サービス取組み事例紹介(医療)
医療


福祉・保健・医療に関する特徴的な取組み事例を画像(動画)とともに紹介しています。

社会医療法人母恋 天使病院

地域の中核的総合病院として誕生から終末期までを支える

北海道札幌市にある天使病院は、中核的総合病院として、地域の周産期医療や急性期医療の中心を担ってきた。病院の全面建替えにともない地域周産期母子医療センターとしての機能をさらに充実させるため、周産期母子センターを開設し、小児・母子周産期医療に注力する体制を整備している。その取り組みを取材した。

医療法人尾張温泉かにえ病院

温泉療法によるリハビリ、急性期病院とかかりつけ医をつなぐ  尾張温泉かにえ病院

愛知県海部郡にある医療法人尾張温泉かにえ病院は、地域で唯一のケアミックス病院として、温泉療法によるリハビリテーションをはじめ、地域で不足する医療機能である急性期病院とかかりつけ医をつなぐ役割を担い、地域完結型医療を推進している。その取り組みを取材した。

医療法人ゆうの森

24時間365日体制の在宅医療を維持し、医療者が疲弊することなく「長続きする医療」を実現 医療法人ゆうの森

愛媛県松山市にある在宅療養支援診療所「たんぽぽクリニック」は、医師をはじめとする各職種を複数そろえたチーム医療体制を構築することで職員が働きやすい環境をつくり、24 時間365 日体制を維持するとともに、医療者が疲弊することなく、地域に必要とされる「長続きする医療」を実現している。その取り組みを取材した。

特定非営利活動法人チャイルド・ケモ・ハウス

小児がん患児と家族のQOLに配慮した日本初の小児がん専門治療施設を開設 特定非営利活動法人チャイルド・ケモ・ハウス

兵庫県神戸市にある「チャイルド・ケモ・ハウス」は、小児がん治療中の子どもたちと、その家族のQOL に配慮した日本初の小児がん専門治療施設である。自宅のような環境で家族がともに暮らしながら、小児がん患児が安心して化学療法を受けることができる。その取り組みを取材した。

社会医療法人財団 大和会

地域連携パスを積極的に導入し地域完結型医療を推進 東大和病院

東京都東大和市にある社会医療法人財団大和会・東大和病院は、救急と急性期医療を中心に地域の中核病院として地域医療に貢献してきた。近隣の医療機関と連携して地域連携パスを積極的に導入するなど、地域完結型医療を推進している。その取り組みを取材した。

医療法人社団 心司会

医療と介護の一体提供で家族の生活が成り立つ在宅生活支援を構築 介護老人保健施設しょうわ

埼玉県春日部市の医療法人社団心司会・介護老人保健施設しょうわは、「在宅生活支援は家族の支援」という考えから、家族の生活が成り立つ介護サービスをつくることで、平均在所日数の短縮や在宅復帰率の向上などの成果をあげている。その取り組みを取材した。

医療法人社団友愛会岩砂病院第一

東海4県(岐阜県、静岡県、愛知県、三重県)で初の外国人看護師を輩出した岩砂病院

岐阜県岐阜市にある医療法人社団友愛会岩砂病院第一(以下「岩砂病院」という。)は一般病床数98床、デイサービスセンターなどの関連施設を営む地域の医療・介護を担う病院です。