就労移行支援事業所
トップ

65歳未満の障害者に対し、就労に必要な知識や能力の向上を図る訓練などを行う事業所

概要

 就労を希望する65歳未満の障害者で、通常の事業所に雇用されることが可能と見込まれる人に対し、生産活動や職場体験などの機会の提供、就労に必要な知識や能力の向上のための訓練、求職活動に関する支援、障害の適性に応じた職場の開拓、就職後における職場への定着のため、必要な相談などを行う事業所です。

 利用期間は原則として2年です。

事業所数

 2,614か所(2013年10月現在)

主な就業職種

 職業指導員、生活支援員、就労支援員

採用について

 障害者の地域での就労移行支援は喫緊の課題であるため、今後、増えていくものと思われます。

関連団体・組織

全国社会就労センター協議会

 http://www.selp.or.jp/

WAM NET関連情報