メニューをスキップして、このページの本文へ

WAM助成(社会福祉振興助成事業)

助成先訪問レポート

WAMの助成先の中から、実際に訪問してお話をお伺いした民間福祉活動を紹介しています!

 

多世代共生型居場所を通して「自立と共生」の地域コミュニティをつくる

~認定NPO法人コミュニティ・サポートセンター神戸~

 神戸市内において「多世代共生型居場所」の普及を目的に、居場所の立ち上げやマネジメント支援の講座をはじめ、運営ノウハウや課題の解決策を共有する「居場所サミット」の開催、市内の居場所の情報をまとめた冊子を作成し、居場所の創出と運営を支援する事業を実施した兵庫県神戸市の認定NPO法人コミュニティ・サポートセンター神戸の取り組みを紹介します。

〔内容紹介〕

  • 「自立と共生」を理念とした地域社会を目指す
  • WAM助成を活用し居場所の創出・運営支援に取り組む
  • 新たな居場所の発掘を目的に「居場所ラリー」を開催
  • 居場所サミットを開催し運営ノウハウを共有
  • 居場所情報や運営ノウハウを掲載したデータ集を作成
  • 新たな地域交流拠点として15カ所の居場所が立ち上がる

子どもたちの“その子らしさ”を育むもう一つの居場所

~特定非営利活動法人ちば地域生活支援舎~

 生活困窮世帯の子どもを対象に、常設の居場所「学び舎・ゆーすぽーと」を提供し、学習支援や社会体験活動、包括的な相談支援を実施するとともに、行政や教育委員会、学校等の協力を受けながら、地域における子どもの貧困と学習環境などの実態調査を行い、今後の具体的な支援策を検討する事業を実施した千葉県東金市の特定非営利活動法人ちば地域生活支援舎の取り組みを紹介します。

〔内容紹介〕

  • 自分らしく暮らし続けられる地域社会を目指して
  • 常設の居場所を開設し、困窮家庭の子どもを支援
  • 子どもの状態にあわせた個別の学習支援
  • 子どもの貧困に関する実態調査を実施
  • 地域共生社会の実現に向け、地域とのつながりが生まれる

ケアする側をケアする空間プラス認知症・介護予防支援

~特定非営利活動法人オレンジハート~

 介護疲れやストレスに起因した介護者による虐待防止、介護職員の離職防止、介護予防を目的に、介護者を対象にした居場所を開設し、悩みの相談や心身の健康維持に取り組むとともに、地域の高齢者に向けて認知症・介護予防プログラムや地域交流の場を提供する事業を実施した鹿児島県鹿児島市の特定非営利活動法人オレンジハートの取り組みを紹介します。

〔内容紹介〕

  • 介護者のケアを目的にNPOを設立
  • 常設型オレンジ・テラスを設置しプログラムを強化
  • 離職防止を目的に介護職員向けセミナーを開催
  • 県内9地域で出張開催型オレンジ・テラス実施
  • 支援団体が互いの強みを活かした連携を推進
  • 支援対象者と活動範囲が拡大

住居の確保・生活維持が難しい若者を支援

~特定非営利活動法人コミュニティワーク研究実践センター~

 住居確保が難しい若者や生活破綻を起こしている若者を対象に、住居を提供し、生活訓練や就労支援を行うとともに、保証人をつけられない若者が住居を確保できるよう不動産会社・保証会社・支援団体を対象にした研修会を開催し、互いの課題を共有しながら連携体制を構築する事業を実施した北海道札幌市の特定非営利活動法人コミュニティワーク研究実践センターの取り組みを紹介します。

〔内容紹介〕

  • 誰もが安心して暮らせる地域づくりを目指して
  • 困窮する若者の中長期的な支援に取り組む
  • 専門性を有するスタッフによる生活訓練を実施
  • 安定した生活基盤を確保し利用者全員が就労につながる
  • 多様な関係機関との連携体制を構築
  • 地域や対象者を限定せず柔軟に対応することが可能に

外遊びと相談型子育てひろばの連携親子サポート

~特定非営利活動法人あそびっこネットワーク~

 地域の子育てひろば等で対応が難しい「発達が心配」、「子育てストレスがある」という親子を対象に、気軽に専門家に相談ができる居場所をつくり、親子ともに居心地がよく、親が安心して悩みを相談できることを目指す事業を実施した東京都練馬区の特定非営利活動法人あそびっこネットワークの取り組みを紹介します。

〔内容紹介〕

  • 子どもが主体的に育つ社会づくりを目指す
  • モデル事業の採択を受け課題を抱える親子をサポート
  • 専門職が常駐する「おひさま相談ひろば」を開設
  • 子どもが遊ぶ様子を親と共有し信頼関係を構築
  • スタッフの専門性を高める研修会を開催
  • 「おひさま相談ひろば」と同様の活動が区全体に広がる


 

月刊誌「WAM」定期購読のお申し込みはこちらから