子供の未来応援基金関連情報
トップ

夢を、貧困につぶさせない

子供の未来応援国民運動

独立行政法人福祉医療機構は、平成29年10月より子供の未来応援国民運動推進事務局の一員として、内閣府、文部科学省、厚生労働省とともに、寄付により基金を造成し、子どもの貧困対策の推進に取り組んでおります。
この度WAM NETにおいて子供の未来応援基金関連情報をとりまとめましたので是非ご覧ください。

子供の未来応援国民運動

子どもの貧困を放置すれば、社会を支えていくはずの子どもたちが、いわゆる「貧困の連鎖」により、支えられる側になる恐れがあり、人材の減少や市場の縮小、社会保障費の増大といった少子高齢化の負の影響に拍車がかかります。

全ての子どもたちが夢と希望を持って成長していける社会の実現を目指して、日本全体で子どもの貧困対策を推進すべく、平成27年4月より「子供の未来応援国民運動」が始まりました。

子供の未来応援基金

国民の力を結集して、社会全体で子どもの貧困対策に取り組み、貧困の連鎖を解消するとともに、積極的に人材を育成していくための仕組みとして、「子供の未来応援基金」が創設されました。

「子供の未来応援基金」は、寄付金をはじめとする企業や個人等からの提供リソースを基金として結集しています。子どもたちの明るい未来の実現のため、皆さまのご協力をいただけますようお願いいたします。

〜 寄付で行われる活動のかたち〜

いただいたご寄付は貧困状態にある子どものための活動に取り組むNPOを支援する「支援金」として、全国各地で活用されます。

子供の貧困対策に関する情報

子どもの貧困対策の推進に関する法律
子供の貧困対策に関する大綱
子どもの貧困対策会議
子供の貧困対策に関する有識者会議
子供の未来応援基金事業審査委員会