月刊誌WAM
トップ

東京都品川区・社会福祉法人さくら会 西五反田高齢者複合施設

見守り支援機器の導入により介護の負担軽減と質の向上へ

 福祉医療機構では、地域の福祉医療基盤の整備を支援するため、有利な条件での融資を行っています。今回は、その融資制度を利用された東京都品川区にある「西五反田高齢者複合施設」を取りあげます。同施設は、介護が必要な高齢者と自立した高齢者を対象にした2タイプのケアハウスと在宅サービスを併設した地域の介護支援拠点となっています。施設概要や導入した見守り支援機器の効果などについて取材しました。

東京都大田区・社会福祉法人善光会

社会福祉法人善光会(東京都大田区)の取り組み

 社会福祉法人善光会では、平成21年のロボットスーツHAL ® (福祉用)に始まり、現在では約20種類の介護ロボットを導入・活用している。また、メーカー製品を利用するだけでなく、介護ロボット・人工知能研究室を発足させて法人での独自開発にも取り組んでいる。ロボットの活用状況や効果等についてうかがった。

福岡県北九州市・社会福祉法人孝徳会 特別養護老人ホームサポートセンター門司

介護ロボット等実証施設の取り組み

福祉医療機構では、地域の福祉医療基盤の整備を支援するため、有利な条件での融資を行っています。今回は、その融資制度を利用された福岡県北九州市にある特別養護老人ホームサポートセンター門司を取りあげます。同施設は平成28年7月に国家戦略特区「介護ロボット等実証施設」に選定されました。介護ロボットの導入による介護の質の向上や職員の負担軽減への影響について取材しました。