放課後等デイサービス
児童福祉

放課後や長期休暇中の障害児をサポートするサービス

学校通学中の障害児が、放課後や夏休み等の長期休暇中において、生活能力向上のための訓練等を継続的に提供することにより、学校教育と相まって障害児の自立を促進するとともに、放課後等の居場所づくりを行います。

対象者

  • 学校教育法に規定する学校(幼稚園、大学を除く)に就学している障害のある児童

サービスの内容

学校授業終了後や休業日に生活能力の向上のために必要な訓練、社会との交流の促進など多様なメニューを設け、本人の希望を踏まえたサービスを提供します。

  • 自立した日常生活を営むために必要な訓練
  • 創作的活動、作業活動
  • 地域交流の機会の提供
  • 余暇の提供

本人が混乱しないよう学校と放課後等デイサービスのサービスの一貫性に配慮しながら学校との連携・協働による支援を行います。

利用料

  • 世帯の所得に応じた負担があります。

手続き

  • 利用を希望する場合は、お住まいの市区町村に申請します。
  • 利用の可否については、市区町村が調査して判断します。

WAM NET関連情報