、事業者さんが一安心して良いかと言えばそうではありません。4/11には財務省が既に次期介護保険改定に向けての視点を発表するなど、目まぐるしく状況が変化していきます。本セミナーでは財務省が発表した次期介護保険改定に向けての視点を含めながら、介護保険改定後の重点施策としてかかせない、営業力アップ、稼働率アップ、加算取得のポイント、コスト削減のポイントについてお話したいと思います。■タイムスケジュール(予定)13:30〜13:40 主催者挨拶 13:40〜14:50 セミナー14:50〜15:00 休憩15:00〜15:30 セミナー15:30〜16:10 グループワーク16:10〜16:30 セミナー■講師介護経営コンサルタント 佐藤 慎也■講師プロフィール50法人以上のコンサルティング実績を持ち、自らも介護事業の運営に携わっていたため、経営者からスタッフまで、それぞれの立場にあった指導・提案をすることで圧倒的な支持を得ている。介護業界の動向を解説したメルマガの発行やコラムの執筆を行ながら、全国各地にて幅広い分野で年間100本以上の講演を行う。
詳細を見る
開催日
2018年07月11日
会場

東別院会館
(名古屋市中区橘2-8-45)

内容
1.問題解決、業務改善の7つの段階 ◎ストレングス視点で組織を見る ◎PDCAサイクルのメリットと不都合な罠 他2.現場を徹底分析 ◎分析の視点やその手法 ◎何のために現場を分析するのか ◎チームで理想の現場を共有するために 他3.行動につながる業務改善ポイント ◎「動かない」「いつの間にか」はなぜおこるのか ◎スタッフの成長とモチベーションを引き出す対話力 ◎その一言が指示待ち人間を作っている ◎業務改善の成果を出す5つのポイント 他恒常的に人材不足の傾向にある介護・看護の現場は、限られた時間の中で膨大な業務を遂行しなければなりません。そのため、常に業務に追われる状況が一般的であり、個々の職員やチームが疲弊していることも少なくありません。また、制度改正、利用者・家族からの要望や苦情、法人の方針転換等により、その都度、現場の業務改善・変革を求められます。このように極めて多忙で、日常的に業務改善を求められる現場では、管理職やリーダー層のみならず一般職員においても、サービスの質やチームワークの向上、働きやすい職場環境の整備等実践的かつ実効性の高い取り組みが求められています。この研修会では、「情報共有がうまくいかない」、「決まったことが実行されない」、「人が定着しない」、「職員の育成が上手くいかない」等をはじめとする様々な課題(新たに発生した課題も含め)に対し、現場の課題の分析を踏まえて業務改善に結び付けるためのプロセス及び手法を学びます。本研修のご受講を通して、経営層、リーダー層とともに現場の職員の理解を促し、実践的かつ実効性の高い業務改善を実現し、働きやすい職場環境を創っていただけることを願っております。講師:小田昌敬(おだ・あきのり)社会福祉士/ファシリテーター株式会社代表取締役
詳細を見る
開催日
2018年07月11日
会場

お茶の水ケアサービス学院
(千代田区岩本町1-10-3)

内容
1.ストレスや人間関係を改善し自分を成長させるテクニック2.コミュニケーションで何が伝わる?3.コミュニケーション、実はこういうもの!4.コミュニケーション、どう返す、どう伝える?5.相手のタイプを知る力を育てる種6.自分の中からエネルギーをもらう7.自分で自分自身へのアドバイスを得る方法※講座内容は予告なく一部変更になる場合もあります。患者さん、利用者さんは感情をいろんなかたちでぶつけてこられます。もちろん職場の上司、同僚、後輩も手を変え品を変え。相手の本当の意図を洞察する能力を向上させることで、一見ネガティブな感情をそのまま受けとることが減り、コミュニケーションの質が変わっていきます。プロスポーツ選手が使っている気分の切り替え方、NLPと呼ばれ一般企業では大手を中心に導入されている大事なメンタルトレーニング法があります。自分自身の感情は自分とのコミュニケーションであるともいえます。自分に対する理解が深まり思考に選択の幅が広がれば、それだけ自分自身に余裕が生まれ、より安定した状態に気がついていくでしょう。そんなメンタルトレーニングを楽しく行っていきましょう。講師:池江 俊博(いけえ としひろ)サンタフェNLP/発達心理学協会認定NLPトレーナー/株式会社ノーザンライツ代表取締役
詳細を見る
開催日
2018年07月11日
会場

名古屋ダイヤビルディング 281会議室
(名古屋市中村区名駅3丁目16番22号)

内容
第1部 職員育成に主眼を置いた人事考課制度の整備方法1.職員の育成に主眼を置いた人事考課制度とは●福祉施設を取り巻く環境変化と人材をめぐる課題●処遇改善加算の算定要件になっているキャリアパスの整備●職員の定着と育成を可能にする育成型人事考課制度の基本的な考え方2.職員の育成効果が高まる独自の人事考課表作成法●施設オリジナルで考課表を作成すべき理由●5つのステップで完成する施設オリジナル考課表の作成方法●施設独自の人事考課表の着眼点に育成ポイントを入れる際の留意点第2部 職員育成につながる人事考課制度運用のポイント1.職員育成につながる人事考課の具体的な進め方●人事考課制度と人材育成を連動させ育成効果を高めるためのポイント●事実に基づいた人事考課の実践で職員の課題を明確にする方法●考課結果を来期の育成に活かす仕組み2.リーダーの育成意識を高める考課者研修のポイント●考課者研修を実施する際の留意点●【事例演習】リーダー層職員の育成意識を変える考課者訓練の実際●面談時に活かせるコーチング手法の習得と面談の具体的な進め方
詳細を見る
開催日
2018年07月11日
会場

奈良県社会福祉総合センター(奈良県橿原市大久保町320番11)
大会議室

内容
第3回 お困りごと解決!合同フェアin奈良社会福祉事業経営セミナー経営幹部が知っておきたいこれからの社福事業戦略理事長職・経営幹部職が当然に理解すべき事項を、専門事業者が実例を交えながら解説いたします。これからの事業運営を担う幹部職の受講をお勧めします!第1部 ベトナム人の本音と海外人材の活用一般社団法人Vietnam club(1)ベトナム人の介護に対する考え(2)技能実習生制度の問題点(3)在留資格「介護」の問題点(4)民族性の理解が道をひらく 第2部 設備修繕計画書の考え方とその効果小川電機株式会社(1)設備修繕計画の策定の仕方(2)社会福祉法人に求められる計画書の意味(3)計画書から生まれる効果(4)修繕積立金は根拠資料が必要(5)補助金を効果的に使うための計画書(6)費用をかけずに今すぐできる省エネ!! 第3部 経営にITを利活用するために株式会社阪南ビジネスマシン、応研株式会社(1)ITを利活用できる組織体制づくり(2)経営スピードとIT利活用(3)ITで経営が強化された事例(4)セキュリティの考え方と対策(5)ITインフラの整備と保守運用 第4部 監査延長のための専門家支援の活用と経理担当スタッフの残業をなくす取り組み株式会社シリング、応研株式会社(1)専門家の支援制度の仕組み(2)所轄庁監査の延長とは(3)公認会計士業界の動向(4)経理スタッフの残業削減へ(5)内部統制・人的リスク解消のご提案 第5部 新制度における給付金 園独自で正しい給付費を把握し損をしないために岩手インフォメーション・テクノロジー株式会社(1)施設型給付費及び地域型保育給付費とは(2)自治体が作る清算書を信じてよいのか(3)適切な加算の組み合わせを知るツールのご紹介
詳細を見る
開催日
2018年07月12日
会場

振興会セミナールーム
(横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9F)

内容
地域包括システムが重要視される中、高齢者が地域で安心して生活していくためには、各サービスに関わる多様な専門職が、ケアの全体像を把握し、利用者に関する情報を共有しながら、各自の役割に基づき、適切にサービスを提供していくこと。つまり、多職種が連携していくことが必要とされ、評価されています。本研修では、ケアマネジャーとしての役割や他のサービス内容を再確認しながら、在宅医療や退院支援時等における具体的な手法を学びます。≪カリキュラム≫■ 介護報酬改定、医療報酬同時改定後のケアマネジメントの考え方■ 高齢者の特徴と医療連携■ チーム・多職種協働とは■ 介護保険サービスにおける連携とは■ 身近な事例で連携・チームを考える在宅医療、入退院時における医療との連携入退院支援ルールケアプラン作成の視点と今後の展開
詳細を見る
開催日
2018年07月12日
会場

MMPGセミナールーム
(東京都品川区北品川4-7-35 御殿山トラストタワー4F)
※ JR線品川駅から徒歩10分、無料送迎バス有り
※ 京浜急行線北品川駅から徒歩5分

内容
職場でのコミュニケーションに悩んでいませんか?医療が日々進歩、変化し、人々の価値観も多様化する現代において、質の高い医療を提供するためには患者様・ご家族と医療従事者とが相互にかかわり合い、信頼関係を築くことが必要です。そのためには、円滑なコミュニケーションがかかせません。本セミナーでは、コミュニケーションの基礎について、グループワークを取り入れながら、ご指導いたします。貴院の職員がより輝く、ワンランク上を目指すための「コミュニケーション研修会」で学んでみませんか?指導される立場の職員の方の参加も歓迎いたします。— 研修のポイント —1.コミュニケーションとは?コミュニケーションの意味合いを理解しましょう。2.相手を「知る」ということを質問を通して体験しましょう。3.コミュニケーションと「接遇」の関係性を知りましょう。— プログラム —1.コミュニケーションとは(言語コミュニケーション/非言語コミュニケーション)2.人に興味を持ちましょう(アイスブレイク)3.円滑なコミュニケーションと接遇の関係性4.まとめ
詳細を見る
開催日
2018年07月12日
会場

豊中男女共同参画推進センター すてっぷ 視聴覚室
(大阪府豊中市玉井町1-1-1 エトレ豊中5階)

内容
セミナー内容:実習を受け入れたいけど、何を伝えたらいいか悩んでいる・・という企業・支援機関の方いらっしゃいませんか?企業側の視点で、仕事に就くまでに実習生に準備しておいて欲しいことをポイントに絞ってお話致します。 また、メンタル不調は特に女性が多いと言われています。働きたいけれど自信がない..という女性の方も是非ご参加ください。講師: 三辻 茂樹 先生(株式会社コステック代表取締役 )
詳細を見る
開催日
2018年07月13日
会場

振興会セミナールーム
(横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9F)

内容
個別介護計画書とは、ケアマネジャーが作成したケアプランをベースに、実際にどのようなケアを提供するのか具体的に記入するものです。現場では、計画書に基づき、共通の目的でケアが実行されることとなるため、ケアを行う上でとても大切なものとなります。様式は施設やサービスごとに異なりますが、ポイントは同じです。本研修では、個別計画書作成の目的を理解し、その書き方の留意点等のポイントを学ぶことで、個別ケアの実現とサービスの質の向上を目指します。≪カリキュラム≫◎ 個別介護計画書の本来の役割◎ ケアプランと個別介護計画書の違い◎ 個別介護計画書の書き方と作成ポイントと留意点◎ アセスメントの進め方【事例演習】個別介護計画書の作り方・書き方
詳細を見る
開催日
2018年07月13日
会場

クローバープラザ(春日市原町3丁目1-7 )

内容
セミナーの概要 今年度、介護保険が改正になりました。その内容は今まで以上に市区町村の権限を強化すること、外部へ情報公開によりサービス全体が外部からのチェックがなされることです。改正の傾向から介護事業所の閉鎖性をなくし、地域に根付いた施設にしていこうという厚労省のねらいが見えてきます。またこれに伴い実地指導が最近厳しくなったという声を多く聞きます。このセミナーでは習得目標として介護記録が適切に表現できるようにしてきます。介護記録対策として適切な表現方法(特に認知症BPSD)を通じ、昨今多くなってきた訴訟対策として自身の身を守る術を解説してきます。また年々厳しくなってくる実地指導対策についても大まかな流れと具体的に指導事例を見ていき、来る指導対策、訴訟対策に備えます。これを機に今迄の記載方法を見直してみませんか。 セミナー 内容 第1回目 【介護記録編】介護記録の基本、そして介護記録の見方について学びます。初級者向きです。・介護記録の意義・目的 ・介護記録の目的・記録の落とし穴・記録を書くときの10の心得・好ましくない記録の例・生活場面別における介護記録事例検討 【入浴・レクレーション・食事。夜勤など】・演習・介護記録の活かし方【応用】 第2回目 【リスクマネジメント編】 介護記録がリスクマネジメントの点でどのように生かされるか、また事業所を守る為の術を学びます。 管理者、サ責など上級者向けです。・個人情報の保護とコンプライアンス・記録の開示について(説明責任)・記録とリスクマネジメント・介護保健事業におけるコンプライアンス[法令順守]とは・記録の重要性・指導・監査について・危機予知訓練(KTY)・各帳簿類のチェックポイント・加算解釈と実地指導
詳細を見る
開催日
2018年07月13日
会場

ウェルおおさか
(大阪市西成区出城2-5-20)

内容
1.問題解決、業務改善の7つの段階 ◎ストレングス視点で組織を見る ◎PDCAサイクルのメリットと不都合な罠 他2.現場を徹底分析 ◎分析の視点やその手法 ◎何のために現場を分析するのか ◎チームで理想の現場を共有するために 他3.行動につながる業務改善ポイント ◎「動かない」「いつの間にか」はなぜおこるのか ◎スタッフの成長とモチベーションを引き出す対話力 ◎その一言が指示待ち人間を作っている ◎業務改善の成果を出す5つのポイント 他 恒常的に人材不足の傾向にある介護・看護の現場は、限られた時間の中で膨大な業務を遂行しなければなりません。そのため、常に業務に追われる状況が一般的であり、個々の職員やチームが疲弊していることも少なくありません。また、制度改正、利用者・家族からの要望や苦情、法人の方針転換等により、その都度、現場の業務改善・変革を求められます。 このように極めて多忙で、日常的に業務改善を求められる現場では、管理職やリーダー層のみならず一般職員においても、サービスの質やチームワークの向上、働きやすい職場環境の整備等実践的かつ実効性の高い取り組みが求められています。 この研修会では、「情報共有がうまくいかない」、「決まったことが実行されない」、「人が定着しない」、「職員の育成が上手くいかない」等をはじめとする様々な課題(新たに発生した課題も含め)に対し、現場の課題の分析を踏まえて業務改善に結び付けるためのプロセス及び手法を学びます。 本研修のご受講を通して、経営層、リーダー層とともに現場の職員の理解を促し、実践的かつ実効性の高い業務改善を実現し、働きやすい職場環境を創っていただけることを願っております。講師:小田昌敬(おだ・あきのり)社会福祉士/ファシリテーター株式会社代表取締役
詳細を見る
開催日
2018年07月13日
会場

TKPガーデンシティ仙台 カンファレンスルーム13C
(宮城県仙台市青葉区中央1-3-1)

内容
第1部 職員育成に主眼を置いた人事考課制度の整備方法1.職員の育成に主眼を置いた人事考課制度とは●福祉施設を取り巻く環境変化と人材をめぐる課題●処遇改善加算の算定要件になっているキャリアパスの整備●職員の定着と育成を可能にする育成型人事考課制度の基本的な考え方2.職員の育成効果が高まる独自の人事考課表作成法●施設オリジナルで考課表を作成すべき理由●5つのステップで完成する施設オリジナル考課表の作成方法●施設独自の人事考課表の着眼点に育成ポイントを入れる際の留意点第2部 職員育成につながる人事考課制度運用のポイント1.職員育成につながる人事考課の具体的な進め方●人事考課制度と人材育成を連動させ育成効果を高めるためのポイント●事実に基づいた人事考課の実践で職員の課題を明確にする方法●考課結果を来期の育成に活かす仕組み2.リーダーの育成意識を高める考課者研修のポイント●考課者研修を実施する際の留意点●【事例演習】リーダー層職員の育成意識を変える考課者訓練の実際●面談時に活かせるコーチング手法の習得と面談の具体的な進め方
詳細を見る
開催日
2018年07月13日
会場

スポーツマンハウス鈴鹿 
( 三重県鈴鹿市御園町1669 )

内容
C-MAS介護事業経営研究会 三重鈴鹿支部 お役立ちセミナー『やさしい!2018年改定対応!実地指導の事前準備と対策』『今から始める保険外サービス/共生型サービスのポイント』【講師】 C-MAS介護事業経営研究会最高顧問 小濱道博先生
詳細を見る
開催日
2018年07月14日
会場

特定非営利活動法人日本介護予防協会
(東京都豊島区駒込1-13-11)

内容
介護予防指導士 第145回東京講習を開催します。「介護予防指導士」とは、多くの方が豊かな老後を過ごせるように、要介護者ばかりでなく元気な方も対象として介護予防を指導する資格です。介護予防の理論と実技を効率よく3日間で学ぶことができ、講習終了後に認定証をお渡しします。4,300名以上の修了生が、今後ますます重要になる介護予防の技術と知識を習得し、施設・病院・訪問などの現場で活躍しています。この講習は2005年より、毎月東京で実施しているほか、北海道・東北・中部・東海・近畿・中国・九州など全国で開催しています。◇講習科目◇ (10科目、21.5時間)介護予防概論・ストレッチング・筋力訓練指導・測定と評価・救急蘇生・栄養ケア・口腔ケア・リハビリテーション・転倒予防・認知症ケア
詳細を見る
開催日
2018年07月14日
会場

文京区民センター
(東京都文京区本郷4-15-14)他

内容
創刊から16年間、「経営(継栄)のツボ」を『介護ビジョン』に連載し続ける早川浩士(主宰者)が、2003年開塾して16年目を迎える「継栄と人財創造塾」(延登録者数642人)。Vol.20のテーマ新たな介護保険時代に向けた継栄のON MY WAY進化、深化、芯化、新化を続け、真価の創造と発揮を目指すVol.20の視座『自分を信じる力を育む』、『盾の両面を見よ』、『握れば拳、開けば掌』、『人の振り見て、我が振り直せ』、『掌を反す』、『諦めない人間力』、『学びて思わざれば即ち罔し』、『たった一つを変えるだけ』、『自ら問い、自ら学ぶ』、『相手も大事、自分も大事』、『万物流転』、『あり得ないことも起こる』、『コペルニクス的転回』など、主宰者が連載中の「経営(継栄)のツボ」に記した直近1年間の「転期に立つ経営の視座」を踏まえ、「時代の変化を見据えて、今、何を学び直すべきか」を考え、議論を通して学ぶ。2006年以来12年振りの単一講座(全4回)開催。第1回 自分を信じる力を育む第2回 コペルニクス的転回第3回 相手も大事、自分も大事第4回 自ら問い、自ら学ぶ各回、受講所感提出。第3回終了後に交流会(17−19時)。会費別途1人:4,500円(税込)。
詳細を見る
開催日
2018年07月14日
会場

デイサービス昭和館
(大阪市西成区松3-5-25)

最寄り駅は、南海汐見橋線の西天下茶屋駅です。

お車でお越しの場合、駐車スペースに限りがございますので、満車時は近隣のコインパーキングをご利用ください。

内容
認知症の基礎知識について、またサポーターとして何ができるかなどについて学びます。全国キャラバン・メイト連絡協議会発行の「認知症サポーター養成講座標準教材」および「大阪市版テキスト」を使用します。【持ち物】筆記用具・A4サイズの教材を持ち帰るための袋やカバンなど【授与】受講修了後にオレンジリングを交付します。
詳細を見る
開催日
2018年07月14日
会場

市民後見センターきょうと
(特定非営利活動法人ユニバーサル・ケア)

【所在地】 京都市下京区西洞院通七条下る東塩小路町 607-10
サンプレ京都ビル 6 階
公共の交通機関をご利用ください。(専用駐車場はありません)

【交通機関】 ・JR 京都駅下車 徒歩 5 分
・地下鉄烏丸線 京都下車(2 番出口)徒歩 7 分
・京都市バス 京都駅下車 徒歩 5 分
・下京総合庁舎前下車 徒歩 3 分
・七条西洞院下車 徒歩 2 分
※下京区総合庁舎角を北側へ 4 件目ブルーの看板「エスティ」が目印

内容
 私たち「市民後見センターきょうと」は、いつでも、どこでも、誰でも、安心して利用できる「成年後見制度」の普及を目指して長年活動をしております。「成年後見制度」について豊富な事例を交えて詳しく解説いたします。制度を基礎から勉強したい//認知症高齢者や知的・精神障がい者を抱えられているご家族//福祉・介護・医療関係//金融関係//市民後見人に関心があるなどの方々のご参加をお待ちしておりますAM・制度の仕組みと最近の動向・法定後見制度成年後見制度の仕組みと最近の動向及び法定後見制度の内容と利用の仕方について事例を交え、初心者にも分かり易く解説いたします。PM・任意後見制度・後見人の実務任意後見制度の内容と利用の仕方及び後見人の実務について事例を交え、実務にすぐ役立つように詳しく解説いたします。事例検討会&質疑応答時間もしっかり確保
詳細を見る
開催日
2018年07月14日
会場

戸山サンライズ(全国障害者総合福祉センター)
(東京都新宿区戸山1−22−1)

内容
【医事課特研】医事課として経営支援に貢献し働き甲斐も手に入れよう!  1.医事課としてレセプト業務を確実に努めよう  2.医事課の持つデータをしっかりと活用しよう  3.経営支援部門として病院全体に貢献しよう 発題者:和久井敏夫、天野武城  ・研修の主題第1課=仲間の汗を無駄にするまい  ・レセプト請求の精度を上げる  ・職員の資格などの施設基準を確保する  ・医療職員にレセプトの仕組みを啓蒙する  ・増収と経営安定・理念実現の関係を理解する  第2課=宝の持ち腐れはいたしません  ・医事課の持っているデータのあらまし  ・医事課データの分析力と情報発信のアクティブな姿勢  ・病院経営のキーポイントである医事課データの経営への活用  ・チーム医療・経営支援の要としての先見性と全体的な視点 第3課=すばらしきかな経営支援部門  ・経営支援部門とはウラカタではない  ・医事課が果たすべきファシリティ機能  ・活躍している医事課の事例
詳細を見る
開催日
2018年07月14日
会場

銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム)
(東京都 中央区 銀座 7-2-22 TEL:03-6228-5995)

内容
「普通の介護は介護でなくなる時代」が到来する!!我が国がついに本格着手する「介護の標準化・構造化(科学的介護)」の実践とは!?2040年の団塊の世代の重度化・看取り期対応の膨大な介護対応の見通しが、本来の介護保険の理念である自立支援の定義を大きく進化させた!! 2021年本格スタートする「科学的介護の実現」の早期対応に向けて・・・〜社会保障制度の持続可能性が本格的に問われる中、介護をやっていれば収益になる時代は終わる!!成果のない介護に支払う財源はない、ビッグデータ時代に2021年介護報酬改定で介護の質の評価指標を確立〜<プログラム>1. 「科学的裏付けに基づいた介護」の制度化とビッグデータ時代に対応した介護事業戦略 〜科学的介護の実現をテーマにした2021年介護報酬改定の展望と対応の具体策とは〜保健・医療・福祉サービス研究会 介護・医療・障がい経営戦略指導講師 ポスト・ヒューマン・ジャパン株式会社 代表取締役社長 福祉・介護・医療経営戦略・AI・ロボット・IOT導入支援コンサルタント谷本 正徳 氏2.科学的介護と自立支援の結果を出す通所介護事業 〜AI活用を見据えた、教師データを生み出す通所における自立支援ケアの実際〜在宅療養支援 楓の風グループ 代表小室 貴之 氏3. 科学的介護の実現に対応した社会福祉法人正吉福祉会の自立支援ケアの取り組みとその成果 〜自立支援のケアを実践するための基本ケアの推進と人材育成の実際〜社会福祉法人 正吉福祉会 杜の風上原特別養護老人ホーム正吉苑 施設長 齊藤 貴也 氏4.全体質疑・全体討論 座長 保健・医療・福祉サービス研究会 代表 田中 優至 氏
詳細を見る
開催日
2018年07月14日
会場

銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム)
(東京都 中央区 銀座 7-2-22 TEL:03-6228-5995)

内容
2021年改革「科学的介護の実現」に対応したアウトカム重視の通所サービスへの転換と経営戦略<プログラム>● 2018年介護報酬改正が示した通所介護の進むべき道とは● 楓の風における15年間の自立支援ケアの取組実践紹介● 明日から変わる「お世話型」から「自立支援型」への転換方法● 自立支援ケアの下地作り「ありがとうを言わせない」ケアの実践とは● 特徴づけで差別化する時代から、自立支援ケアの結果を出して信頼蓄積の時代へ● 自立支援ケアの実践で加算をしっかり算定!利益率20%超の通所介護事業運営とは● 新しいリハ機器導入は後回し、すぐに取り組める個別機能訓練加算IIの実践方法とは ● アセスメント力向上はニーズへの質の高い対応に。アセスメント力UPのスタッフ育成方法とは● 面談を通じて利用者がエンパワメントされる効果も!通所アウトカムスケール(無償配布します)の紹介とケアの実際● アウトカムスケールの導入で、スタッフが「何を目指せばよいのか」が明確になり、ケアが自立支援を志向するあるべきケアにかわる!● ICTフル活用とケアの目的的実践で残業時間ゼロを目指す!平均残業時間13.4時間(月あたり)の通所介護実践とは● 最小限の人員配置で最大限の自立支援ケア実践空間はこうして作る!● ケアマネの言いなりで苦しむ軽度者への入浴&預かりからの脱出方法とは● 自立支援ケアを促進するチームワークとリーダーシップ、メンバーシップとは● 中重度者を中心に短時間ケアで結果を出す!● 3−4?5−6?7−8?ニーズと制度改正動向をにらんだ時間区分の在り方とは● AI時代、楓の風の通所介護ケアの実践データは教師データになる!AI活用で目指す高効率と高成果とは<講師>在宅療養支援 楓の風グループ 代表 小室 貴之 氏
詳細を見る
開催日
2018年07月14日
会場

インテックス大阪 2号館
(〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-5-102)

内容
福祉の就職総合フェア2018inOSAKA〜AIにできない愛のしごと〜福祉の仕事に就きたい皆さんを応援します!★無資格・未経験OK★履歴書不要★手話通訳配置★保育室あり福祉の仕事や資格がわかる、各種相談コーナーあり1 大阪福祉人材支援センター求職相談コーナー2 中高年齢者、障がい者、ひとり親家庭就労相談コーナー、大阪府第三者評価コーナー3 職能団体、関係機関による相談コーナー
詳細を見る
開催日
2018年07月14日
会場

インテックス大阪 国際会議ホール
(〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-5-102)

内容
福祉の就職総合フェア2018inOSAKA 同日開催就活応援セミナー〜人がめっちゃ好き!そんなあなたが広げる福祉の可能性〜こんな方におすすめです。★ 福祉分野の今と将来性を知りたい!★ 福祉分野の新しい取組みについて知りたい!★ 自分にあった事業所って?選び方のポイントが知りたい!【スケジュール】10:00〜10:30福祉のお仕事セミナー・就職フェアの歩き方★福祉の仕事全般および職種、業務内容について。就職フェアの歩き方のコツ。10:30〜11:45就職フェア出展法人による事業所プレゼンテーション★採用担当者から聞く、法人独自の取組み。先輩職員からのメッセージが聞ける!11:45〜12:00これだけ知っておきたい労働法の基礎知識★就職する前に知っておきたい労働法の基礎知識をわかりやすく伝えます。
詳細を見る
開催日
2018年07月15日
会場

ウェルおおさか・4階介護実習室

〒557-0024 大阪市西成区出城2-5-20 大阪市社会福祉研修・情報センター

JR環状線「今宮」から徒歩10分
市バス「長橋二丁目」バス停すぐ52系統・バス停の前になります。
(なんば〜地下鉄花園町〜あべの橋)
お申し込みの方には受講カードと一緒に詳しい地図をお送りします

内容
●講師:船橋 昇平 (「からだとこころを整える整体処」院長・MART(Medical Aroma Rehabilitation Therapy)インストラクター、経絡ヨガインストラクター・薬膳アドバイザー・トレーニング指導士)講師から受講生のみなさんへ筋膜に対するアプローチは数年前にアナトミートレインが発刊されてから、広く知られるようになりましたが、筋肉との違いや、具体的にどのようにアプローチするのかというのはあまり知らない方が多く、あまり臨床的には使えない・使い方が分からないという方が多いと思います。そんな方のために少しでも筋膜に対する理解をして頂けるような講義にしたいと思います。内容・筋膜の考え方と解剖・筋膜の治療的な意味・筋膜の触診 実技あります。動きやすい服装でお越しください。★全員の方に受講証明書をお渡しいたします★
詳細を見る
開催日
2018年07月15日
会場

株式会社Work Shiftセミナールーム
住所:大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル 403号室
阪急線南方駅下車 徒歩3分
地下鉄御堂筋線西中島南方駅下車 徒歩2分
JR線新大阪駅下車 徒歩8分

内容
今回のセミナーでは動作分析の基本的な考えや方法、そして臨床場面における動作分析の進め方について学ぶことができます。立ち上がり動作歩行動作などの事例などを用いて動作分析について学んでいきたいと思います。病院や診療所におけるリハビリテーションだけでなく、訪問リハビリテーション、通所リハビリテーション、通所介護におけるリハビリテーションにも十分に役立てることができるセミナーとなっています。内容1)動作分析の基本的考え方2)動作分析の方法とハンドリング技術3)動作分析の実技講師高木綾一理学療法士認定理学療法士(脳卒中・管理運営)三学会合同呼吸療法認定士修士(学術)国家資格キャリアコンサルタント株式会社Work Shift代表取締役関西医療大学 保健医療学部 助教関西学院大学大学院 経営戦略研究科
詳細を見る
開催日
2018年07月15日
会場

在宅リハビリテーション・ケアスクール 高槻
大阪府高槻市富田町1-28-6
阪急京都線富田駅下車 徒歩3分
JR京都線摂津富田駅  徒歩5分
車でご来場の方は近隣の有料パーキングをご利用ください

内容
診療報酬・介護報酬改定では在宅復帰が強く推進されています。また、介護報酬では在宅生活における活動と参加が評価されています。このような背景から、在宅における生活の維持・向上は医療機関や介護保険事業所にとって大きな課題となっています。在宅生活の維持や向上においては、基本動作や応用動作における心身機能を高めることは重要ですが、心身機能と生活環境のマッチングも重要となってきます。医療機関や介護事業所におけるリハビリテーションにおいて在宅環境を無視した歩行練習やADL練習を行うことで、医療機関や介護事業所では自立していたことが在宅では自立できなかったという事例は多く散見します。リハビリテーションは利用者の住まいに配慮されたものでなければなりません。したがって、利用者がどのような住まいで生活をしているのかの評価が極めて重要となります。そこで、本セミナーでは実際の在宅環境を用いて家屋評価の基礎を学び、家屋とADLとの関係を理解することを目的とします。講師は在宅リハビリテーションに深く携わっている小池隆二先生です。在宅系の介護保険事業所に関わっているセラピストだけでなく、急性期病棟、回復期病棟、地域包括ケア病棟、療養病棟、老人保健施設のセラピストにとっても有意義なセミナーとなっています。1)家屋評価の基礎知識2)家屋評価とADLの予後予測と指導3)家屋評価をしてみよう講師小池隆二先生理学療法士湖東地域医療介護連携ワーキング部会員能登川地区医療福祉ネットワーク 企画・運営株式会社OneMoreShip 代表取締役
詳細を見る
開催日
2018年07月15日
会場

銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム)
(東京都 中央区 銀座 7-2-22 TEL:03-6228-5995)

内容
変貌する介護ロボティクス政策の動向!! 介護の常識が変わる 直接処遇は介護のビッグデータ化と連動した介護ロボティクスへ、間接業務はRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)へ、リスクマネジメントはAI活用へ!!<プログラム>1. 10年後の介護・福祉・医療の展望2. AI・RPA・IOT・介護ロボティクスに係る政策動向3. 介護ロボティクスの普及と効果の現状(導入評価・検証事例) 〜即戦力か?科学的介護優先か?(活用、科学的介護優先、科学的介護で活用の選択)4. AI導入による介護現場でのリスクマネジメントの導入事例5. 医療・介護・福祉間接業務プロセス効率化の革命 〜RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の大いなる可能性〜6. RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入戦略・実装の進め方の事例7. 失敗のない導入の進め方の実際 〜AI/ロボティクス活用適正化委員会活動とファシリテーションの継続実施法〜8. 近未来型介護・医療・福祉経営戦略=「人機一体経営戦略」<講師>保健・医療・福祉サービス研究会 介護・医療・障がい経営戦略指導講師 ポスト・ヒューマン・ジャパン株式会社 代表取締役社長 福祉・介護・医療経営戦略・AI・ロボット・IOT導入支援コンサルタント谷本 正徳 氏
詳細を見る
開催日
2018年07月16日
会場

株式会社gene 本社 セミナールーム
愛知県名古屋市東区葵1丁目26-12 IKKO新栄ビル 6階

内容
【ねらい】・どのようなケアがいけないのか、ノーリフトケア(R)とはどのようなものなのかを知る・チーム多職種で進めるためのそれぞれの役割や導入方法を知る【講師】下元 佳子 先生一般社団法人 ナチュラルハートフルケアネットワーク 代表理事・理学療法士【講義内容】介護される側・する側双方において安全で安心な、抱え上げない・持ち上げないケアをノーリフトケア(R)と呼びます。安全で安心なケアを提供するには、身体の間違った使い方を無くし、患者さんの状態に合わせて動きのサポート方法を考え、必要に応じて福祉用具を有効に活用し取り組むことが必要です。ノーリフトケア(R)は、福祉用具を使うことが目的ではなく、双方の健康的な生活を保障できるケアを実践することが目的であり、実践のためには、チーム多職種で進める必要があります。看護や介護は、ノーリフトケア(R)の必要性を知り実践ができること、そしてセラピストは身体機能面と予後予測のアセスメントを元に、どのようなケアをするべきなのかをプラニングする役割を担う必要があります。介護者を腰痛から守り、対象者の自立を促し二次障害を予防するノーリフトケア(R)を伝えたいと思います。【プログラム】前半・ノーリフトケア(R)とは何か 世界の動き・日本の動き・ノーリフトケア(R)の必要性 抱え上げや持ち上げ介助はどのような悪影響があるのか後半・ノーリフトケア(R)の実際・チーム、組織で取り組むノーリフトケア(R) それぞれの役割と組織作りのコツ
詳細を見る
開催日
2018年07月16日
会場

株式会社Work Shiftセミナールーム
住所:大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル 403号室
阪急線南方駅下車 徒歩3分
地下鉄御堂筋線西中島南方駅下車 徒歩2分
JR線新大阪駅下車 徒歩8分

内容
近年、高齢者や重症患者の在宅復帰が推進されているため、訪問リハビリテーション対象患者の高齢化と重症化が急速に進んでいます。また、平均寿命は毎年伸びているため、医療機関や介護事業所のリハビリテーション対象者の高齢化は進んでいます。そのため、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士には、高齢者や重症患者のQOLの維持・向上のためのスキルが求められています。高齢者や重症患者のQOLに深く関係する要素に、「呼吸機能」があげられます。呼吸機能の低下は、著しくQOLを低下させます。特に、誤嚥性肺炎は呼吸機能を低下させる大きな要因です。現在、死因順位でも脳血管疾患を抜き、第三位となっているのが肺炎であり、そのほとんどが誤嚥性肺炎と報告されています。また、重症患者は廃用症候群により、頸部・胸郭の関節可動域制限や長期臥床の影響を受け呼吸機能が低下し、呼吸不全を引き起こしやすくなります。セラピストはADL動作に着目しがちですが、重症患者や高齢者のADL動作を改善させる前提条件として、呼吸機能の改善が必要です。呼吸機能の理解なしに、ADL動作改善にアプローチすることはリハビリテーションの効果が上がりにくいばかりか、リスクも増大します。今後、呼吸機能低下のリスクを有した患者が増加するため、呼吸リハビリテーションはぜひとも習得しておきたいスキルの一つです。今回のセミナーでは、高木綾一先生より呼吸リハビリテーションの基礎知識と実践についてご解説をいただきます。呼吸リハビリテーションをわかりやすく解説していただき、明日からの臨床で活用できる評価と技術をお伝えします。内容呼吸リハビリテーションが必要な理由呼吸リハビリテーションに必要な解剖・生理学呼吸リハビリテーションの評価と治療(実技)講師高木綾一先生
詳細を見る
開催日
2018年07月16日
会場

在宅リハビリテーション・ケアスクール 高槻
大阪府高槻市富田町1-28-6
阪急京都線富田駅下車 徒歩3分
JR京都線摂津富田駅  徒歩5分
車でご来場の方は近隣の有料パーキングをご利用ください

内容
急性期病棟、回復期リハビリ、老人保健施設ではADLは自立し、活動範囲が広かった利用者が在宅復帰後にADLが低下し、寝たきりにつながる事例を散見します。なぜならば、病院や施設で獲得したADLが必ずしも在宅環境で役に立つとは限らないからです。円滑な在宅復帰や在宅生活の維持のためには、在宅環境で必要とされる動作の評価や介入が必要となります。本セミナーでは屋内の移動能力の中でも、「床からの立ち上がり」、「車椅子からベッド移乗」、「階段昇降」に着目し、それぞれの動作の評価や介入方法について実際の在宅環境を用いて解説をいたします。実際の在宅環境で行うセミナーとなりますので、評価しなければならないポイントやADL上の工夫などの視点を学ぶことができるセミナーとなっています。講師は回復期リハビリ病棟、訪問リハビリテーションに長年携わり、また、様々なADLに関する研究を行っている大沼俊博先生がご担当いたします。講師大沼 俊博先生関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科六地蔵総合病院理学療法士修士(保健医療学)大沼俊博先生より以下の内容についてご解説をいただきます。内容1)床からの立ち上がり動作の評価と介入2)ベッドから車椅子移動の評価と介入3)階段昇降動作の評価と介入
詳細を見る
開催日
2018年07月17日
会場

長崎県総合福祉センター(長崎市茂里町3番24号)

内容
このセミナーの概要 今年度、介護保険が改正になりました。その内容は今まで以上に市区町村の権限を強化すること、外部へ情報公開によりサービス全体が外部からのチェックがなされることです。改正の傾向から介護事業所の閉鎖性をなくし、地域に根付いた施設にしていこうという厚労省のねらいが見えてきます。またこれに伴い実地指導が最近厳しくなったという声を多く聞きます。このセミナーでは習得目標として介護記録が適切に表現できるようにしてきます。介護記録対策として適切な表現方法(特に認知症BPSD)を通じ、昨今多くなってきた訴訟対策として自身の身を守る術を解説してきます。また年々厳しくなってくる実地指導対策についても大まかな流れと具体的に指導事例を見ていき、来る指導対策、訴訟対策に備えます。これを機に今迄の記載方法を見直してみませんか。 セミナー 内容 第1回目【介護記録編】介護記録の基本、そして介護記録の見方について学びます。初級者向きです。・介護記録の意義・目的 ・介護記録の目的・記録の落とし穴・記録を書くときの10の心得・好ましくない記録の例・生活場面別における介護記録事例検討【入浴・レクレーション・食事。夜勤など】・演習・介護記録の活かし方【応用】 第2回目【リスクマネジメント編】 介護記録がリスクマネジメントの点でどのように生かされるか、また事業所を守る為の術を学びます。管理者、サ責など上級者向けです。・個人情報の保護とコンプライアンス・記録の開示について(説明責任)・記録とリスクマネジメント・介護保健事業におけるコンプライアンス[法令順守]とは・記録の重要性・指導・監査について・危機予知訓練(KTY)・各帳簿類のチェックポイント・加算解釈と実地指導
詳細を見る
開催日
2018年07月17日
会場

エイドケアカレッジ博多校(福岡市博多区上呉服町2‐15 SO HAKATAビル3階)

内容
介護保険の公的資格として注目されています☆本講習受講により「福祉用具専門相談員」の資格取得ができます。☆介護保険事業所の就職に有利な資格です。
詳細を見る
開催日
2018年07月17日
会場

三幸福祉カレッジ 名古屋駅前教室

内容
お勤め先で実地研修ができなくても受講できます!【喀痰吸引等研修(第2号研修)名古屋駅前で開講!】2012年4月から法改正により一定の研修を修了した介護職員が「たんの吸引」や「経管栄養」を行うことができるようになりました。三幸福祉カレッジでは、現在たん吸引等を必要とする方、これから必要とされる方が安全且つ安心して過ごせる環境が広まるように、適切に喀痰吸引等を行う介護職員を養成する研修を実施いたします。★喀痰吸引研修とは・・・不特定多数の方に対し、たんの吸引や経管栄養を行うことができる研修。喀痰吸引(口腔内・鼻腔内・気管カニューレ内部)、経管栄養(胃ろうまたは腸ろう、経鼻)の5つの行為のうちいずれか必要な行為を選択し、受講できます。
詳細を見る
開催日
2018年07月17日
会場

カルッツかわさき
(川崎市川崎区富士見1丁目1-4)

内容
今年度で実施4年目となる「介護事業経営マネジメント支援事業」。これまでのべ1,700名の方にご参加いただいた経営マネジメントセミナーを今年度はさらに充実して実施いたします。経営マネジメントセミナーは、人事・労務や経営の介護事業に精通した専門家によるセミナーで、今年度は特別講座を含む全6回のセミナーを川崎・海老名・横浜の3会場にて実施いたします。経営者、管理者、次世代の幹部候補向けの内容です。第1回 「組織マネジメント〜人材を活かす力」     講師:阿部 充宏 氏(合同会社介護の未来 代表)第2回 「組織力を高める仕組み〜人材を育てる力〜」     講師:越石 能章 氏(社会保険労務士法人D・プロデュース 代表)第3回 「モチベーションマネジメント〜人材を処遇する力〜」     講師:三塚 浩二 氏(株式会社コンクレティオ 代表取締役)第4回 「人材マネジメント〜人材を採り定着させる力〜」     講師:松川 竜也 氏(株式会社トリプルエーコンシェルジュ 取締役)第5回 「業務マネジメント〜生産性を高める力」     講師:馬場 博 氏(一般社団法人C.C.Net 専務理事)第6回 「組織のリスクマネジメント」     講師:浅野 睦 氏(株式会社フォーサイツコンサルティング 代表取締役)○介護事業経営マネジメント支援事業とは本事業は、中小規模の介護サービス事業所の経営者層を対象に、経営基盤強化のための「経営マネジメントセミナーの開催」と「経営アドバイザー派遣」を行い、介護従事者の労働環境を整備、人材の確保・定着を図ることを目的としています。
詳細を見る
開催日
2018年07月17日
会場

株式会社Work Shiftセミナールーム
住所:大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル 403号室
阪急線南方駅下車 徒歩3分
地下鉄御堂筋線西中島南方駅下車 徒歩2分
JR線新大阪駅下車 徒歩8分

内容
脳卒中片麻痺患者、大腿骨頚部骨折患者などでは、下肢の支持性が十分に得られず、立位・歩行の獲得に難渋するケースが散見されます。しかし、下肢の支持性といっても具体的に何の支持が低下しているのかは大変曖昧です。骨盤帯・股関節・膝関節・足関節を個別に評価し、機能障害が生じている部位にピンポイントに治療を行うことが、下肢支持性における本当の問題点の発見につながります。両側立位・片脚立位を獲得することは歩行やその他日常生活動作の改善につながりやすいため、セラピストとしては適切な評価と治療が求められます。今回は、六地蔵総合病院の大沼俊博先生より、下肢支持性に関する評価や治療に関して詳細にご解説をいただきます。また、座学だけでなく、実際に実技練習を通じて下肢支持性の評価と治療を学びます。本セミナーの目標は、「明日の臨床ですぐに実践できること」です。動作観察や動作分析の基本を知ることで、臨床が楽しくなることが本セミナーの狙いとなっています。内容1)下肢支持性の評価のポイント2)下肢支持性低下の機能障害3)下肢支持性低下に対する片脚立位の評価と治療(実技)講師大沼 俊博先生関西医療大学保健医療学部理学療法学科理学療法士大沼先生の解剖学・運動学に基づくハンドリングテクニックは受講生の方より大変好評をいただいています。
詳細を見る
開催日
2018年07月18日
会場

新潟ユニゾンプラザ
(新潟市中央区上所2-2-2)

内容
1.【役割】介護リーダーって、何をするの?2.【指示・指導】ベテランスタッフに指示・指導ができないのは、なぜ? 事例>入浴介助、いきすぎた洗身をするスタッフ3.【スタッフ教育】やる気のないスタッフ、指示まちスタッフの対処法がわからない! 事例>何を言っても響かない、ため息ばかりのスタッフ4.【情報共有】沢山ある情報をスタッフ間で共有できないのは、なぜ? 事例>病院が違う! ご利用者もヘルパーも待ちぼうけ5.【問題解決力】スタッフ同士が、仲が悪くてリーダー業務が行えない 事例>スタッフの愚痴ともいえる相談が相次ぎ管理者業務が行えない6.【リーダーシップ】介護リーダーに必要なリーダーシップがわからない! 事例>女性スタッフの取扱説明書が欲しい介護リーダーになると、現場や会社でさまざまな困りごとに遭遇します。これらの困りごとをどのように解決していけばいいのか? リーダーとしての「あるべき像」とは、どうすれば身につけることができるのか? この講座では、コーチングやNLP(神経言語プログラミング)、心理学をベースに介護リーダーの悩みを解決する6つのステップ(役割→指示・指導→スタッフ教育→情報共有→問題解決力→リーダーシップ)を介護現場でよくある事例と解決策でわかりやすく解説していきます。介護現場経験者だからこその事例や理論、その豊富な実践を交えた参加型の研修です。講師:三田村薫(みたむら・かおる)主任介護支援専門員/米国NLP協会認定マスタープラクティショナー/JADPメンタル心理カウンセラー/GCSプロフェッショナルコーチ/NRT トランスフォーマー/AOC 認定コーチ/一般社団法人日本ポジティブ教育協会認定レジリエンス・トレーナー/3suncreate(サンクリエイト)代表
詳細を見る
開催日
2018年07月18日
会場

ウィリング横浜
(横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内)

内容
ターミナルケアに関する基礎知識・介護の在り方など、講師の豊富な体験談を交えた分かり易くて説得力のあるお話を聞く事ができます。癌、認知症の方のターミナルケアや、介護者自身、ご家族の心のケアまで学ぶことができたと、過去の受講生の皆様からも大変好評の講座です。≪カリキュラム≫■延命治療・終末期医療と尊厳死の知識■ターミナルに寄り添う介護とは■介護者自身の心のケア■ご家族の心のケア■スピリチャルペインについて■ターミナルケアのための9つの約束■グループワークご本人も、家族も、ケアに携わった方も後悔しないために・・・ご本人も、家族も、ケアに携わった方も後悔しないために・・・看護師として、僧侶として、そして、がんの夫を自宅で看取った家族として、さまざまな視点からみた終末期医療と心のケアをお伝えいたします。(玉置 憂子)
詳細を見る
開催日
2018年07月18日
会場

お茶の水ケアサービス学院
(千代田区岩本町1-10-3)

内容
◆記録の目的と種類情報を記録して残すのはなぜか?介護サービスを積み重ねる記録振り返りはどう行うのか?記録の種類◆介護記録の書き方のコツ「どう書くか」ではなく「何を書くか」が大切記録を書くための観察ポイント見たままの事実を書く書いてはいけないタブー語とはリスクマネジメントとしての記録法◆使える文例のポイント食事、入浴、排泄、認知症ケアなどの記録の改善例ケアプランを意識した記録の書き方多忙な介護業務のなかで記録は業務の効率化の重要な課題とされています。記録の目的と正しい書き方の基本を知ることで、専門職のみならず利用者・ご家族にも伝わる文章を時間を費やさずに効率的に書くことができます。どこをどのように書けばコンプライアンス(法令遵守)に沿った介護記録になるのか…日々悩まれている介護職の皆さまに介護場面ごとに文例を交えて「書き方のルールとコツ」をわかりやすくお伝えする研修です。※この研修は介護職員処遇改善加算に準処したプログラムになっており、多数の皆様に受講頂いているご好評の研修です。講師:梅沢佳裕(うめざわ・よしひろ)日本福祉大学福祉経営学部医療・福祉マネジメント学科助教/福祉と介護研究会35代表/社会福祉士/介護支援専門員 他専門分野;高齢者福祉学,社会福祉援助技術(ソーシャルワーク)
詳細を見る
開催日
2018年07月18日
会場

大田区消費者生活センター2階 第6集会室
(大田区蒲田 5-13-26)

内容
おおた社会福祉士会7月定例会「Advocacy and Research Centre for Homelessness (ARCH)活動報告〜『東京ストリートカウント(市民参加型・夜間路上ホームレス人口調査)』を通じて広めたいポジティブなレガシー〜」 ARCH(アーチ)は研究・アドボカシー・キャンペーン活動を通して、ホームレス状態の解決に取り組み続ける優しい社会、優しい都市の実現を目指します。 路上で寝ている人がいても、皆が見て見ぬフリをして素通りしていく社会ではなく、皆がその人のことを気にかけ、支え合おうとする。 そういう社会は、そこに暮らす色々な人びと −家族で住んでいる人、独り暮らしの人、お年寄り、働き盛りの人、若者、子ども、障害を持っている人、お金持ちの人、生活に困っている人、友達の家やネットカフェを転々としている人、何年も野宿している人、…− 皆にとって優しく、多様性があり、また柔軟な強さを備えた社会なのではないか。こうした理念のもと、私たちは活動しています。(ARCHホームページ「Our Vision」より引用)講師:北畠 拓也 氏(ARCH共同代表)
詳細を見る
開催日
2018年07月18日
会場

幹福祉会研修室
(東京都立川市錦町3-1-29サンハイム立川1階)

内容
視覚障害者(児)のニーズに対応した同行援護を提供するため、必要な知識、技能を有する同行援護従業者を養成します。詳細はホームページをご覧くださいhttp://www.mikifukushikai.org 
詳細を見る
開催日
2018年07月18日
会場

さわかみ投信株式会社2F大会議室
〒102-0082 東京都千代田区一番町29番地2
東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅下車 4番出口より徒歩5分

内容
この映画は、日本一の日雇い労働者の街といわれる大阪の釜ヶ崎で、40年にわたり“こどもたちの遊びと学び 生活の場”として活動する『こどもの里』を舞台にしたドキュメンタリー映画です。『こどもの里』で子どもたちと共にボランティアとして一緒に過ごしてきた監督が自ら撮りためた、問題を抱えながら『こどもの里』に集う子どもたちの日常とその家庭環境をありのままに捉えた映像は臨場感にあふれ、進路や家庭に悩みながらも前に進んでいく子どもたちの姿に、思わず順調な未来を願わずにいられなくさせます。今回、私たちお金をまわそう基金では、普段行っているセミナーでは伝えきれない現場の空気と思いが、一人でも多くの方と共有できればと思い『さとにきたらええやん』の無料上映会を企画しました。私たちが支援している子ども支援分野の5団体も活動の場所や対象は様々ですが、映画の登場人物たちと同じく困難な問題に真剣に取り組んでいる団体ばかりです。この映画をご覧いただく事で、それらの団体と思いを重ねるきっかけになれば幸いです。当日は映画『さとにきたらええやん』の無料上映と、公益財団法人お金をまわそう基金の子ども支援分野の取り組みについてお話させて頂きます。会議室での上映でもあり決して整った設備ではありませんが、是非みなさまお誘いあわせの上ご来場下さい。<イベントWebページ>https://okane-kikin.org/semi/sato/ 
詳細を見る
開催日
2018年07月19日
会場

青森県観光物産館アスパム(青森市安方1-1-40)

内容
1.業務改善の考え方を徹底する・課題解決のプロセスと「悩み」の発生メカニズム・業務改善のおすすめパターン・職場の分析3つの視点2.目標力・魅力ある目標・目標意識の違いが生む行動の違い3.情報共有力・情報共有を阻む3つの壁・事実と意見 ・情報共有仕組みの極意・連携力を上げる報連相の使い方4.信頼関係力・挨拶は信頼構築の第一歩・信頼と安心・外部に対する信頼5.育成力・行動を決める5つの要素・モチベーションの保ち方・原因追及時の注意点・人財育成は募集からはじまっている6.成果の出る会議のススメ・成果の出ない会議の諸症状・本来の会議の組み立て方あなたは職場で、「言ったことが通じない」、「方針(指示)どおりに行動しない」、「接遇が荒い」、「人が定着しない」、「仕事に対するモチベーションが低い」、「会議が長く結論が出ない」、「連携が乏しい」、と感じたことはありませんか? これらを何とかしたい! と思っているあなたには、この講座はヒント満載、問題解決の糸口となるでしょう。業務改善の成果を上げ、効果をリバウンドなく継続させるためは「4つの力」(目標力・情報共有力・信頼関係力・育成力)が必要です。本講座は「4つの力」に基づき、あなたの職場を分析し、効率良い改善点を見つけ、行動し、成果を出すノウハウを提供します。講義に加え、効率良い会議の技術などを交え楽しく、体感、理解してもらえるカリキュラムとなっています。講師:小田昌敬(おだ・あきのり)社会福祉士/ファシリテーター株式会社代表取締役
詳細を見る
開催日
2018年07月19日
会場

振興会セミナールーム
(横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9F)

内容
もはや常識!?福祉・介護に関わるすべての専門職が共通して持っておくべき視点・知識…それが成年後見です。 仕事に役立たせるためにも、単なる制度の知識だけではなく、実践的な活用方法を学びましょう。たくさんの事例に触れて頂き、制度導入から具体的な後見人の動き、サービス事業者との連携までを体験的に理解していきます。 「利用者の家族にうまく説明できなかった」 「どんな人に成年後見人が必要か分からない」 「サービス事業者としての関わり方が分からない」…こんな方におススメです。【第1部】‐「相談力」から学ぶ!相談支援のポイント‐ 1.成年後見制度に対する認識を変えよう! 2.「相談力」で支援する実践ポイント【第2部】‐成年後見制度について‐ 1.制度の概要・仕組みについて 2.成年後見制度の実務・活動について【第3部】‐演習 成年後見制度の実践‐〜事例から学ぶ〜 1.後見人をつけるまでのアプローチ 2.演習 事例から学ぶ 3.実際の活動では、どうしたらいい? 4.任意後見制度の有効性と活用術
詳細を見る
開催日
2018年07月19日
会場

株式会社Work Shiftセミナールーム
住所:大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル 403号室
阪急線南方駅下車 徒歩3分
地下鉄御堂筋線西中島南方駅下車 徒歩2分
JR線新大阪駅下車 徒歩8分

内容
脳血管障害片麻痺患者、パーキンソン病患者、長期臥床患者などでは肩甲帯から骨盤帯にかけて存在する体幹筋の筋短縮が顕著になっていることがあります。そのため、肩甲帯や骨盤帯の非対称や側湾、円背などが生じ座位保持や立位保持に悪影響が生じていることを散見します。体幹部の非対称性を改善するためにやみくもに腹筋群や脊柱起立筋のストレッチングや胸腰椎の関節可動域練習をしても、その効果は限定的なものとなることを経験します。非対称性を生じさせている筋や関節を個別具体的に抽出することができる評価能力が非対称性の治療には極めて重要です。今回は、六地蔵総合病院の大沼俊博先生より、体幹部の非対称性について肩甲帯から骨盤帯の評価や治療を中心にご解説をいただきます。また、座学だけでなく、実際に実技練習を通じて治療を学びます。本セミナーの目標は、「明日の臨床ですぐに実践できること」です。動作観察や動作分析の基本を知ることで、臨床が楽しくなることが本セミナーの狙いとなっています。内容1)体幹の非対称性の評価のポイント2)体幹非対称性の機能障害3)肩甲帯から骨盤帯の評価と治療(実技)講師大沼 俊博先生関西医療大学保健医療学部理学療法学科理学療法士大沼先生の解剖学・運動学に基づくハンドリングテクニックは受講生の方より大変好評をいただいています。特殊なテクニックを用いるのではなく、解剖学・運動学の知識があれば適切な治療が可能であることをお伝えいただきます。
詳細を見る
開催日
2018年07月19日
会場

TKP横浜ビジネスセンター ミーティングルーム7A
(神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-30-8)

内容
第1部 職員育成に主眼を置いた人事考課制度の整備方法1.職員の育成に主眼を置いた人事考課制度とは●福祉施設を取り巻く環境変化と人材をめぐる課題●処遇改善加算の算定要件になっているキャリアパスの整備●職員の定着と育成を可能にする育成型人事考課制度の基本的な考え方2.職員の育成効果が高まる独自の人事考課表作成法●施設オリジナルで考課表を作成すべき理由●5つのステップで完成する施設オリジナル考課表の作成方法●施設独自の人事考課表の着眼点に育成ポイントを入れる際の留意点第2部 職員育成につながる人事考課制度運用のポイント1.職員育成につながる人事考課の具体的な進め方●人事考課制度と人材育成を連動させ育成効果を高めるためのポイント●事実に基づいた人事考課の実践で職員の課題を明確にする方法●考課結果を来期の育成に活かす仕組み2.リーダーの育成意識を高める考課者研修のポイント●考課者研修を実施する際の留意点●【事例演習】リーダー層職員の育成意識を変える考課者訓練の実際●面談時に活かせるコーチング手法の習得と面談の具体的な進め方
詳細を見る
開催日
2018年07月20日
会場

第一セントラルビル2号館5F 中会議室
(岡山市北区本町6-36)

内容
介護予防指導士 第3回岡山講習を開催します。「介護予防指導士」とは、多くの方が豊かな老後を過ごせるように、要介護者ばかりでなく元気な方も対象として介護予防を指導する資格です。介護予防の理論と実技を効率よく3日間で学ぶことができ、講習終了後に認定証をお渡しします。4,300名以上の修了生が、今後ますます重要になる介護予防の技術と知識を習得し、施設・病院・訪問などの現場で活躍しています。この講習は2005年より、毎月東京で実施しているほか、北海道・東北・中部・東海・近畿・中国・九州など全国で開催しています。◇講習科目◇ (10科目、21.5時間)介護予防概論・ストレッチング・筋力訓練指導・測定と評価・救急蘇生・栄養ケア・口腔ケア・リハビリテーション・転倒予防・認知症ケア
詳細を見る
開催日
2018年07月20日
会場

積水ホームテクノ(株)東京ウェルス営業所
〒151-0053 渋谷区代々木3-25-3 あいおいニッセイ同和損保新宿ビル11階

内容
☆★☆第5回ウェルスセミナー☆★☆■セミナータイトル〜介護保険改定後の重点施策!!〜『営業・稼働率アップ!!加算取得・コスト削減!!』4月から介護保険改定が行われ、各事業者さんは慌しくその対応に追われたことと思います。今回の介護保険改定は0.54%のプラス改定とは言え、事業者さんが一安心して良いかと言えばそうではありません。4/11には財務省が既に次期介護保険改定に向けての視点を発表するなど、目まぐるしく状況が変化していきます。本セミナーでは財務省が発表した次期介護保険改定に向けての視点を含めながら、介護保険改定後の重点施策としてかかせない、営業力アップ、稼働率アップ、加算取得のポイント、コスト削減のポイントについてお話したいと思います。■タイムスケジュール(予定)13:30〜13:40 主催者挨拶 13:40〜14:50 セミナー14:50〜15:00 休憩15:00〜15:30 セミナー15:30〜16:10 グループワーク16:10〜16:30 セミナー■講師介護経営コンサルタント 佐藤 慎也■講師プロフィール50法人以上のコンサルティング実績を持ち、自らも介護事業の運営に携わっていたため、経営者からスタッフまで、それぞれの立場にあった指導・提案をすることで圧倒的な支持を得ている。介護業界の動向を解説したメルマガの発行やコラムの執筆を行ながら、全国各地にて幅広い分野で年間100本以上の講演を行う。
詳細を見る
開催日
2018年07月20日
会場

三重県総合文化センター
(三重県津市一身田上津部田1234)

内容
介護・福祉に関するメーカーや専門家が一同に集結! 約40社のブース出展で、福祉用具の展示・体験会や専門家による無料セミナーを開催します。<イベント内容>(1) 福祉関連の移動用品に関する屋外展示・・・福祉車両展示、シニアカー体験など(2) 福祉用具展示会・・・介護用ロボットスーツ(HAL)、次世代型パーソナルモビリティ(WHILL)ほか、各種福祉用具の展示・体験(3) ワークショップ(無料セミナー)・・・「腰痛体操」「知ってトクする車いすの豆知識」「リフトを使った安全・安心なアシスト&ケア 〜ノーリフティング〜」など、介護・福祉に関する専門家の講座「みえ福祉コレクション2018」 みえコレ2018特設サイトhttp://www.life-techno.jp/miecolle/ 
詳細を見る
開催日
2018年07月20日
会場

四ツ橋近商ビル
(大阪市西区北堀江1-1-24)

内容
◎ コミュニケーションギャップが起こるたった3つの理由◎ 五感システム ◎ 情報サイズ ◎ 観察力◎ 影響(心のスイッチに入る)言語と価値基準◎ 動機を促す心のスイッチを学んでできること◎ 思考パターン別部下の育て方◎ どうしたらやる気になり、なぜやる気をそぐのか◎ 民間企業のキャッチコピーから学ぶことばの使い方◎ やる気傾向が内的の人を説得させるためには◎ 相手の思考をマイナスからプラスに変える◎ 影響言語(心のスイッチを押せ)を知る7つの質問 他あなたがもし、何気ない日頃の会話から、相手の思考のくせを把握し、相手のやる気を起こすきっかけを見つけ出すことができたとしたら、どんなに素晴らしい人間関係になるでしょう。人と接する不安やストレスが減り、職場では、相手の強みを生かして高い実績をあげるチームを作ることも可能です。情報時代の今、人との関わりが少なくなり、苦手意識を持つ人が増えています。この研修の目的は、人と関わりながら仕事を進めていく上で、最小限のストレスで、より質の高い仕事ができる自分を目指し、相手も伸びていく、そんなコミュニケーション術をあなたにお伝えします。コミュニケーションギャップを瞬時に気づき、よい影響(心のスイッチに入る)言語を用いて、あなたのまわりをストレスフリーにしていきましょう。あなたの影響力を存分に生かしつつ、この研修を笑顔で楽しみながら、スキルアップしていただければ幸いです。講師:濱島しのぶ(はましま・しのぶ)株式会社しのコーポレーション代表/介護支援専門員/全米NLP協会、日本NLP協会、LABプロファイルプラクティショナーの認定資格
詳細を見る
開催日
2018年07月20日
会場

長野県・諏訪市文化センター
(長野県諏訪市湖岸通り5-12-18)

内容
全国の保育士をはじめ幼稚園教諭、子育て支援の関係者、学生、親などを対象に乳幼児保育の専門知識や幅広い教養を高めることを目的とした1泊2日の研修会です。社会情勢の変化が子どもたちの安心や健やかな育ちを揺るがすことも少なくない現代において、いかに大人は子どもたちに「安心できる環境」を用意できるかを、今年の大きなテーマとして2日間開催します。10年ぶりに改定され、今年度から施行されている「保育所保育指針」を淑徳大学教授の柏女霊峰さんと共に読み解き、その変化の中で変わらずに大切にしたい視点を確認しながら、これからの保育が果たす役割を考えるほか、精神疾患の親を持つ子どもへの支援や発達の気になる子どもの支援もテーマにしました。また、「わくわくさん」でおなじみの久保田雅人さんによる工作研修やケロポンズによる公演もあります。【お弁当】会場で販売します(1,000円・お茶つき・税込み)ご希望の方は事前にご予約ください。販売整理券をお送りします。※販売整理券をお持ちでない方はご購入いただけません。
詳細を見る
開催日
2018年07月20日
会場

福島県内4エリア(福島市・郡山市・会津若松市・いわき市)10会場で開催

福島会場
コラッセふくしま
とうほう・みんなの文化センター
福島テルサ

郡山会場
郡山市民文化センター
郡山市労働福祉会館
郡山市地域職業訓練センター

会津若松会場
会津アピオ アピオスペース
会津大学

いわき会場
いわき産業創造館
いわき生涯学習プラザ

*詳細は、お問い合わせ先までご確認ください。

内容
厚生労働省雇用均等・児童家庭局保育課長通知「保育士等キャリアアップ研修の実施について」(平成29 年4 月1 日付け雇児保発0401 第1 号)に基づき、保育現場におけるリーダー的職員の育成を図るため、これに必要となる専門的な分野についての研修を実施します。研修は7分野からなり、1分野(2日、または3日間)から受講できます。【研修分野】1.乳児保育、2.幼児教育、3.障害児保育、4.食育・アレルギー対応、5.保健衛生・安全対策、6.保護者支援・子育て支援、7.マネジメント※※7のマネジメントに関しては、主任保育士の下でミドルリーダーの役割を担う方及び担う事が見込まれる方が対象となります。県内4エリアで各分野1回づつ年内に行います。今回は9月末までに開催される第I期の受講のご案内です。
詳細を見る
開催日
2018年07月20日
会場

株式会社Work Shiftセミナールーム
住所:大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル 403号室
阪急線南方駅下車 徒歩3分
地下鉄御堂筋線西中島南方駅下車 徒歩2分
JR線新大阪駅下車 徒歩8分

内容
在院日数短縮在宅復帰率向上在宅生活維持が日本の医療・介護における大きなテーマになっております。これらのテーマを実現するためには、医療機関・施設・在宅において質の高いケアを提供する必要があります。質の高いケアの中でも、重要なものとして「転倒予防」が挙げられます。転倒により骨折や活動性の低下が生じることや転倒が在宅復帰や在宅生活の維持の阻害因子ことが明らかになっています。したがって、リハビリテーションに携わる理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、介護職にとって、「転倒予防」に関する知識や技術はぜひとも身に着けておきたい技術の一つです。従来の転倒予防は、離床センサーを配置する、手すりを付ける、生活範囲を狭めるなどの消極的なアプローチが中心をなしていました。また、「転倒予防」は、心身機能だけでなく、環境面や疾患のコントロールなど幅広いアプローチが必要となります。本セミナーでは、「転倒予防」に関する研究や臨床アプローチを行っている福田圭志先生をお迎えして、「転倒予防」に関する実践的評価や解決方法について解説を頂きます。講師福田圭志先生医療法人寿山会<資格>理学療法士転倒予防指導士地域包括ケア推進リーダー介護予防推進リーダー
詳細を見る
開催日
2018年07月21日
会場

イオンコンパス名古屋駅前会議室(〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町18−22)

内容
人生の最終段階にある人やその家族と関わる事を苦手と感じる人は少なくありません。日に日に食事が少なくなり、やがて寝ついていく人と、どのように関わってよいかわからない援助者が、自信を持って支援にあたれるようになることを目的として、この講座は企画されました。人生の最終段階に共通する自然経過、自宅・介護施設で求められる症状緩和や、意思決定支援の基礎知識を学びます。さらに、援助的コミュニケーションについて、ロールプレイを交えて学んだ上で、エンドオブライフ・ケアの中でも特に難しいとされるスピリチュアルペインに対するケアについて、1対1での対応方法から多職種連携で行う支援方法まで学びます。これらの結果、解決が困難な苦しみを抱えた人に接しても、“援助を言葉にする”ことで、医療・介護の仕事を問わず、一人ひとりが自信を持って人生の最終段階にある人と関われるようになることを目指します。■ 学習要素1.課題背景(2025年問題に備えて)2.人生の最終段階に共通する自然経過3.苦しむ人への援助と5つの課題4.意思決定支援5.自宅・介護施設で求められる症状緩和6.多職種連携で「援助」を言葉にする(マクロ)7.1対1で対応する(ミクロ)
詳細を見る
開催日
2018年07月21日
会場

四ツ橋近商ビル
(大阪市西区北堀江1-1-24)

内容
1.はじめに〜看護記録の学習の前に〜・看護師は看護実践者 ・看護過程は患者の問題を解決する過程・看護の質を保証するための取り組み2.施設基準を満たす「看護記録」・看護記録とは ・看護記録の目的・記録に関する法令上の規定 ・医療法/診療報酬入院基本料 等・看護記録の種類 ・看護記録の記載内容3.看護過程を指導する看護師育成・なぜ『今』看護診断か?・部署内で指導できる看護師を育てる 継続教育の目的/教育方法/OJT/教育評価・指導者として看護過程展開能力を鍛える1)アセスメントに必要なスキル 臨床技術/論理的思考/クリティカルシンキング/問題解決技法/診断過程/日常看護における臨床判断2)アセスメントに必要な知識の活用:一部復習:対象理解のための知識 理論の活用/発達段階における身体的精神的社会的な状態/家族の理解/日常的な健康管理:ゴードンの機能的健康パターン/健康障害(病態生理)/治療・検査による生活への影響/倫理:患者の権利3)アセスメントから診断へ4)実践するための看護計画 評価でき達成可能な目標/実践可能な計画5)結果を出す看護実践/評価6)看護記録;経過記録(POSによる記録)・看護過程が根付くチームを創る講師:得丸尊子(とくまる・たかこ)有限会社ナーシングサポートセンターすばる代表/元・大分医科大学(現大分大学)医学部附属病院看護部長
詳細を見る
開催日
2018年07月21日
会場

パブリックヘルスリサーチセンター大会議室
(東京都新宿区西早稲田1-1-7)

内容
講師 山本晴義(横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長)カリキュラムメール相談の基本、自殺予防・うつ病、ストレス対処法、人間関係とアサーション、メール相談の将来などをテーマとして、事例検討を中心に行います。講義4回+レポート指導3回
詳細を見る
開催日
2018年07月21日
会場

国際ファッションセンター(東京都墨田区横網1-6-1)

内容
【参加のポイント】・アセスメント場面では、レッテル貼りや決めつけをしないこと・関わり方によって瞬時に信頼関係を築き「その人の本質」に迫る・コーチングスキルを生かしたアセスメント術【内容】(1)ご利用者の計画書づくり、トレーニングで効果が出せるアセスメント・コーチング(2)信頼関係づくりの極意、真のニーズや思いを引き出す質問のスキル(3)学校では教えてくれない対象者の残存能力の引き出し方(4)相手の思考の特徴とは?コミュニケーションタイプ、思い込みに気づき、変換する技術(5)もっと自分でできる!ADLの自信を高める手法(6)相手に元気になっていただき、動機づけるためには(7)ご利用者の課題解決にあたって多職種で円滑に協働するために必要なこと(8)相手を安心させ、また新たな視点を提供する伝え方、提案の技術でより効果的に伝える(9)【実践】評価の仕方と工夫(10)2人組でのワーク、エクササイズ(11)1日を通して学んだことの整理 ほか【講師】鯨岡 栄一郎氏(株式会社メディケアソリューション 代表取締役/理学療法士 )【詳細】https://tsuusho.com/skill/coaching/ 
詳細を見る
開催日
2018年07月21日
会場

熊本県総合福祉センター(熊本市中央区南千反畑町3-7)

内容
このセミナーの概要本年度介護保険制度の改正と介護報酬の改定が行われました。居宅ではアウトカム目標としてADL改善に関する加算。施設では老健がより本来の目的を果たす報酬体系になされた事などより利用者に自立を促しているというのが今回の改定の特徴と言えましょう。既に始動している報酬体系ですが、難解な規定が多く理解に苦しむ方も多いのではないでしょうか。このセミナーではまず、介護保険制度の改正について概要を説明していきます。続いて制度改正を受けて介護給付費分科会から発表された資料を基に新設された加算や減算を解説して行きます。また最近の改定がどういう傾向にあるのか、現在分科会内で話し合われている改定項目についても噛み砕いて解説していきます。 セミナー 内容第1部 介護保険制度改正H30年介護保険制度改正のポイント・介護医療院の新設・居宅サービス等、地域密着通所介護の指定に関する事項と総量規制・居宅介護支援事業所の指導権限が市町村へ・地域包括支援センターの業務の評価を義務化・共生型サービスについて・地域包括支援センターについてと自立支援型ケアマネジメント・科学的介護の促進・文書のICT化、文書量の半減に向けた取組・財務省や介護保険部会で指摘された方向性第2部 介護報酬改定居宅サービス・居宅介護支援とケアプラン点検・訪問介護と同一建物減算範・通所介護のADL 維持等加算・通所リハのリハマネ加算の細分化と加算要件緩和【密着型サービス】・地域密着サービスに生活機能向上連携加算の創設・定期巡回、夜間対応のオペレーターに係る基準緩和【施設サービス】・特養における介護ロボットの活用・老健・報酬体系と「その他」区分【今後の改定の傾向】 介護保険制度の軌跡と今後の展望
詳細を見る
開催日
2018年07月21日
会場

銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム)
(東京都 中央区 銀座 7-2-22 TEL:03-6228-5995)

内容
東京オリ・パラすぐそこに。建築費高騰のトレンドが変わる!! 見えてきた建設費下落の予兆と今後のコストダウン対策とは!!〜株式会社プラスPMが全国で手掛けた新病院建設プロジェクトの実例を多数交えて、求める機能と建設投資コストを削減を徹底解説〜<プログラム>【第1部】13:30〜15:50理想の病院建設を実現する建設プロジェクト● なぜ、今プロジェクトをスタートするのか・東京オリンピック前に建設コストが崩れるー大都市圏・地方の動向ー・建設費の最新動向とゼネコン各社の受注動向 ・新病院完成までのスケジュール・2025年改革シナリオと2018年同時改定への対応● 高い医療機能と投資コスト削減を実現するCM・CM会社の役割 ・医療経営方針を設計に反映させる方法・機能や品質を落とさないで建設コストを削減・設計と工事は一括か、分けるべきか ・病院経験豊富や設計会社と建設会社・設計の品質、施工の品質の押さえどころ ・工事請負契約書の押さえどころ・実例紹介株式会社プラスPM代表取締役 一級建築士、認定コンストラクション・マネジャー木村 讓二 氏【第2部】16:00〜17:30● 基本構想策定の進め方・医療経営分析から考える病院のこれからの機能拡張・病院機能変更の選択肢と病院建設計画のリンク・将来の病院経営収支を明確にする基本構想の策定方法● 収益改善ができる病院計画・診療効率をアップする外来計画  ・スタッフが減らせる外来計画・スタッフの移動を最小限にする放射線部門計画・効率的に動ける病棟計画 ・離職者がでないスタッフエリアの計画・患者を呼び込む待合計画● 補助金活用方法 −上手な活用の進め方−・様々な補助金紹介 ・補助金取得のポイント・成功する行政協議の進め方一級建築士、認定コンストラクション・マネジャー、シニアコンサルタント濵田 徹 氏
詳細を見る
開催日
2018年07月21日
会場

BIZ新宿 会議室B(新宿区立産業会館)
〒160-0023 
東京都新宿区西新宿6-8-2

[最寄駅]
・東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅(2番出口)」徒歩5分
・都営地下鉄大江戸線「都庁前駅(A5番出口)」徒歩8分

内容
【サブタイトル】意外と知られていない!摂食・嚥下と薬の関係・対応について【内容】 昨今、嚥下機能が衰えた方に、安全に美味しく口から食べてもらえるよう、口腔ケア、口腔リハビリ、姿勢の調整、食形態の工夫など様々な食ケアを実践されています。しかし、「食べる動作が上手くいかない」「食べている最中によくむせる」「食べるのに時間がかかる」など、なかなか悩むところではないでしょうか。 実は、薬による嚥下機能へ影響を及ぼしていることがあることを知っていますか? 中には薬により姿勢や筋力、意識レベルや唾液の量、味覚にまで影響を及ぼすものもあります。 本セミナーは、施設・在宅で、利用者さんが安全に美味しく口から食べて頂くために、医療・ケアスタッフの方々に薬の正しい基礎知識と対応法などを解りやすく学ぶことを目的としています。 さらに、薬の内服がなかなか難しい方へ「薬の飲み方」など、すぐに使えるヒントもあり、現場での薬の問題や困ったことについては是非この機会に薬の専門家に相談してみましょう。 皆さまお誘いあわせの上ご参加ください!【セミナーのポイント】■薬の基礎知識と薬局の活用法、薬剤師との連携について知る■摂食、嚥下機能に影響がある薬について■薬剤師が教える内服が難しい方への「薬の飲み方」のコツと注意点【講義/実習】■知っておくべき薬の基本的な知識、食事と薬の関係 ・施設在宅、高齢者に多い副作用 ・摂食・嚥下に影響を及ぼす薬について ・知って得する薬の豆知識!■内服が難しい方へ「薬の飲み方」のコツと注意点【講師】齋藤 直裕 氏株式会社ファーコス ファーコス薬局新宿薬剤師平成13年の病院勤務の頃より在宅医療に積極的に取り組み、訪問業務を主に行っている
詳細を見る
開催日
2018年07月21日
会場

天神チクモクビル
(福岡市中央区天神3-10-27)

内容
◆記録の目的と種類情報を記録して残すのはなぜか?介護サービスを積み重ねる記録振り返りはどう行うのか?記録の種類◆介護記録の書き方のコツ「どう書くか」ではなく「何を書くか」が大切記録を書くための観察ポイント見たままの事実を書く書いてはいけないタブー語とはリスクマネジメントとしての記録法◆使える文例のポイント食事、入浴、排泄、認知症ケアなどの記録の改善例ケアプランを意識した記録の書き方多忙な介護業務のなかで記録は業務の効率化の重要な課題とされています。記録の目的と正しい書き方の基本を知ることで、専門職のみならず利用者・ご家族にも伝わる文章を時間を費やさずに効率的に書くことができます。どこをどのように書けばコンプライアンス(法令遵守)に沿った介護記録になるのか…日々悩まれている介護職の皆さまに介護場面ごとに文例を交えて「書き方のルールとコツ」をわかりやすくお伝えする研修です。※この研修は介護職員処遇改善加算に準処したプログラムになっており、多数の皆様に受講頂いているご好評の研修です。講師:梅沢佳裕(うめざわ・よしひろ)日本福祉大学福祉経営学部医療・福祉マネジメント学科助教/福祉と介護研究会35代表/社会福祉士/介護支援専門員 他専門分野;高齢者福祉学,社会福祉援助技術(ソーシャルワーク)
詳細を見る
開催日
2018年07月21日
会場

愛知県産業労働センター ウインクあいち6階展示場

[住 所]〒450-0002 愛知県 名古屋市 中村区名駅4丁目4-38
[最寄駅]JR「名古屋駅」(桜通口)より ミッドランドスクエア方面徒歩5分、ユニモール地下街5番出口

内容
<制度改正の最新情報〜2021年を見越した対策!>11:00〜12:30各自治体への介護保険・高齢者保健福祉計画の指導、厚生労働省職員への介護保険指導監督中堅職員研修など国や自治体への多岐に渡る講師の指導経験も交え、これまでの情報を総点検し、早期に対策を立てるべき内容を整理してご説明します。講師:青木 正人(株式会社ウエルビー代表取締役/明治大学イノベーション・デザイン研究所客員研究員)<利益UPや人材定着・採用、業務効率化など、制度改正対策の具体事例>13:30〜14:30介護経営力UPや制度改正対策の具体的な事例をパネルディスカッション形式でご紹介します。利益を意識した経営の在り方、働きやすい職場を作る方法など、幅広いテーマで介護経営者がご説明します。講師:鎌田 陽平(株式会社アイケア 代表取締役) 講師:大塚 洋幸(株式会社礎 代表取締役) <実地指導対策の最新事例をご紹介〜制度改正の流れも踏まえた記録業務とは?>15:00〜16:30実地指導がいつ行われも安心できるよう、日々の記録業務をどの様に行い、どう管理していくべきか?解説致します。実地指導の基本的でかつ本質的な考え方から、ICT(タブレットやスマートフォン、パソコン)など最新サービスを駆使した実例や制度改正を踏まえた対策まで把握いただけます。講師: 一谷 勇一郎(株式会社ライフケア 代表取締役) 講師: 岩崎 英治(株式会社グレートフル 代表取締役) 昨年、大好評だったカイポケフェスタを2018年も開催!最新の福祉機器やサービスを紹介する展示会も同時開催!今年で5年目、過去3,000人以上にご参加いただいているカイポケフェスタへ是非ご参加ください。※セミナーにはいくつでも参加できます。※内容が変更になる場合がございます。変更などはこちらで発表します。▼お申込み・セミナー詳細についてhttp://ads.kaipoke.biz/seminar/2018.html 
詳細を見る
開催日
2018年07月21日
会場

銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム)
(東京都 中央区 銀座 7-2-22 TEL:03-6228-5995)

内容
社会(急速な人口減少や人口構造)が変わり、医療制度が変わり・病院経営が変わる!!増える地域医療連携推進法人における新たな地域医療とその展開を徹底解説!!制度創設以来、地域医療連携推進法人の全国モデルとして注目を集めてきた日本海総合病院を核としスタートした「一般社団法人日本海ヘルスケアネット」が本格展開!!<プログラム>1.地域医療連携推進法人設立の最新動向と法人別事業展開〜全国における法人設立の新たな情勢と地域医療連携推進法人の使命と役割〜保健・医療・福祉サービス研究会 税務・会計・診療報酬・病院経営指導講師東日本税理士法人 所長・公認会計士 長 英一郎 氏2.一般社団法人日本海ヘルスケアネット設立の実践と地域医療連携推進法人としての地域戦略〜人口減少時代の地域医療モデルとしての地域医療連携推進法人の運営管理の実際〜地方独立行政法人 山形県・酒田市病院機構日本海総合病院 医療連携担当参事佐藤 俊男 氏3.実践報告「地域医療連携推進法人医療戦略研究所設立とこれからの事業展開」〜設立に向けての準備(法人間調整・定款作成・申請の実務・その他)の実際〜医療戦略研究所 代表理事・医療法人社団正風会 理事長石井 正三 氏4.全体質疑・全体討論
詳細を見る
開催日
2018年07月22日
会場

株式会社gene 本社 セミナールーム
愛知県名古屋市東区葵1丁目26-12 IKKO新栄ビル 6階

内容
【ねらい】がん患者の闘病プロセスに焦点をあてながら、診断時からエンド・オブ・ライフにいたるまでの緩和ケアについて学んでいきます。緩和ケアの基本的な考えを押さえながら、患者さんの辛い身体症状に対し、看護師として何ができるのかを考える機会にしていきます。【講師】酒井 幸子 先生中京病院 がん看護専門看護師・緩和ケア認定看護師【講義内容】緩和ケアは、患者と家族の心身のつらさを和らげ、その人らしさを維持しながら快適に生活ができるよう支えていくことを大切にしています。近年、この考えはがん医療だけでなく、慢性疾患をはじめとした様々な疾患に適応されなければならないと言われています。このセミナーではがん患者の闘病プロセスに焦点をあて、事例紹介を行いながら、緩和ケアに基づいた看護とは何かを考えていきます。特に、エンド・オブ・ライフ期においてQOLに大きく影響を及ぼす身体症状に対し、看護師として対応できることを考え、現場で活かせるようにしていきます。【プログラム】前半 1) 緩和ケアとは(全人的苦痛のとらえ方) 2) 早期からの緩和ケアの実際 3) 症状緩和のための看護ケア:がん性疼痛ケアの基本 4) 症状緩和のための看護ケア:終末期がん患者の浮腫み後半 1) 症状緩和のための看護ケア:終末期がん患者の倦怠感 2) 症状緩和のための看護ケア:がん患者のせん妄 3) 症状緩和のための鎮静について 4) 改めて…日常生活を支えるケアを考える※お近くの座席の方との簡単なワークを予定しております。※プログラムは追加・変更になる場合がございます。
詳細を見る
開催日
2018年07月22日
会場

リッチモンドホテルプレミア東京押上(東京都墨田区押上1-10-3)

内容
【参加のポイント】・「結果が出せるリハビリ部門」と「結果が出せないリハビリ部門」の差・報酬改定の荒波をチャンスに変え、より円滑に運営するためのマネジメント術・PT・OT・STなどのリハ職が知っておくべき6大マネジメント【内容】(1)2018年同時改定は、あなたの組織が結果を出せるか出せないかの分岐点(2)リハビリテーション関連の診療報酬・介護報酬の増収マネジメント(3)マネジメントにおける単価アップの具体策(収益を高める工夫と効果を高める工夫)(4)患者、利用者の満足度を高めるマネジメント(5)満足度を高める工夫(6)多職種連携のマネジメント(7)質の高いリハビリテーションを提供するための多職種連携システム(8)他職種の信頼を得るための工夫(9)包括的リハビリテーションのマネジメント(10)多様な状態に応じたリハビリテーション(11)早期からのリハビリテーションに介入するための医療連携(12)人材育成のマネジメント(13)学んだ知識をどのように臨床の評価や治療に活かすことができるのか(14)セラピストのキャリアマネジメント(15)セラピストの働き方改革 ほか【講師】高木 綾一氏(株式会社Work Shift 代表取締役/理学療法士 )【詳細】https://www.tsuusho.com/skill/management/ 
詳細を見る
開催日
2018年07月22日
会場

八王子市芸術文化会館いちょうホール
(東京都八王子市本町24番1号)

内容
通常のシーティングやフィッティングは、当然座位から派生しています。しかし、日本ユニバーサルリハビリテーション協会のシーティングは「筋緊張」に主眼を置いた知見や研究結果です。座位ではなく、臥位からシーティング、フィッティングを研究し、徹底的にクッションをつくり上げるための技術志向のセミナーです。クッションの素材に触れて、構造を知る事から始めて、回復段階やADLに合わせたシーティングを行ない、業者やメーカーのクッションのつくり方を学びましょう。■原理編・普段使っているシートクッションの中身を知る。・人の姿勢は一つではない。回復段階やADLで姿勢保持を考える。・どんなふうに作っているか。作り方の基本を学ぶ。・業者や車椅子、座位保持装置製造メーカーのシートクッションのつくり方を学ぶ。・自分自身の骨盤と体幹の重心の位置を探し、確認する。そこが座位保持のポイント。・クッションをつくるための身体採型(採寸)。評価のポイント、測定のポイントと記入方法。・座面のクッションのつくり方、図面の見方。・背面のクッションをつくり方、図面の見方。■工房実技編・座面、背面のシートクッションを実際につくる。・ウレタンや低反撥、高反撥のウレタンクッションを調整し、自分自身のクッションを作製する。・実際につくると、あなたの目の前の対象者の座位保持ケアが身に付くようになる。・実際にウレタンを削ってシーティングやフィッティングシートを形にしていく。※時間内であればいくつ作っても自由ですし、道具、部材、クッションは全て貸し出しています。
詳細を見る
開催日
2018年07月22日
会場

北とぴあ 7階 第2研修室
(東京都北区王子1−11−1)

内容
 平成30年には介護保険事業が7期を迎えます。2025年を目前にしてますます介護支援専門員の役割が問われています。今回のケアマネスキルアップ研修は、認知症の方のケアマネジメントのポイントを学びます。 また、平成30年度の介護保険制度の改定を具体的にポイントを押えてご講義いただきます。沢山の方のご参加をお待ちしております。 (本研修は、主任介護支援専門員更新研修の受講要件である資質向上要件に該当する研修です。研修受講後、受講証明書を発行します。)内容及び講師9:30〜12:30認知症の方のケアマネジメントのポイント アセスメントの留意点や、利用者の意向をどのようのとらえるのか、家族支援に配慮したマネジメント講師医療法人社団翠会 和光病院医療福祉相談室長田邊 薫 氏13:30〜16:30平成30年度介護保険制度の改定講師介護支援専門員主任介護支援専門員栗岡 清英 氏
詳細を見る
開催日
2018年07月22日
会場

仙台市福祉プラザ
(仙台市青葉区五橋2丁目12番2号)

内容
「パーソンセンタードケアワークショップ」にご参加ください!パーソンセンタードケアとは何か 〜認知症ケアのために〜<ワークショップの内容>1.できることに目を向けよう2.「モノ」扱いしていませんか?3.「自分だったら一体どんな気持ちがする?どうしてほしい?」4.パーソンセンタードケアって??5.その人って、どんな人?6.その人にとっての現実の中に入っていこう7.こんなとき、どんなケアをしたらいい?8.もっとコミュニケーションをとろう9.ここまでのまとめ10.明日からすぐできるパーソンセンタードケア11.「そうは言っても・・・」という人のために12.あなた自身のパーソンセンタードケア
詳細を見る
開催日
2018年07月22日
会場

在宅リハビリテーション・ケアスクール 高槻
大阪府高槻市富田町1-28-6
阪急京都線富田駅下車 徒歩3分
JR京都線摂津富田駅  徒歩5分
車でご来場の方は近隣の有料パーキングをご利用ください

内容
在宅復帰や在宅生活の継続にはいくつかのポイントがあります。その一つが、トイレ動作に関する能力の向上となりますトイレ動作の自立困難、介助量増大などが原因で在宅復帰や在宅生活が継続できない利用者を散見しますそのため、回復期リハビリテーション病棟、訪問リハビリテーション、通所リハビリテーションなどではトイレ動作に関するリハビリテーションが取り組まりています。しかし、トイレ動作を構成する要因は複雑で評価や治療は簡単ではありません。トイレ動作を難しくしているのはベッドからポータブルトイレ移動ズボンの上げ下ろし立ち上がりや着座となります。これらの動作を適切に評価し治療することができれば、トイレ動作の自立や介助量軽減が可能となります。また、家族などに介助者にトイレ動作に関する介助方法を適切に指導することができれば、在宅復帰や在宅生活の維持の可能性も高まります。本セミナーでは、動作分析、ハンドリング、介助技術などを実技を通じて、トイレ動作を構成するこれらの要因についてどのように評価し、治療をしていくのかについて学ぶことができます。講師大沼 俊博先生関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科六地蔵総合病院理学療法士修士(保健医療学)大沼俊博先生より以下の内容についてご解説をいただきます。内容1)ベッドからポータブルトイレ移動の評価と治療2)ズボンの上げ下ろしの評価と治療3)立ち上がりや着座の評価と治療
詳細を見る
開催日
2018年07月22日
会場

[場所]
BIZ新宿(新宿区立産業会館) 会議室C
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-8-2

[最寄駅]
・東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅(2番出口)」徒歩5分
・都営地下鉄大江戸線「都庁前駅(A5番出口)」徒歩8分

内容
【内容】 「利用者様に感謝をされたい」「利用者様にありがとうと言われると嬉しい!」という思いがありつつも、介護の現場に携わる中で、介護者が、知らず知らずの内に蓄積された負の感情がコントロール出来なくなり、時にイライラや怒り等(いわゆる負の感情)が、ついつい荒い言葉や、行動となって表れるといった事はないでしょうか。 この状況は、利用者様にも過度のストレスを与えてしまいますし、職場間の雰囲気を悪化させてしまいます。介護現場の現状では、介護者のこの様なストレスが問題になっているケースが多々あります。そこで、介護職員が感情コントロールの手法を知っている事は、より良いサービスを提供していくために欠かせない事です。 感情コントロールとは、介護者が感情を過度に抑制するのではなく、感情を上手く整理し、穏やかに表現しながら、業務にあたれることができる様になる手法です。 本体験セミナーでは、介護者の教育に悩んでいらっしゃる現場のリーダーや管理職の方々向けに、この手法をご紹介し、現場の人材育成に関する問題解決のご相談をお受けし、ご提案を致します。【セミナーのポイント】■習慣化された思考パターンに気づく■気持ちの切り替え方を実践的に習得できる【こんなお悩みに!】■ついつい利用者様にきつくなってしまうスタッフがいる■イライラを解消できにくい【受講された方の声】■知識面だけでなく他の方とのコミュニケーションをとる中で自分のくせに気づくことができました。(I氏)■進行のスピードが場に雰囲気にあい、無理を感じず流れていたように思います。講師のセンスを感じました!(療育関係・S氏)【講師】八巻 理恵 氏Artself / 心理コンサルタント
詳細を見る
開催日
2018年07月22日
会場

BIZ新宿 会議室C(新宿区立産業会館)

東京都新宿区西新宿6-8-2

★最寄駅
■東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅(2番出口)」徒歩5分
■都営地下鉄大江戸線「都庁前駅(A5番出口)」徒歩8分

内容
【サブタイトル】ご家族への説得力・スタッフ間の報連相・会議でのプレゼンテーションを上達させる【内容】ご家族や利用者様に、サービス提供する前にしっかり説明したつもりが、肝心な情報が伝わっていなく誤解が生じてしまった。そのことでご家族からの協力が得られず、時として予期せぬ苦情を受けることになってしまうことなどないでしょうか?一度与えてしまった不信感。その信頼を回復することは大変困難であります。又、職員間での『報連相』ができていないいため、「伝えたはずなのに…」、「言われていない…」といったすれ違いが生じ、業務が上手く回らないという事を多くの方が経験されているのではないでしょうか。こうした問題は、通常のコミュニケーション技術を会得したからと言って解決できるものではありません。相手に伝わる技術「ロジカルコミュニケーション」技法を知っているかどうかが大きく関わってきます。本セミナーは、ご家族や利用者様の説明、職員への伝達など、伝えたい事がしっかり伝わる『ロジカルコミュニケーション技法』の原理原則を学べる体験セミナーです。【セミナーのポイント】■『伝わる話し方』、『伝わるメールの書き方』が分かります。■『伝わる』に必要なポイントがわかります【受講された方の声】■管理職に実践して効果を実感したいと思います。体験と理論の組み合わせで実感的に理解できました!(M氏)■コミュニケーションに困っていて参加して、わかりやすくとても勉強になりました。(T氏)■管理職という立場になったばかりで不足している部分を補うために参加し、とても勉強になることばかりでした。【講師】八巻 理恵 氏Artself / 心理コンサルタント 
詳細を見る
開催日
2018年07月22日
会場

美作市スポーツ医療看護専門学校
(岡山県美作市古町1701番地)

内容
 メディカル・フィットネス協会認定「ウォーキングトレーナー」は、単に(一時的な)運動としてのウォーキングを指導するのではなく、「日常生活のなかでの歩行を意識させるとともに、適切な運動習慣を身につけたウォーキング実施者の育成を行う」ための指導者資格です。■講義(2時間)運動の効果、歩幅と歩行速度、正しい歩き方、対象者に合った実践方法、運動強度の設定とリスク管理、適切な運動習慣、水分補給、行動変容のための支援方法、ウォーキングシューズの特性、歩数計の活用方法エクササイズガイド及びアクティブガイドの活用、国民健康・栄養調査について■基礎実技(3時間)ウォーキングシューズの履き方、エクササイズウォーキングの実践と指導、フォームチェックと指導方法、脈拍測定と運動強度の設定、歩行能力測定、歩幅の測定方法、ウォーカー検定の実施と評価、セルフストレッチング■応用実技(1時間)  レジスタンストレーニング※履修単位を付与について当講習会については、健康運動指導士及び健康運動実践指導者の登録更新に必要な履修単位付与の対象となっております。(講義2単位、実習4単位) 別途MFA認定ウォーキングトレーナーとして登録申請をされる場合、『ウォーキングトレーナー養成講習会修了証(申請有効期間内のもの)』と『認定に必要な資格』が必要となります。詳細は、添付資料「ウォーキングトレーナー資格登録について」をご参照ください。ウォーキングトレーナーとして登録された方は、メディカル・フィットネス協会の資格認定会員となり、セミナーの受講料が会員料金となる等の会員特典がご利用いただけます。
詳細を見る
開催日
2018年07月22日
会場

銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム)
(東京都 中央区 銀座 7-2-22 TEL:03-6228-5995)

内容
2015年、2018年2回に渡り大胆に進められた通所リハビリ改革の仕上げが行われる2021年介護報酬改定を読み解く!!短時間化の流れに、短時間化の実践事例並びに6〜8H維持、7〜8Hの長時間化で勝ち残る通所事業戦略の実践事例に学ぶ!!<プログラム>1.2021年介護報酬改定を見据えた通所リハビリ改革と躍進する新たな通所事業戦略 〜2018年同時改定に完全対応した増収・増益対策と2021年改革で加速する通所リハ・通所介護の再編統合への対応〜● 大改定となった18年改定の通所リハビリ改革の狙い● 18年改定における通所リハビリの通知・Q&Aの詳細解説と対応の具体策● 時間区分変更(1時間刻み)に伴う大幅に減収と通所リハビリ経営への影響● 医師の関り強化と リハマネ加算(I〜IV)の再構築が及ぼす影響とは● リハマネ加算III・IVの完全算定と今後の通所リハビリの事業戦略● 介護予防におけるリハマネ加算の導入の影響と新たな展開● 全国の実践じれに学ぶ通所リハビリにおける利用者獲得と増収対策● 科学的介護の実現をめざす21年改定を見据えた今後の通所リハビリ経営保健・医療・福祉サービス研究会 診療・介護報酬指導講師株式会社M&Cパートナーコンサルティング 取締役 酒井 麻由美 氏2.実践報告「通所リハビリ部門の大改革で臨んだ医療法人 紺整会の18年改定への対応と今後の事業戦略」 〜通所リハビリの本来機能強化とリハマネ加算(III・IV)算定の実務〜医療法人社団 紺整会 介護老人保健施設フェルマータ船橋 介護理学診療部 作業療法士 古城 哲也 氏3.全体討論・全体質疑
詳細を見る
開催日
2018年07月22日
会場

銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム)
(東京都 中央区 銀座 7-2-22 TEL:03-6228-5995)

内容
在宅復帰・在宅療養支援機能評価指標10項目で5類型の老健施設は、その他型は勿論、基本型、加算型すら生き残れない!!増収・増益、老健施設の一人勝ちは3年間しか続かない!!五輪不景気の税収不足時に行われる2021年介護報酬改定とは!!〜2018年介護報酬改定のチャンスを生かし、徹底した在宅復帰・在宅療養支援機能の強化で乗り切る修羅場となる2021年介護報酬改定以降の老健施設の経営〜<プログラム>1.2018年同時改定施行以降の最新情勢2.2018年介護報酬改定における老健施設改革と対応の具体策3.2018年介護報酬改定と通所リハビリ改革と対応の具体策4.地域の街づくりと地域包括ケアの老健施設の拠点施設化の具体策5.老健施設改革のゴールを迎える2021年介護報酬改定を読み解く6.2025年改革シナリオに基づく老健施設の将来展望<講師>保健・医療・福祉サービス研究会 診療介護報酬・医療介護事業経営指導講師株式会社M&Cパートナーコンサルティング 取締役 酒井 麻由美 氏
詳細を見る
開催日
2018年07月23日
会場

振興会セミナールーム
(横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9F)

内容
働き盛りの若年性認知症の方は、経済的基盤を失う事もあり、色々な問題を抱えています。介護保険制度のサービスでは、様々な複雑な状況の中で、どう支援して行けばよいか悩んでしまうこともあるのではないでしょうか?本研修では、若年性認知症の基本的な知識を学びながら、ご本人や家族の声を聞き、高齢者ケアにはない問題点などを交えて考え、その方らしい暮らしの支援の実践を目指します。≪カリキュラム≫若年性認知症の基本知識 要因と症状・心理的な理解 支援方法と考え方と関わり方若年性・・だからこそのこと 〇本人の気持ち 〇家族の気持ちケアへの実践にむけて本セミナーでは、若年性認知症の方ご本人と若年認知症の方のご家族から日頃の願いや困りごと等のお話もいただきます知識だけでなく、当事者の心を知ることから支援でのヒントをみつけてください
詳細を見る
開催日
2018年07月24日
会場

レインボープラザ(北九州市八幡東区中央2-1-1)

内容
このセミナーの概要 今年度、介護保険が改正になりました。その内容は今まで以上に市区町村の権限を強化すること、外部へ情報公開によりサービス全体が外部からのチェックがなされることです。改正の傾向から介護事業所の閉鎖性をなくし、地域に根付いた施設にしていこうという厚労省のねらいが見えてきます。またこれに伴い実地指導が最近厳しくなったという声を多く聞きます。このセミナーでは習得目標として介護記録が適切に表現できるようにしてきます。介護記録対策として適切な表現方法(特に認知症BPSD)を通じ、昨今多くなってきた訴訟対策として自身の身を守る術を解説してきます。また年々厳しくなってくる実地指導対策についても大まかな流れと具体的に指導事例を見ていき、来る指導対策、訴訟対策に備えます。これを機に今迄の記載方法を見直してみませんか。 セミナー 内容 第1回目【介護記録編】介護記録の基本、そして介護記録の見方について学びます。初級者向きです。・介護記録の意義・目的 ・介護記録の目的・記録の落とし穴・記録を書くときの10の心得・好ましくない記録の例・生活場面別における介護記録事例検討 【入浴・レクレーション・食事。夜勤など】・演習・介護記録の活かし方【応用】 第2回目 【リスクマネジメント編】 介護記録がリスクマネジメントの点でどのように生かされるか、また事業所を守る為の術を学びます。 管理者、サ責など上級者向けです。・個人情報の保護とコンプライアンス・記録の開示について(説明責任)・記録とリスクマネジメント・介護保健事業におけるコンプライアンス[法令順守]とは・記録の重要性・指導・監査について・危機予知訓練(KTY)・各帳簿類のチェックポイント・加算解釈と実地指導
詳細を見る
開催日
2018年07月24日
会場

エイドケアカレッジ博多校
(福岡市博多区上呉服町2‐15 SO HAKATAビル3階)

内容
知的障がい者・精神障がい者の方を支援する事業所の新しい加算要件となる資格です。強度行動障害支援に関する知識及び技術を習得する福岡県指定研修です。(現在は基礎・実践研修連続受講の方を中心に受け付けております。)
詳細を見る
開催日
2018年07月24日
会場

「板橋区立企業活性化センター」
〒174-0041東京都板橋区舟渡1丁目13番10号 アイ・タワー2F

●JR埼京線の浮間舟渡(うきまふなど)駅、徒歩3分です。
●池袋から埼京線に乗車して12分、5つめの駅が浮間舟渡です。

内容
★☆★ EQとは「感情をマネジメントする力」です ★☆★ 「自分はどのように感情をマネジメントしているのか?」「自分の感情マネジメントのクセが、相手やメンバーにどのような影響を与えているか?」を自己理解。そしてEQを高める方法を学び、自分も職場も元気になることを目指します!・☆゚ 楽しく元気が出るセミナーです ☆・*リーダー・管理職養成、キャリア開発、社員の意識・行動変革など、国内外の多くの企業で活用されているEQを測り、伸ばすロングセラーの研修です。豊富なワークで普段意識することの少ないEQを実感。EQを体感しながらEQとは何かを学びます!そして、EQ検査を通して、あなたの管理職・リーダーとしての強みや課題を再発見。リーダーとして、管理職として、もっと自分らしさを活かし、自分も職場も元気にする解決の糸口を持ち帰りましょう!職場の人間関係を良くしたい、上司や部下ともっと良好な関係を築きたい、より効果的なリーダーシップを発揮したい方にオススメの研修です。個人で参加できる公開型のリーダー・管理職向けの研修をお探しの法人様にもオススメです。★☆★ 講 座 内 容 ★☆★第一部 EQを知る〜職場の感情とEQの働き・職場の感情とその影響・人間関係やコミュニケーションを良好にするEQとは・EQ体感ワークショップ第二部 EQで気づく〜EQ検査を使った自己理解・管理職・リーダーに求められるEQとは・EQ自己理解ワークショップ・感情のクセと自分の可能性を見つめる〜こころのスイッチを探る第三部 EQを鍛える〜EQは伸ばせる!・EQ能力開発手法とは・ありたい姿に向けたEQ能力アップワークショップ・MyVision!【重要】受講前にwebでEQ検査を受検頂きます
詳細を見る
開催日
2018年07月24日
会場

札幌市教育文化会館
(札幌市中央区北一条西13丁目)

内容
立ち上がりの仕組みを理解する(動作分析)/立ち上がりの3条件とは?/座り直しの方法とは?(移乗の基本)/後方介助(移乗の基本)/前方介助(担ぐトランスファー)※足にあまり力のない人、足が床につく人/胸を合わせるトランスファー(相手の脇へ入り込む)※足にうまく力の入らない人/胸を合わせるトランスファー(相手の脇へ入らないパターン)/イスを使った胸を合わせるトランスファー(相手の脇へ入り込む)※膝をつくのが苦手な人は、イスを使う/スライド法の基本1※手足に全く力の入らない人、重度の人に用いる/スライド法の基本2(逆パターン)/スライド法の応用1※前屈みができない人、足が伸びきった人/スライド法の応用2※前屈みにはできないが、足が下りる人/スライド法の応用3※手が曲がったまま拘縮している人/ハイレベル 立てない人の床からベッドへの介助腰痛ゼロの移乗介助は、介護するものが自分を大切にする方法です。自分に関わった人が心と身体を痛めることを一番悲しく思うのはご利用者です。自分を傷つけない、ご利用者を傷つけない、それが腰痛ゼロの移乗介助なのです。今回は応用編として、移乗の基本を確認しながら、ご利用者さんの状態に合わせた移乗方法、そして、誰も教えてくれなかったハイレベルの「立てない人の床からベッドへの介助」のスーパーテクニックまでお伝えしたいと思います。現場で実践したくなる1日実技の研修です。なお、移乗のための福祉用具は使用しませんので、どんな環境(福祉用具の導入が難しい事業所)でも活用できる技術となっています。講師:大塚 洋(おおつか・ひろし)新しい介護研究所代表/理学療法士/介護支援専門員/福祉用具専門相談員/キャラバンメイト/生活リハビリ研究所・介護アドバイザー
詳細を見る
開催日
2018年07月24日
会場

お茶の水ケアサービス学院
(千代田区岩本町1-10-3)

内容
1.制度の概要  介護職員等による医療的ケアの実施に関する制度の概要2.医療的ケアの基礎  感染予防、安全管理体制等について基礎的知識3.喀痰吸引  喀痰吸引について基礎的知識、実施手順及び指導・評価方法4.経管栄養  経管栄養について基礎的知識、実施手順及び指導・評価方法5.演習(4時間)  喀痰吸引及び経管栄養の演習に係る指導・評価方法※修了後、「医療的ケア教員講習会修了証」を発行。 平成24年度より厚生労働省の指定する喀痰吸引に関する研修(現在は50時間)の受講をすると介護職員等が施設において喀痰吸引または経管栄養を実施することが出来るようになりました。 一方、厚生労働省の指定する喀痰吸引に関する研修(現在は50時間)においては事業所における実地研修が義務付けられており、その実地研修は基本的には所属する事業所で行われることが(実地研修のリスク面からも)主流となっています。所属する事業所で実地を行うには、自分の事業所において本研修(医療的ケア教員講習会)を修了している正看護師が「厚生労働省の指定する喀痰吸引に関する研修(現在は50時間)」の受講者の評価・指導を担うことになります。 本研修では制度の解説、介護職員等に認められた安全な医行為の提供、清潔保持と感染予防等を座学にて理解を深め、演習においては、介護職員等にどう指導すればいいのかというポイントとその技能の向上を徹底的に図ります。大変豊富な指導経験と実績のある講師に1日みっちり鍛えていただく内容となっております。医療的ケア教員の資質向上を通して、実践的な知識及び技術を伴った介護職員等を養成することを目的とします。 現場で指導するための参考となる評価基準と評価表、手順書、サブテキスト付講師:大瀧厚子(おおたき・あつこ)医療的ケア教員指導者/看護師/保健師/介護支援専門員/元特別養護老人ホーム施設長
詳細を見る
開催日
2018年07月25日
会場

フォレスト仙台
(仙台市青葉区柏木1-2-45)

内容
●【即実践】部下指導にも最適! 相手の心を引き出す!現場ですぐに使えるコミュニケーション術・感情をコントロールし、職場のいい雰囲気づくりを目指すスキル・ココロ、カラダ、イシキで心のスイッチを入れる方法 他●【アドラー心理学】対人関係の基礎を知る・アドラー心理学とは? ・思い込みと認知論・幸せの3条件、共同体感覚、勇気づけ、課題の分離等について 他●【自分軸探し】専門職として人間力を高める、本当の自分とは? 自分らしく仕事を楽しもう!・自分らしさ(価値観)とありたい姿(ビジョン)発見・目的を見つけ、やる気を引き出す関わり方 他●【本当はどうしたい? 心の声】潜在意識から描くビジョンづくり・あなたの想いは氷山の一角●【組織力をあげる】より良い人間関係と環境作りの秘訣とは?・アサーションと共有ゾーンの探し方・目的論会議で責めない心地良い会議の仕方 他●【ベイビーステップの作り方】小さな行動計画を! 明日への未来をみつけ心を見える化・目的からトップダウン。想いを行動へ、具体的な行動指針を描くコーチングの醍醐味。他講師:佐久間由香(さくま・ゆうか)株式会社 COCORL 代表取締役/医療福祉コミュニケーションカレッジ学長/看護師/介護教員/医療福祉コーチ
詳細を見る
開催日
2018年07月25日
会場

パブリックヘルスリサーチセンター大会議室
(東京都新宿区西早稲田1-1-7)

内容
講師 山本晴義(横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長)講義内容メール相談の基本、自殺予防・うつ病、ストレス対処法、人間関係とアサーション、メール相談の将来などをテーマとし、事例検討を中心に行います。講義4回+レポート指導3回
詳細を見る
開催日
2018年07月25日
会場

ウィリング横浜
(横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内)

内容
全介助とは、日常生活活動(ADL)の食事、排泄、入浴、衣類の着脱、起居動作などの行為を全て介護者が行う状態のことをいいます。「全介助」では、要介護者などの意思を尊重しつつ、日常生活支援や自立支援を目標とした介助を行うことが重要です。本研修では、全介助が必要とする利用者を対象とした動作評価の方法や観察ポイントを学び、ボディメカニクスを活用した起居移動の技術やポジショニングについて、実技指導を受けながら、自分の技術の悪いところをチェック、改善を目指していただきます≪カリキュラム≫■ 全介助介護の基本的な考え方■ 利用者の身体の状態、動作評価ポイント■ 起居移動・ポジショニング実技■ 腰痛対策について あなたのポジショニングは、「拘縮予防」や「褥瘡予防」になっていますか? 自分の技術をチェックしながら学びます。≪ 実 践 ≫◎ 日常生活支援のための起居動作、移乗介助 ◎ 拘縮予防や褥瘡を予防するポジショニング
詳細を見る
開催日
2018年07月26日
会場

くまもと県民交流館パレア
(熊本市中央区手取本町8-9テトリアくまもとビル10階)

内容
1.【役割】介護リーダーって、何をするの?2.【指示・指導】ベテランスタッフに指示・指導ができないのは、なぜ? 事例>入浴介助、いきすぎた洗身をするスタッフ3.【スタッフ教育】やる気のないスタッフ、指示まちスタッフの対処法がわからない! 事例>何を言っても響かない、ため息ばかりのスタッフ4.【情報共有】沢山ある情報をスタッフ間で共有できないのは、なぜ? 事例>病院が違う! ご利用者もヘルパーも待ちぼうけ5.【問題解決力】スタッフ同士が、仲が悪くてリーダー業務が行えない 事例>スタッフの愚痴ともいえる相談が相次ぎ管理者業務が行えない6.【リーダーシップ】介護リーダーに必要なリーダーシップがわからない! 事例>女性スタッフの取扱説明書が欲しい介護リーダーになると、現場や会社でさまざまな困りごとに遭遇します。これらの困りごとをどのように解決していけばいいのか? リーダーとしての「あるべき像」とは、どうすれば身につけることができるのか? この講座では、コーチングやNLP(神経言語プログラミング)、心理学をベースに介護リーダーの悩みを解決する6つのステップ(役割→指示・指導→スタッフ教育→情報共有→問題解決力→リーダーシップ)を介護現場でよくある事例と解決策でわかりやすく解説していきます。介護現場経験者だからこその事例や理論、その豊富な実践を交えた参加型の研修です。講師:三田村薫(みたむら・かおる)主任介護支援専門員/米国NLP協会認定マスタープラクティショナー/JADPメンタル心理カウンセラー/GCSプロフェッショナルコーチ/NRT トランスフォーマー/AOC 認定コーチ/一般社団法人日本ポジティブ教育協会認定レジリエンス・トレーナー/3suncreate(サンクリエイト)代表
詳細を見る
開催日
2018年07月26日
会場

幹福祉会研修室(東京都立川市錦町3-1-29 サンハイム立川1階)

内容
視覚障害者(児)のニーズに対応した同行援護を提供するため、必要な知識、技能を有する同行援護従業者を養成します。詳細はホームページをご覧くださいhttp://www.mikifukushikai.org 
詳細を見る
開催日
2018年07月26日
会場

みんなの会議室2−2
(東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第一ビル2階)

内容
【好きで始めた仕事なのに毎日人間関係でストレスを感じていませんか?】・援助職の仕事を始めてから体調が悪くなり、家族から「疲れてるよね」と言われることが増えた。・患者から恋愛感情を持たれやすく、どうも距離感をうまく保てない。・利用者との電話がいつも長くなり、切ることができない。 ・利用者に対して感情移入しすぎてしまい、家に帰っても頭から離れない。 ・議事録や飲み会の幹事など、誰がやってもいいような仕事を頼まれてしまい、断れずに引き受ける。 このような悩みは、バウンダリーを学ぶことで、解決の手立てを得ることができます。バウンダリーは、「私」と「あなた」は全く別の人間であり、別の価値観や考えを有している、というお互いの違いを認めて尊重し合える安全な人間関係の距離感です。毎日同じメンバーで顔を合わせ、家族的な距離感で働くことが多い対人援助職は、同僚とも、患者や利用者とも適切な距離感を保つことが難しくなり、人間関係の摩擦が生じやすくなります。だからこそ、対人援助職にとっては、バウンダリーを学び、人間関係を客観視して振り返るスキルを身に着けることは必須です。【講義内容】■バウンダリーとは? ・暴力加害者にありがちな考え、暴力被害者が陥りやすい考え方から、境界線の崩壊した人間関係を学ぶ。 ・バウンダリーチェックリスト(職場の人間関係、援助対象者との距離感をチェックする) ■バウンダリーが保てない時に何が起きるか。 ・力のあるものが弱いものをコントロールする「支配・被支配の関係」 ・援助職が、援助職として必要とされる必要がある「共依存の関係」 ・相手に興味関心を持たない「無関心の関係」 ■バウンダリーを保つために必要なのは、まず「援助職が精神的な健康を保つこと」 ・燃え尽きのメカニズム ・心理テストによる自己理解
詳細を見る
開催日
2018年07月27日
会場

振興会セミナールーム
(横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9F)

内容
障害福祉の業務に従事されている方 障害の方を支援されているヘルパーやケアマネージャーの方にもおすすめです!利用者のニーズに応じる支援を実現するには様々なサービス内容や制度のしくみを知っておくことが必要となります。精神障害 知的障害 身体障害を問わずこれだけは押さえておきたい制度の基礎のキソを学びます。現場に精通する渡邊講師の分かりやすい事例も交えながらの講義は必見です!≪カリキュラム≫● 障害者総合支援法とは? ・障害福祉サービスの概要 ・介護保険との比較 ● 相談支援について ・相談支援の役割と活用 ・計画相談とサービス支給決定のながれ ・相談支援の現状
詳細を見る
開催日
2018年07月27日
会場

東京ファッションタウン(TFT)ビル東館 
アクセス:ゆりかもめ「国際展示場正門」駅より徒歩1分/りんかい線「国際展示場」駅より徒歩5分

内容
発達障害・知的障害のある子どもへの理解、指導・支援法、また保護者への理解・支援等について、実践豊富な講師陣から学ぶセミナーです。2日間を通して1つの分野についてじっくり学びます。7月27日(金)28日(土)A ことばの育ちを支援する−評価法と多様な側面への理解と支援B 特別な関わりが必要な子への保育・教育−子どもへの合理的配慮を含めて7月29日(日)30日(月)C 子どもと関わる先生のための家族支援講座−愛着障害への理解も含めてD 知的障害・発達障害のある子への保育・療育−関わり方の基本と領域別指導法7月31日(火)8月1日(水)E 読み書き・算数障害の指導−学習障害について学ぶF ICTを用いた指導・支援−インターネットやゲームとの付き合い方も含めて8月2日(木)3日(金)G 基礎から学ぶ発達障害・知的障害−領域別の指導と実際H 「行動の問題」の見方と対応の実際−多面的な理解とアプローチ8月4日(土)5日(日)I ダウン症への理解と生涯発達をふまえたサポート−子育てへのケアも含めてJ 発達の評価を学ぶ−知能検査・神経心理学的アセスメントの概要と解釈法8月6日(月)7日(火)K 発達障害・知的障害がある子の「感覚」と認知について学ぶ −リラクセーションのための働きかけも含めてL 思春期・青年期の発達課題とキャリア発達支援−中学・高校生期の取り組みを中心に8月8日(水)9日(木)M 「不器用さ」への理解と指導−家族支援を含めてN 脳の働きに配慮した指導の実際−認知機能について理解を深める
詳細を見る
開催日
2018年07月27日
会場

エイドケアカレッジ博多校
(福岡市博多区上呉服町2‐15 SO HAKATAビル3階)

内容
知的障がい者・精神障がい者の方を支援する事業所の新しい加算要件となる資格です。強度行動障害支援に関する知識及び技術を習得する福岡県指定研修です。(現在は基礎・実践研修連続受講の方を中心に受け付けております。)
詳細を見る
開催日
2018年07月27日
会場

有楽町朝日ホール
(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11階)

内容
社会福祉における“生と性”をめぐる今日的課題基調講演:社会福祉における生と性     −福祉の現場で、「性」と向き合うということ−     田園調布学園大学名誉教授/荒木 乳根子選択講座1:社会福祉施設が直面する「性」の問題      −施設ケアにおける「性」と専門職の役割−     児童養護施設一宮学園副施設長/山口 修平     社会福祉法人南高愛隣会理事長、精神科医/田島 光浩     特別養護老人ホーム更科ホーム施設長/河田 圭司     コーディネーター:東洋大学准教授 早坂 聡久選択講座2:地域生活支援と「性」をめぐる問題      −多様な「性」のあり方を福祉はどう受け止めるか−     カウンセリングルームP・M・R代表、ゲイの心理カウンセラー/村上 裕     なごみ訪問看護ステーション、認知症看護認定看護師/柳生 珠世     NPO法人ノアール代表/熊篠 慶彦     コーディネーター:淑徳大学教授 米村 美奈選択講座3:生と性に向き合うソーシャルワークの最前線      −女性支援の現場から−     ネコノテ福祉相談所代表、一般社団法人東京TSネット理事/及川 博文     婦人保護施設いずみ寮施設長/横田 千代子     NPO法人10代・20代の妊娠SOS新宿−キッズ&ファミリー代表理事−/佐藤 初美    コーディネーター:一般社団法人性と健康を考える女性専門家の会代表理事 武子 愛    
詳細を見る
開催日
2018年07月27日
会場

八王子市芸術文化会館いちょうホール
(東京都八王子市本町24番1号)

内容
施設や病院内の限られた環境で、姿勢保持や座位保持を考え、結果を出していくためのセミナーです。全てのシーティング理論をまとめ、臨床で生かしていくための技術を習得し、臨床にあるものだけでの座位保持の方法を学び、身近にある物や病院、施設ですぐ準備出来る物を使って、徐圧効果のあるクッションを作ります。■ 理論編 世界中のシーティング、座位保持の概念や技術をまとめ、急性期、回復期、維持期それぞれの回復段階や状態に合わせた姿勢保持を考えます。 姿勢とは運動であり日常様々な姿勢を作るため、ひとつの概念や技術だけでは、運動を切り取った姿勢という画像を見ているようなもので応用できません。 運動や日常生活動作に合わせるためには画像ではなく、動画として姿勢を捉え,その障害回復段階やADL(日常生活活動)に合わせたシーティング、フィッティングの技術が必要となります。以上を明らかにし、臨床に生かしていくための技術を習得します。■ 実技編理論編の知識を技術に変えていきます。臨床にあるものだけで、座位保持クッションを作ります。使うものはタオル、バスタオル、段ボール等身近にある物や病院、施設ですぐ準備出来る物です。 これらの物品の利用と物理学や主催協会の研究知見をプラスし、『エアフォースクッション』と『ゲルフォースクッション』など徐圧効果のあるクッションを作ることが可能です。 実際に作って持ち帰っていただきます。
詳細を見る
開催日
2018年07月27日
会場

銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム)
(東京都 中央区 銀座 7-2-22 TEL:03-6228-5995)

内容
「2016年度版地域包括ケア研究会報告書」〜2040年に向けた挑戦〜が示した「地域共生社会」の実現と地域包括ケア連携推進法人創設の方向とは!!医療・介護・障害の統合をめざした地域包括ケアシステム構築競争に打ち勝つための切り札、障がい者福祉事業の参入と事業化の具体策を学ぶ!!〜医療・介護と切り離せない障がい者福祉事業の新規事業の効果的な立ち上げに必要な制度、報酬の理解から開設運営の実践ノウハウを先進優秀施設の実践に学ぶ〜<プログラム>1. 障がい者事業について・ 今、なぜ、障がい者事業なのか・ 共生社会と障がい者事業・ 障がい者事業の将来について・ 障がい者事業の立ち上げ・運営・経営2. 社会福祉法人四ツ葉会の障がい者事業・ 四ツ葉会の活動・ 障がい者事業の内容・ 今後の戦略3. 社会福祉法人征峯会の障がい者事業・ 征峯会の活動・ 障がい者事業の内容・ 今後の戦略4. Q&A<講師>保健・医療・福祉サービス研究会 医療介護事業経営指導講師ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社 代表取締役社長 本間 秀司 氏社会福祉法人四ツ葉会 理事 松岡 康弘 氏社会福祉法人征峯会 理事長 渡辺 和成 氏
詳細を見る
開催日
2018年07月28日
会場

電気ビル共創館
(〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通2丁目1−82)

内容
人生の最終段階にある人やその家族と関わる事を苦手と感じる人は少なくありません。日に日に食事が少なくなり、やがて寝ついていく人と、どのように関わってよいかわからない援助者が、自信を持って支援にあたれるようになることを目的として、この講座は企画されました。人生の最終段階に共通する自然経過、自宅・介護施設で求められる症状緩和や、意思決定支援の基礎知識を学びます。さらに、援助的コミュニケーションについて、ロールプレイを交えて学んだ上で、エンドオブライフ・ケアの中でも特に難しいとされるスピリチュアルペインに対するケアについて、1対1での対応方法から多職種連携で行う支援方法まで学びます。これらの結果、解決が困難な苦しみを抱えた人に接しても、“援助を言葉にする”ことで、医療・介護の仕事を問わず、一人ひとりが自信を持って人生の最終段階にある人と関われるようになることを目指します。■ 学習要素1.課題背景(2025年問題に備えて)2.人生の最終段階に共通する自然経過3.苦しむ人への援助と5つの課題4.意思決定支援5.自宅・介護施設で求められる症状緩和6.多職種連携で「援助」を言葉にする(マクロ)7.1対1で対応する(ミクロ)
詳細を見る
開催日
2018年07月28日
会場

コープ.イン.京都・2階
  住所…京都市中京区柳馬場通蛸薬師上ル井筒屋町411
  電話…075−256−6600
会場までの詳しい地図をお送りいたします。

内容
●講師:長藤成眞●講師から受講生のみなさんへ介護支援専門員の試験問題は、解答例5択の中から正しいものを2つ、もしくは3つ選ぶ形式です。保有資格に関わらず、60問全ての問題に解答する必要があります。 試験対策として重要なことは、苦手分野を作らないことが重要です。テキストを読み、過去問などの問題を解いていると実務上では経験のないことについて問われる項目も多くあると思います。特に介護支援分野については、特にあるのではないかと考えます。わからないことを学んでいくことが重要になります。「思い立ったが吉日です」そこから勉強がスタートします。しかし、一人では限界があります。 今回の合宿で必ず押さえるべき点を理解して、本番に向けて何を勉強すべきかポイントを絞って学んでいきませんか?また、同じ場所で共に学ぶ仲間がいることで刺激され、励みになると思います。合言葉は「全体に合格するぞ!」です。皆様と一緒に学べることを楽しみにしております。1泊2日の学習の機会を京都で確保しましょう。7月28日29日お待ちしております。●内容【必要教材】中央法規出版「ケアマネジャー試験ワークブック2018」(平成30年1月出版)お持ちの方は必ずご持参くださいますようお願いいたします。お持ちでない方は、1割引にて購入できる送料無料の申込みFAX用紙を受講明細と一緒にお送りいたします。 【講義内容】 1)介護支援分野の必ず押さえるべき項目の確認(14テーマ) 2)保健医療サービス分野などの押さえるべき項目の確認(12テーマ) 3)福祉サービスの知識などの押さえるべき項目の確認(10テーマ) 4)平成30年の改正で変更になったテーマの確認※詳しい内容・タイムスケジュールは、URLを開いてご確認ください。
詳細を見る
開催日
2018年07月28日
会場

レインボープラザ(北九州市八幡東区中央2-1-1)

内容
このセミナーの概要本年度介護保険制度の改正と介護報酬の改定が行われました。居宅ではアウトカム目標としてADL改善に関する加算。施設では老健がより本来の目的を果たす報酬体系になされた事などより利用者に自立を促しているというのが今回の改定の特徴と言えましょう。既に始動している報酬体系ですが、難解な規定が多く理解に苦しむ方も多いのではないでしょうか。このセミナーではまず、介護保険制度の改正について概要を説明していきます。続いて制度改正を受けて介護給付費分科会から発表された資料を基に新設された加算や減算を解説して行きます。また最近の改定がどういう傾向にあるのか、現在分科会内で話し合われている改定項目についても噛み砕いて解説していきます。 セミナー 内容第1部 介護保険制度改正H30年介護保険制度改正のポイント・介護医療院の新設・居宅サービス等、地域密着通所介護の指定に関する事項と総量規制・居宅介護支援事業所の指導権限が市町村へ・地域包括支援センターの業務の評価を義務化・共生型サービスについて・地域包括支援センターについてと自立支援型ケアマネジメント・科学的介護の促進・文書のICT化、文書量の半減に向けた取組・財務省や介護保険部会で指摘された方向性第2部 介護報酬改定居宅サービス・居宅介護支援とケアプラン点検・訪問介護と同一建物減算範・通所介護のADL 維持等加算・通所リハのリハマネ加算の細分化と加算要件緩和【密着型サービス】・地域密着サービスに生活機能向上連携加算の創設・定期巡回、夜間対応のオペレーターに係る基準緩和【施設サービス】・特養における介護ロボットの活用・老健・報酬体系と「その他」区分【今後の改定の傾向】介護保険制度の軌跡と今後の展望
詳細を見る
開催日
2018年07月28日
会場

大阪科学技術センター(大阪市西区靱本町1-8-4)

内容
【参加のポイント】・楽しい+機能訓練につながるレク・プログラム・日頃行っているプログラムの評価を行う・現場で生かせるケアレクの発想の転換・レクをケアに!ケアにレクを!根拠ある活動の紹介と体験【内容】「介護予防・機能維持!ご利用者の生活意欲・生活機能を高めるレク・プログラムの工夫」「ご利用者の心身機能を高めるレク・プログラムの工夫」「ご利用者の認知・遂行機能を高めるレク・プログラムの工夫」「身体機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」「ADL低下を防ぐ!認知機能・精神機能などのADL周辺機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」「認知症の周辺症状の緩和に必要なケアの考え方とプログラム」「認知機能を高めるケアレク・プログラムの工夫の実際〜認知症の方の活動意欲を引き出す実践とその仕掛け〜」「身の回りのモノや人を生かしたケアレク活動の仕掛け」「認知症の方、片麻痺の方、車イスの方…色々な症状のご利用者の目的・症状緩和に向けたケアレク活動の工夫」「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(1)」「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(2)」「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(3)」【講師】・山口 健一氏(白木せいかつのデイ 作業療法士) ・直井 誠氏(和が家の古民家デイいぶき 代表) ・川原 つくし氏(多機能リハビリセンターありがとう 介護福祉士)・橋本 佑里江氏(多機能リハビリセンターありがとう 作業療法士)・前原 幸子氏(小規模多機能型居宅介護いやしの家ケアライフ石津川 ケアワーカー)【詳細】https://www.tsuusho.com/care_rec/
詳細を見る
開催日
2018年07月28日
会場

すみだ産業会館 丸井9階 会議室4
(東京都墨田区江東橋3−9−10 錦糸町駅南口丸井9階)

内容
講義内容(講師は調整中)7月28日(土)午前 【介護支援分野】 ・介護保険制度創設の経緯 ・保険者と被保険者 ・要介護認定、要支援認定 ・保険給付 等午後 【介護支援分野】 ・介護支援専門員の役割 ・介護支援サービス(ケアマネジメント) ・事業者の指定と介護サービス情報の公表 ・地域包括ケアと地域支援事業8月25日(土)午前 【保健医療サービス分野】 ・医療系の居宅サービス ・医療系の施設サービス午後 【保健医療サービス分野】 ・高齢者の特徴 ・介護の知識と技術9月17日(月・祝)午前 【福祉サービス分野】 ・高齢者福祉の基礎知識 ・ソーシャルワーク ・福祉系の居宅、施設サービス等午後 直前対策 (制度の分野をもう一度見直そう)
詳細を見る
開催日
2018年07月28日
会場

大田区消費者生活センター大集会室
 ※JR蒲田駅東口徒歩3分

内容
 昨年の東京都議会議員選挙に際して、「社会保障」(障害福祉・高齢福祉・児童福祉・貧困問題など)などをテーマにした公開討論会を実施しました。その実行委員が中心となり、「都議会の役割を考えようおおた実行委員会」が発足しました。 今回は、現職の大田区選出の東京都議会議員から、その後の議員活動の進捗報告や社会保障のビジョンや都の動向について、区民が政治に関心をもてるようひろく解説をいただく企画を行います。一緒に学び、考えていきませんか?☆主催者からのお願い・いただいた事前質問は実行委員会にてとりまとめのうえ、登壇する議員にお届けしますが、当日回答をいただけないこともあります。予めご了承ください。・登壇予定者については、決定次第順次お知らせいたします。
詳細を見る
開催日
2018年07月28日
会場

銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム)
(東京都 中央区 銀座 7-2-22 TEL:03-6228-5995)

内容
介護専業の社会福祉法人にもかかわらず病院が連携したくなり、開所1年で既に待機待ちとなった、医療と介護の融合を実現した超医療特化型有料老人ホームの成功事例を学ぶ。「断らない」ではなく「選んで断る」。この発想。社会福祉法人旭生会の地域包括ケア・医療戦略!介護で実現した高医療依存度特化型有料老人ホーム『縁側 〜医療と介護の融合拠点〜』の成功モデル〜地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する『健康経営2018大規模法人部門 ホワイト500』を全国の社会福祉法人で初の受賞〜<プログラム>1.社福)旭生会の理念と考え、そして決断。『縁側』に込めた将来の法人のあり方社会福祉法人旭生会 理事長 園田 希和子 氏2.超医療特化側有料老人ホーム『縁側』の実態と開設までの実務アプローチ社会福祉法人旭生会 経営企画室 課長 中村 純也 氏3.新規事業計画の立案策定と実践ノウハウを解説指導ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社 専務取締役福祉・介護・医療経営戦略コンサルタント 鈴木 真一 氏4.全体質疑
詳細を見る
開催日
2018年07月29日
会場

天満ガーデン貸会議室(大阪府大阪市北区天神橋3-4-14)

内容
【参加のポイント】・「結果が出せるリハビリ部門」と「結果が出せないリハビリ部門」の差・報酬改定の荒波をチャンスに変え、より円滑に運営するためのマネジメント術・PT・OT・STなどのリハ職が知っておくべき6大マネジメント【内容】(1)2018年同時改定は、あなたの組織が結果を出せるか出せないかの分岐点(2)リハビリテーション関連の診療報酬・介護報酬の増収マネジメント(3)マネジメントにおける単価アップの具体策(収益を高める工夫と効果を高める工夫)(4)患者、利用者の満足度を高めるマネジメント(5)満足度を高める工夫(6)多職種連携のマネジメント(7)質の高いリハビリテーションを提供するための多職種連携システム(8)他職種の信頼を得るための工夫(9)包括的リハビリテーションのマネジメント(10)多様な状態に応じたリハビリテーション(11)早期からのリハビリテーションに介入するための医療連携(12)人材育成のマネジメント(13)学んだ知識をどのように臨床の評価や治療に活かすことができるのか(14)セラピストのキャリアマネジメント(15)セラピストの働き方改革 ほか【講師】高木 綾一氏(株式会社Work Shift 代表取締役/理学療法士 )【詳細】https://www.tsuusho.com/skill/management/ 
詳細を見る
開催日
2018年07月29日
会場

J:COMホルトホール大分
(〒870-0839 大分県大分市金池南1-5-1 Tel 097-576-7555)

内容
第2回 日本ヘルスケアダイバーシティ学会を開催いたします。テーマは「医療・看護・介護の働き方改革」特別講演には厚労省医政局の佐々木健課長に働き方ビジョンを、また(株)富士経済の竹田仁氏にはAI、ITと医療の未来展望についてご講演頂きます。なお、6つのシンポジウムも同時開催致します。ご多忙中とは存じますが、医療・看護・介護にかかわるすべての皆さまにぜひご参加いただきたく、ご案内をさせていただきます。なお、施設会員・個人会員のご入会、並びに一般演題の申し込みも併せて承ります。(ご入会、演題登録に関してはホームページをご覧ください)
詳細を見る
開催日
2018年07月29日
会場

HSB 鉄砲洲ビル会議室
(〒104-0043 東京都中央区湊1-1-12)

内容
高齢者ケアのスペシャリストで海外研修同行解説として何度も足を運び、北欧福祉事情に精通されている備酒伸彦先生(神戸学院大学)、生活行為向上マネジメントや若年性認知症サポートに取り組まれている竹内さをり先生(甲南女子大学)、北欧ケア実地調査や老いとリスクに関する文化人類的研究に従事されて来た福井栄二郎先生(島根大学)より、其々の専門的な視点で北欧ケアについてお話していただける貴重で多角的かつ実践的セミナーです。【プログラム】10:00 〜 11:00 「ケアの実践を考える 」 備酒 伸彦 先生11:10 〜 12:10 「認知症と情報発信を考える」 竹内 さをり 先生(昼食休憩 60分)13:10 〜 14:10 「人と空間を考える」 福井 栄二郎 先生14:20 〜 15:20 北欧ケアのあり方 備酒 伸彦 先生15:30 〜 16:30 ディスカッション 講師全員
詳細を見る
開催日
2018年07月29日
会場

大阪ハイテクノロジー専門学校 第2校舎
(大阪府大阪市淀川区宮原4-4-65)

内容
 メディカル・フィットネス協会認定「ウォーキングトレーナー」は、単に(一時的な)運動としてのウォーキングを指導するのではなく、「日常生活のなかでの歩行を意識させるとともに、適切な運動習慣を身につけたウォーキング実施者の育成を行う」ための指導者資格です。■講義(2時間) 運動の効果、歩幅と歩行速度、正しい歩き方、対象者に合った実践方法、運動強度の設定とリスク管理、適切な運動習慣、水分補給、行動変容のための支援方法、ウォーキングシューズの特性、歩数計の活用方法エクササイズガイド及びアクティブガイドの活用、国民健康・栄養調査について■基礎実技(3時間) ウォーキングシューズの履き方、エクササイズウォーキングの実践と指導、フォームチェックと指導方法、脈拍測定と運動強度の設定、歩行能力測定、歩幅の測定方法、ウォーカー検定の実施と評価、セルフストレッチング■応用実技(1時間)レジスタンストレーニング※履修単位を付与について当講習会については、健康運動指導士及び健康運動実践指導者の登録更新に必要な履修単位付与の対象となっております。(講義2単位、実習4単位)別途MFA認定ウォーキングトレーナーとして登録申請をされる場合、『ウォーキングトレーナー養成講習会修了証(申請有効期間内のもの)』と『認定に必要な資格』が必要となります。詳細は、添付資料「ウォーキングトレーナー資格登録について」をご参照ください。ウォーキングトレーナーとして登録された方は、メディカル・フィットネス協会の資格認定会員となり、セミナーの受講料が会員料金となる等の会員特典がご利用いただけます。
詳細を見る
開催日
2018年07月29日
会場

桜丘町施設
(東京都渋谷区桜丘町30-2)

内容
「人と組織がともに成長する医療機関・介護事業所になる 〜なぜ、あなたの事業所・施設は変われないのか〜」社会や時代のもたらす大きな変化には、小手先の対応策では通用しません。人や組織の構造や意識そのものを根本から見直すことが必要です。実は、このような転換期に求められる新しい人や組織のあり方は、医療や介護の分野が時代をリードする大きな可能性を秘めているのです。『ティール組織-マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現』(フレデリック・ラルー著)という書籍をご存知でしょうか。同書の中で、実在する次世代型組織の典型としてもっとも大きく取り上げられているのがオランダのケア組織「ビュートゾルフ」です。ビュートゾルフは、4人の看護師が2007年に事業を開始し、わずか数年でオランダ最大のシェアを獲得した全世界注目の組織です。彼らがこのような躍進を遂げたのは、実は医療や介護の組織や成員の持つ特性に拠るところが大なのです。みなさまが悩みをお持ちの「人と組織」の課題を解決するカギは、みなさま自身がお持ちなのです。ワークやケース検討を交え、参加者の職場を変える力を身につけます。
詳細を見る
開催日
2018年07月31日
会場

エイドケアカレッジ博多校
(福岡市博多区上呉服町2‐15 SO HAKATAビル3階)

内容
知的障がい者・精神障がい者の方を支援する事業所の新しい加算要件となる資格です。強度行動障害支援に関する知識及び技術を習得する福岡県指定研修です。(現在は基礎・実践研修連続受講の方を中心に受け付けております。)
詳細を見る
開催日
2018年07月31日
会場

四ツ橋近商ビル(大阪市西区北堀江1-1-24)

内容
●脳卒中片マヒ者の障がいを理解する右片マヒ・左片マヒに共通した障がい/右片マヒ特有の障がい/左片マヒ特有の障がい/運動マヒの回復の特殊性/上肢の共同運動/肩関節の亜脱臼/上肢と手指の拘縮の模式図/下肢の共同運動/簡易ステージ検査法/下肢のステージ別生活援助法●パーキンソン病者の障がいを理解する誤解される原因/パーキンソン病の古典的三大主徴/新しいパーキンソン病の主徴/ケアのポイント〈医療管理と運動・人間関係の場をつくる・いざという時(機能低下時)のすみやかな介護力の確保〉 個別ケアの重要性が謳われる中、個別化のためには一人ひとりの障がいの特徴を理解して関わることが必要不可欠です。スタッフにぜひとも知っていてほしい、身体障がいの特徴の知識とそのケア方法をわかりやすくお伝えします。 右片マヒ、左片マヒによる特徴ある障がいに対するケア、「やる気がない」、「甘えている」など誤解の多いパーキンソン病者へのケア、それぞれの状況に見合った新しいケアを展開しましょう。脳卒中に伴う手足の運動マヒのレベルに応じた対応法など、具体的に、かつ現場で即実践できるように、“生活の場の理学療法士 = 大塚洋”がわかりやすく解説いたします。講師:大塚 洋(おおつか・ひろし)新しい介護研究所代表/理学療法士/介護支援専門員 /福祉用具専門相談員/キャラバンメイト/生活リハビリ研究所・介護アドバイザー
詳細を見る
開催日
2018年08月01日
会場

名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール 
CareTEX One 名古屋 2018 展示会場内セミナー会場
(愛知県名古屋市千種区吹上2丁目6-3)

内容
本業界の第一人者を講師に迎え、介護・高齢者施設、在宅介護事業者、病院・リハビリ施設などに関わる全ての方々を対象に、総計8セッションの専門セミナーを開催いたします。<「食」の専門セミナー> ※[]内の数字はセッション番号。[1]ひとりひとりに、おいしい介護食を!普段の食事から予防医療の可能性へつなげる、さわらびグループの挑戦  日時:8/1(水)10:00〜11:00  講師:さわらびグループ CEO/DEO 山本 左近[3]コスト削減&衛生管理&入居者の満足度向上で一石三鳥!施設経営を改善する「新調理システム」の導入メリット  日時:8/1(水)13:00〜14:00  講師:(株)ユーリーズ 代表取締役 クリニカルフードプロデューサー 多田 鐸介[5]いつまでも口からおいしく食べるために 〜「食」から考える高齢者の健康と幸せ〜  日時:8/2(木)10:00〜11:00  講師:日本歯科大学 教授/口腔リハビリテーション多摩クリニック 院長 菊谷 武[7]【経営者様・経営幹部様向け】人手不足対応・高収益化が求められる今、選ばれる施設になるための食事サービスの提供  日時:8/2(木)13:00〜14:00  講師:(株)船井総合研究所 フード支援部 外食デリバリーグループ シニアフードチーム チームリーダー 吉澤 恒明
詳細を見る
開催日
2018年08月01日
会場

名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール 
CareTEX One 名古屋 2018 展示会場内セミナー会場
(愛知県名古屋市千種区吹上2丁目6-3)

内容
本業界の第一人者を講師に迎え、介護・高齢者施設、在宅介護事業者、病院・リハビリ施設などに関わる全ての方々を対象に、総計8セッションの専門セミナーを開催いたします。<専門セミナー> ※[]内の数字はセッション番号。[2]高齢者が安心安全に暮らせる社会の実現に向けて 〜認知症高齢者徘徊見守りシステムの取り組みと課題〜  日時:8/1(水)10:00〜11:00  講師:名古屋工業大学 名誉教授/(株)エンセファロン 代表取締役 岩田 彰[4]ICTは介護を救えるか 〜失敗しない導入のすすめ方〜  日時:8/1(水)13:00〜14:00  講師:(株)ビーブリッド 代表取締役/(一社)クラウド利用促進機構 理事 竹下 康平[6]高齢者支援を目的としたIoT技術の実用化に向けて 〜ソフトウェア技術による見守りセンサの高度化と応用例〜  日時:8/2(木)10:00〜11:00  講師:愛知県立大学 情報科学部 准教授 神谷 幸宏[8]ICTの導入が人材確保・顧客満足度の向上につながる!現場で失敗しないICT化の進め方  日時:8/2(木)13:00〜14:00  講師:(株)日本政策金融公庫 総合研究所 研究主幹 竹内 英二
詳細を見る
開催日
2018年08月02日
会場

振興会セミナールーム
(横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9F)

内容
認知症をきたす疾患はいくつかあり、重症度もことなり、経過も様々で、その方にあったかかわりが求められます。本研修では、利用者の方がどんな認知症として診断され、どのような治療でどんな薬を飲み、現在の症状から今後はどんな経過をたどるのか等、認知症を医学的な視点で捉えた上で、その方に必要なケアを提供できる認知症ケアスキルの習得を目指します。≪カリキュラム≫◆ 認知症の医学的知識    認知症の始まりからの経過  認知症の分類と原因疾患    認知症の診断と判断の基準  ◆ 認知症の中核症状と行動・心理症状 (BPSD)  BPSDの症状と要因、アセスメント◆ 認知症の治療とケア   薬物療法と非薬物療法   認知症の方との関わり方  家族支援◆ 事例で学ぶ  ケアポイントと対応方法
詳細を見る
開催日
2018年08月02日
会場

株式会社Work Shiftセミナールーム
住所:大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル 403号室
阪急線南方駅下車 徒歩3分
地下鉄御堂筋線西中島南方駅下車 徒歩2分
JR線新大阪駅下車 徒歩8分

内容
足部・足関節の可動域制限は歩行や立ち上がり等のADL動作に顕著な悪影響を生じさせます。運動器疾患、脳血管障害、脳性麻痺の利用者のなかには足部・足関節の可動域制限や可動域制限に伴う変形がQOLを強く低下させている事例も散見します。足部や足関節の可動域制限は全身のアライメントに悪影響を生じさせ、エネルギー効率の悪い動作を誘発し、疼痛だけでなく、持久性の低下を招きます。そのため、足部・足関節の可動域制限に対する評価と治療はぜひともセラピストが習得したい技術の一つです。足部・足関節には非常に多くの骨や筋が存在しており、他の関節と比較して評価の難易度が高いものです。そのため、評価のポイントを学ぶことが重要です。本セミナーでは、講師の山口剛司先生より足部・足関節の評価のポイントを実技を交えてご解説をいただきます。また、実際の治療アプローチに関しての実技も練習いたします。内容1)足部・足関節の機能解剖2)足部・足関節の関節可動域制限の評価(実技)3)足部・足関節の関節可動域制限の治療(実技)講師山口剛司先生理学療法士神戸装具製作所勤務運動器疾患、スポーツ選手の臨床が豊富で、現在は神戸装具製作所に勤務されております。足部・足関節の関節可動域、筋力、アライメントなどの関節機能や歩行などの動作分析を行い、個人に適したインソールを作成するという足部・足関節のスペシャリストです。
詳細を見る
開催日
2018年08月02日
会場

【講義】
 (1) 大阪赤十字会館 3階 301号室
   (〒540-0006 大阪府大阪市中央区大手前2-1-7)
 (2) 大阪市立社会福祉センター 第1会議室
   (〒543-0021 大阪府大阪市天王寺区東高津町12-10)

【実技演習】
 大阪府内の福祉関係の専門学校

【実習・見学】
 大阪府内の障がい者支援施設等

内容
◆ 受講者募集中!◆ 平成30年居宅介護職員初任者(障がい者ホームヘルパー)研修 この研修は、介護職員初任者研修修了者の方を対象に、障がい者が安心して利用できる介護サービスを提供できるよう、障がい者ホームヘルパーが行う業務に関する知識、技術を習得することを目的として開催するものです。研修終了後、次のすべての条件を満たす方に大阪府知事印入りの修了証を交付します! (1) 全課程を出席した方 (2) 筆記試験(8月31日実施)による講義部分の修了評価の結果が、所定の水準(6割以上)を超える方または、再試験(10月26日実施)により所定の水準を超えることが確認できた方 (3) 演習において、介護技術の習得を確認できた方詳しくは大阪府ホームページをご覧ください!http://www.pref.osaka.lg.jp/chiikiseikatsu/shogai-chiki/homehelper.html 
詳細を見る
開催日
2018年08月03日
会場

国際ファッションセンター(東京都墨田区横網1-6-1)

内容
(1)診療報酬・介護報酬同時改定からみるリハビリ提供大改革・同時改定後のリハビリによる医療介護連携のポイント・介護老人保健施設における強化型・加算型算定と高稼働率の具体策・1-2時間短時間通所リハビリの要支援のみでも高収益シミュレーション・通所リハビリは、「マネジメント施設」へシフト!リハマネ加算算定のポイント・通所介護は、自立支援強化!「リハビリテーション颯」における運営モデル(2)地域包括ケアシステム構築におけるリハビリ職の連携の在り方と具体的実践・リハビリテーション専門職の“本来の強み” 〜多様な社会で活かす方法とは?〜・多業種協働におけるリハビリ職と多職種との連携強化・地域住民とリハビリ職をどのように連携していくのか・行政や社会資源 とリハビリ専門職の連携の具体例・地域包括ケアシステム構築での私たちリハビリ専門職はチャンス到来(3)保険制度にとらわれず、広く社会に貢献するリハビリテーションとは・リハビリテーションは「方法論」ではない!概念としてとらえることによる可能性・「リハビリ難民」を生む要因!保険内リハビリテーションにおける現在地と課題・組織の「働き方改革」と個々の「キャリアデザイン構築」が変革と可能性をもたらす・リハビリテーション部門に活性化をもたらす「越境学習」のススメ・資格や制度に縛られず「広く社会に貢献するリハビリテーション」の実践モデル ほか【講師】・三好 貴之氏(株式会社メディックプランニング 代表/作業療法士 )・細川 寛将氏(医療法人陽明会 在宅緩和ケア住宅まごころの杜 施設長/作業療法士 )・森田 裕治氏(社会医療法人沼南会 経営管理部/リハビリテーション部副部長 )【詳細】https://www.tsuusho.com/skill/reha/ 
詳細を見る
開催日
2018年08月03日
会場

ウィリング横浜
(横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内)

内容
認知症の症状を持つお年寄りは、人生最後のステージでの心の平安をみつけるために、様々な感情を認知症の力をかりて表現されています。本研修では、認知症の人の心の底にある思いへの敬意と共感を伝える超コミュニニケーション「バリデーション」の手法と考え方を学び、現場で活用できるスキルを習得します。※バリデーションとは、アルツハイマー型認知症および類似の認知症の高齢者とコミュニケーションを行うための方法の一つです。認知症の高齢者に対して、尊敬と共感をもって関わることを基本とし、お年寄りの尊厳を回復し、引きこもりに陥らないように援助するコミュニケーション法。≪カリキュラム≫◎ バリデーションとは◎ 基本姿勢◎ 感情・コミュニケーション・共感◎ 演習◎ バリデーションの原則◎ 4つの段階◎ テクニック・質問 私は、バリデーションと出会ってから、目の前の方々の現れ方が変わり、今まで、いかに本当の姿をみていなかったに気づきました。 バリデーションを学び、「あるがままでよい」ということから、日々の様々な方々とのふれあいの大切さ、この仕事の本当の尊さ、喜び、楽しさを一緒に見つけましょう。             By講師
詳細を見る
開催日
2018年08月03日
会場

エイドケアカレッジ博多校
(福岡市博多区上呉服町2‐15 SO HAKATAビル3階)

内容
知的障がい者・精神障がい者の方を支援する事業所の新しい加算要件となる資格です。強度行動障害支援に関する知識及び技術を習得する福岡県指定研修です。(現在は基礎・実践研修連続受講の方を中心に受け付けております。)
詳細を見る
開催日
2018年08月03日
会場

広島県福山市春日町浦上1205
総合介護施設ありがとう

内容
ありがとう取り組みを実際に見て聞ける自施設に持ち帰れる2日間です!【施設見学】デイサービス・ビューティーデイサービス・リハビリセンター・春日デイサービス・ありがとうデイサービス・ミラクルデイサービスショートステイ・リハビリショートサービス付き高齢者向け住宅・リハビリハウス・グラシアス・アネックス【セミナー】(1)ありがとう概要・デイの行方(2)デイに求められる機能の強化について(3)個別機能訓練の工夫(4)認知症プログラム・ケアの工夫(5)中重度へのプログラム・ケアの工夫(6)口腔機能プログラム・ケアの工夫(7)栄養改善のプログラム・ケアの工夫(8)基準緩和型デイ(9)利用者増の工夫I・II(10)民家改修型デイでの利用者増とケアの工夫
詳細を見る
開催日
2018年08月04日
会場

ウィリング横浜
(〒233-0002 神奈川県横浜市港南区上大岡西1丁目6−1)

内容
人生の最終段階にある人やその家族と関わる事を苦手と感じる人は少なくありません。日に日に食事が少なくなり、やがて寝ついていく人と、どのように関わってよいかわからない援助者が、自信を持って支援にあたれるようになることを目的として、この講座は企画されました。人生の最終段階に共通する自然経過、自宅・介護施設で求められる症状緩和や、意思決定支援の基礎知識を学びます。さらに、援助的コミュニケーションについて、ロールプレイを交えて学んだ上で、エンドオブライフ・ケアの中でも特に難しいとされるスピリチュアルペインに対するケアについて、1対1での対応方法から多職種連携で行う支援方法まで学びます。これらの結果、解決が困難な苦しみを抱えた人に接しても、“援助を言葉にする”ことで、医療・介護の仕事を問わず、一人ひとりが自信を持って人生の最終段階にある人と関われるようになることを目指します。■ 学習要素1.課題背景(2025年問題に備えて)2.人生の最終段階に共通する自然経過3.苦しむ人への援助と5つの課題4.意思決定支援5.自宅・介護施設で求められる症状緩和6.多職種連携で「援助」を言葉にする(マクロ)7.1対1で対応する(ミクロ)
詳細を見る
開催日
2018年08月04日
会場

会場:国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)
住所:大阪府堺市南区茶山台1-8-1

内容
障がいのある子どもたちが、芸術や文化にふれ、社会参加や交流の場、自己表現の場を創出する。また、障がいの有無に関係なく共同製作活動を通して、交流やネットワークの形成を図れることを目的とする。作品作りというひとつ目標に向かって協力し、完成させることによって、連体感や達成感を得て、今後の社会参加への意欲をうながす。完成した絵をビッグ・アイの顔とも言えるエントランス壁面に展示することにより、創造性ある空間を創りだし参加者は制作物が展示される喜びを得ることができる。作品展示・創作活動を通し、更なるコミュニケーションの発展や多様な人との交流へとつなげ、多様な個性や人を理解できる心を育む。また、指導者には障がい者施設や障がい者のアート活動を支援しているアーティストや支援員を迎え、障がい児者の芸術文化活動支援の活性化やネットワーク形成のきっかけの場とする。
詳細を見る
開催日
2018年08月04日
会場

[場所]
東京在宅サービス3階 301会議室

[住所]
160-0022
(東京都新宿区新宿1-5-4 YKBマイクガーデン)

[最寄駅]
■丸ノ内線「新宿御苑前」駅徒歩3分
※新宿御苑沿い、1Fにレンタルキッチンスペースがあるビルです。

内容
『姿勢が変われば!上手く食べられる!』【内容】食事の時のムセ込み、飲み込むまで時間がかかる、誤嚥性肺炎など、飲み込みに問題をある時に、あなたは何を考えますか?食形態や口腔機能など、口元が思い浮かぶかもしれません。もちろん正しいですが、全身の姿勢も意識していますか?全身の不良姿勢を改善するだけで、飲み込み機能は大きく改善します。 本セミナーでは、自力で食事困難な方へ安全に・美味しく・スムーズに食事をしていただくために必要な食事姿勢の観察ポイントと食事姿勢の調整法を学びます。看護・介護現場で誰でも実践・対応できる基礎知識を実技を交え習得します。【セミナーのポイント】◆チェックするべき姿勢の観察ポイントを知り、「良い姿勢」「悪い姿勢」を見る力がつく。◆不良姿勢の原因にすばやくアプローチし、その場で姿勢を改善する方法を学びます。【受講された方の声】◆○○さんの姿勢の治し方が分かった。すぐに試したい。≪E老人保健施設勤務 :(ケアスタッフ)≫◆姿勢が重要なことは知っていたが、どの姿勢が悪いのかわからなかったので勉強になった≪H訪問看護ステーション勤務:(看護師)≫【講師】越後 雅史 氏[所属] (株)K-WORKER 訪問看護リハビリステーション所長[資格] 理学療法士
詳細を見る
開催日
2018年08月05日
会場

国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)
(大阪府堺市南区茶山台1-8-1)

内容
日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSでは、ダンサー、俳優、パフォーマー、演奏者へのトレーニングを目的とした「サマースクール2018」をおこないます。参加者は「音楽」「ダンス」「演劇」のコースに分かれて、サーカス、ストリートダンス、コンテンポラリーダンス、演劇、音楽の各分野から日本人講師に加えて、アメリカから障害者による劇団PHAMALYの俳優リーガン・リントンとメンバーを講師に迎えて少人数でのクラスを開催。5日間の合宿を経て、最終日にはワークショップの成果を発表するパフォーマンスをおこないます。「音楽」「ダンス」「演劇」の各分野での活動経験のある方々を広く募集します。それぞれが持つ身体機能や感性を活かしたパフォーマンスにチャレンジしませんか?講師】金井ケイスケ(サーカスアーティスト/オープンディ・ワークショップ、各コース共通表現力クラス)松永貴志(ピアニスト/音楽コース)鈴木ユキオ(コンテンポラリーダンサー/ダンスコース)山口茜(劇作家、演出家/演劇コース)
詳細を見る
開催日
2018年08月05日
会場

[場所]
連合会館205会議室

[住所]
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-2-11


[最寄駅]
■JR中央線・総武線 「御茶ノ水駅」聖橋口(徒歩5分)
■東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」 B3出口(徒歩0分)
■東京メトロ丸ノ内線「淡路町駅」 B3出口 ※(B3出口まで徒歩5分)
■都営地下鉄新宿線「小川町駅」 B3出口 ※(B3出口まで徒歩3分)
丸ノ内線/新宿線をご利用の方は地下道を通り、千代田線方面へ
※B3a・B3b出口は、違う方向へ出ますのでご注意ください。

内容
【サブタイトル】「呼吸・嚥下・発声」のメカニズムを理解し、誤嚥予防と嚥下機能の改善法を学ぶ【内容】本セミナーは、安全に美味しく口から食べてもらうために、誤嚥をなくし嚥下困難の改善をするための口腔リハビリのポイントと腹臥位療法を応用(枕やタオル・クッションボールを併用など)しての短時間で効果の上がるアプローチ法を習得できます。 講義では、「呼吸・嚥下・発声」のメカニズムを理解し、嚥下機能の改善法を学びます。さらにVF(嚥下造影)の画像などを交えて問題点とその見方を学習します。実習では、それらを改善させるための口腔リハビリのポイントと腹臥位療法の応用を習得します。腹臥位療法の応用では、「呼吸の安定、嚥下機能の改善、発生の明瞭化」をもたらします。さらにおむつ交換がしやすくなるなど生活全般の支援もできるなど、その知識と技術を解りやすく学びます。【セミナーのポイント】◆咳嗽反射を高め誤嚥のリスクを軽減するための腹臥位療法の応用ポイントが解りやすく学べる◆バランスボールの活用で嚥下機能や頸部過伸展位・さらに関節硬縮の改善を安心・安全な腹臥位療法の応用法を学べる◆腹臥位療法の応用で、おむつ交換など生活支援に役立つ知識と技術を学べる。【受講された方の声】◆理論的な説明で非常に理解しやすかった。(訪問看護 看護師)◆腹臥位からの呼吸介助は早々試してみようと思った。また、バランスボールでの骨盤弛緩は是非病棟スタッフにも伝達しようと思います。(病院勤務 看護師)◆臨床場面で活かせそうなことをたくさん教えて頂きありがとうございました。特に腹臥位療法は机や壁を使えば椅子に座っていても出来ることは目からうろこでした。 (施設勤務 言語聴覚士)
詳細を見る
開催日
2018年08月06日
会場

株式会社Work Shiftセミナールーム

住所:大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル 403号室
阪急線南方駅下車 徒歩3分
地下鉄御堂筋線西中島南方駅下車 徒歩2分
JR線新大阪駅下車 徒歩8分

内容
本講座は150分でリハビリテーション部門管理者が知っておきたいマーケティングの基礎知識について学ぶことができます。あなたのリハビリテーション部門や事業所は質の高いリハビリテーションができてますか?常に高い稼働率を維持していますか?地域の医療機関やケアマネージャーから支持されていますか?もし、これらのことにお悩みであるならば、マーケティングについて学習することをおすすめします。マーケティングの定義とは「消費者の求めている商品・サービスを調査し,供給する商品や販売活動の方法などを決定することで,生産者から消費者への流通を円滑にする活動。」(三省堂大辞林)となります。本セミナーではマーケティングの定義に記載されている内容について具体的な理論や事例を用いて解説をします。診療報酬・介護報酬改定による環境変化が激しい状況においては、マーケティング戦略の見直しリハビリテーション部門の強化を必要があります。マーケティングは先人達の失敗や成功を体系的にまとめた理論です。マーケティングが成功すれば、あなたのリハビリテーション部門や事業所は組織や地域にとって必要不可欠な存在となり、市場において圧倒的な優位性を保つこと出来ます。講師 高木綾一先生株式会社Work Shift 代表取締役
詳細を見る
開催日
2018年08月07日
会場

振興会セミナールーム
(横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9F)

内容
介護職員の確保と定着は、現在の介護事業において、最も重要な課題と考えます。確保・採用においては、介護業界、他業界を含めた採用イノベーション事例を題材に、実践活用できる取り組みの要点を解説いたします。定着については、離職理由の分析に基づく定着促進要因とやる気を引き出すマネジメントのあり方、働きやすい職場環境やしくみ作り、モチベーションを高める仕事の任せ方、コミュニケーションのあり方などを理解していただく事により離職者の多さに悩む介護事業の課題解決を目指します。≪カリキュラム(予定)≫1、採用活動を革新する 1)採用成功に向けたキーコンセプト 2)採用成功イノベーション事例 3)採用成功に向けた取り組み実践の要点2.組織・人材マネジメントを革新する 1)辞める職場、辞めない職場  その要因、それぞれの職場における組織運営、制度、人材育成等の特徴 2)職場課題の見える化と改善メニュー 3)職務・役割の明確化と適正割り当て職務の分類・機能分けに基づく職務・役割の体系化・階層化による効果的な運営体制づくり等3)仕事の評価と動機づけ・育成  人事制度がなくても実施すべき目標設定、動機づけ、評価、フィードバックと仕事の任せ方等4)職場内コミュニケーション、関係づくり  タテ、ヨコ、ナナメのつながり、結びつきを作る仕掛け・場の作り方、意思疎通・情報共有のしくみの整備等
詳細を見る
開催日
2018年08月07日
会場

エイドケアカレッジ博多校
(福岡市博多区上呉服町2‐15 SO HAKATAビル3階)

内容
知的障がい者・精神障がい者の方を支援する事業所の新しい加算要件となる資格です。強度行動障害支援に関する知識及び技術を習得する福岡県指定研修です。(現在は基礎・実践研修連続受講の方を中心に受け付けております。)
詳細を見る
開催日
2018年08月09日
会場

ウィリング横浜
(横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内)

内容
〜尊厳あるケアを目指して〜誰にでも訪れる「老い」「病」そして、『死』。それを支えるのは、医療と介護。特に介護の現場では、利用者・介護者双方に納得頂ける、無理のない技術が求められます。「尊厳あるケア」「利用者本位」「自己決定」の介護を行うためには何が必要か…当講座で、利用者本位の介護の概要、技術について現場に即した内容で、学べるチャンスです。≪カリキュラム≫1.午前の部(講義) ■ 基本的技術の根拠の解説、実践  ⇒障害、状態に応じた部分介助の展開例   ■ 尊厳あるケアに必要なこととは…  ⇒利用者本位の介護技術習得の必要性について 2.午後の部(実技・振り返り) ■ 衣食住全般の技術  ⇒移動技術を含む ■ 質疑応答
詳細を見る
開催日
2018年08月11日
会場

デイサービス昭和館
(大阪市西成区松3-5-25)

最寄り駅は、南海汐見橋線の西天下茶屋駅です。

お車でお越しの場合、駐車スペースに限りがございますので、満車時は近隣のコインパーキングをご利用ください。

内容
認知症の基礎知識について、またサポーターとして何ができるかなどについて学びます。全国キャラバン・メイト連絡協議会発行の「認知症サポーター養成講座標準教材」および「大阪市版テキスト」を使用します。【持ち物】筆記用具・A4サイズの教材を持ち帰るための袋やカバンなど【授与】受講修了後にオレンジリングを交付します。
詳細を見る
開催日
2018年08月11日
会場

エイドケアカレッジ博多校
(福岡市博多区上呉服町2‐15 SO HAKATAビル3階)

内容
介護保険の公的資格として注目されています☆本講習受講により「福祉用具専門相談員」の資格取得ができます。☆介護保険事業所の就職に有利な資格です。
詳細を見る
開催日
2018年08月11日
会場

株式会社Work Shiftセミナールーム

住所:大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル 403号室
阪急線南方駅下車 徒歩3分
地下鉄御堂筋線西中島南方駅下車 徒歩2分
JR線新大阪駅下車 徒歩8分

内容
セラピストにとって、動作分析の質の高さは極めて重要な能力となります。動作を改善させる、痛みを改善させる、パフォーマンスを向上させるためには、動作上の問題を抽出し、問題の原因となっている機能障害についてアプローチをする必要があります。しかし、動作分析に難渋し、具体的な機能障害の抽出に悩んでいるセラピストは少なくありません。動作分析がうまくいかない原因の一つとして、関節運動を明確に把握することができず、動作の解釈が曖昧になっていることが挙げられます。つまり、動作分析においては、具体的にどの関節がどのように動いた結果、このような動作になったという一覧の解釈が重要と言えます。本セミナーでは関西医療大学 保健医療学部 教授 鈴木俊明先生より、動作分析における「運動と現象」について詳細にお話をいただきます。鈴木俊明先生より立ち上がりはどのような運動で構成されているのか?歩行はどのような運動で構成されているか?など、動作分析の本質について実技を交えてご解説をいただきます。動作分析に悩んでいるセラピストはぜひ受講をご検討ください。内容1.運動と現象の違い2.動作分析の実例(立ち上がり・歩行等)3.動作分析を用いたアプローチ講師鈴木俊明先生理学療法士・博士関西医療大学 保健医療学部 教授
詳細を見る
開催日
2018年08月12日
会場

台東区民会館・8階第3会議室
(都立産業貿易センター台東館内8階)

〒111-0033東京都台東区花川戸2丁目6-5
●東京メトロ 銀座線(地下鉄)浅草駅から370m 徒歩5分
7番出口へ。階段を上がり左側の出口を出て、右へ直進(馬道通り)。二天門交差点の角。
●東武スカイツリーライン(伊勢崎線)浅草駅から370m 徒歩5分
エスカレーターを降りて右側の出口を出て、右へ直進(馬道通り)。二天門交差点の角。
●都営浅草線(地下鉄)浅草駅から500m 徒歩8分

内容
●講師;品川博二(日本ケア・カウンセリング協会代表理事、聖路加国際病院精神腫瘍科・臨床心理士 )この研修では、私たちが認知症に陥った時、「世界がどのように変貌するのか」という患者さんの不安の視点から理解を試みます。 認知症に関わる全てのケア従事者の皆様に、患者さんの心を受けとめるスキルアップとしてご参加をお勧めします。 (品川博二)内容 認知症の心理と行動」—患者の世界から理解する認知症— (1)「なじみの空間」の喪失(2)「つながる時間」の分断(3)「かかわる他者」の疎外(4)認知症対応の基本的問題(5)認知症理解の再構築★日本ケア・カウンセリング協会認定講座 選択科目8単位取得★受講された方全員に「受講証明書」をお渡ししております★
詳細を見る
開催日
2018年08月12日
会場

国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)
(大阪府堺市南区茶山台1-8-1)

内容
日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSでは、ダンサー、俳優、パフォーマー、演奏者へのトレーニングを目的とした「サマースクール2018」をおこないます。参加者は「音楽」「ダンス」「演劇」のコースに分かれて、サーカス、ストリートダンス、コンテンポラリーダンス、演劇、音楽の各分野から日本人講師に加えて、アメリカから障害者による劇団PHAMALYの俳優リーガン・リントンとメンバーを講師に迎えて少人数でのクラスを開催。5日間の合宿を経て、最終日にはワークショップの成果を発表するパフォーマンスをおこないます。「音楽」「ダンス」「演劇」の各分野での活動経験のある方々を広く募集します。それぞれが持つ身体機能や感性を活かしたパフォーマンスにチャレンジしませんか?【講師】金井ケイスケ(サーカスアーティスト/各コース共通表現力クラス)松永貴志(ピアニスト/音楽コース)DAZZLE(ダンスカンパニー/ダンスコース)リーガン・リントン(劇団「PHAMALY」アーティスティック・ディレクター/演劇コース)
詳細を見る
開催日
2018年08月13日
会場

エイドケアカレッジ博多校
(福岡市博多区上呉服町2‐15 SO HAKATAビル3階)

内容
知的障がい者・精神障がい者の方を支援する事業所の新しい加算要件となる資格です。強度行動障害支援に関する知識及び技術を習得する福岡県指定研修です。(現在は基礎・実践研修連続受講の方を中心に受け付けております。)
詳細を見る
開催日
2018年08月16日
会場

クローバープラザ
(春日市原町3丁目1−7)

内容
このセミナーの概要 介護計画作成で必要となってくるのはモニタリングです。このモニタリングですが利用者の信頼関係が構築できるかが、利用者に寄り添った個別性がある計画が立案できるかどうかにかかっているのです。今後、計画書はますます第三者に開示する機会が多くなり、また実地指導の上でも今後ますます重要な業務になってきます。このセミナーでは、モニタリング情報収集、記載方法のポイントを習得していただくほかに、利用者に喜ばれる介護計画書の作成ポイントについてお伝えいたします。また実地指導対策としてケアプランと計画書の連携、説明責任について講義を進めてきます。このセミナーの最終目標は計画書の記載ポイントを理解して立案できるようになることです。生活相談員はもちろん介護計画作成に携わる方に知っていただきたいポイントをお伝えします。この機会におさらいしてみませんか。 セミナー 内容 【第1日目】・介護計画書作成のねらいと重要性について・サービス提供の流れ・利用者宅訪問とアセスメント・利用者の本音を聞き出す難しさ・介護計画書立案の手順について・ケアプランと介護計画書の連携について必要に応じ演習を行います。【第2日目】・長期目標と短期目標の設定・説明責任(アカウンタービリティ)・変更時のサービス提供の流れ ・記録について必要に応じ演習を行います。介護計画の演習は訪問/通所事業所で典型的なケースを取り上げますが、施設でも十分応用が利くものになっています。講義内容は若干前後、また変更する場合があります第2回目について時間が余りましたら加算解釈の解説と平成30年改正内容について講義を進めていきます。
詳細を見る
開催日
2018年08月16日
会場

エイドケアカレッジ博多校
(福岡市博多区上呉服町2‐15 SOHAKATAビル3階)

内容
全身性障がい者の方が外出する際に必要な援助に関する知識及び技術を有する移動介護従業者を養成する研修です。(主に車いすでの移動支援になります)
詳細を見る
開催日
2018年08月17日
会場

振興会セミナールーム(横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9F)

内容
在宅介護を推進する中、本人達には自覚がないまま虐待が繰り返されていたり、独居の方が孤独死されたり等の問題は、周りが気づきにくい上に、本人達の拒否があるなど介入・支援していくことは難しいのが現状です。本研修では、在宅介護での支援者としての役割や高齢者の方や介護者へのアプローチや支援方法を事例で学び、本人達が生きることへの意欲を持ち、地域で健康で安全な生活を送っていただくことを目指します。≪カリキュラム≫■自宅で生活する高齢者の実態と心理本人・家庭の抱える問題支援・治療の拒否不衛生・不十分■擁護者の高齢者虐待■セルフ・ネグレクト支援を受け入れない人への権利擁護■在宅介護介入・予防のためのプログラム介入・評価の実践講師が自治体の保健師として16年間勤務し経験したゴミ屋敷・サービス拒否・孤立事例等とともに、地域の人々にどう寄り添えるのか、みなさんで一緒に考えましょう
詳細を見る
開催日
2018年08月17日
会場

八王子市芸術文化会館いちょうホール
(東京都八王子市本町24番1号)

内容
【長期療養生活6年、ADL全介助の症例に、局所的ではなく全身の筋緊張を一度に落とすポジショニングを行ったところ、拘縮が変化して端座位や自立、20日後にお楽しみのゼリー食を用いた摂食嚥下訓練の介入に至った。】この内容で第9回摂食嚥下リハビリテーション学会へ口述発表する。摂食嚥下リハビリテーションの新たな視点と介入手段として、嚥下機能に働きかける直接的なアプローチではなく、ポジショニングによって間接的に過緊張を緩和したことで、長期療養生活から嚥下訓練に移行した症例がありました。人は自然に寝返りを打ったり伸びをしたり、無意識にポジションを作ります。でも、障害を負うとできなくなったり、身体が忘れてしまったりします。そのまま放置した結果起こる拘縮という二次障害から、更に呼吸や循環にも影響することがあります。これを改善するのがポジショニングです。 <プログラム>【理論編】●長期療養生活者の過緊張、関節拘縮の変化から関節可動域が改善した症例を提示し、重力をコントロールしたポジショニングを行うことでの様々な効果を報告します。●実際の介入方法や技術論、ポジショニングR.E.D.の具体的内容を伝達し、また技術指導を行います。【実技体感編】●(R.E.D.環境の解説) 訓練場面で低反撥マットレスを重ねてポジショニングをとるだけで、筋緊張の変化から関節拘縮の改善が起こります。この原理、理論を紐解きます。●(R.E.D.環境を使った訓練場面でのポジショニング実技) 安定した筋緊張は持続します。再び亢進しても適宜継続して介入することで、姿勢の変化や全介助から自立する症例がみられます。この事例を交えながら実践していただきます。●(R.E.D.を生かした各症例に対してのポジショニング実技)R.E.D.環境で簡単に過緊張の筋は緩み、姿勢及び嚥下機能は変化します。これを疾患別に説明します。
詳細を見る
開催日
2018年08月18日
会場

国際ファッションセンター
(東京都墨田区横網1-6-1)

内容
【参加のポイント】・学ぶべき運動の正しい理解・効果的なリハビリテーション推進するための指導方法・運動学と老年医学を踏まえた効果的アプローチの実践【セミナー内容】(1)ご利用者が改善を実感できるリハビリテーションとは(2)効果的なリハビリテーションを提供することが困難な場合とは(3)集団活動が適応ではないご利用者へのアプローチ(4)効果を出すための正しいアセスメントと正しいトレーニングの提示(5)ケアマネ、本人、家族へ説明すべき「資料」(6)やる気アップにつながる即時効果が出る運動プログラムの紹介(7)機能訓練、リハ担当以外も目標が分かり、自分の役割が明確になるフローチャート(8)ご利用者の奥に潜む課題の本質を理解する(9)マズローの欲求5段階説を応用した心身の評価方法とその活用方法(10)ご自宅でも継続的に自主トレーニングができる運動方法(11)痛みの部位別・タイプ別運動方法(12)これは使える!老年医学に基づいたプログラム作成の工夫(13)運動学と老年医学を踏まえた効果的リハビリテーションアプローチ(14)通所サービスの特徴と心身機能の評価 ほか【講師】小幡 匡史氏(合同会社Think Body Japan 代表社員/理学療法士 )【その他】詳細は公式ホームページにてご覧くださいhttps://www.tsuusho.com/skill/reha_program/ 
詳細を見る
開催日
2018年08月18日
会場

中野サンプラザ
(東京都中野区中野4丁目)

内容
要介護者のQOL向上のためには、一人ひとりの生活文化を尊重し、利用者が主体的・積極的にかかわれるケアデザインをすることが求められます。 アクティビティ・ケアでは、基本的な生活を支える「食事・排泄・入浴」の3大介護に加え、生活を豊かにする「3つのケア」を合わせた「6大ケア」によって、生活に密着したアクティビティを計画、実行し、要介護者のQOL向上を目指します。  初級編のセミナーでは、「レクリエーション」と「アクティビティ」の概念を明確にし、施設における活動事例を通して、「その人らしい暮らし」を実現するために、アクティビティ・ケアがいかに大切かを学びます。 また、アクティビティ・グッズを用いて、「心が動く」瞬間を体感することによって、要介護者の自発的なコミュニケーションや、リハビリを促す方法を実践から学びます。アクティビティ・ケアの基礎知識を1日5時間で学べるセミナーです。●このセミナーで学べること【講義】利用者の「その人らしい暮らし」を支える視点を学ぶ・全国各地のアクティビティ事例・要介護者のQOL向上をめざす「6大ケア」とは          【実践】「心が動けば体が動く」自立支援のためのアクティビティ・ケア実践・アクティビティ・ツールの制作・実践・「心を動かす」アクティビティ・トイ体験     【交流】要介護者、他職種理解のための コミュニケーション実践・要介護者の「できること」に注目!プラスの専門家を目指すために、日常のケアをしながら、コミュニケーションスキルを上げる方法を学ぶ※日本作業療法士協会 教育部生涯学習 SIG認定基礎ポイント対象講座です。※認知症予防専門士更新単位2単位 付与対象講座です。
詳細を見る
開催日
2018年08月18日
会場

レインボープラザ
(北九州市八幡東区中央2-1-1)

内容
このセミナーの概要 介護計画作成で必要となってくるのはモニタリングです。このモニタリングですが利用者の信頼関係が構築できるかが、利用者に寄り添った個別性がある計画が立案できるかどうかにかかっているのです。今後、計画書はますます第三者に開示する機会が多くなり、また実地指導の上でも今後ますます重要な業務になってきます。このセミナーでは、モニタリング情報収集、記載方法のポイントを習得していただくほかに、利用者に喜ばれる介護計画書の作成ポイントについてお伝えいたします。また実地指導対策としてケアプランと計画書の連携、説明責任について講義を進めてきます。このセミナーの最終目標は計画書の記載ポイントを理解して立案できるようになることです。生活相談員はもちろん介護計画作成に携わる方に知っていただきたいポイントをお伝えします。この機会におさらいしてみませんか。 セミナー 内容 【第1日目】・介護計画書作成のねらいと重要性について・サービス提供の流れ・利用者宅訪問とアセスメント・利用者の本音を聞き出す難しさ・介護計画書立案の手順について・ケアプランと介護計画書の連携について必要に応じ演習を行います。【第2日目】・長期目標と短期目標の設定・説明責任(アカウンタービリティ)・変更時のサービス提供の流れ ・記録について必要に応じ演習を行います。介護計画の演習は訪問/通所事業所で典型的なケースを取り上げますが、施設でも十分応用が利くものになっています。講義内容は若干前後、また変更する場合があります第2回目について時間が余りましたら加算解釈の解説と平成30年改正内容について講義を進めていきます。
詳細を見る
開催日
2018年08月18日
会場

大阪市立住まい情報センター 5階研修室
(大阪市北区天神橋6-4-20)

※地下鉄「天神橋筋六丁目駅」3号出口より連絡

内容
第14回 シニア住宅相談員認定研修【ベーシックコース】のご案内です。シニア住宅相談業務について体系的に学べるカリキュラムです。■高齢者を取り巻く制度と環境・介護保険、公的扶助の基礎知識・地域包括ケアシステム等の施策の現状・在宅介護の現状と問題点■高齢者に関わる医療・高齢者医療制度の基礎知識・医療機関の仕組みと現状・高齢者に多い疾患と医療行為■高齢者の介護・身体介護の基礎知識・認知症の基礎知識■高齢者住宅の基礎知識・高齢者住宅・施設の種類と違い  根拠法、運営形態、入居対象、建物・設備、サービス、費用、生活等・高齢者住宅の選択と住み替え手順■筆記試験・基礎知識習得の確認■接遇の基本・相談員に求められる身だしなみ、挨拶、言葉遣い等・好印象につながる対応のポイント■コーチングの基礎・傾聴の基礎と効果的な聴き取り術・意思決定への導き方■入居相談業務のポイント・入居相談業務のあり方と役割・紹介先の情報収集と整理・聴き取るべき項目・内容・顕在化しない要望・状況の把握・高齢者及び家族相談の注意点・紹介先の抽出と絞り方・見学案内時の注意点・検討中のフォローのポイント・入居相談業への苦情とトラブル・情報管理の注意点■入居相談業務の演習・グループワーク 〜例題に沿った入居相談の演習と評価
詳細を見る

表示モード:

  1. スマートフォン
  2. PCサイトはこちら