老人介護支援センター
高齢者福祉

ニーズに合ったサービスを受けられるように調整を行う施設

自宅で暮らしている援護が必要な高齢者や援護が必要となるおそれのある高齢者、その家族の方等からの相談に応じ、介護等に関するニーズに対応した各種の保健、福祉サービス(介護保険を含む)が、総合的に受けられるように市区町村等関係行政機関、サービス実施機関、居宅介護支援事業所等との連絡調整等を行います。
通称、在宅介護支援センターと呼ばれていますが、法律上は老人介護支援センターとして規定されています。

対象者

  • 高齢者やその家族、地域住民

サービスの内容

  • 高齢者や家族からの相談・助言
  • 関係機関との連絡調整

利用料

  • 無料。

手続き

  • 各センターに直接申し込みます。

※老人介護支援センター(在宅介護支援センター)の役割は現在、2006年に創設された地域包括支援センターが担っており、老人介護支援センター(在宅介護支援センター)の位置づけは市区町村により異なっています(廃止している市区町村も多い状況です)。詳しくは市区町村の窓口や地域包括支援センターにお問い合わせ下さい。


WAM NET関連情報