自立支援医療
障害者福祉

医療費の負担軽減を図るサービス

心身の障害を除去・軽減するための医療について、医療費の自己負担額を軽減する公費負担医療制度です。従来の更生医療、育成医療、精神通院医療が自立支援医療に一本化されました。
自立支援医療では、指定自立支援医療機関(具体的には受給者証に記載された医療機関)において治療や調剤、訪問看護等を受ける必要があります。

対象者

  • 更生医療:
    身体障害者手帳の交付を受けた方で、その障害を除去・軽減する手術等の治療により確実に効果が期待できる方(18歳以上)
  • 育成医療:
    身体に障害のある児童で、その障害を除去・軽減する手術等の治療により確実に効果が期待できる児童(18歳未満)
  • 精神通院医療:
    統合失調症などの精神疾患のある方で、通院による精神医療が継続的に必要な方

治療例

(1)更生医療、育成医療
 ア 肢体不自由・・・関節拘縮→人工関節置換術
 イ 視覚障害・・・白内障→水晶体摘出術
 ウ 内部障害・・・心臓機能障害→弁置換術、ペースメーカー埋込術
            腎臓機能障害→腎移植、人工透析
(2)精神通院医療:精神疾患→向精神薬、精神科デイケア等

利用料


WAM NET関連情報