メニューをスキップして、このページの本文へ

福祉・医療貸付のご融資をご利用中のみなさまへ

福祉医療貸付(直接貸付)にかかる預金口座振替のお知らせ

福祉医療貸付事業(直接貸付)にかかる約定元利金のご返済方法については、振込み方式または、預金口座振替方式(銀行自動引き落し)のいずれかの返済方法を選択していただいております。

なお、平成28年4月より預金口座振替取扱金融機関を拡大し、従来の都市銀行、地方銀行(第二地方銀行を除く)の他、新たに第二地方銀行と信用金庫が対象となりました。 詳しくはこちらをご覧ください。

預金口座振替(銀行自動引き落し)のQ&A

Q1 申込はいつできますか?

A1 随時受付けております。ただし、約定日(返済日)が月の10日のお客さまに限定しています。

Q2 機構口座への振込みにより返済していますが、預金口座振替方式に変更する手続きは?

A2 顧客業務部顧客業務課宛にご連絡ください。「預金口座振替依頼書」(4枚複写)をお送りします。
なお、お取扱いの金融機関に制限がございますので、「取扱対象金融機関一覧」(PDF:193KB)をご確認の上、お申込みください 。        

顧客業務部 顧客業務課

Tel:03-3438-9944

Fax:03-3438-0248

お問い合わせフォーム

Q3 これから融資を申込む予定ですが、預金口座振替の申込はどのようにすればいいのですか?

A3 金銭消費貸借契約の手続き時にご案内いたします。

Q4 預金口座振替のできる金融機関はどこですか?

A4

「取扱対象金融機関一覧」(PDF:193KB)に記載されている取扱金融機関に借入者名義の口座を開設していることが必要です。

Q5 申込みをしてからどのくらいで引落しが開始されますか?

A5 「預金口座振替依頼書」を機構宛にご提出いただいてから最大3ヶ月程時間を要します。

Q6 事前に返済日や返済金額についてのお知らせはしてもらえますか?

A6

最終資金交付後のお客さまへは、通知を送付しておりません。

最終資金交付後に送付している「償還約定表」にて、返済期日及び返済金額をご確認ください。

「償還約定表」がお手元にない場合は、再発行いたしますので、「再発行依頼書」(ダウンロードはこちら)をご提出ください。

最終資金交付が完了されていないお客さまへはご返済期日前に、ご返済期日及びご返済金額を記載した「預金口座振替のご案内(赤紫色の封書)」を送付いたします。

 

(参考)平成25年7月約定分より、最終資金交付後のお客さまへ「預金口座振替のご案内」を送付しないこととしております。送付廃止の詳細についてはこちらをご覧ください。

Q7 借入者の手数料等の負担はありますか?

A7 お届けいただいた預金口座から約定元利金を引落す場合の手数料等については、お客さまの負担はありません。

Q8 返済金額(約定元利金)はいつまでに引落し口座に入金しておけばいいのですか?

A8 原則として、償還約定表にてご確認いただき「返済期日」の前日までにお届けいただいた預金口座にご返済金額相当額を入金しておいてください。口座の預金額がご返済金額に満たない場合は、引落しができませんのでご留意ください。また、その場合、遅延した元金に対して、延滞損害金がかかりますのでご注意ください。
延滞損害金額の計算方法は次のとおりです。
元金×14.5%×延滞日数/365日(円未満の端数金額は切り捨て)
         ※延滞日数=償還約定表の返済期日の翌日から機構着金日まで
なお、最終資金の交付前にご返済が始まるお客さまにつきましては、「預金口座振替案内」は送付いたします。

Q9 引落しが出来なかった場合の返済方法は?

A9. 機構の口座に延滞損害金を含んだ返済金額をお振込みしていただくことになります。その場合の振込み手数料はお客さま負担となります。
振込先口座は以下になります。
銀行名:横浜銀行 東京支店
口座種類:普通預金
口座番号:133982
口座名義:独立行政法人福祉医療機構

Q10 引落しが出来なかった場合、いつ、どこから連絡が来ますか?

A10 預金口座振替の金融機関からのデータ授受に時間を要するため、引落予定日の4日後(土・日・祝日を除く)に機構の顧客業務部顧客業務課から連絡します。また、その間、延滞損害金が発生するので、引落しの事実を通帳記帳等によりご確認ください。

Q11 入金忘れ等により引落しが出来なかった場合、次回の約定返済も預金口座振替は利用できますか?

A11 次回約定の前月の20日までに延滞が解消されていれば預金口座振替は継続できます。

Q12 複数の借入を行っている場合、一部の借入だけ預金口座振替にすることは可能ですか?

A12 可能です。融資お申込み単位(貸付番号)毎にどちらの返済方法にするかを選択することができます。

Q13 融資申込み単位(貸付番号)毎に引落口座を指定することはできますか?

A13 取扱金融機関に借入者名義または、借入施設名義の口座を開設していれば可能です。

Q14 領収書は発行できますか?

A14 お客さまの口座から引き落としをしますので、領収書は発行できません。通帳記帳によりご対応願います。