トップ

高齢・介護

アイコン

医療

アイコン

障害者福祉

アイコン

子ども・家庭

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ |
アイコン高齢・介護 |
アイコン医療|
アイコン障害者福祉|
子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

福祉・医療経営セミナー

福祉医療機構経営サポートセンターでは、皆さまの施設経営をバックアップするため、各種経営セミナーを開催しています。

現在配信中のWEBセミナー(7件) ▼ 令和4年度開催予定のセミナー ▼ 過去のセミナー開催実績 ▼

現在配信中のWEBセミナー

該当件数7件中 7件表示

「すべて」

  • すべて

  • 福祉全般

  • 高齢・介護

  • 医療

  • 障害者福祉

  • 子ども・家庭

現在配信中のセミナーは 7件です

該当するセミナーはありません。
医療
介護老人保健施設経営セミナー
テーマ
介護と医療をつなぐ老健施設の役割
趣旨

詳細を見る

平成30年度の診療報酬と介護報酬の同時改定では、団塊の世代が全て75歳以上の高齢者となる2025年に向けた道筋を示すものとして、医療機能の分化・強化、連携や、医療と介護の役割分担と切れ目のない連携を着実に進める改定が行われました。新型コロナウイルス感染症や大規模災害が発生するなかに行われた令和3年度介護報酬改定においても、この同時改定の流れは継承されています。

特に医療と介護の切れ目のない連携については、令和3年度介護報酬改定において「地域包括ケアシステムの推進」のなかで、医療と介護の連携の推進における“医療ニーズへの対応強化”として介護老人保健施設の評価が見直されたことに加え、令和4年度診療報酬改定においても、地域包括ケア病棟入院料の在宅患者支援病床初期加算の見直しのなかで、介護老人保健施設からの入院は他施設より高い評価がされています。

そこで本セミナーでは、令和3年度介護報酬改定を振り返りながら、次期同時改定を見据えた介護老人保健施設の目指すべき方向性を踏まえたうえで、今後、介護老人保健施設が在宅復帰・在宅療養支援機能の役割を果たすにあたり、益々重要となっていく医療機関との連携の実践事例や人材確保について理解を深め、健全で安定した経営基盤を構築するためのヒントを皆さんとともに考えます。

配信期限
令和5年2月28日(火曜日)午後5時まで
開催形式
WEBセミナー
会場

※ 会場での開催は、令和4年11月4日に終了しました

受講料
有料
無料
受講対象者
介護老人保健施設を経営する法人役員、施設長、事務長など施設経営に携わる方など
講義内容

@次期医療介護の同時改定に向けた老健施設の目指すべき方向性【76分】

【講師】公益社団法人全国老人保健施設協会 会長 東 憲太郎 氏

詳細を見る

令和6年度の同時改定に備え、介護老人保健施設が目指すべき方向性、地域から求められる取組とは何か。令和3年度介護報酬改定を振り返りながら、東氏ご自身が委員として参画されている介護保険部会における議論の内容を踏まえて幅広くご講義いただきました。

また、ご自身の経験をもとに、現在も続く新型コロナウイルス感染症に対して、介護老人保健施設がとるべき対応、地域医療機関との連携についてもお話いただきました。

講義内容

A老健施設における在宅療養支援機能〜地域における介護と医療の連携〜【86分】

【講師】益社団法人全国老人保健施設協会 副会長
    医療法人大誠会 理事長 田中 志子 氏

詳細を見る

医療機関との連携は、介護老人保健施設が在宅復帰・在宅療養支援機能の役割を果たすにあたり、今後益々重要となります。

短期入所療養介護における総合医学管理加算やかかりつけ医療連携薬剤調整加算など、令和3年度介護報酬改定で評価された具体的な医療機関との連携事例や、介護予防サロン、フレイルサポートナースについて解説いただきました。また、ご自身の施設での人材教育や、入所者の生活しやすい環境づくりの工夫についてもご紹介いただいております。

講義内容

B介護職員の人材確保について【78分】

【説明者】独立行政法人福祉医療機構 経営サポートセンター 
                コンサルティンググループ 矢澤 創

詳細を見る

介護人材の確保については、少子高齢化の進行に伴い益々厳しさが増しています。

人材確保を進める際の課題について、福祉医療施設で実施するコンサルティング手法を基に、自法人で試せる現状分析の方法や解決方法をご紹介します。

この講義では、各種調査から見えてくる介護人材不足や離職の要因を読み解くとともに、人材確保を進める際の課題について、福祉医療施設で実施するコンサルティング手法を基に、自法人で試せる現状分析の方法や解決方法をご紹介します。

また、今後の介護人材確保に欠かせない国の支援策についてもご案内いたします。

受講はこちらアイコン4
医療
「持分なし医療法人」への移行セミナー
テーマ
「持分なし医療法人」への移行
趣旨

詳細を見る

現在でも約7割弱の医療法人は、出資者が持分を持つ「持分あり医療法人」です。「持分あり医療法人」は、出資者に相続等が発生した場合に「相続税負担」や「出資持分払戻請求」といった問題が生じ、医業継続へ支障が出るリスクを抱えています。

国はこうした問題を解決し、安定的に医業を継続するため「持分なし医療法人」への移行を進めており、移行促進策として「認定医療法人制度」を創設しましたが、2017(平成29)年の医療法改正において延長された認定期間も2023(令和5)年9月末で終了となります。

認定期間満了まで1年を切った今、実際のコンサルティング事例をご紹介いただきながら、認定医療法人制度について改めて解説いただくとともに、同制度を利用するうえでの留意点を再確認することで、「持分なし医療法人」への移行を検討する際に押さえておくべきポイントについて理解を深めます。

配信期限
令和5年3月31日(金曜日)午後5時まで
開催形式
WEBセミナー
会場
受講料
有料
無料

※ 新型コロナウイルスの影響を考慮した特例措置

受講対象者
医療施設を経営する法人役員、施設長、事務長など施設経営に携わる方など
講義内容

@持分の定めのない医療法人への移行計画認定制度(認定医療法人制度)の概要【26分】

【講師】厚生労働省医政局医療経営支援課 医療法人支援室長補佐 上野 直也 氏

詳細を見る

持分なし医療法人への移行(認定医療法人制度)とはどのような制度なのでしょうか。制度を活用するための要件や実際に移行を考えるときの注意点などを交えながら、制度の概要についてご説明いただきました。

講義内容

A事例紹介【18分】

【講師】山田コンサルティンググループ株式会社 資本戦略事業本部
    事業承継事業部 部長 島ア 明 氏

詳細を見る

持分なし医療法人への移行について数多くのコンサルティング実績をお持ちの島ア氏に、実際にあった事例と移行の際のポイントについて、いくつかご紹介していただきました。

講義内容

Bよくある制度へのQ&A解説【22分】

【説明者】厚生労働省医政局医療経営支援課 医療法人支援室長補佐 上野 直也 氏

山田コンサルティンググループ株式会社資本戦略事業本部
事業承継事業部 部長 島ア 明 氏

※対談形式の講義となります

詳細を見る

持分なし医療法人制度の活用を検討している法人からよく聞かれる疑問について、第一部と第二部の講師お二人による対談により、一つひとつ解説していただきます。

受講はこちらアイコン4
医療
病院におけるアウトソーシングの活用セミナー
テーマ
病院におけるアウトソーシングの活用
趣旨

詳細を見る

令和4年度の診療報酬改定では診療報酬本体がプラス改定となりましたが、コロナ禍や災害の多発によって、病院の規模、特性、地域による格差が広がり、経営環境はますます厳しくなっています。

また、少子高齢化の進展に伴う人材不足は、医療業界においても深刻な問題です。

さらに、社会情勢の急変によりあらゆるものの価格が上がり続けている現状を踏まえると、コスト削減は今後の病院運営の中で大きな課題になっていくと考えられます。

そのような中で、医療機関は、常に経営を効率化し、コストを最適化したうえで、人的資源を医療の質の向上に投入していくことが求められます。

本セミナーでは、実際にアウトソーシングを活用した経営管理を実践されている病院における導入事例を通じて、メリット、デメリットについて考えます。

配信期限
令和5年10月31日(火曜日)午後5時まで
開催形式
WEBセミナー
会場
受講料
有料
無料

※ 新型コロナウイルスの影響を考慮した特例措置

受講対象者
医療施設を経営する法人役員、施設長、事務長など施設経営に携わる方など
講義内容

急性期病院におけるアウトソーシングの活用【37分】

【講師】社会福祉法人 聖隷福祉事業団 聖隷浜松病院 事務局長 服部 東洋男 氏

詳細を見る

社会情勢の変化や少子高齢化の急速な進展に伴い、病院の経営環境はますます厳しくなっています。このような環境の中、医療機関は常に、限りある人的資源を有効に活用し、医療の質や患者の満足度を向上させることが求められています。

今セミナーでは「アウトソーシング」を大いに活用し、地方の急性期医療を支えている、聖隷浜松病院のアウトソーシング導入事例についてご紹介いただきました。

受講はこちらアイコン4
医療
病院経営実務セミナー
テーマ
地域から求められる病院づくり
〜感染症対策とこれからの病院経営〜
趣旨

詳細を見る

新型コロナウイルス感染症の広がりは、人々の健康だけでなく、世界全体の社会・経済の在り様にかつてない規模の大きな影響を与え、日本の医療提供体制にも想定を超える未曾有の事態を招きました。

高齢者数がピークを迎える2040年に向けて「地域医療構想の実現に向けた取り組み」、「医師偏在対策」、「医療従事者の働き方改革」が待ったなしに進められるなか、感染の拡大は繰り返され、一向に収束する気配を見せないことから、医療機関は今後もしばらく忍耐強い経営を強いられることが予想されます。

そのような中、令和4年度診療報酬改定では、新興感染症等にも対応できる医療提供体制の構築として「新型コロナウイルス感染症等にも対応できる効率的・効果的で質の高い医療提供体制の構築」が重点課題とされました。今後は、新型コロナウイルス感染症だけでなく、新興感染症等への対応など、従来に増して感染症との共存を視野に入れた経営が求められています。

本セミナーでは、健全で息が長く確実に地域医療に貢献するために各医療機関が感染症に対して取るべき対策や日頃の備えを確認するとともに、新型コロナウイルス感染症との闘いの現場の実例を踏まえ、感染症対策に必要な施設整備と病院経営の在り方について考えます。

配信期限
令和5年2月28日(火曜日)午後5時まで
開催形式
WEBセミナー
会場
受講料
有料
無料

※ 新型コロナウイルスの影響を考慮した特例措置

受講対象者
医療施設を経営する法人役員、施設長、事務長など施設経営に携わる方など
講義内容

@感染症対策とこれからの病院経営【64分】

【講師】社会保険診療報酬支払基金 理事 山本 光昭 氏

詳細を見る

2020年に国内で初めて新型コロナウイルス感染が確認されてから2年以上もの間、医療現場では感染症との闘いの日々が続いています。本講演では、医療機関における感染防止対策の基本的なポイントを振り返りながら、withコロナ時代における病院経営の戦略について、感染症対策の第一線でご活躍されてきた山本氏にご講義いただきました。

A新型コロナ感染症と病院経営 3年間の変遷【53分】

【講師】伯鳳会グループ 理事長 古城 資久 氏

詳細を見る

新型コロナウイルス感染症により医療提供体制がひっ迫する一方で、受診控えの影響もあり、医療機関は厳しい経営を強いられています。グループ内の福祉施設でクラスターを乗り越え、感染症重点医療機関としてコロナ患者を受け入れてきた伯鳳会グループ理事長の古城氏に、病院経営の考え方、そして民間病院として地域から求められる病院づくりについてご講義いただきました。また、グループ内の感染症対策設備を導入した施設についてもご紹介いただいています。

B独立行政法人福祉医療機構の融資制度について〜感染症対策を伴う整備事業に係る優遇融資〜【22分】

【説明者】独立行政法人福祉医療機構 福祉医療貸付部 高瀬 敦士

詳細を見る

福祉医療機構では、令和4年度より従来の融資メニューに加え、感染症対策を伴う整備事業に係る優遇融資の制度を新設しました。令和4年度現在の医療貸付事業の概要について、新型コロナウイルス感染症が福祉・医療施設の経営に与えた影響等を交えご説明します。

受講はこちらアイコン4
高齢
介護
アイコン3
特別養護老人ホーム経営セミナー
テーマ
介護における生産性向上の取り組みと人材確保
趣旨

詳細を見る

アイコン2

特別養護老人ホームの経営については、高齢者向け施設・住まいの選択肢の増加や利用者ニーズの多様化、地域共生社会への対応など様々な取組みが求められています。

こうしたなか特別養護老人ホームは、介護に関わる人材やノウハウを有し、地域における介護・福祉の専門性の高い中核拠点としての役割が期待されています。

しかしながら、少子高齢化の進展による介護人材の確保難など特別養護老人ホームの経営環境は今後厳しさを増すことが予想されます。このためサービス提供や施設経営において、ICTの活用をはじめとしたさまざまな経営改善を図り、生産性を高めることで介護サービスの質の向上を進めていくことが求められています。

そこで本セミナーでは、ICTを活用した経営効率化や職場環境の改善、サービスの質の向上を図っている実践事例を通して、これからの特別養護老人ホームのあり方を考えてみたいと思います。

配信期限
令和5年2月28日(火曜日)午後5時まで
開催形式
WEBセミナー
会場
受講料
有料
無料

※ 新型コロナウイルスの影響を考慮した特例措置

受講対象者
福祉施設を経営する法人役員、施設長、事務長など施設経営に携わる方など
講義内容

@ 介護・福祉現場におけるICTを活用した生産性向上の第一歩 【75分】

【講師】社会福祉法人 宝山寺福祉事業団 理事 辻村 泰聡 氏

詳細を見る

アイコン2

我が国の老年人口は2040年にピークを迎えると推計されています。反対に生産年齢人口は減少の一途を辿り、福祉の現場の人手不足は一層深刻となります。限られた人手でいかに効率的に質の高いサービスを提供できるのか。奈良県でICTを活用した施設を運営されている辻村氏に、導入に至った経緯やICT活用のノウハウについてご講義いただきました。

※ 特別養護老人ホームに限らず、様々な福祉施設の経営者の方にご覧いただける内容になっています。

A 特別養護老人ホームの経営状況と介護人材の確保について 【40分】

【説明者】独立行政法人福祉医療機構 経営サポートセンター リサーチグループ 佐藤 夏海

詳細を見る

アイコン2

福祉医療機構が保有する2020年度のデータを用いて、特養の経営状況と、2021年11〜12月に実施した介護人材の確保についてのアンケート結果を説明し、今後の見通しについて考えます。

受講はこちらアイコン4
福祉
全般
アイコン3
社会福祉施設経営実務セミナー
テーマ
地域共生社会の構築のための地域づくり
趣旨

詳細を見る

アイコン2

近年の社会環境の変化により、個人や世帯が抱える生きづらさやリスクがますます複雑化・多様化してきています。そのなかで「人と人」、「人と社会」がつながり、身近な地域で誰もが支え合うことで、問題を抱えながらも一人ひとりが生きがいや役割を持ちながら暮らすことのできる「地域共生社会」の実現に向けた様々な制度・政策がすすめられています。

しかしながら、新型コロナウイルスの感染拡大は日常生活の在り方を一変させ、その影響が長期化する中において、「人と人」、「人と社会」がつながることが難しい状況にあります。そのような社会状況を踏まえたとき、地域福祉の中心的な担い手である社会福祉施設の役割が今ほど重要になっている時はないと考えられます。

そこで本セミナーでは、コロナ禍の中でなぜ社会福祉施設に「地域共生社会」を支える役割が期待されるのか、地域における公益的取組の責務をどのように果たしていけばよいのか、実践事例も交えながらみなさまとともに考えていきたいと思います。

配信期限
令和5年1月31日(火曜日)午後5時まで
開催形式
WEBセミナー
会場
受講料
有料
無料

※ 新型コロナウイルスの影響を考慮した特例措置

受講対象者
社会福祉施設を経営する法人役員、施設長、事務長など施設経営に携わる方など
講義内容

@ 地域共生社会の構築のための地域づくり[総論編]【70分】

【講師】 日本福祉大学 社会福祉学部社会福祉学科 教授 原田 正樹 氏

詳細を見る

アイコン2

現代社会で生きづらさを抱えた人々を救うため、人と人との関係性を大切にし、誰ひとり取り残さない社会が目指されています。地域共生社会の実現に向けて、法律や国の目指す方向性をご説明いただきながら、地域の構成員としての社会福祉施設に何が求められているのかをご講義いただきました。

A 地域共生社会の構築のための地域づくり[実践編]【65分】

【講師】 社会福祉法人みかり会 理事長 谷村 誠 氏

詳細を見る

アイコン2

社会福祉法人の責務として位置づけられている「地域における公益的な取組」の実施。制度の狭間で苦しむ方や生きづらさを抱えた方等、地域の福祉ニーズに対してどのように応えるべきか、兵庫県で「ほっとかへんネット」を立ち上げた谷村氏に地域共生社会の構築のための礎となる社会福祉法人の在り方についてご講義いただきました。

受講はこちらアイコン4
医療
アイコン3
医療政策・経営セミナー
テーマ
質の高い効率的な医療提供体制を維持していくために
趣旨

詳細を見る

アイコン2

今般の新型コロナウイルス感染症の広がりにより、医療施設においては、今後もしばらく忍耐強い経営を強いられることが予想されます。一方、高齢者数がピークを迎える2040年に向けて「地域医療構想の実現に向けた取り組み」、「医師偏在対策」、「医療従事者の働き方改革」は待ったなしに進められており、従来に増して効率的で、先を見据えた経営が求められています。

今セミナーでは、医療の質向上を目指したTQM(Total Quality Management)活動や経営改善の取り組みをご紹介いただき、医療現場の質の向上と経営の質の向上を両立させるため、医療施設が取り組むべき生産性の向上や効率化、従事者の働き方改革についてみなさまと考えます。

配信期限
令和5年1月31日(火曜日)午後5時まで
開催形式
WEBセミナー
会場
受講料
有料
無料

※ 新型コロナウイルスの影響を考慮した特例措置

受講対象者
医療施設を経営する法人役員、施設長、事務長など施設経営に携わる方など
講義内容

@ 飯塚病院の改善活動 〜改善活動と人材育成〜 【53分】

【講師】株式会社麻生 飯塚病院改善推進本部 マネージャー 立石 奈々 氏

詳細を見る

アイコン2

昨今厳しい経営を強いられている医療の現場においては、医療の質の向上とともに経営の質の向上、更には職員の働き方改革への対応が求められています。長きに渡って「改善活動」に取り組んでいる飯塚病院のシステムや人事制度について、実際の手法を交え、事例をご紹介いただきました。

A 病院、老健及び医療法人の経営状況等について【33分】

【説明者】独立行政法人福祉医療機構 経営サポートセンター リサーチグループ 橋 佑輔

詳細を見る

アイコン2

我が国の将来の人口動態、医療需要の変化、地域医療構想の概要などを交えながら各施設の経営状況等について福祉医療機構が保有する2020年度のデータを用いて説明します。

受講はこちらアイコン4

令和4年度開催予定のセミナー

アイコン6
カテゴリセミナー名テーマ受講料開催形式開催(配信開始)予定お申込み
医療介護老人保健施設
経営セミナー
介護と医療をつなぐ老健施設の役割
有料
東京会場
令和4年11月4日

受付終了

WEB

(配信中)

申込リンクアイコン

機構HPへ

福祉
全般
社会福祉法人
会計実務セミナー
使える予算、使えない予算
〜経営管理としての月次予算対比のススメ〜
有料
東京会場
令和4年12月16日開催 申込リンクアイコン

機構HPへ

WEB
令和5年1月頃配信開始
子ども
家庭
子ども・子育て支援事業
経営セミナー
地域の子育て支援と保育所・認定こども園の経営
無料
WEB
令和5年2月頃-
医療精神科病院
経営実務セミナー
地域包括ケアシステムと重層的な連携による支援体制の構築
無料
WEB
令和5年3月頃-

※上記開催予定は変更となる場合があります。予めご了承ください。

※令和4年度は上記テーマ以外の新たな枠組みで小規模セミナーの開催を予定しています。

過去のセミナー開催実績

福祉・医療経営セミナー開催実績アイコン4
お問い合わせ先

セミナーについて

経営サポートセンター リサーチグループ セミナーチーム

TEL: 03-3438-9932(受付時間 平日9:00〜17:00)

FAX: 03-3438-0371

お問い合わせフォーム